上石神井の小さな広告屋から

旧名『表参道の小さな広告屋から』: 表参道で1997年にスタートした(株)リプル:RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agencyは、 2016年初頭から川島のホーム・オフィス「練馬区 上石神井(かみしゃくじい)」へ。

いろいろ雑談

2021年は、止まって見つめる一年でした。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が、
中国の武漢市で確認されたのが2019年12月。

そこから、まさに世界中に広がっていき、
生活も経済も「止まってしまった」まる2年間。

「私にとっての」今年2021年は、そんな中でも
「特に止まった」一年でした。

それは、「仕事上 苦労した」という意味ではなく
(仕事はいつも大変ですけど!汗)
「自宅事務所の広告屋」にとってはリモートワークや
企画に時間をかけられる環境は「ありがたい」くらいで、
止まった原因はまったくの個人的理由。

2月末に、二世帯住宅同居の母が87歳で死去。
自宅介護に1年数か月、救急車で運ばれての入院
わずか8日間の短さで逝ってしまいました。

最後の一言が、筆談で残してくれた
「皆さん ありがとう 皆さん なかよく」。

そして、母の大量の遺品や書類整理をするうち、
こんどは、妻の母(84歳)が入院となり。

新潟市で一人暮らしの義母が、
いよいよ体調がすぐれず救急車搬送!
3か月の治療とリハビリで奇跡的に持ち直したものの、
ひとりの生活は危ないので、見守り付きのマンション
「サービス付き高齢者住宅」に転居。
それらの付添や手配で妻と私もフラフラ!

ふだん病気ひとつしない私も(この細身で地味に丈夫!)
初の「帯状疱疹」が頭皮に出たり、
首と肩を痛めて「接骨院」に通うはめになったり。

そんななか、実母のいた1階全部を
私のオフィス(これまでは2階の和室でした〜!)
として使わせてもらうために、
大幅にレイアウト替えして自宅内引越。

永遠の別れと再整理、断捨離。

バタバタしつつ、「足踏み」をしていた一年。
けっこうディープではありました。

でも、その中で久しぶりに会った妹との会話や、
妻といる時間がとても増えたのは、
実母や義母からのプレゼントだと思います。

同時に「自分のこと、自分の仕事のこと」にも、
考えをめぐらすことになりました。

とにかく、いろんなことが「止まった」なかで、
「原点(根本・ルーツ)」を見つめた2021年。

来年2022年は、新たな始まり=「紀」として、
動き出そうと思っています。

皆さまも、良い年をお迎えください。

マイナンバーカードもついに!

新型コロナワクチン接種については、
かなり迷った私ですが、結局 遅ればせながら
「1回め11/6(土)、2回め12/4(土)」に接種。

※その葛藤は、過去何度かアップしていますので、
よろしければ さかのぼってご覧ください。

2回め接種から3週間たった今時は、抗体絶頂期!?

でもさ、「オミクロン株」なんてのが出てきて、
3回目、4回目の接種が必要になるかもなんて。

もういいかげん、全員感染の集団免疫、
ある程度の症状はしかたないんじゃないか、
オールオープンでいいんじゃないかとも思います。
(まぁ、マスクを「ありばい程度に」しつつ、
引き続き考えることといたしますが… )

「マイナンバーカード」の所有もね、
国が騒いでも何の必要があるのかと思って、
ずーっと申請してこなかったんですけど…。

スマホに「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」
を入れるためには、マイナンバーカードが必要とのこと!

コロナワクチンの「接種を決断した」大きな理由に、
たしかに自分&他人の安全もありますけど、
「飲み屋だ、イベントだ」に証明書の提示が求められる
傾向に(まだ日本では本格化していませんけどね)
いいかげん「面倒になった」こともある。

新型コロナワクチン接種も、
マイナンバーカードも、
接種証明書アプリも、

もう、ぜーーーーーんぶ やります、持ちますわ〜。

抵抗することをやめた、いち国民。
あーあ。

マイナンバーカードが届くには、
本日の申請から1〜2か月かかるとか。
到着が楽しみです。

本年もお世話になりました。
皆様のご健康と、日本国の発展を祈ります。

(まったく文脈と関係ありませんけど)メリークリスマス!


Evernote、不満ありつつ12年。

ふと気づいたら、
Evernote を使用して12年になります。

無料版の申し込みが2009年。
有料のプレミアム版を2011年から。

そもそものリリースが2008年、
日本語版が2010年らしいので、
私にしては珍しく初期段階から使用したツールです。

どんなツール(ソフト、アプリ)かを
ご存じない方に説明すると:

Evernote (エバーノート)とは、
書類やメモの「デジタル保管庫」みたいなもので、
記録を「自分のスマホやパソコンのメモリーではなく」
クラウド(お外)の貸倉庫に保存して、
いつでも瞬時に = 私の場合はMacBook、
iPhone、iPadで閲覧できるツール。
(必要なら、妻のWindows機に向かって、
私の保管物を閲覧・変更が可能。見せないけど!)

よく「メモツール」と紹介されますが、
私のイメージでは「書類系の引出や納戸」ですね。

実際、テキストだけなくPDF、写真、動画、音声の
ファイルなども保存可。

仕事のメールや資料はもちろん、美術展のチラシでも
手書きのメモでも、PDF化(等 各種データ)して
分野別・プロジェクト別に整理して置けるので、
もうENなしでは公私ともに成り立ちません!

お金を払ってでも(現在は月680円の有料コース)
私にとっては必須アイテム。

しかし。

1年ほど前の「大幅アップデート」から、
迷惑なくらい「目次タイトルの重複や環境設定の不作動」
があり、(ネットで調べると)離脱者が続々の模様です。

納戸に整理した物が、地震でぐちゃぐちゃになった感じ。
まだそこに、探せば資料があるんですけど、
隙間に入り込んで取り出しに苦労するみたいな。

ソフトもの・デジタルものは、いつどう仕様が変わるか、
吹っ飛ぶか、事業会社が撤退するかなど、
「信頼できないけど、デメリットを上回るメリットがある」
新型コロナワクチン接種みたいなもんで。

でもまぁ、私の場合は、
「吹っ飛んだら、吹っ飛んだ時よ」と割り切って(!?)
放り込んでいるので、その時はその時でいいさ(苦笑)。

腐ってもEvernote、おすすめです。
機能と容量に制限のある、無料版もあります。

ゆがみに合わせるか、ゆがみを直すか。

最近、自宅オフィス(書斎)用の事務椅子を
購入したんですけどね。

店頭で座ってみて「楽な椅子、しっくりくる椅子」が
「自分に合った椅子」かと言えば、
そうでもあり、そうでもない。

「その人に合った椅子」は、何ら間違いない言葉ですが…

そもそも「ゆがんだ」私の体に馴染みが良い椅子は、
「間違った方向で気持ちがいい」椅子かもしれない。

反対に「最初は違和感でも」正しい方向に導いてくれる
椅子に気づき、合わせる努力をするべきかもしれない。

馴染みのいい褒め言葉より、
辛口の助言が進化を促してくれるように、
本質の見極めをどう判断・決断できるか。

ショールームに行って「試し座り」なんかせずに、
評判の椅子を「通販でえいやっ」と買う方が正解かも。

まぁ、かならず試着(じゃなくて、なんだ? 試着座!?)
が基本でしょうけど(そして、私もそうしましたけど)
座り心地の判断は安易にしないほうがいいと思った次第。

新しい椅子の「すこし違和感」だった部分を、
「本来はこの姿勢・この座り方が良いのかも」と
感じつつある きょうこの頃です。

ゆがみに合わせるか、ゆがみを直すか。

日頃の「自分なりの主張」に思いを巡らせてみたり、
新型コロナとワクチン接種の関係に当てはめてみたり。

3回めも喜んで〜(か?)

ここ半年、何度か語ってきた
新型コロナワクチン(新コロ)接種の葛藤記。

結局、世間の動向とは大幅に遅れ、
11月初に1回目接種、12月初に2回めとなりました。

いま、新型「オミクロン株」の発生を受け
(せっかく日本は見た目の感染者が激減してきたのにねー)
もう「3回目を早めるべき」論争です。

私は接種を拒否していましたけど
(ワクチンへの懐疑と自己免疫への信念・ないし過信)
家族や知人に対して一度も「やめたほうがいいよ」
とは言ってきませんでした。

今後、「打ってしまったこと」の後悔もあるかもしれない。
でも、「打つことにした」のも私の人生。べつにいいです。

「3回めが必要」なら、こんどはすぐに打つ。

それでもさ、ネットニュース等の投稿で見る

「安心のため早く打ちたいです」とか、
「行政の遅れで8か月以上なんて怠慢」
「これからは毎年:半年に一度が組み込まれる体制を」

なんて本気で望んでいるとしたら、
それこそ異常だと私は思う。

「日本国内の感染激減」の要因は、さまざまな説があり、
屋外でも一人運転の車でも
マスクをはずさない気質が貢献しているふしもある。

そのまじめさ、従順さは「偉い」ことでもあるけれど、
「言われたことに疑問を持たない」ことこそ疑問。

私は新コロワクチン打ちましたよ、今後も打ちますよ。
4回目と言われたら、やめるかもだけど…。

医薬・医療・行政 … いろんな方に感謝しつつ、
「もう一方の違和感・気持ち悪さ」について
書かせてもらいました。

新コロ「2回め」打っちまった。

練馬区民ではありますが、本日 12/4(土)
品川区高輪の病院(1回目と同じ)で、2回め完了しました。

◎ごめんなさいね、知人・友人の
「コロナ懐疑派・否定派」の皆さん。
「日和って」しまいました〜。

◎ごめんなさいね、「打ったほうがいいよ、
へんな情報に惑わされず」と言ってくれた皆さん。
「こんなに遅れて」しまいました〜。

★過去記事:
【いまさら、ようやく、ワクチン接種(1回目)】2021/11/06
・Facebook投稿
https://www.facebook.com/kawashima.ripple/posts/4599067813478045
・Blog投稿(FBと同文)
https://www.omotesando-ad.jp/archives/55044125.html

65歳学年(私は早生まれの64歳)なので、とっくの夏前に
優先で打てたのに、1回目も11月になるまで拒否。

でも、いよいよ打たないと飲み屋にも入りにくいし、
今後 あらゆる場所で提示を求められる「事実」と、
隣人&世界平和のためにも!?

一種「あきらめ」と、悩み続ける「面倒くささ」と、
ワクチンは「それなりに効果がある(かも)」と、
自分なりに調べた納得(78%くらい?笑)により。

マイクロチップの埋め込みや5G電波の弊害、
世界を操作するディープステイト…とまでは思いませんけど
(それでも、そうした流れにあるのは感じる。
けっして陰謀論と一笑するものではない。
製薬会社利権とか、コロナ自然論・人工兵器論とかね。)

あーあ、打っちまった。

インフルワクチンも避けてきた私が、
新型コロナワクチンを打つことを「自ら」選んだ人生。

まぁ、自分の未来が、すーごく長いわけでもなし。

接種する人にも、しない(できない)人にも、愛を。

注射から、いま6時間。異常なし。
これから寝て、起きて … 副反応が出るかな〜。


↓↓
2021年12月5日(日)お昼に追記

【そして翌日】
注射箇所 左上腕の腫れ、やや手が挙げづらい(接種1回目も)。
朝の体温は、平熱より2度高い38度前後。やや寒気。
1回目は、ほとんど熱が出なかったので、
「これが副反応か〜」と嬉しくなる(高齢者は反応が鈍いそう!)

「打つ打たない」… 判断は各人の裁量。
でも感染予防と重篤化防止(デメリットの方が格段に低い?)
「他人への迷惑」論や「接種証明」の提示が本格化するなか、
まさに自由は建前で、実質「義務化」と同じ。
義母の病院と老人施設への付き添い人として必要で、
2回目接種前に「自費PCR検査」をとったら28,600円!有効期限3日!!
いちいち とってられません。

オミクロン株で注射が再活性化しそうです。
どうにか「集団免疫効果」と、まさに「風邪程度」の弱毒化となり、
「よく考えて打たない人、体質的に打てない人も」守られますように。

↓↓
2021年12月6日(月)お昼に追記

【ご報告2】
皆さま、ご心配をありがとうございます。
(土)夕方に「2回め」打って 〜 問題なく眠れて →
(日)起きられたものの、熱が38度前後。
日中は38.5度まで行き「これが翌日に高くなるという副反応か〜」。

その夜は12時間寝ては目覚め →(月)朝、回復していましたー。ほっ。
さて、3回目は半年後!?


髪型を少し変えました。

きょうは青山(外苑前)で髪を切ってきました。

散髪は「不要不急」ではないものの、
気分的なメリハリを含めて、月に1度は美容院へ。

ここ数年は、どうせ髪の毛が多いわけじゃなし、
割り切って(いさぎよく?)「なるべく短く」していました。

そんななか、ふと思って…
久方ぶりに髪型をチェンジ。

と、言っても
金髪に染めたとか、スキンヘッドにしたとかではなく(!)
従来通り「サイド短め」は変えずに
「前髪をやや多め・長め」に変更。

冬なのと、まだ伸びる生命力のある間に
「豊かな感じ」もいいかなぁと(笑)。

髪の毛にも、ひげ(鼻下と顎)にも、
白いものが目立ってきた昨今。

ここまで書きつつ、写真ひとつアップしない「偏屈」を
お許しください。

でも、それがタイミング?

昨日の投稿(※)を書いてから、考えたこと。

※【もっと早く買っとけば よかったのにねー】2021/11/30
BL
https://www.omotesando-ad.jp/archives/55047605.html
FB
https://www.facebook.com/kawashima.ripple/posts/4675891459129013

人からは「まじめで几帳面」と見られがちで、
実は気分屋の私は(A型のようなO型)
「もっと早くから○○していればよかった」と
何度も何度も反省してきたけれど
(←それってつまり「学んでない」ってことだな!)

なんやかやで「いま行動した時点が=タイミング」
とも思うのです。

最初の時点、そして、途中でそろそろと思った時点で
やれなかった&やらなかったのは、

・例えば資金がなかった(そんな高い買物しないのに!)
・例えば忙しかった(でも一日8時間寝てるし!)
・例えば条件が合わなかった(所々の事情という逃げ口上!)
・例えば気持ちが乗らなかった(乗せろよ!)
・例えば完成度・達成度の不安(5割なら進め!)etc.

と、いろいろ屁理屈いいますが…

「その時点」ではなく、実行する「ようやくいま」が、
「タイミング」かも。

神様がGoを出した時(ワハハハ)。

いまできることをして、いましたいことをする。
なんか、それでいいと割り切りつつある今日このごろ。

すみません、お仕事の締め切りは守ります(守ってます!)

もっと早く買っとけば よかったのにねー。

ここ3か月ほどで購入した「ちょっと高価な」もの。

◎DELL「27インチ 4Kディスプレー」6万円(Amazon)
・Dell 27 4K USB-Cモニタ -U2720Q/U2720QM

MacBook Proの外付けモニターとして使用。
iiyamaのHDタイプから交換。
細かい字も、にじみなく見られてすごくきれい!
目にもやさしい。

◎ハーマンミラー「セイルチェア」10万円(大塚家具)
・ランバーサポートと可動アームレストオプションはなし
https://www.idc-otsuka.jp/item/products/detail/19789?utm_source=criteo&utm_medium=cpc&utm_campaign=product&argument=MbOHIRCz&dmai=a6037023e0665e

ハーマンミラーは、真似っこが山のようにある
「高級・多機能オフィスチェア」の元祖ですけど
(そして20万円を超える価格!)
変身ロボットのように大げさな外観が気に入らず、
デザインがまったく異なるシンプルな廉価版を購入。
骨盤を支える構造が、無理なく姿勢を正してくれます!

◎バッファロー「Wi-Fiステーション」4万円(Amazon)
・AirStation WXR-6000AX12S

家庭や事務所のWi-Fi環境は、建物の構造や
引いている方法(種々の光回線、ケーブルなど)に
左右されますけど、「Wi-Fiルーター」の性能も肝心。

「遅い、切れる、フロアによって届きにくい」を、
3階建ての我が家でも解消すべく、最新Wi-Fiルーターを設定。
おー、ZOOM会議でも切れない!
ほんと、ネットの安定性は、仕事に必須です。



てなわけで、ちょっと値は「はる」けど
「購入を決断してよかった」の品々。

3年前、60歳を過ぎてからようやく
「老眼鏡:遠中近」に踏み切った後悔にも似て…

「こんなにいいなら、早くから買っときゃよかった!」

そんな「もっと早くから○○していればよかった」は、
人生の永遠の課題ですね(苦笑)

別人のようなピスタチオ。

私用で(何事もすべて、私用と言えば私用ですけどね!)
3週間ほどバタバタしていて、FB&BLの更新も
同じくらい空いてしまいました。

その間も、晩酌(って昭和な響き!)は欠かさず。

まずは「ビール&柿ピー」が定番ですが、
たまーに「ピスタチオ」を買います。

固い殻の割れ目を開いて
(頑固なハマグリのようなやつもいて!)
グリーンの中身を食べるわけですけど。

それがね、初めて「殻なしピスタチオ」にしてみたら…
勝手が違う! 別人のようなピスタチオ。

おしゃれ系ナッツの佇まいが裸にされて、
かろうじて「白いブリーフ 一丁」で立っているような
情けなさ。

商品にパッケージが必要なように、
エビフライにはしっぽが存在証明となるように。

殻があっての/殻を割る行為があってのピスタチオ!

「本体の充実」はもちろん大切ですけど、
「○○あっての」は、いろんな事象に言えること。

「広告販促物」もそのひとつでございます、はい。

いまさら、ようやく、ワクチン接種(1回目)。

いやはや、なんとも … のご報告となります。

64歳(65歳学年)なので、「とーっくに夏頃」
1回目&2回目の「新型コロナワクチン」を
終了している「はず」の私が、きょう、ようやく1回目接種!

いま、ここで知った知人からはきっと:

◎え〜っ、川島さん打っちゃったの〜 。負けた? 屈した!
という感想と、

◎川島さんの健康のためにも、周りの方のためにも、
ようやく決断してくれたのですね、ほっ!
という方々に分かれるのかな。

私は、「注射とともに、個人情報等が検知される
マイクロチップを埋め込まれる」とまでの
「陰謀論」は信じていません。
「国を越えた富裕層権力者が、全体主義的・共産主義的
利権によって、製薬会社や政治に入り込み」
てなことも、あまり。

ただし、そうした「傾向がありうる」ことは、
否定するものではありません。

コロナ(ワクチン)論争では、
科学的な根拠(エビデンス)と感情論・慎重論に
オカルトも加わって二極化(と言うかすれ違い!)
そこに「マスクひとつも人権侵害」的な思想が拍車。

いまだに、日本も諸外国も、
「なんで増えたか、なんで減ったか」正答はない。

ワクチンだって、
効いてるんだか、気休めなのか、
3回も4回も打つ必要があるのか、わからない。

そもそも、季節性のインフルエンザと比べても

… と、書き出すと切りがない。

体質的にワクチンを打てない人はもちろん、
「強要されるものではない、自己判断で」と発表しながら、
もうそんな言葉は「建前」でしかありません。

私は、以前から書いているように:

◎新型コロナウイルスについて騒ぎすぎと思う。
◎屋外でもマスク等 心配しすぎ、社会活動・飲食制限過剰。
◎できれば自分の免疫で対処したい東洋医学的発想。
◎各種ワクチンはなるたけカラダに入れたくない。
◎ワクチンの開発経緯や、流布に(やや)懐疑的。

そして、科学的エビデンス(?)をもって「良かれ」と
推進する方からは、「無知の感情論」と
お叱りを受けるかもしれませんが、

◎なんか違和感がある(という感情、感覚)
◎迷いのない集団的行動にカラダが反発(苦笑)

まぁでもね、

★いまさら私が子孫を作るわけではないし、
★副反応(ワクチンを入れるからには当然のこと)
は怖いけど、しかたないし、
★もしコロナにかかって「重症化」はいやだし、
★他人に移す確率も下げられればいいし

という理屈と、

☆妻の母(新潟で一人暮らし)の入院・介護で
いちいちPCR検査を受けるのが面倒で、
☆ワクチンパスポートがないと、呑みにも行けなくなる!

という事情。

いろいろ悩み、Webやマスコミ記事、
知人のお医者様の意見も参考に、

本日、第一回接種となりました〜。

ちょっと注射箇所が「張る」くらいで異常なし。
2回めのほうが副反応が出るらしいけど、そもそも
歳とると副反応の精度も劣るらしい(汗)。

次回(2回目)は、12/6(月)以降です。
また、ご報告しますね。

★過去記事

【川島の「コロナワクチン拒否」は、いよいよ潮時。】2021/09/13
BL
http://www.omotesando-ad.jp/archives/55035838.html
FB
https://www.facebook.com/kawashima.ripple/posts/4428651163853045

【過敏反応・妄想・思考停止ではなく、考え続けること】2021/08/18
BL
http://www.omotesando-ad.jp/archives/55031759.html
FB
https://www.facebook.com/kawashima.ripple/posts/4350074918377337

【コロナ問題:川島は居残り?】2021/07/27
BL
http://www.omotesando-ad.jp/archives/55028115.html
FB
https://www.facebook.com/kawashima.ripple/posts/4284619544922875

B級的に好きなもの。

そもそも、「B級」とは何でしょう。

Webサイトを検索すると:

・第一級には及ばないが、それなりの良さや人気があること。

・一級品に及ばないという卑下(ひげ:程度が低いものとして
蔑んでいること)の意味合いと、A級(=高品質だが高価)
に比べて費用対効果が優れているという自負の意味合い。

などと出てきます。

言い方を変えると、
「よそ行き」には使わないけれど、
「自宅、ないし仲間内」には開示して楽しむものかなぁ。

私の場合、酒のつまみでは:

・磯辺揚げ(ちくわを揚げて青のりをまぶしたやつ)と
・ハムカツ(中身がビーフや豚ではない、薄いハムのフライ)

ニュアンスとして、コロッケ(中身各種)は、
大衆的イメージはありますけど、
「しっかりとした市民権」があって、私はA級の範疇。

ただし、店頭で買って、その場で食べるとか、
コッペパンにはさむとB級感が漂う。

好きだけど「ちょっと情けない感じ」がB級かなぁ。

ビールを模した、発泡酒や第三のビールは、
私の評価では「だめなC」。

皆さんの「B級」は何ですか?

効率と信頼。

THE WALL STREET JOURNALの記事で、
興味深いものがありました。

「コロナで変わる企業経営、さらば外部委託
たとえコストが高くても信頼性を高める道へ」
THE WALL STREET JOURNAL
2021 年11月2日 11:24
https://jp.wsj.com/articles/farewell-offshoring-outsourcing-pandemic-rewrites-ceo-playbook--11635819847?mod=djem_Japandaily_t

読者契約していないと読めないかもしれませんので、
骨子を抜き出すと:

◎国際貿易の機能が低下する中、
企業経営者らは少なくとも短期的には、
国外のパートナー企業とのつながりや、
グローバル経済の利点に関する社会的通念を捨て、
たとえコスト高になるとしても
信頼性を高める道を選び始めている。

◎イタリアのファッションブランド、ベネトンは、
ラオス、カンボジア、中国、タイの
サードパーティー・メーカーを利用すればより安上がりになる。
しかし、ベネトンCEOのレノン氏によれば、
こうした場所では製造や素材が品質基準に合っているかどうかを
確認するため定期的に現地を訪問する必要があるほか、
生産のタイミングなどいくつかの面も
同社の国外事業の監督下に置かれていない。
計画では、今後1年から1年半の間にアジア拠点の生産を半減させ、
その工程を地中海沿岸諸国に移転させる。
同社によれば、この移転により輸送コストは削減され、
出張期間は数週間から1週間へと短縮される。

(引用 以上)

効率(それは企業経営として当然のことです)を
追い求めるあげく、投げ捨ててきたもの。

それは、「信頼」とか「きずな」とか「共同・協調」とか。

ちょっと甘めのフレーズですけど、
「あの人だから、値段以外の要因でも頼もう」は、
個人間でも国家間でも大切と思います。

衆院選の結果を受けて、こんどこそ…。

昨日10/31(日曜日)の衆議院議員選挙。

私の考える今後の課題は:
■自由民主党の「こんどこそ」
■立憲民主党(他 野党)の「こんどこそ」
■投票率の「こんどこそ」

私が投票に行ったのがお昼過ぎだったためか、
東京都第9区「上石神井小学校家庭科室」には結構な列。
そばのマクドナルドも投票帰り(?)で混雑。

今回はかなり盛り上がってる! と思いきや …
最終投票率は55.93%。「戦後3番目の低さ」とか!

民主党に政権交代した2009年が69.28%なので、
70%を越えないと、揺さぶれない=
国政も日本国民も活性化しないと思います。

コロナワクチンのごとく、70〜80%で
集団免疫ならぬ「集団選挙権益」が発揮される!?

さて、選挙結果は:
個別の候補者名(小選挙区、比例代表/当選、落選)
については書きませんけどね、

◎自民のギリ単独過半数、公明との連立で絶対安定多数。
◎自民の大物議員の落選(比例での復活あり、なし)。

◎立民主導の野党共闘は、一部の小選挙区では
(私のお隣、東京8区では石○氏を新人女性が倒す!)
成果があったものの、政権交代を果たせず。
いわんや立民も共産も議席を減らしました。

◎「共闘」は新しい風だったものの、
「立憲“共産党”」は、拒否感が強かったか。

◎日本維新の会は「自民でも野党でもない“第3極”」として、
いい感じの受け皿となりました(漁夫の利? 失礼)。

◎自民は安定多数をとったものの、
現役幹事長の甘○氏が小選挙区落選!という衝撃を受け、
今後の役員人事がどうなるのか…。
河○氏や高○氏が、自民党内での存在感を増すのか…

etc.

自民党総裁選で海外メディアに
「ミスター現状維持(Mr status quo)」と書かれ、
私も前回の関連投稿で
「岸田(候補)は、なんでこんなに つまんないのだろう?」
と書いた「岸田自民党」がどうなるか。

今後、自民も野党も日本国民も、
「追試」となる参院選は、2020年夏。

もう始まっている「次への動き」、楽しみです。


※過去記事【自民党総裁選(後)への妄想】2021/09/07
BL
http://www.omotesando-ad.jp/archives/55034886.html
FB
https://www.facebook.com/kawashima.ripple/posts/4410186275699534

看護婦 看護師/女性 男性。

私の年代だと、まだつい「看護婦さん」と言ってしまいますけど、
男女共に「看護師」に統一されたのは
(調べると)2002年だそうです。もう20年。

そして昨今は、「男女」という区別も
なるべくしないようになってきて。

※そもそも「女男」じゃなく「男女」からして差別か
※「男女」以外の「呼称・記入」の配慮も一般化

例えば病院に電話して:

「看護師の山下さんお願いします」
「山下はふたりおりますが」
「あー、女性 … ではなく、メガネをかけた …」
「両名ともメガネですが…」
「茶色のセルフレームで、ショートカットの
40代の(あ、年齢は失礼!)女優の◎◎似の(あ、いや!)」

てなことになるのか。

「男らしい」「女らしい」も、現在の
「ジェンダー・フリー」の認識からは「言うべきではない」
言葉なのでしょう。

私(たくましくはない、なよった、男性系!?)は、
「男らしさ女らしさ」は、強制しないことを前提に
あっても良いと思っていますけど。

亡き母や、妻の母の入院をきっかけに、
ふと「看護師さん」を意識した昨今です。


ていねいな暮らし(って いいねぇ)。

母が87歳で亡くなって半年。

同居(母が1階、私・妻・子供たちが2・3階の二世帯住宅)
だったので、空いた1階のスペースを
私のオフィスにするべく設営中です。

いま、母が残した品の選別を丁寧に …
と言うと聞こえはいいですが、ばっさばっさと捨てるゴミの山!

息を引き取ったのは病院なものの、入院はわずか1週間。
それ以前、1年ほどで急速に「一人で歩けない」状態になっていました。

そんな老人の「一人暮らし」(すべての生活がワンフロアで完結)には、
すごい量の衣服や寝具、食器、文房具、書類、台所用品、園芸道具、
趣味の品、洗面・化粧、タオル、大量の飲みかけ薬、思い出の写真 etc.

「母さん、これ、全部使うつもりだったの!?」状態で、
「捨てきれない」この世代特有の「物持ちの良さ」ですね。

ただし!

感心するのは、「ゴミ屋敷」にはなっていないこと。
素晴らしく整頓されている。

衣服はクローゼットに綺麗に収納され、外のラックには
埃がつもらないように布がかけられ、
台所用品や文具等の品々は綺麗に並び、再利用のビニール袋は
大きさ別に分けられ、引き出しの中は「切った紙で」仕切られている。

中身がわかりにくい箱には手書きの一言。
書類は、クリアファイルや封筒で仕分け(もちろんタイトルも)。

「母さん、見事だ!」

料理も、裁縫も、庭仕事も立派だった母。

晩年の持ち物は、さすがに多すぎと思うものの、
「丁寧に生きてきた」ことがとっても良くわかります。

母さん、かなり捨て去ってしまうけど、
気持ちだけは、受け継ぐようにいたします。

絵になるのは、ビール 大ジョッキ。

全国で9/30に緊急事態宣言が解除され、
夜の飲食も解禁されました(細部の規制はありますけど!)

テレビニュースを見ると、
居酒屋で「生ビールの大ジョッキ」を傾ける映像が多数。

絵になりますよね。

映像は、わかりやすさが一番。
(そこを操作して、世論を操作することもできる!)

夏の帰省で混み合う東京駅では、
「ぐったりの幼子を抱えるお父さんやお母さん」
地方駅では
「孫の家族を見送る おじいちゃん おばあちゃん」が定番。

うちの子供が小さい頃には、
夏休みシーズンに駅でテレビ取材を受けたら、
たとえ元気な娘・息子でも
「ぐったりさせて写ろう」と思ってました(実現せず残念!笑)。

ビール瓶をひとりで傾けるおっさん(≒ 私)や、
日本酒のおちょこを交わし合う4名以内(規制ね!)にも、
「緊急事態宣言&酒解除」は良かったです。

新型MacBook Proはパス!

MacBook Proの新製品が、10/20に発表となりました〜。

長年、MacBook系各種、iPhone、そして購入半年なれど
欠かせないiPad Air … と、完全Appleの私。

1年前に「MacBook Pro M1チップ版初代:13インチ」を
購入したばかりとはいえ、新型MacBook Proに興味津々。

M1チップの強化や、ボディデザインの刷新、
画面の大型化、タッチバーの廃止、
スロット(差し込み穴)の大幅変更など、
大胆なモデルチェンジで買って間違いなし!

少なくとも、あと1年以内には会社の経費で
経理女性に「あれ〜 もう交換ですか〜」って言われながら。

と、思ったものの … やめます!
今回の機種は買いません、うん、たぶん。

現行機で十分なのはもちろんのこと、

◎私が望んでいた「軽さ」が、現行の1.4 から1.6kgに増加。
= 最近の外出時はiPadで、大型モニターにつなぐ
据え置き使用がメインとはいえ、、
今どきの13〜14インチとしては重すぎる。

◎オーバースペック
= まぁ、現行のM1でさえ、デザイナーではない私には贅沢!

◎スロット(差し込み穴)が、目的別に増えた。
= いっけん便利そうですけど、
せっかく初代M1でスロットを「Cタイプ2つのみ」に割り切った
ことからは退行では?
私は「接続アダプター」をつけて、電源を含むいろいろを
つないでおりました。その状態で便利なのは、
アダブターひとつを抜けば、即 場所移動・外出ができること!

良い意味で、新型MacBook Proは、真にプロ仕様。
MacBook Airとの区別が明確になったということでしょう。

てなわけで、私は「にわかプロ」を卒業し、
次はMacBook Airの新型にするつもりです。

いつになるかな〜?!

好きな時刻にNHKニュース、良し。

テレビ番組は、ほとんど見ない私。

仕事の合間の気分転換に
「ちょっとだけ」ワイドショーなどつけてみるものの、
Twitterのちら見と同じで長時間は見ません。
雑音・雑念の「マイナス度」が強すぎる。
(一種の社会勉強・人間観察にはなりますけどね!)

数日前から、ネットの「NHKプラス 」に加入しました。

2020年3月1日からNHK総合+Eテレ(教育)が、
ネット放送されるようになったそうなんです。

これ、良いですよー。

好きな時刻に、ニュースが見られる。
そして、過去の番組も(一部ですが)楽しめる。

アップル社のスティーブ・ジョブズのドキュメンタリーと
(民放が放送した)仮面ライダーの初回も見てしまった!

そうした「アーカイブ」と、
ほぼリアルタイム(やや遅れての受信)のニュース等
生番組(&録画)。

私はパソコン(MacBook Pro 13インチ +外部モニター)
ではなく、iPad Air 10.9インチにて視聴。

iPadの「ビューワー」としての手軽さとともに、
「NHKプラス 」新たな楽しみになっています。

根絶やしの思考の逆側にいて。

かなり言葉を選ぶ、重い問題なのですが。

日本人の「曖昧さ」とは不思議なものだなーと思います。

コロナ騒動でも諸外国のようにはロックダウンしない。
法的規制はゆるく、国民の自主性に「お願い」する。

一神教(唯一の絶対神)ではなく、
森羅万象の八百万の神を信じる。

決めることをしない。
余韻を残す。
悪く言えば、責任を背負わない。
ディベートは苦手。

日頃、もやもやしていたことを、
ダイレクト出版の「ネット講義」が答えてくれました。※

以下、引用しつつ、私のまとめ:

欧米人も中国人も「徹底した白黒」をつける。

悲惨な例では
「攻め込んだ・奪った領土の原住民は根絶やしで虐殺。
子供を見逃してはきりがない、あとあとに影響する」
という傾向にあります。

常に近隣諸国との紛争に巻き込まれ、
城壁を築いてきた国と、
城はゆるく、自然災害死が大概の脅威であり、
それをあきらめて「共存」せざるを得ないとしてきた
日本人の死生観。

良い悪いではなくてね。

国際化(←言い方 古っ!)とコロナ・パンデミックのなか、
公的にも私的にも、いろんなことを考えてしまうのでした。

※参考:(株)経営科学出版/ダイレクト出版(株)
大石 久和 氏【国土が解き明かす日本人の謎】

酒の断捨離(断酒じゃないよ!)。

ご存じのように(?)、ほぼ毎日飲んでおります。
体調が(よほど)悪くない限り。

「まずビール」+ 料理に合わせて他の種類を少々。
例えば、
白ワイン・赤ワイン(炭酸割り含む)
ウイスキー(水割り、ロック、ハイボール、お湯割り)
日本酒(冷や、ぬる燗)、焼酎(水割り、ロック、お湯割り)。

飲まないのは、スパークリングワイン、ブランデー、
カクテル系。「甘いなんとかフィズ」もだめ。

ビール系でも発泡酒とリキュールは口に合いません。

なんて、偉そうに言っておりますが、
味がわかるわけではぜんぜんなし。

「料理に合わせて」と言っても、妻から
「きょうは白身魚中心のフレンチよ」「だったら白だね」
てな会話は一度もなく(女房は飲まないし、
家庭料理は「どの酒が合う」などと明快なものじゃなし。)

そんなわけでね、こちゃこちゃスーパーで
小瓶の日本酒とか買ってくるより、
家は「ビール(しばらく前からAmazon宅配)+
白ワイン+赤ワイン」の在庫でいいや! と割り切った次第。

酒の断捨離(笑)
断酒じゃないよ(情けな!)

その他のお酒は、外出時に
「刺し身には久しぶりに日本酒だなぁ」とか
「沖縄料理は泡盛でしょ」「スタンドバーじゃハイボール」
なーんて楽しめばいいかなーと思ったのでした〜。

爪にチーズ。

酒のつまみにね、
「個包装」のチーズを常備しています。

丸い紙箱に入った定番三角「雪印6Pチーズ」とか、
四角いのが5〜6個、縦に連なったやつ。

大袋の中に、一つひとつが「ねじったビニール」で
包まれている製品は、問題ありません。

困るのは、銀紙で包装したやつ。

日本人の「芸細(げいこま:芸が細かい)の典型で、
赤くて細いシールを「むく」と裸になる仕組み。
(コンビニおにぎりの、開き方&海苔との合体も
外国のかたから見たら驚愕でしょうね!)

ほんと、良くできているのですが、それでも
銀紙を何箇所か「めくる」必要があって。

「爪」にね、「チーズ」がつく。
つい、爪でチーズを掘ってしまう。

よーし、きょうは爪につけないぞ、と
まだ酔っ払う前に挑戦するも敗退。

髪はまず反対側に立てる。

長年通っている美容師さんに教えてもらった
ヘアセットの秘訣です。

女性や若い人なら常識かもしれませんが。

例えば髪の毛を「右に流したい」とすると、
洗髪後にドライアーでさっと全体を乾かしたあと、
「右向きになるよう」ドライアーを当てたのでは、
ペタンとなりがち。

「まず左に流し(立て)」そのあと「右に向かせる」
ことで、ボリュームのある右向きになるそう。

なるほど!

何事も、良いと思う方へ向けるばかりでは、
案外 薄っぺらくて厚みのないものになる恐れ。

「反対側」も大切ですね。

恐る恐るの大人買い。

若い頃にはできなかった
「まとめ買いやバリエーション買い」ができることを
「大人買い」と言いますが(いつ頃からの言葉だろう?)

「漫画本10冊まとめて」とかね。
商品棚の「ここからここまでください!」なんてのは、
さすがに極端でしょうけど。

きょう到着した仕事用の文房具。
「現物も見ずに」Amazonで似たようなのを6個も大人買い〜。
(使うのはひとつなのに!!!)

iPad Air(第4世代)10.9インチを買ったのが5か月前。
ネット閲覧、書籍、映像(YouTubeや映画)など
「ビューワー」として素晴らしく重宝しています。
(仕事のMacBook Proの変わりにはなりません、そこは別物。)

そして、電子ペンによる「描画」も画期的。
私の場合、イラストではなく、まさに「手書きメモ・簡易図」。

ただね、専用のアップルペンシル(15,000円!)が、
スタイリッシュすぎて(アップル製品らしいわ!)
細すぎる、握りにくい、すべりやすい。

そこで各種メーカーから「補助製品」として
「ペングリップ=握りのキャップ」が発売されています。

例えば、エレコム(ELECOM)からは6種類も(+色バリ)。
ひとつ1,000円弱。使ってみなければわからない(汗)。

かなり悩んで、そのひとつを買いました。
うん、裸で使うアップルペンシルより格段に握りやすい。

でも、もう少し「すべらない」と理想かな、
太さがもっと太いと「持ちやすいか」などと、
他も試してみたい気が膨れ上がり…

結局、追加で5つ注文。最初の1つ+5つ=6つ。
ひとつしか使わないペングリップを6つ買って6,000円(笑)。

「当たり」はあるかな〜。

なにせ効率が問われる仕事用ですからね、投資ですよ投資。

おっかなびっくり、それでも嬉しい大人買い。

たぶんへんな食べ方です。

例えば、「カツカレー」を食べるとする。

切ってあるカツのうち1、2個はカレールーと混ぜず
そのままソースをかけて食べたい(特にwithビールの場面)。

そして、カレーが白いご飯を全面的に覆うのではなく、
カレーはごはんの半分にしてほしい。

できればカツも別皿にすると理想。
あ、キャベツもね(ドレッシング少なめで)。

要するに「ごはん、カレー、カツ、キャベツ、福神漬け等」が
別々の皿に載ることになる。

そんなの、カツカレーではないわな、面倒な。

◎最初はバラで
◎途中からまぜて

が好きです。

すみません、へんな人です。

いいなぁ、おつかれ生です 4.5%。

こんばんは。
一年中「まずはビール」の昭和おっさんです。

スーパー(上石神井・関町 いなげや)にて見つけた
新製品「アサヒ生ビール缶:通称 マルエフ」。

1986年発売の「アサヒ生ビール」を復刻させた商品
だそうです(業務用の樽は続けていたとか。)

新ネーミングと新パッケージですが、
調べてみたら、あー「コクキレ」の大ヒット商品ね。

その後、アサヒは「特にキレ」を重視した
「アサヒ スーパードライ」を発売し、キリンを抜きます。

スーパードライ、すごい商品です。
経営・商品開発・マーケ… 尊敬します。
(広告と味は嫌い!笑)

すでに「マルエフ」をプシュ! しました。
おいしいですよ〜。

缶のデザインが、レトロのようでモダン。
新垣結衣さん出演のCMのコピーもいいなぁ、
なんでもないフレーズに見えるけど。

「日本のみなさん、おつかれ生です!」

私は、毎日飲んだくれてますけど、
「ビール選び」にはしばり(ルール)を決めています。

◎「ビールカテゴリー」しか飲まない=発泡酒や
第三のビール(リキュール)は飲まない。
安くても、工夫が進んでも、相変わらずまずいから。
(例外:たまに市場調査で買う。笑)

◎コロナで家飲み頻度が上がり、ビール各社から
「サーバー」が発売されていますけど
(ついにサブスク商売まで!)私は申し込まない。
飲みだすときりがないのと、機械の清潔メンテが大変。
なので、缶ビールを指定のゴミの日にガランガラン!

◎アルコール度数「5%」を超えるものは飲まない。
強い酒で酔っ払いたくないのと、傾向として
アルコール度数が高まるとドライ・辛口になりがち。
それは、アサヒスーパードライ(5%ですけど)と
同種の味わいになる。
5.5%とか7%とか、度数の高いビールが増えています。

「アサヒ生ビール缶:通称 マルエフ」をネタに、
ビールのことを久しぶりに書きました。

マルエフは、4.5%!

LINE、ほぼ閉めました。

過去記事の続きです:
【LINE、もうすぐやめます】2021/08/19

BL
http://www.omotesando-ad.jp/archives/55031905.html
FB
https://www.facebook.com/kawashima.ripple/posts/4353152738069555

「650人の友だち」と「「8つのグループ」を
登録していましたが、「10ほど残して」消しました〜。

◎LINE自体からは退会せず、アプリはキープ。

◎3つの削除方法のうち…
・非表示:友だちやトーク、タイムライン投稿を表示しない
・ブロック:トークや無料通話を送受信できないようにする
・削除:一切のつながりを断ち、まっさらな状態に戻す
まずは「非表示」を選択。

従って、まだ「復活」はできるようです。

それでも、約650名には「まったく連絡をとらない人や
知らない・忘れている人」も多数で、
「基本 LINEを活用していない」私でも、
「幻のような友達」にびっくり。

完璧削除&LINE登録の抹消・退会も計画中ですけど、
仕事でもプライベートでも「まだLINE、ないし
ライン公式アカウント(旧名 LINE@)」の必要は
あるので、もうすこしだけキープ。

ほんと生意気で、そしていまどき申し訳ございませんが、
川島は(ほぼ)LINEは見ない、書き込まない。
= メールかFBメッセージを徹底します。

「川島〜、俺とお前はそんな仲だったのかよ〜」という
メッセージも、LINE以外でね!

集団登校は、はたして良いのか。

昨日に続いての「交通安全シリーズ」です(笑)。

【車が横断歩道で止まってくれる!】2021/09/14
BL
http://www.omotesando-ad.jp/archives/55036014.html
FB
https://www.facebook.com/kawashima.ripple/posts/4432522756799219

ネットのウィキペディアによると、
「集団登校が広く導入されるに至ったのは
交通戦争と呼ばれた昭和30年代以降」とのことですが、
昭和32年(1957年)3月生まれの私も、
自分(の小学校)がいつから実施したかは覚えていません。

とにかく、集団登校はいまの日常風景。

出勤もせずにだらだら自宅にいるおっさん(=私)が、
家の前で体操(カッコ良く言うと気功)をしていると、
目の前を小学生数人の列が。

「おはよ〜」と声をかけても、誰も反応しない。
お互いふざけたりしゃべるでもなく、
死んだ目をして(極端かな〜)とぼとぼ進んでいく。

これで、交差点や直進道路の横断歩道など、
車や自転車(暴走自転車は脅威!)がつっこんできたら
どうするんだろう。

黙々の行進に、周りへの注意力や、瞬時の対応なんて
期待できない気がする。

いっそ「ひとりで」自主的なアンテナを働かせて
登校・下校したほうが良いのではないか。

塾通いだって、ほぼひとりでしょうに。

不審者への防御とか、お兄さんお姉さんが
下級生を導く意味、遅刻を減らせる効果など
いろいろあるでしょうけど、「いま」どうなんだろう。

気になって、すこしネットを検索してみました。
「集団登校反対論・懐疑論」も多数あるのですね。

子供たちよ、元気に明るく、安全に。

上石神井の「レレレのおじさん」より。

車が横断歩道で止まってくれる!

昨日は、私にしてはかなり重い投稿だったので、
きょうは軽い気付きを書きますね。

信号のある交差点では当たり前ですけど、
直線道路にある「信号のない横断歩道」では、
そこにたたずむ人がいても車はびゅんびゅん通過して行きます。

もちろん交通ルールでは(自動車教習所でも教わりましたね!)
「横断歩道は、歩行者優先であり、運転者には
横断歩道手前での減速義務や停止義務」があります。

でも、私の感覚では95%くらいは
「車が優先。歩行者は車が途切れてから横断歩道を渡る。」

それがね、この1〜2年くらい、ほんと最近になって
止まってくれる車が多くなったのですよー。
感覚で言えば「止まらない80% = 止まってくれる20%」へ。

ただの勘違いかなー。

10年以上ペーパードライバー(車を手放した)私は、
最近の「交通ルールの徹底」はわかりませんが、
ドライバーの「気持ちの変化」があるのでしょうか。

皆さんは、どう思われますか?

歩道に立っている(道を渡ろうとしている)私に対して、
右から来る車が止まってくれた。
フロントガラスが光って運転手さんは見えないけど、
会釈をして渡ろうとする。
しかし、左側から来る車がある。そのまま渡れば危ない!

左からの車も、概ねは止まってくれますね。
素直になのか、渋々なのか、やばっ急ブレーキ
なのかはわかりませんけど。

なんかうれしくなったので、誤解かもしれないけど投稿。


川島の「コロナワクチン拒否」は、いよいよ潮時。

へたすると「うだうだ」と長文になりそうなので、
なるべく短く書きます。舌足らずは失礼!

新型コロナウイルスに対する「ワクチン摂種」を、
私はずっと拒否しています。

マイクロチップを埋められるとか、
ディープステイトが〜!とかは心配していません。

かといって「陰謀論」と揶揄されるものも、
一笑に付したいとは思わない。
政府やマスコミの言い分を鵜呑みにするのではなく、
良い意味で検証する頭は持ちたいと意識しています。

どうせ個人情報は、国からもSNSからも、
どうしようもなく漏れている!

コロナが自然発生か人工か、米中の勢力図は…
とにかく、今後の社会が健全であることを願います。

そして私が、「ありがたい」ワクチンをまっさきに
いただけた「はず」の65歳以上年代
(誕生日が3月の64歳)にも関わらず、
いまだ摂種していない理由は何か。

◎一番には、
これほどのパンデミックでも騒ぎすぎだと思っている。
(さー、ここは反撃を受ける所ですね、ただの風邪論者!?)。

例年のインフルエンザ流行や症状、自殺者の数からして
「重いけど」あまりに怖がりすぎ・あおりすぎだと考えます。

◎二番目には、
陽性者・感染者・他人への移し方も、いまだにわからない。
マスクの効果にも懐疑的。
対面では必要と思いますけど、道路や、
誰も話さない電車の中で全員マスクをする異常さ。

私は、大通りを歩く時はマスクを外しています。ただし、
それでは「見た目」やばいので、腕に「腕章」のように巻き、
打合せやお店、駅に入る時にはつけています。

あー、短く書けなくなくなってきた!!!

「川島は、勝手に気分・感情で拒否しているけれど、
川島がワクチンを接種しないことで、どれほど社会に
迷惑を与えているか。マスクをこれみよがしに外して
恐怖を与えているのですか。」

「接種の努力や万一のリスクをかかえた人に、
あなたは安全を守られているのですよ。」

おっしゃる通りです、へんな意見とは思いません。
これが日本と世界の趨勢です。

まさに9月10日付けのNewsweek日本版によれば、
「パンデミックは未接種者によるもの、
ワクチン義務化に舵を切ったバイデン政権」。
「共和党からは早くも憲法違反との声」だそうですが。

これからはワクチンを、すべての国民が
何度か(へたすると毎年)打つ社会になるのでしょう。

さらに根本を探ると…
私の「ワクチン拒否」の理由として

◎へんな(?)薬は、なるべく体内に入れたくない!
というのがあります。

ずっと健康(奥底で病魔があろうとも)でいられた
自分の「免疫力」を信じたい。

副反応を怖がっているのではありません。
予防接種で多少の熱や倦怠感があるのはしかたないです。
まして、強力なコロナに対抗するワクチン。

◎検証が弱いのも不安。
(←→ いや迅速で十分な検査であり、科学を否定しすぎ論)
コロナワクチンが数年後、数十年後、
本人の体や遺伝子 → 子孫に影響を与える説もあります。
しかしまぁ…「俺はもう」関係ないもん。死ぬだけだし。

… と、いろいろ考えてきましたけど、もうだめ。
拒否は潮時でしょう。

「摂種しない人は、他人への迷惑を考えない人」
「集団の幸せを阻害する人」

※本当にアレルギー等がある方は別だと思います。
摂種しない権利は保証されるべき。

加えて、ワクチンパスポート導入による行動制限。

2週間前、新潟で一人暮らしの義母(妻の母)の
入院手配に際して、妻と私は「PCR検査」が必要で、
陰性ではありましが、もうどこへも行けない社会が
現実化しています。

飛行機に乗れない。
国内の電車にも乗れない。
店に入れない。
酒が飲めない
劇場で見れない。
人に会えない。

いまのところ、私のクライアントさんは
「過剰にコロナ・マスクに反応する」会社さんでは
ありませんが(類は友を呼ぶ!?)
今後、「ワクチン接種=パスポートのない人とは
お取引できません」となっていくでしょう。

もう、強制化・義務化したら?
摂種しない人の権利も… なんて、差別と呼ぼうが
区別と言おうが、ポーズでしかないでしょう。

いまこそ国民が一丸となって! (あぁ、いやだなー)。

皮肉屋なので、おちょくって書いてますけど、
「ワクチンは(多少の副作用や期待はずれはあろうとも)
国民と地球民のために素直に接種すべき。
証明の数字だって… という意見に反対しません。

いまはワクチン接種会場も混んでいて、若い方にも
どんどん摂種していただきたいので行きませんが、
年内接種かなー。

カラダの感と、アタマの感。
「なんか違う、へんだ」は、いよいよここまで。

皆さん、ワクチン反対派なんかに惑わされてはだめですよ〜。
ううう(涙)

★過去記事:
【過敏反応・妄想・思考停止ではなく、考え続けること】2021/08/18
BL
http://www.omotesando-ad.jp/archives/55031759.html
FB
https://www.facebook.com/kawashima.ripple/posts/4350074918377337

【コロナ問題:川島は居残り?】2021/07/27
BL
http://www.omotesando-ad.jp/archives/55028115.html
FB
https://www.facebook.com/kawashima.ripple/posts/4284619544922875

上石神井、知ってますか?

昨日投稿した「上石神井のマクドナルド」つながりで、
地元の話をします。

私の自宅 兼 事務所は、電車で言うと西武新宿線
(高田馬場駅 ないし 西武新宿駅からの私鉄)
上石神井駅 徒歩7分。

上石神井(かみしゃくじい)知ってますか?

いわゆる「西武線」ですけど、池袋からの西武池袋線と
並行して下(南寄り)を走る新宿線のほう。
練馬区の左下。杉並区との境。

よく間違われるのですが、駅名の
「練馬」「石神井公園」「大泉学園」は池袋線。
「上石神井」「鷺ノ宮」「中井」などは新宿線。

と、説明してもほとんどの方はごっちゃですね。
「上石神井? 良いところですねー、石神井公園があって」
「いや、石神井公園まで徒歩30分の西武新宿線のほうで…」
ま、そんなローカルな路線です。

駅前は狭い(すこし先の田無のほうが開発されてます)。
知名度もない(人に威張れない)。

スタバもエクセルシオールも、あるわけない。
ドトールとモスバーガーは撤退した。
マクドナルドだけは残ってる。

練馬区の中では、西武池袋線のほうが開発されて、
新宿線はさらに地味。いっそ我が家は、隣接する
杉並区だったほうがブランド価値は上がったか!?

それでも、急行・準急は止まり、
高田馬場まで13分という便利さ。
日用品の買い物には困らず、地味な住宅地としては良い。

ロイヤルホストとケンタッキーと、
吉野家、すき家、松屋はある。
駅に小さな本屋とヴィ・ド・フランスもある。

あ、私が徒歩15分・自転車5分で通った
早稲田大学高等学院もある(朝晩の駅はうるさい)。

建築(住宅)規制で高いマンションも建てられず。

(良く言えば)「案外都心に近い、閑静な住宅地」
にて、私はこうして生きています。

(続き、また書きます!)

サービス・おまけ、されなくてよい!

大人になってからはね、

サービスで1回無料とか、
おまけでこれも差し上げますといった販売促進には
いっさい興味がありません。

名刺大のカードにスタンプを10回押してもらうと…

押してもらうのがめんどう!
そのカードをいちいち持っているのがめんどう!

カルチュア・コンビニエンス・クラブのTポイントも、
ビックカメラのポイントカードも、
しばし使用したものの捨ててしまいました〜。

えーっ、10万円の家電買ったら、1%でも1,000円、
10%なら、1万円も得するじゃない!?

でも、いらないです。

クレジットカードについてくるポイントは、
何もしなくても貯まるので、それは勝手ですけどね。

◎カード類は増やしたくない。
◎いちいちおまけのために取り出したくない。

そして、お金持ちでもないのに不遜ながら…

◎正価でいいです。
◎コアとなる商取引だけでいいです。

中年奥様に対して(例えば食材店で)
「おねぇさん、いつもきれいね。ありがと。
はい、多めね!」てなトークが
いまどきあるかはわかりませんが、

◎必要な商品・サービスを、
◎支払うと合意した価格で
やりとりできれば、それでいい。

「人の好意」や「商売人魂」を、
否定しているのではないことはわかってくださいね。

街角でポケットティッシュはもらわない。
(花粉時にあってもいいけど、品質悪いし…)
食品包装ラップはいただくな、でも小皿はいらない。

基準は:有益な「消耗品」ならもらって困らないけど、
ひどいパッケージや使い勝手の悪いものは即捨てる!

「食べ放題」と「福袋」に興味がないのに通じるかも。
「長蛇の列に並んででも何かしたい」と思わない事も。

自分はなんで、ポイントやサービスに
興味がないのだろう、という考察でした(失礼!)

自民党総裁選(後)への妄想。

菅総理大臣が自民党総裁選へ出馬しないことを受けて、
次の自民党トップは誰になるのか。

国民の直接投票では選べない
「自民党内の派閥圧力」で決まることではありますが…

自民党政権のまま続くとして、

総裁が誰になろうが、
大臣(組閣)は適材適所にし、
「その大臣を変えずに」何期・何年か続けてほしい!

外交(外務)なら外交、教育(文部)なら教育に
ふさわしい人・知見のある人が、
ある程度の期間やったほうが良いのではないか。

大臣の配置替えって何なのよ。ずーっと疑問でした。

実際は官僚と現場がやるから、ただのお飾り?
不祥事対策と、国民アピール?

国民・世論・マスコミ・野党も、
「菅、頼りない、辞めろ」と言っておきながら、
辞めたら「早くも逃げ出すのか、無責任!」なーんて
結局は「気分や空気」ですからねー。

私が、本当の能力も、勢力図も、
右も左も無視して、大臣を気分で選ぶと(笑):

河野さんが総理として決定のスピードを上げ、
世界の要人と英語で語り、

石破さんは防衛を見守り、

小泉さんはセクシーな環境行政を極める。etc.

少なくとも、「○○省は○○大臣、よくやった」の
存在感と実績を残して、次のポストへ。

さらに高市さんの経済政策は… てなことを
「まじ」で考え始めるときりがありませんが(汗)

いいかげん、国力 上げなきゃ。

ブログのリズム(文字数とか)。

これは、メールやFacebook投稿でも
言えることですけど。

「文章の長さ」は、その人を表す。

毎回、「何千文字」の方がいれば、
「数十行」の方もいる。

Twitter = 140文字以内 ほどではないにせよ、
おおむねどれくらい書くかは
「その人の呼吸・息継ぎ」によると思います。

長距離走が得意な人、短距離走が得意な人。
水泳の「息の止め方」にも例えられるなぁ。

私の場合は、400〜800字くらいが基本。
短距離型ですね。

自分が一気に走れる・泳げる距離はどうか。

一行の文字数、改行の仕方、行間の空け方






なーんてのも、人それぞれです。

私の職種が広告コピーライター・ディレクターなので、
「記事を長く読ませる編集的なライティング」よりは
「骨子を短くアレンジする」のに慣れていることもある。

そんな雑文に、毎回(たびたび?思い出したように?)
お付き合いくださり、ありがとうございます。

無駄なことを、たくさんしてきたなー。

きょうのWebニュースで
「豊田スタジアム、屋根を固定式に」を見ました。

内容は:

◎サッカーJ1名古屋グランパスエイトの本拠地
豊田スタジアム(愛知県豊田市)にて。

◎悪天候でも使用できる開閉式屋根だったが、
2001〜13年度にサッカーの試合などで計127回開閉。
15年度からは原則、開けたままにしていた。

◎1回の開閉に50分。約100万円の費用がかかる上に、
修繕費も年約6千万円必要。コスト削減のため、
目玉の可動屋根を断念して固定式に改修する。

ふーーーん、屋根が自在に開閉して、
太陽の下でのプレーや雨天開催ができる(できた)ものの
「50分もの時間と費用」がかかるのですね。

車の幌(ほろ:コンバーチブル)も、カッコいいけど
メンテや「乗りこなす気構え」が大変と聞くし。

自分がしてきた、山のような「無駄なこと」。

はなから、あきらかに無駄だったこともあれば、
時間の経過や、自分の変化で無駄とあきらめたこと。
(でも、そこからの撤退がぐずぐずと遅れたこと。)

山のような(使用2回め!)無駄と反省・後悔をしつつ、

「あー、面白かったなー。経験だったなー」と
思うしかないですね。

川島のFacebookはこちら
Takayuki Kawashima


(↑ マークをクリック)
●友達申請には必ずメッセージを添えてください
●フォロー(フィード購読)も可能です
こんなBlogです
日々の広告制作やビジネスのこと、雑談を書き連ねています。
近年はFacebookと同文を「アーカイブ」として掲載。「過去記事」や「テーマ別」にご覧になるには便利だと思います。
(コメント欄は閉鎖しております)
月別バックナンバー
ブログ内の記事検索
Profile
◎川島 孝之(Takayuki Kawashima): 株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)代表取締役・クリエイティブディレクター・コピーライター。

◎1957年3月生まれ。早稲田大学商学部(マーケティングゼミ)を5年で卒業後、1980年第一企画(現ADK)入社。6年の勤務ののち、制作会社11年を経て、1997年(株)リプルを表参道に設立。

◎2016年1月、表参道のオフィスから、西武新宿線 上石神井(かみしゃくじい:練馬区)のホーム・オフィス体制に変更。
ブログのタイトル「表参道の小さな広告屋から」も、「上石神井の小さな広告屋から」(2017年.1月)に変更。

◎CD(クリエイティブディレクター)C(コピーライター)として、企業の魅力を「整理整頓」し「翻訳」して、(外部ブレーンのグラフィック&Webデザイナーと一緒に)シンプルに伝わるカタチに定着することを仕事としています。

エッセンス(essence:本質)と、センス(sence:感性)。
メッセージ(message:意思)と、イメージ(image:印象)。

企業価値の「再発見と再発信」を通して、その会社の「存続と発展」。さらに、その企業や商品と出会う人の幸せに貢献することが使命です。

【実績の一部】 カルビーじゃがりこ(パッケージ)、ビデオリサーチ(ロゴ・Webサイト・インナーツール)、日立化成(カタログ・インナーツール)、介護のらいふ(ブランドブック)、武蔵高等学校中学校(学校案内)、アルカダイアモンド(広告・販促物:以下同)オークラヤ住宅、翻訳専門校フェロー・アカデミー等
/その他 中小・個人企業のオーナーさんとの直接のお取引。

◆Webサイト:RIPPLE Inc.
http://www.ripplesite.co.jp/

◆お問い合わせ:インフォメーション
info@ripplesite.co.jp

◆Facebook:川島 孝之(リプル) ※投稿はBlogと同内容です
http://www.facebook.com/kawashima.ripple
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
チャーミングな日用品365日
川島 蓉子
ハースト婦人画報社
2012-10-25

別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
イッセイミヤケのルールイッセイミヤケのルール
著者:川島 蓉子
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-03
おすすめ度:2.5
クチコミを見る
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本