もっといいデザイン(デザイナー)が欲しい
→ そこで川島さんにご相談が …というお言葉は、
当然うれしくあるものの …

そして、いまの(現状の)デザイナーさんの力量や
クライアントさんとの相性はわかりませんけど …

圧倒的な問題は、
デザイナーへの「オリエン力」。

つまりは、クライアント側で
「課題の整理整頓」がされておらず、
デザイナーさんにうまく伝わらないことです。

また、確定した情報(スペック的なこと)だけでなく、
練れていないコピー(訴求用の文案)まで
そのままデザイナーさんに渡してしまうこと。

その結果、ダメなデザイナーは何も考えずそのまま
「文章量も文章内容も関係なく」入れ込み、
真っ当なデザイナーは、アレンジに苦労する。

広告物を発注する方の必須条件は、
「文章や図にして、意図を相手に伝える」能力。

これまで、いろんな企業の方とお付き合いし、
お仕事をいただいてきましたが(ありがとうございます!)

こちらから「メールで主旨をご連絡ください」
とお願いしても(いまどきで言えばLINEやFacebookの
メッセンジャーでしょうかね)
電話しかしてこない方もいらっしゃいました。

「迅速」とも言えますが、実態は
「文章に整理できない」=「頭が整理されていない」。
電話でペラペラ喋るけど、まとまらない。

「じゃ、そういうことで。ひと段落したら飲みましょう!」
と切られても、「何がそういうことか」わからない。
後日の飲みの誘いなんか、当然ありもしない。

デザイナーへの発注の難しさ。

お悩みの際は、デザイナーとの連携も豊富で、
企画・戦略・文案の作成もできる
「クリエイティブディレクター・コピーライター」の
川島まで御用命くださいね(笑)。