そもそも、「B級」とは何でしょう。

Webサイトを検索すると:

・第一級には及ばないが、それなりの良さや人気があること。

・一級品に及ばないという卑下(ひげ:程度が低いものとして
蔑んでいること)の意味合いと、A級(=高品質だが高価)
に比べて費用対効果が優れているという自負の意味合い。

などと出てきます。

言い方を変えると、
「よそ行き」には使わないけれど、
「自宅、ないし仲間内」には開示して楽しむものかなぁ。

私の場合、酒のつまみでは:

・磯辺揚げ(ちくわを揚げて青のりをまぶしたやつ)と
・ハムカツ(中身がビーフや豚ではない、薄いハムのフライ)

ニュアンスとして、コロッケ(中身各種)は、
大衆的イメージはありますけど、
「しっかりとした市民権」があって、私はA級の範疇。

ただし、店頭で買って、その場で食べるとか、
コッペパンにはさむとB級感が漂う。

好きだけど「ちょっと情けない感じ」がB級かなぁ。

ビールを模した、発泡酒や第三のビールは、
私の評価では「だめなC」。

皆さんの「B級」は何ですか?