上石神井の小さな広告屋から

旧名『表参道の小さな広告屋から』: 表参道で1997年にスタートした(株)リプル:RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agencyは、 2016年初頭から川島のホーム・オフィス「練馬区 上石神井(かみしゃくじい)」へ。

健康(不健康)ネタ

ご冥福をお祈りします。

この長寿の時代に、
60歳や70歳をちょっと過ぎたくらいで
亡くなってしまう人がいる。

(ちなみに、私はいま60歳ちょうどです。)

きょうと明日は(都合で参列できませんが)
若い頃に勤めた広告代理店の先輩の通夜・告別式。

仕事をしているにせよ、辞めているにせよ
まだまだイキイキ「生きていける」年齢なのに。

悲しいです。残念です。

最近、たまたま勉強会でお会いした女性(専業主婦)の
目標(夢)は、

「105歳まで生きて、
映画の主演女優賞をとって、惜しまれながら死ぬこと。」
だそうです。

あー、いいなー。夢を持って長生きする。

「長生きして何になる」という考え方もあり、
現実的な問題は確かにありますが、

でも、やっぱり、「もうすこしは」元気でいましょうよ。

大松先輩! いったんお別れですが、あの世で元気で。

ため息をつこう!

「ため息」って、印象としては
「あーあっ」と投げやりな感じがしますよね。

たしかに、「ぐちを言いながらのため息」ばかりだと、
心も体も落ち込みそうな気がする。

でも、積極的な(!?)ため息は、
意識して行ったほうがいいらしいです。

緊張している(ストレス過多)の時は、
「息を詰めてる、止まってしまっている」状態が多い。

そこで、息を思いっきりはいて、切り替える。

ああっ、あーーーーーっと、思い切りはく。

はくからこそ、吸える。

毎日、いろーーーーんなことがあるけれど(汗)
ため息まじりで、いい調子!

今年も総合健康学フェスタへ。

衆議院選挙の投票に「もちろん」行きましたが、
昨年に続いて「総合健康学フェスタ2017」へ。

公式サイト
http://sogo-kenko.org/festa/

1年前は、講師のおひとりである「氣診」の女性と
少し知り合いだったことで見学。
そうしたら会場で10年ぶりにデザイナー女性と再会、
さらに主催者の男性もご紹介いただくなど、
いろいろご縁を感じるイベントでした。

そんなわけできょうは、台風迫る大雨のなか新宿西口へ。

演目は大きく3つ:
心(頭=思考含む)、体(食事含む)、気(過去世含む)。

プログラムで私が受けてきたのは:
アーユルヴェーダ、気で見る体調・ストレス、
暦・方位学 等。

興味深かったのは、分野や流派が違う先生でも、
「私=川島への指摘」は共通することが多かったこと。

例えば:
◎痩せ型、胃腸系は強くない、のどや三半規管が弱点。
◎冷えと乾燥に注意。生ものより、火や油を適度に使った食事を。
◎騒がしいことや、過剰な熱気は苦手。
◎アーユルヴェーダで言うと「風と空」の人。
常に動いている(反対は、土、火、水)。

◎良く言えば
「行動力ある、フットワーク軽い、どんどん進める」。
悪く言うと「せっかち、あきっぽい、独断、がんこ」。
よかれた思った行動も、その転換の速さと
相手(周り)への真意の説明が足りなくて誤解を受ける恐れ!

◎広告クリエイティブは天職、人を喜ばすこと好き。
◎穏やかに見えるが、芯のエネルギーは強い。

◎運勢「七赤金星」(しちせききんせい)
1957年(昭和32年)3月3日生まれは:
会社体勢を変更・実行した2016〜17年は準備・整理の年。
17年後半〜18年は「広げる」年。

… すみません、長々と自分のことを書きました。
(Blog 兼 Facebookは、かなり自分の覚え・記録!)

心身の健康は、「一箇所」だけを見て治療しても、
「一時的」な解決に過ぎない。
まさに「総合的に見て」整えることが必要。

今年も勉強になりました!

---------------------------
関連記事:
◆心・体(食)・気。(昨年の模様)2016/10/23
http://www.omotesando-ad.jp/archives/54679694.html

姿勢と笑顔練習の「その後」。

昨日、馴染みの珈琲屋さんに行ったら、
店主から「いい姿勢ですね」と言われた。

ノートパソコンに向かっているのに、
背が丸まらないのがきれいだと。

数日前、パーティで何度かお会いする女性から
「川島さんはいつも笑顔ですね」と言われた。

ニコニコと楽しそうに感じると。

あれ、そうですか?
自慢ぽくなっちゃうけど、気をつけていたことだから。
… よかった!

昔から猫背で、表情も乏しいと感じていたので、
ここ1〜2年「姿勢、歩き方」
そこから関連して「呼吸法、気功、笑顔」等の
講座に行って(ほんの入門編ね!)
日常でも意識するようにしています。
つい忘れてしまい、はっと気付く時も多いけど!

気にしていたことの「改善の成果」が
すこしでも見えてきてうれしい。

頂戴した言葉を励みに、また精進!
(って、姿勢も笑顔も、体と気持ちに素直なことが
基本と思います、きっと。)

---------------------------
関連記事:
笑顔を教えてもらいに。2016/09/04
魂・頭・体。2016/05/04

朝のレレレのおじさんですね。

仕事も「自宅を拠点」にするようになって2年弱。

なんどもこの投稿でお知らせしているように、
生活習慣としては

・すこしだけですが「早起き」が定着した。
・朝の「体操と気功」が定着した。

「体操と気功」は、たいしたものではなく、
ラジオ体操を基にした自己流ストレッチと、
ちょっとかじった気功・呼吸法・瞑想のまねごと。
両方で10〜15分くらい。

その体操etcは、その日の気分で
2階のバルコニーでやる時と、
玄関前 道路に接してやる時と。

ところで…「ストレッチ」と呼ぶと
なにやら響きがカッコよく見た目もさまになるのですが、
「ラジオ体操」だと、なーんかカッコわるい。

玄関前を行く人は、誰もそんなこと考えもしない
私の自意識過剰ですけどね!

体操しながら、たまに近所の方と挨拶を交わす。
ヒゲもそっていないテキトーなカッコの
川島さんちのご主人、ないし息子さん。

まぁ、ほとんど
「ほうきを持っていないレレレのおじさん」
みたいなものですかね。

おでかけですか〜。レレレのレー?

歯ブラシがわからない!

歯磨き粉も山のように販売されていますけど、
「歯ブラシ」… な、なんでこんなにあるのでしょう!?

お店にずらり。

毛先が極細、毛先が丸。
あるいは、中心部と周辺部の細さ・固さが違う。

柔らかい、ふつう、かたい。
柄(取っ手)のフォルムがどうで …。

同じ花王やライオンでも「自己矛盾」なくらい
多品種を置いている。
そこに、零細メーカーが打ってでる。

その競争自体は面白いですけど、
選ぶほうは「わからなさすぎ」!

「奥まで磨くための、小ぶりのヘッド」が
良いと「思わされて」いたら、

きょう買った歯ブラシの謳い文句は:

「歯ブラシの常識を変える幅広ヘッド」だって!

結局は、歯ブラシはどうあれ、
私の磨き方なわけですけどね。

なぜバドミントン?

高校と大学で、バドミントンをやっていました。

運動を(昔もいまも)ほとんどしない私が、
高校に入った時に「少しは体を動かすか〜」と
なぜか思いついてしまい、体を痛める格闘技や
サッカー・ラグビーの接触もいやだし、
「自分のコーナー」だけで成立する
バドミントンを選んでみたわけです。

しっかし、身の危険はないものの、
すっごく激しいスポーツで。

そのうえ、羽根(シャトルコック)が
「風」の影響を受けてはいけないので、
夏の閉め切った体育館!!!
(いまは冷房の影響とかどうなのでしょうか。)

早稲田大学高等学院では、かなりハードな部活動。
私の学年は「都大会2位」まで行った優秀なメンバーで、
当然、私は補欠。

大学生に教わる「週に一度の自主練習日」は、
「いやー出たくないわ。違うことがしたいし。」と言う
「川島以外は全員が出る自主練習日」。
(いまだに、仲良くしてくれる部員の皆さんに感謝!)

早稲田大学商学部の時は、すこしゆるい同好会でしたけど、
大学対抗試合なんかもやっていたなー。

その大学時代は、私は広報担当で、
バドミントン技術と情熱より、作り物のほうがうまかった(笑)。

当時は、卓球とともにバドミントンは地味でねー。
早稲田大学なんて行かずに慶応か青学に行って
テニスをするべきだったと、真剣に考えた。

ここ数年、バドミントンの人気が上がっているようです。

日陰だったバドミントンが、なんと!

あらためて観戦するほどの興味はありませんけど、
ちょっと懐かしくて、うれしい。

オーラが(たまに)見えるようになってきた。

きょう、男性落語家さんのお噺を間近で拝聴したら、
白い背景でも、落語家さんの周りを囲む光が見えた。

先日の、女優さんのひとり舞台では、
特に黒バックで、ぼわっとしたものが演技の動きに合わせて
ぶれるようにゆれていた。

オーラ、気、エネルギー、波動。

それぞれの言葉の定義はよくわかりませんが、
ここ1〜2年、気功や瞑想、呼吸法、姿勢などに興味を持ち、
自分でも毎朝10分ほど続けている結果かな。

ほとんど「◯◯もどき」で、たんに
「体の硬いおっさんの、ぎごちない体操」みたいなものですけど。

手の指と指、手のひらと手のひらの間を、
糸をひくように流れる(結ぶ)無数の線や光。
(その時によって見えるものが微妙に変化。)

会社体制を変えて「ホーム・オフィス化」し、
庭の樹や、空の雲や、月を、意識して眺めるようになった
ことも関係しているかな。

見えたからといってメリットがあるわけではないし、
体が浮かぶわけでもないけれど(笑)。

そのうえ、そのオーラ的なものは「ゆげ」みたいなもので
(まさに「熱」「気」!?)
神秘的なことを感じるようなものではないかもしれない。

でも、見えなかったものが見えてきた不思議とうれしさ。

さて、自宅体制で太ったか。

約2年前。表参道のオフィスを閉め、
通勤をやめて「自宅オフィス」にすることを告げた際、

何人かの方に「家にいると太るよー」と言われました。

のんびりする、運動不足になる、昼寝をする、
つい おやつなど食べてしまう … が原因ですかね。

32歳で結婚した時も(いま60歳だから、もう28年前かー)
「結婚すると太るよ」と言われたのに似ている。

結婚すると生活が規則正しくなる?
妻の手料理を腹いっぱい食べるようになる?
そして太る年齢に差し掛かる(←これが一番の理由のような)。

さて、「自宅オフィス」にして、川島は太ったか。

結婚時と同じく、
まーーーったく、変わりません。

少しは散歩もしているし、
数日に一度、外部での打合せもあるし。

そもそも私は、「かなり意識して運動し、
筋肉をつけないと太らない」体質のようです。

「元気はつらつ」ではないけれど、それは昔っから。

変わらない体重。
細々幸せな日々。

私はいかにして(すこし)早起きになったか。


過去記事で何度も述べていますが、
私はずーっと「夜型」でした。つまり朝は苦手。

夜中すぎの残業や徹夜は、意識して
抑えていたものの、夜型だったのは確か。

休日は、昼まで寝ていた。
学生時代は、起きたら夕方!なんてこともしばし。

それが、約2年前の会社体制変更=自宅オフィス化で
「早起きになった!!!」土日・祝日も概ね。

早いと言っても、4時だ6時だ ではないし、
日によって起床が9時を過ぎることもある。

でも、前よりは立派に(笑)早起き。

妻も「あれほど口ばっかりだったのにねー」と
あきれています。

なぜかな?
60歳になり「年寄りは早起き」説を多少認めるとしても。

すっと起きるのは、毎日が充実しているせい?
0時以降は極力起きていないようにする好循環?

まえは、あんまり会社に行きたくなくて、
ぐずぐずしていたのかなー。会社生活35年余。

適度に早起きして、午前中を活かして。
無理しないリズム。

---------------------------
関連記事:
午前中の大切さ。2017/09/09

お疲れさまでございまちゅ。

広告代理店の営業から、
「お疲れさまでございまちゅ」で始まるメールが来た。

彼はそんなキャラではないし、
私とそんな関係でもないので、たぶん打ち間違い。

パンフレットの修正をお願いしていた男性デザイナーからは、
「添付のように、直しましたしました」。

きっと、連日の暑さと湿気のせい。

ハワイの暑さ(笑)。

本日 7/3(月)、
夕方のテレビニュースによると
関東地方は「35度以上の猛暑日」に迫る34度台。
「今年いちばんの暑さ」だったとか。

病院の統計だけでも、
全国では480人が熱中症で運ばれたそうです。

室内にいて、冷房をかけていても
「くらくら」するくらいの熱気ですからねー。

朝は連絡事項が多かったので、
日課にしている「軽い体操と気功もどき」は、午後に。
ベランダで熱気を浴びて。

うーん。この暑さ、この青空 …

「ハワイにいると思おう!」

いやー、爽やかだなー。

そして、5時前の明るいうちからビール!
なにせハワイですから!

夕焼けが美しかったです。

今夜は熱帯夜。そして明日の気温もすごそうです。

皆さま、お体にお気をつけて。

夜10時半に寝て→朝5時半。

昨晩は、気持ちよく酔っ払って
(でもぎりぎりまで自宅オフィスで仕事の段取りもして)
夜10時半に寝たら、きょう朝は5時半に目が覚めました。

徐々に(たまに寝坊もあるけれど)早めに起きる習慣へ。
徐々に、じいさんになっているとも言えるけど!(汗)

今晩も… あ、もう11時(23時)。

おやすみなさい。
きょう一日に感謝です。

気功をしていて蚊に刺された。

気功の真似ごとを、
3か月ほど前からやっています。

軽い体操を兼ねて15分ほど、ほぼ毎朝。
(たまーにさぼるのは、このBlog&Facebookと同じ!)

場所は玄関前か(道行く人と顔が合う)
← 川島さんちのご主人は出勤していないのか定年なのか…。
or 2階の広めのバルコニー。
or 2階の屋根のある物干しベランダ。

今朝は、急ぎのデザインチェックがあったので、
夕方に2階のベランダにて。

… 蚊に刺された。

そろそろ、そういう季節ですね。

気功をしているのですから、
「オーラが満ち満ちて、蚊も跳ね返す!」
となれたらいいのですけど。

実際、熟練者はどうなのでしょう(笑)。

気功は、意識して(初心者の私の場合は特に)
呼吸するので、息に蚊も「より」寄ってくるような。

気にあふれた毎日でありますように。

シャンプーはどうでも?

浴室にあるシャンプーが切れた。

息子が買ってきた「無添加、刺激の少ない」
(らしい)大衆的なやつ。

その他、娘・妻の、
アルファベットとカタカナだらけの高そうなのが
並んでいるのですが、それは「かすめとる」程度に。
(シャンプー以外にも、リンス、コンディショナー、
スカルプなんとか。おー!)

シャンプーって、何が良いのですかね。

毎日使うものだから、厳選する必要があるのは当然。
農薬満載インスタント野菜より、有機野菜がいいように。
コンビニめしより、素材にこだわった手料理がいいように。

でもね、髪の毛もそう多くない、いまさらこの歳で。
(この歳だからこそケアする必要、とも言えるけれど!)

超大衆の安いシャンプーか、「仕上がりしっとり」の
リンス(効果)入りシャンプーでいいや。

さらに、石鹸でもいいじゃない。
キシキシ言うけど。

濡れたままにしないで、すぐにブローが大切?
ふーん(笑)。

息子と髪には長い将来があり、娘と妻にも髪は大切。
でも、私は、どーでもいいや。

平日の善福寺公園、14時。

きょう金曜日は、歩いて15分の
杉並区「善福寺(ぜんぷくじ)公園」へ。
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index010.html

「花見に興味はない、特に夜桜宴会は嫌いだ」と言いながら、
散歩がてらひとりで花見気分(笑)。

強い春風に舞う桜。気温21度の暖かさ。

池の鯉を木の枝でつつく少年たちに「こらこら」。

売店があれば確実に缶ビール!でしたけど、
幸か不幸か隣接のコンビニもない静かな環境。

平日の昼間、公園のベンチで
ひとり缶ビールを飲んでるおっさんもねぇ。

仕事はけっこうびっしりなれど、平和なひととき。

---------------------------
関連記事:
善福寺公園のベンチに座って。2016/01/17
そして誰も誘わなくなった(花見)。2017/04/02

体年齢30歳!

お風呂に入る前、体重計に毎日乗ります。

ダイエット祈願ではなく、ちょっとは増えているかなーと。

本日の体重はともかく(笑)
体脂肪率等も測れる「オムロン体重体組成計」による
「体(からだ)年齢」表示は…

30歳!

実年齢60歳の、ジャスト半分と出ましたーーーっ。

痩せ型だと、数値も極端に反応するみたいなんですけどね。

8年前にブログに書いた時の測定が24歳(後述)。
それなりに、年齢を重ねたということですね。

---------------------------
関連記事:
体重計の「体年齢」って!2009/09/18

靴紐、きゅっ。

靴紐(くつひも)の結び目は、毎回 ほどき、結びます。

革靴でもスニーカーでも。
結んだまま脱ぎ着はしない。

靴を脱ぐ形式のデザイン事務所におじゃまする時など、
「川島さんはきちんとしてますねー」と言われたことが
何度かあって。

うーん、「きちんとした人」が
おおむね私のキャラクターなんでしょうね。
そして、その象徴「靴紐をいちいち丁寧に結ぶ人」(笑)。

ずぼっと脱ぎ着していたこともあるのですが、
10年くらい前かなー、
「姿勢や歩き方」を意識した頃に
「靴のフィット」の話を読んで。

きゅっと「足の甲」をしぼる大切さ。
実際、気持ちがいいしね。歩きやすい。

まぁ実際は、ひもの先っぽを結ぶだけですけど。
(うわべの几帳面!)

きょうも「靴紐、きゅっ。」

---------------------------
関連記事:
おNEW!2017/02/25
靴の減り、いびつな自分。2015/10/27

十分眠れているから。

おかげさまで忙しく
(「忙しい」は良い言い方ではないですね)
「充実した」日々を過ごしています。

いろいろご依頼を受け、
いろいろ企画制作している中でも、
毎日7〜8時間は寝ている。

睡眠、大切ですよね。
これを切り詰めだしたら、それこそ切りがない!

「眠る間もおしむ」ほどの仕事なら、断ったほうがいい。
ないし、やり方を考え直さなければいけない。

十分、頭と体を休めて、
クリアーな状態で(たまにクリアーじゃないけど!汗)
仕事にも生活にも対峙する。

よーし、寝るぞー!
(いやいや、まだ今晩もやることが!?)

続:イーレン気功の合宿へ。

一泊の合宿から帰ってきました〜。

15名ほどの参加で、男性は3名。
(なんか、女性比率の高いセミナーに行きがちな私!笑)。

講義と瞑想、気功レッスンなど。
もちろん食事 兼 懇親会も。

ちなみに夕食時、お膳以外に
「別途ビール等のお酒を注文なさるひとー?」と聞かれ、
手を上げたのは「私を含む」3名のみでした。健康!

「イーレン気功」とは紹介文によると:
最新科学の知識と古来の叡智を融合させて開発した
現代版のマインド、ボディ&スピリットの錬金術。

米軍の諜報活動でも使われていた(いる?)
手法だけに、「印」を結ぶ指先の使い方も
経絡(けいらく)との関係を説明されるなど、
左脳でも理解しつつ、右脳を活性化する感じがしました。

なーんて書きつつ、とにかくまるで初心者で、
動作もがくがくの(太極拳の時もそうだったなー)私。

それでも、最近ちょっとは見えてきた
気(オーラ=指先や手のひらからの光)が
よりはっきりして(他の人からも私の手の光が見える!)
ペアの方との「手のひらの熱のやりとり」も強かったです。

そうして「気」を感じつつある私ですが、
それは姿勢や呼吸とも大きく関係していて、
さらに「気持ちの持ちよう」も…。

結局、 流派や方法論はいろいろでも、
「カラダとココロはつながっていて、
さらに(きっと)タマシイも、ウチュウも」つながっている。

レッスンを通じて、気付きと平安を与えてくれた
エリコ・ロウさん、オジャさん、アランさんの講師陣と、
「円盤を見た」人までいる参加者の皆さまの
エネルギーに感謝です。

---------------------------
関連記事:
イーレン気功の合宿へ。2017/02/18

イーレン気功の合宿へ。

本日2/18(土)は、あす(日)まで一泊で
本厚木 七沢温泉へ。

イーレン気功を中心に、
「自分を知り、癒し、磨く」体験合宿。

バイオエネルギー、気、潜在意識の活性化等の講義や、
瞑想、気功レッスンなどを受けてきます。

スピリチュアル関連は、「あぶない」セミナーもたくさん
あると思いますが、今回はとても信頼する女性講師が
中心となっての合宿だけに、楽しみです。

花粉症ぐしゃぐしゃ、ティッシュ片手に受けますが、
「免疫力増強」という効果にも期待して!

街頭ティッシュ。

街で配っているポケットティッシュ。

私はもらいません。

紙質は悪いし(薄い、破ける、硬い…いかにも安い)
広告の絵柄がきたない(ぐちゃぐちゃの文字とカラー)。

でもきょうは、もらいました〜。

30年以上の花粉症。
ジャケットやカバンに入れているティッシュが
一気につきた!

花粉は1か月前くらいから感じていましたけど、
きょうの強くて生暖かい風は春一番?
本格花粉シーズン到来です。

明日は(土日)一泊で気功のセミナーに行くのですが、
ティッシュは箱持ちか。

気を整えれば、花粉も多少は!?

足元を固めるのは、靴。

きょう、革靴を2足一気に買いました。
奮発して(笑)。

スーツでも似合うデザインだけど、
ウォーキングにも配慮したカジュアルな作り。

靴は(何足かを順繰りに)毎日履くものなのに、
ついつい手入れもせず古いまま放っておきがち。

自分の場合、「なぜかなー」と考えると、
万札が飛んでいく「それなりの値段」+
毎日使うので「それに慣れてしまい」
毎日見るので「傷んでいく様子にも気づきにくい」。

靴は歩行と姿勢、つまりは健康に影響を与え、
ファッションでも「要(かなめ)」となる物なのに。

新品と古いのを比べると、愕然とします。
かかとの減り具合なんかも!

私は、「外側」が減る傾向。
両足とも「外側」の減り具合は均等なので、
左右バラバラよりは良いらしいのですが
(専門家のフットマスターにお聞きしたことがある!)
外側に体重がかかる癖は直さなきゃ。

靴に気を使う。
そんな人に、私はなりたい。

---------------------------
関連記事:
白いスニーカーを買った(ハートマーク!)2015/05/28

近所をぶらぶら。

打合せや買い物に、毎日都心に出ていくわけではないので、
なるべく歩こうと近所をぶらぶら。

馴染みのカフェに行くにも、わざと遠回りして。

背筋を伸ばし、大股の早歩きで。
(最近姿勢や歩き方の入門講座を受けたおっさん!)

おうちの表札をながめ、お庭をちょいと覗きこんだり。
(平日昼間の不審なおっさん!)

アパート・マンションの名前が
「メゾン de なんとか」や「アーバン なんとか」と凝る中、

「若葉荘」という名前に出会ってほっとした。

冬でも水筒。

夏に愛用していた水筒(シンプルな透明プラボトル)を、
冬でも長めの外出の際は持って出ます。

保温(保冷)タイプでもなんでもなく、
ほんとペットボトルを筒型にしたような製品。

そこに、東京都水道局の水。

夏の一時期、水道の水を
「透明ポットの浄水器に入れて冷蔵庫へ」
てなことをしていましたが、
私の味覚じゃよくわからないし面倒なのでやめました。

それまで出先では、キオスク、コンビニ、自販機等で
お水、お茶、スポーツ飲料を買っていたんですけどね。

「お金の節約」というのもありますけど、
それはたいした金額にはならないでしょう。

じゃ、なぜかな?(って自分で分析!笑)

年取ると「乾きに敏感でなくなる」と聞くし、
打ち合わせや酒を飲んでの帰り道など、
「こまめに水分補給する習慣」を自分に課すること。

それを「身につける」マイボトル、かな。たぶん。

試供品は効く?

妻がもらってくるシャンプーや化粧品の試供品。

小さな小袋1〜2回分で、どれほど効果がわかるのかなー。

サプリもそうですけど
(長期間飲んでも効いてるのか効いてないのか!?)
試供品って、何なんですかね。

そりゃ、広告屋として
「プロモーションの試供品」の販促効果(きっかけ、興味)は
わかりますよ。

でも「効果を実感」が、実際どの程度かがわからない!

いっけん「ツヤツヤ」になるシャンプーでも、
本来の製品よりツヤツヤ成分を増量しているかもしれないし、
ツヤツヤ感をびっくりしてもらえばいいのだから、
ニスみたいなものを混ぜているかもしれない。

薬事法の表示とか、しばり(規制)はもちろんあるでしょうけど。

少量の試供品の「効いた感」の不思議。

おかわりは取りに行く。

人間には2種類ある。
◯◯の人と、◯◯の人だ。

なーんて記載を見かけることがありますが。

それを真似して書くと、

人間には2種類ある。
ドリンクバーの御代わり(おかわり)を
自分で取りに行く人と、取ってもらうのがうれしい人だ。

まぁ、どんな物事も二元論では割り切れないように、
「しかたなく相手の分も取りに行く」人や、
「サービスされるとうれしい」心理は誰にでもあるでしょうけど。

私は(少なくとも自分の分は)取りに行く人。

だって、マシーンの前で
「何にしようか」「こんなものがあるんだ」と眺めるのは楽しいし、
ドリンクを何杯も飲むような長い会食や打合せでは、
気分転換に「席を立って歩きたい」から。

似た事では、表参道にオフィスを持っていた時代も、
打合せはなるべく先方に出向いていました。
反対に「川島さんの所に夕方行って、そのまま帰ります」って
クライアントさんも多かったけど(笑)。

出向いたほうが、先方から新たな資料をいただけるし、
出席していない関係者を呼んで意見を聞いたりして、
話が「その場でまとまる」ことが多いからです。

おかわりは取りに行く。

大げさな話で失礼しました!

---------------------------
関連記事:
「立つ」という健康法。2016/11/16

左の手で。

私の利き手は右手ですけど、
最近ほんのたまーに、左手を使っています。

意識して左手でぞうきんをかけてみるとか、
電気掃除機を持ってみるとか。

掃除機たいへん!
本体を置く位置やホースのとりまわしで混乱して
(からだも、司令を出す頭もついていかない!)
「いつもと違う」すごい違和感。

人間の「慣れ」ゆえの「かたより」。

ちらっと体験したヨガの先生には、

「ゆかにあぐらをかいて座る時、左右の足の組み方で
しっくりくる側とそうでない側があって、
『しっくりこないほう』を選ぶといい」

ことを教えてもらいました。

からだのバランスの矯正。

考えなくても自然に動く「慣れ」は大切。
でも、たまには「違和感」を入れてみる。

「立つ」という健康法。

本日11/16(水)19:30のテレビ
NHK 「ためしてガッテン」 で良い知識を得ました。

ちなみに、18:30に食事して、
19:00のニュースを見て、たまたま19:30のこの番組に
遭遇するなんて、自宅オフィスならでは!

内容は:(私なりの理解ですので間違いがあるかも)

◎NASA(アメリカ航空宇宙局)の研究によると…

◎耳の中の「耳石(じせき)」は、バランスをつかさどり、
体中とつながっている。

◎神経と接する耳石が前後左右に動くことで、
頭部から→電気のように神経に伝わり → 筋肉に司令が行く。

◎宇宙飛行士は、体が浮く無重力状態の中で
「耳石も浮いて神経と離れてしまうので」
努力して運動しても頭から筋肉に司令がいかない。

◎地球上で無重力に近いのは、
耳石が固定される状態=座りっぱなし。

◎防止策は「30分に1回は立つこと」!
(立ちっぱなしの必要はない。)

◎歩き回らなくても、立つ動作をするだけで
(体は左右前後に揺れ)神経→筋肉を刺激することになる。

◎自律神経を整え、運動不足を防ぎ、老化防止のために、立つ!

◎生まれたばかりの赤ちゃんは、ハンモックや抱っこして
優しくゆらすことにより、筋肉の成長が早い実験結果がある。

他のWebサイトで見たのですが、座りっぱなしの弊害は
「エコノミークラス症候群」(飛行機や車の狭い座席に
長時間座っていることで、脚の血行が悪くなる →
静脈の中に血栓 → 肺動脈に詰まる)にもつながります。

30分に一度は立つ。
さらに散歩は、気分転換と運動の意味で良いでしょうね。

私は、飽きっぽい性格というのもありますが、
同じ会議室や宴会場でずっと座っていることができなくて
(新幹線、飛行機でも)すぐに立って歩きたくなります。

体が本能的に求めていたのか。

すごくいい知識(番組)だったので、皆さまにご報告!

※番組Webサイト
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20161116/index.html
(ぐだぐだ私がまとめずに、ここをリンクすれば良かったか?汗)

心・体(食)・気。

本日10/23(日)は、西新宿で開かれた
『総合健康学フェスタ2016』へ。

最近、ちょいとお知り合いになった
「気診」小倉左羅先生も講演なさるので、初の見学。
何人かの先生のミニセミナーと、
「ヨガのさわり」を体験してきました。(←カラダ、カタイゾ!)

「心・体・気」をどう整えるか。
「体」には、外から取り入れる「食」も含まれます。

いくつか講演を聞いて印象に残ったのは、
「気」とひとことで言っても
「心と体/医学とスピリチュアル」両方で語れること。

また、地球は「天と地」で出来ていて、
その間でバランスをとっている(とろうとしている)のが
人間とのことですが、
「天の気を見るのが星占い、地の気を見るのが風水。
つまり自分の周りの環境を整える参考・手段」と聞いて、
すっごく腑に落ちました。

「天と地」は、「陰と陽」とも言いかえられて、
その全体バランスで成り立ち、どちらかの性質だとしても、
(例えば)陰のなかにも必ず「一部の陽がある」。

陰(天、女性、水)/陽(地、男性、火)。
うーむ、私はかなり「陰」だなぁ!

自分の内側と外側。
自分自身が運動を含めてコントロールできる(治せる)部分と、
鍼灸・整体などで補ってもらう部分。

まさに「総合健康学」をトータルに俯瞰できて、
ためになりました。

あとは「実践」だけですね! いつものことだけど(汗)。

★そ、それから:
主催者の天野代表理事から
「今回のイベントの告知物デザインや会場設営を担当した」
女性デザイナーさんをご紹介いただいたのですが、
なんと! (私が仕事しながら夜間に通った)
『宣伝会議社 Webディレクション講座』で一緒の女性でしたぁ。
10年ぶりくらいの再会。びっくりしました。

これもシンクロですかね。

20歳ほど年下の男性経営者と飲むことになって。

ある異業種交流会(私は初めて参加)で出会い、
業界も年代も違うけれど
「川島さんの仕事ぶりをゆっくり聞いてみたい」と
言ってくださって。

大衆的な店で男ふたり、
まぁ、テキトーな格好でいいや(笑)と支度して
出かける寸前。

「爪がすこし伸びてるな」「でもいいっか」と思いつつ、
切っていった(足の爪も)。

映画や音楽や、もちろんお互いの仕事の苦労話で
盛り上がり…

なんの流れか彼が
(仕事の品質や進行管理の話だったか…)

「若い時に、友達のお母さんに言われたことなんですけど、
爪がきたない人は信用するな。そういう所に人柄が出ると。」

ど、どきっ。

爪、切ってきてよかった〜。
別に見せたりはしませんでしたけど。

なんかシンクロしてびっくりしました。

初対面のパーティーからしてまだ2度目。
(これがナンパならいいノリですけどね!)
40歳のその社長さんの、
広告ツール制作を引き受けることはないかもしれませんが、
きっと付き合いは続きそう。

気持ちが通じた楽しい夜でした。

運動すると太る。

「運動すると太る。」

やせるために必死に運動する方にはごめんなさいね。

リアルで私をご存じの方はおわかりのように、
コンスタントに痩せている私。

体脂肪計に乗ると、痩せているため極端な数値が出て、
「体年齢24歳!」(笑)

健康診断の際、問診の女医さんに
「少しは体重を増やしたほうがいいですかねー」と聞いた所、
「もうそれなりの年齢だし、バランスがとれていると
感じるなら、いまのままでいいんじゃないですか―」との回答。

体重の増減は500グラム以内。
多くて1キロ、よっぽど変化して2キロ。

それでも、体調を見る意味合いも含めて
風呂に入る前には必ず体重計に乗ってます。

そこで気づいたのが、
「川島は運動する時が太る」。
たまーに泳いだり、長めに歩いたりした時は体重が増える。
きっと「筋肉を使うかどうか」で誘発されるものがあるのでしょうね。

それから、仕事が忙しい(きっと精神的ストレスも多い)時は、
減り気味になる。
これも傾向としてわかってきました。

「運動」と「ストレスがないこと」が体重に影響する事実。

まぁ、ほんの何百グラムのことですけどね!

案外ちゃんと起きている。

都心のオフィスを閉めて「自宅を仕事場」にする時の
私自身の懸念であり、
よく他人からも聞かれる質問:

「通勤に時間をさかない利便性や、
ひとりで気ままに振る舞えるメリットはわかるけれど、
スイッチが切り替えにくいというデメリットもあるのでは?」

たしかに、社会人になって
広告代理店〜制作会社〜独立して数名の会社…
とやってきて、常に「都心への通勤」というものがあり、
「オフィスと始業時間があるからこそ、出かけていく。
自由になったら、俺はだらけるに決まっている」
と思っていました。

それが…

◎案外、朝ちゃんと起きている!
◎ソファーでごろごろ、テレビ見てごろごろもない!
◎それ以上に、全体に「早起き」になってきている!

他人から見たら「几帳面」で「目覚ましなんていらない」
風に見られがちな私ですが、そんなことはなく(笑)
どうして変化できたか不思議なくらいです。

日経ビジネス オンラインに
「残業が減らないのは家に帰りたくないから」2016/07/25
という面白い記事がありましたけど、

「早起きできないのは会社に行きたくないから」なーんて
潜在意識があったのでしょうか。

◎おかげさまで忙しい。
◎ゆえに、(引き続き)いろいろ平行してやっている。
…も要因か。

快適に、仕事ができている現実。

メリハリと運動不足(散歩と運動!)に気をつけつつ、
とにかく、この結果がうれしいです。

---------------------------
関連記事:
朝日を浴びてストレッチ。2016/06/19
たまに最近、夜10時に寝る。2016/08/16

気、呼吸、姿勢、顎、表情、そして心。

きょうは、代々木(小田急線 参宮橋前駅)付近の
国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれた

「第五回 世界少林寺 気功武術健康大会」
〜日本開催は3年に一度の、世界気功フォーラム〜 へ。

そ、そんな大層なシンポジウム、初参加でございます!
タイトルに「少林寺」とありますが、太極拳や気功全般。

あ、参加って書いたけど、当然見るだけ(聞くだけ)ね。

出演者のおひとりである「気診」の先生
(全身の気のめぐりを目と感覚で診断し、さらに
歯の噛み合わせと漢方処方を中心に
健康増進を指導していらっしゃるオンナ先生)と
1年半前に知り合いになり、他の中国やイタリアからの
武道のパフォーマンス、風水などの講演とともに拝聴。

最近、興味があって「歩き方」「姿勢」さらに
「顔ヨガ」なんてものにも通ってみたのですが、
カラダって(さらに精神って)いろんな所で
つながっているのがわかる。

例えば腰が痛いからといって、
腰に注射する西洋医学的な局所療法ではだめなのです。

気、呼吸、姿勢、顎、表情、そして心。
そこに、西洋医学やマッサージ、漢方薬も生きてくる。

ちょっとずつ、実践しなきゃ!

◎フォーラムは明日も(メンバー違いで)開催しています。
ご興味のある方はどうぞ。
第五回 世界少林寺 気功武術健康大会

◎その気診の先生「小倉 左羅さん」の著書、おすすめです!
「気」の流れと「顎をゆるめる」ことで
全身の活性化と「姿勢」「表情」まで違ってきます。
首がきれいになる! 顎ゆるマッサージ

笑顔を教えてもらいに。

きょうは「笑顔」の初心者教室へ。

笑顔について、この歳で「あらためて学ぶ」なんて
思ってもみなかったです。まさに「笑」!

姿勢(座り方、立ち姿、歩き方)に
興味を持ったのと似てるかな。

姿勢は、
◎猫背やお腹の出っ張りなど、見た目の改善。
◎正しく歩くことでの健康(というほど大げさではなく、
良くない歩き方のロスの改善)。
◎そして「気持ちの姿勢」の整え方のようなもの。

心身ともに「自然に、バランス良く、気持よく」
自分にも他人にも。

コミュニケーションやプレゼンテーションに関わる
「見た目の演出」 に興味があって、一流の
「肖像写真家」の方のお話もうかがったりしました。

きょうの笑顔教室は、ほんのさわり90分でしたけど、
先生からも他の数人の参加者からも
(いつものように、私以外は全員女性でしたー!)
「川島さん、最初の表情とすごく変わった!」と
ほめていただいて(笑)。

◎口元で引きつるように笑うのではなく、ほほで作る。
◎顎を固くしない、つねに柔らかく。
◎歯を見せる時も、上の歯だけ。
◎なにより、顔の筋肉を(最初は)意識的にどう使うか。

まぁ、私と会う方にとって
「川島が満面のえみ」である必要はないと思いますけど。

笑顔は幸せを運ぶ。うん!

きょうのレッスンのために買った手鏡で、練習しよ。
川島のFacebookはこちら
Takayuki Kawashima


●友達申請には必ずメッセージを添えてください
●フォロー(フィード購読)も可能です
こんなBlogです
日々の広告制作やビジネスについて書き連ねています。お付き合いのある方はもちろん、広告業界に興味のある一般の方も、読んでくれたらうれしいです。
月別バックナンバー
ブログ内の記事検索
Recent Comments
Profile
◎川島 孝之(Takayuki Kawashima): 株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)代表取締役・クリエイティブディレクター・コピーライター。

◎1957年3月生まれ。早稲田大学商学部(マーケティングゼミ)を5年で卒業後、1980年第一企画(現ADK)入社。6年の勤務ののち、制作会社11年を経て、1997年(株)リプルを表参道に設立。

◎2016年1月、表参道のオフィスから、西武新宿線 上石神井(かみしゃくじい:練馬区)のホーム・オフィス体制に変更。
ブログのタイトル「表参道の小さな広告屋から」も、「表参道の小さな広告屋から→上石神井」(2016年.1月)/「上石神井の小さな広告屋から」(2017年.1月)に変更。

◎広告・販売促進に関わる企画・制作・ブランディングを、Webを含めた外部ブレーンとのチームで対応。「デザイナーだけではできないデザイン」をご提供します。

※現在の主なクライアント:ビデオリサーチ、日立化成、介護のらいふ、オークラヤ住宅、アルカダイアモンド、武蔵高等学校中学校、翻訳専門校フェロー・アカデミー 等。
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
チャーミングな日用品365日
川島 蓉子
ハースト婦人画報社
2012-10-25

別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
イッセイミヤケのルールイッセイミヤケのルール
著者:川島 蓉子
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-03
おすすめ度:2.5
クチコミを見る
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本