上石神井の小さな広告屋から

旧名『表参道の小さな広告屋から』: 表参道で1997年にスタートした(株)リプル:RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agencyは、 2016年初頭から川島のホーム・オフィス「練馬区 上石神井(かみしゃくじい)」へ。

健康(不健康)ネタ

体年齢30歳!

お風呂に入る前、体重計に毎日乗ります。

ダイエット祈願ではなく、ちょっとは増えているかなーと。

本日の体重はともかく(笑)
体脂肪率等も測れる「オムロン体重体組成計」による
「体(からだ)年齢」表示は…

30歳!

実年齢60歳の、ジャスト半分と出ましたーーーっ。

痩せ型だと、数値も極端に反応するみたいなんですけどね。

8年前にブログに書いた時の測定が24歳(後述)。
それなりに、年齢を重ねたということですね。

---------------------------
関連記事:
体重計の「体年齢」って!2009/09/18

靴紐、きゅっ。

靴紐(くつひも)の結び目は、毎回 ほどき、結びます。

革靴でもスニーカーでも。
結んだまま脱ぎ着はしない。

靴を脱ぐ形式のデザイン事務所におじゃまする時など、
「川島さんはきちんとしてますねー」と言われたことが
何度かあって。

うーん、「きちんとした人」が
おおむね私のキャラクターなんでしょうね。
そして、その象徴「靴紐をいちいち丁寧に結ぶ人」(笑)。

ずぼっと脱ぎ着していたこともあるのですが、
10年くらい前かなー、
「姿勢や歩き方」を意識した頃に
「靴のフィット」の話を読んで。

きゅっと「足の甲」をしぼる大切さ。
実際、気持ちがいいしね。歩きやすい。

まぁ実際は、ひもの先っぽを結ぶだけですけど。
(うわべの几帳面!)

きょうも「靴紐、きゅっ。」

---------------------------
関連記事:
おNEW!2017/02/25
靴の減り、いびつな自分。2015/10/27

十分眠れているから。

おかげさまで忙しく
(「忙しい」は良い言い方ではないですね)
「充実した」日々を過ごしています。

いろいろご依頼を受け、
いろいろ企画制作している中でも、
毎日7〜8時間は寝ている。

睡眠、大切ですよね。
これを切り詰めだしたら、それこそ切りがない!

「眠る間もおしむ」ほどの仕事なら、断ったほうがいい。
ないし、やり方を考え直さなければいけない。

十分、頭と体を休めて、
クリアーな状態で(たまにクリアーじゃないけど!汗)
仕事にも生活にも対峙する。

よーし、寝るぞー!
(いやいや、まだ今晩もやることが!?)

続:イーレン気功の合宿へ。

一泊の合宿から帰ってきました〜。

15名ほどの参加で、男性は3名。
(なんか、女性比率の高いセミナーに行きがちな私!笑)。

講義と瞑想、気功レッスンなど。
もちろん食事 兼 懇親会も。

ちなみに夕食時、お膳以外に
「別途ビール等のお酒を注文なさるひとー?」と聞かれ、
手を上げたのは「私を含む」3名のみでした。健康!

「イーレン気功」とは紹介文によると:
最新科学の知識と古来の叡智を融合させて開発した
現代版のマインド、ボディ&スピリットの錬金術。

米軍の諜報活動でも使われていた(いる?)
手法だけに、「印」を結ぶ指先の使い方も
経絡(けいらく)との関係を説明されるなど、
左脳でも理解しつつ、右脳を活性化する感じがしました。

なーんて書きつつ、とにかくまるで初心者で、
動作もがくがくの(太極拳の時もそうだったなー)私。

それでも、最近ちょっとは見えてきた
気(オーラ=指先や手のひらからの光)が
よりはっきりして(他の人からも私の手の光が見える!)
ペアの方との「手のひらの熱のやりとり」も強かったです。

そうして「気」を感じつつある私ですが、
それは姿勢や呼吸とも大きく関係していて、
さらに「気持ちの持ちよう」も…。

結局、 流派や方法論はいろいろでも、
「カラダとココロはつながっていて、
さらに(きっと)タマシイも、ウチュウも」つながっている。

レッスンを通じて、気付きと平安を与えてくれた
エリコ・ロウさん、オジャさん、アランさんの講師陣と、
「円盤を見た」人までいる参加者の皆さまの
エネルギーに感謝です。

---------------------------
関連記事:
イーレン気功の合宿へ。2017/02/18

イーレン気功の合宿へ。

本日2/18(土)は、あす(日)まで一泊で
本厚木 七沢温泉へ。

イーレン気功を中心に、
「自分を知り、癒し、磨く」体験合宿。

バイオエネルギー、気、潜在意識の活性化等の講義や、
瞑想、気功レッスンなどを受けてきます。

スピリチュアル関連は、「あぶない」セミナーもたくさん
あると思いますが、今回はとても信頼する女性講師が
中心となっての合宿だけに、楽しみです。

花粉症ぐしゃぐしゃ、ティッシュ片手に受けますが、
「免疫力増強」という効果にも期待して!

街頭ティッシュ。

街で配っているポケットティッシュ。

私はもらいません。

紙質は悪いし(薄い、破ける、硬い…いかにも安い)
広告の絵柄がきたない(ぐちゃぐちゃの文字とカラー)。

でもきょうは、もらいました〜。

30年以上の花粉症。
ジャケットやカバンに入れているティッシュが
一気につきた!

花粉は1か月前くらいから感じていましたけど、
きょうの強くて生暖かい風は春一番?
本格花粉シーズン到来です。

明日は(土日)一泊で気功のセミナーに行くのですが、
ティッシュは箱持ちか。

気を整えれば、花粉も多少は!?

足元を固めるのは、靴。

きょう、革靴を2足一気に買いました。
奮発して(笑)。

スーツでも似合うデザインだけど、
ウォーキングにも配慮したカジュアルな作り。

靴は(何足かを順繰りに)毎日履くものなのに、
ついつい手入れもせず古いまま放っておきがち。

自分の場合、「なぜかなー」と考えると、
万札が飛んでいく「それなりの値段」+
毎日使うので「それに慣れてしまい」
毎日見るので「傷んでいく様子にも気づきにくい」。

靴は歩行と姿勢、つまりは健康に影響を与え、
ファッションでも「要(かなめ)」となる物なのに。

新品と古いのを比べると、愕然とします。
かかとの減り具合なんかも!

私は、「外側」が減る傾向。
両足とも「外側」の減り具合は均等なので、
左右バラバラよりは良いらしいのですが
(専門家のフットマスターにお聞きしたことがある!)
外側に体重がかかる癖は直さなきゃ。

靴に気を使う。
そんな人に、私はなりたい。

---------------------------
関連記事:
白いスニーカーを買った(ハートマーク!)2015/05/28

近所をぶらぶら。

打合せや買い物に、毎日都心に出ていくわけではないので、
なるべく歩こうと近所をぶらぶら。

馴染みのカフェに行くにも、わざと遠回りして。

背筋を伸ばし、大股の早歩きで。
(最近姿勢や歩き方の入門講座を受けたおっさん!)

おうちの表札をながめ、お庭をちょいと覗きこんだり。
(平日昼間の不審なおっさん!)

アパート・マンションの名前が
「メゾン de なんとか」や「アーバン なんとか」と凝る中、

「若葉荘」という名前に出会ってほっとした。

冬でも水筒。

夏に愛用していた水筒(シンプルな透明プラボトル)を、
冬でも長めの外出の際は持って出ます。

保温(保冷)タイプでもなんでもなく、
ほんとペットボトルを筒型にしたような製品。

そこに、東京都水道局の水。

夏の一時期、水道の水を
「透明ポットの浄水器に入れて冷蔵庫へ」
てなことをしていましたが、
私の味覚じゃよくわからないし面倒なのでやめました。

それまで出先では、キオスク、コンビニ、自販機等で
お水、お茶、スポーツ飲料を買っていたんですけどね。

「お金の節約」というのもありますけど、
それはたいした金額にはならないでしょう。

じゃ、なぜかな?(って自分で分析!笑)

年取ると「乾きに敏感でなくなる」と聞くし、
打ち合わせや酒を飲んでの帰り道など、
「こまめに水分補給する習慣」を自分に課すること。

それを「身につける」マイボトル、かな。たぶん。

試供品は効く?

妻がもらってくるシャンプーや化粧品の試供品。

小さな小袋1〜2回分で、どれほど効果がわかるのかなー。

サプリもそうですけど
(長期間飲んでも効いてるのか効いてないのか!?)
試供品って、何なんですかね。

そりゃ、広告屋として
「プロモーションの試供品」の販促効果(きっかけ、興味)は
わかりますよ。

でも「効果を実感」が、実際どの程度かがわからない!

いっけん「ツヤツヤ」になるシャンプーでも、
本来の製品よりツヤツヤ成分を増量しているかもしれないし、
ツヤツヤ感をびっくりしてもらえばいいのだから、
ニスみたいなものを混ぜているかもしれない。

薬事法の表示とか、しばり(規制)はもちろんあるでしょうけど。

少量の試供品の「効いた感」の不思議。

おかわりは取りに行く。

人間には2種類ある。
◯◯の人と、◯◯の人だ。

なーんて記載を見かけることがありますが。

それを真似して書くと、

人間には2種類ある。
ドリンクバーの御代わり(おかわり)を
自分で取りに行く人と、取ってもらうのがうれしい人だ。

まぁ、どんな物事も二元論では割り切れないように、
「しかたなく相手の分も取りに行く」人や、
「サービスされるとうれしい」心理は誰にでもあるでしょうけど。

私は(少なくとも自分の分は)取りに行く人。

だって、マシーンの前で
「何にしようか」「こんなものがあるんだ」と眺めるのは楽しいし、
ドリンクを何杯も飲むような長い会食や打合せでは、
気分転換に「席を立って歩きたい」から。

似た事では、表参道にオフィスを持っていた時代も、
打合せはなるべく先方に出向いていました。
反対に「川島さんの所に夕方行って、そのまま帰ります」って
クライアントさんも多かったけど(笑)。

出向いたほうが、先方から新たな資料をいただけるし、
出席していない関係者を呼んで意見を聞いたりして、
話が「その場でまとまる」ことが多いからです。

おかわりは取りに行く。

大げさな話で失礼しました!

---------------------------
関連記事:
「立つ」という健康法。2016/11/16

左の手で。

私の利き手は右手ですけど、
最近ほんのたまーに、左手を使っています。

意識して左手でぞうきんをかけてみるとか、
電気掃除機を持ってみるとか。

掃除機たいへん!
本体を置く位置やホースのとりまわしで混乱して
(からだも、司令を出す頭もついていかない!)
「いつもと違う」すごい違和感。

人間の「慣れ」ゆえの「かたより」。

ちらっと体験したヨガの先生には、

「ゆかにあぐらをかいて座る時、左右の足の組み方で
しっくりくる側とそうでない側があって、
『しっくりこないほう』を選ぶといい」

ことを教えてもらいました。

からだのバランスの矯正。

考えなくても自然に動く「慣れ」は大切。
でも、たまには「違和感」を入れてみる。

「立つ」という健康法。

本日11/16(水)19:30のテレビ
NHK 「ためしてガッテン」 で良い知識を得ました。

ちなみに、18:30に食事して、
19:00のニュースを見て、たまたま19:30のこの番組に
遭遇するなんて、自宅オフィスならでは!

内容は:(私なりの理解ですので間違いがあるかも)

◎NASA(アメリカ航空宇宙局)の研究によると…

◎耳の中の「耳石(じせき)」は、バランスをつかさどり、
体中とつながっている。

◎神経と接する耳石が前後左右に動くことで、
頭部から→電気のように神経に伝わり → 筋肉に司令が行く。

◎宇宙飛行士は、体が浮く無重力状態の中で
「耳石も浮いて神経と離れてしまうので」
努力して運動しても頭から筋肉に司令がいかない。

◎地球上で無重力に近いのは、
耳石が固定される状態=座りっぱなし。

◎防止策は「30分に1回は立つこと」!
(立ちっぱなしの必要はない。)

◎歩き回らなくても、立つ動作をするだけで
(体は左右前後に揺れ)神経→筋肉を刺激することになる。

◎自律神経を整え、運動不足を防ぎ、老化防止のために、立つ!

◎生まれたばかりの赤ちゃんは、ハンモックや抱っこして
優しくゆらすことにより、筋肉の成長が早い実験結果がある。

他のWebサイトで見たのですが、座りっぱなしの弊害は
「エコノミークラス症候群」(飛行機や車の狭い座席に
長時間座っていることで、脚の血行が悪くなる →
静脈の中に血栓 → 肺動脈に詰まる)にもつながります。

30分に一度は立つ。
さらに散歩は、気分転換と運動の意味で良いでしょうね。

私は、飽きっぽい性格というのもありますが、
同じ会議室や宴会場でずっと座っていることができなくて
(新幹線、飛行機でも)すぐに立って歩きたくなります。

体が本能的に求めていたのか。

すごくいい知識(番組)だったので、皆さまにご報告!

※番組Webサイト
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20161116/index.html
(ぐだぐだ私がまとめずに、ここをリンクすれば良かったか?汗)

心・体(食)・気。

本日10/23(日)は、西新宿で開かれた
『総合健康学フェスタ2016』へ。

最近、ちょいとお知り合いになった
「気診」小倉左羅先生も講演なさるので、初の見学。
何人かの先生のミニセミナーと、
「ヨガのさわり」を体験してきました。(←カラダ、カタイゾ!)

「心・体・気」をどう整えるか。
「体」には、外から取り入れる「食」も含まれます。

いくつか講演を聞いて印象に残ったのは、
「気」とひとことで言っても
「心と体/医学とスピリチュアル」両方で語れること。

また、地球は「天と地」で出来ていて、
その間でバランスをとっている(とろうとしている)のが
人間とのことですが、
「天の気を見るのが星占い、地の気を見るのが風水。
つまり自分の周りの環境を整える参考・手段」と聞いて、
すっごく腑に落ちました。

「天と地」は、「陰と陽」とも言いかえられて、
その全体バランスで成り立ち、どちらかの性質だとしても、
(例えば)陰のなかにも必ず「一部の陽がある」。

陰(天、女性、水)/陽(地、男性、火)。
うーむ、私はかなり「陰」だなぁ!

自分の内側と外側。
自分自身が運動を含めてコントロールできる(治せる)部分と、
鍼灸・整体などで補ってもらう部分。

まさに「総合健康学」をトータルに俯瞰できて、
ためになりました。

あとは「実践」だけですね! いつものことだけど(汗)。

★そ、それから:
主催者の天野代表理事から
「今回のイベントの告知物デザインや会場設営を担当した」
女性デザイナーさんをご紹介いただいたのですが、
なんと! (私が仕事しながら夜間に通った)
『宣伝会議社 Webディレクション講座』で一緒の女性でしたぁ。
10年ぶりくらいの再会。びっくりしました。

これもシンクロですかね。

20歳ほど年下の男性経営者と飲むことになって。

ある異業種交流会(私は初めて参加)で出会い、
業界も年代も違うけれど
「川島さんの仕事ぶりをゆっくり聞いてみたい」と
言ってくださって。

大衆的な店で男ふたり、
まぁ、テキトーな格好でいいや(笑)と支度して
出かける寸前。

「爪がすこし伸びてるな」「でもいいっか」と思いつつ、
切っていった(足の爪も)。

映画や音楽や、もちろんお互いの仕事の苦労話で
盛り上がり…

なんの流れか彼が
(仕事の品質や進行管理の話だったか…)

「若い時に、友達のお母さんに言われたことなんですけど、
爪がきたない人は信用するな。そういう所に人柄が出ると。」

ど、どきっ。

爪、切ってきてよかった〜。
別に見せたりはしませんでしたけど。

なんかシンクロしてびっくりしました。

初対面のパーティーからしてまだ2度目。
(これがナンパならいいノリですけどね!)
40歳のその社長さんの、
広告ツール制作を引き受けることはないかもしれませんが、
きっと付き合いは続きそう。

気持ちが通じた楽しい夜でした。

運動すると太る。

「運動すると太る。」

やせるために必死に運動する方にはごめんなさいね。

リアルで私をご存じの方はおわかりのように、
コンスタントに痩せている私。

体脂肪計に乗ると、痩せているため極端な数値が出て、
「体年齢24歳!」(笑)

健康診断の際、問診の女医さんに
「少しは体重を増やしたほうがいいですかねー」と聞いた所、
「もうそれなりの年齢だし、バランスがとれていると
感じるなら、いまのままでいいんじゃないですか―」との回答。

体重の増減は500グラム以内。
多くて1キロ、よっぽど変化して2キロ。

それでも、体調を見る意味合いも含めて
風呂に入る前には必ず体重計に乗ってます。

そこで気づいたのが、
「川島は運動する時が太る」。
たまーに泳いだり、長めに歩いたりした時は体重が増える。
きっと「筋肉を使うかどうか」で誘発されるものがあるのでしょうね。

それから、仕事が忙しい(きっと精神的ストレスも多い)時は、
減り気味になる。
これも傾向としてわかってきました。

「運動」と「ストレスがないこと」が体重に影響する事実。

まぁ、ほんの何百グラムのことですけどね!

案外ちゃんと起きている。

都心のオフィスを閉めて「自宅を仕事場」にする時の
私自身の懸念であり、
よく他人からも聞かれる質問:

「通勤に時間をさかない利便性や、
ひとりで気ままに振る舞えるメリットはわかるけれど、
スイッチが切り替えにくいというデメリットもあるのでは?」

たしかに、社会人になって
広告代理店〜制作会社〜独立して数名の会社…
とやってきて、常に「都心への通勤」というものがあり、
「オフィスと始業時間があるからこそ、出かけていく。
自由になったら、俺はだらけるに決まっている」
と思っていました。

それが…

◎案外、朝ちゃんと起きている!
◎ソファーでごろごろ、テレビ見てごろごろもない!
◎それ以上に、全体に「早起き」になってきている!

他人から見たら「几帳面」で「目覚ましなんていらない」
風に見られがちな私ですが、そんなことはなく(笑)
どうして変化できたか不思議なくらいです。

日経ビジネス オンラインに
「残業が減らないのは家に帰りたくないから」2016/07/25
という面白い記事がありましたけど、

「早起きできないのは会社に行きたくないから」なーんて
潜在意識があったのでしょうか。

◎おかげさまで忙しい。
◎ゆえに、(引き続き)いろいろ平行してやっている。
…も要因か。

快適に、仕事ができている現実。

メリハリと運動不足(散歩と運動!)に気をつけつつ、
とにかく、この結果がうれしいです。

---------------------------
関連記事:
朝日を浴びてストレッチ。2016/06/19
たまに最近、夜10時に寝る。2016/08/16

気、呼吸、姿勢、顎、表情、そして心。

きょうは、代々木(小田急線 参宮橋前駅)付近の
国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれた

「第五回 世界少林寺 気功武術健康大会」
〜日本開催は3年に一度の、世界気功フォーラム〜 へ。

そ、そんな大層なシンポジウム、初参加でございます!
タイトルに「少林寺」とありますが、太極拳や気功全般。

あ、参加って書いたけど、当然見るだけ(聞くだけ)ね。

出演者のおひとりである「気診」の先生
(全身の気のめぐりを目と感覚で診断し、さらに
歯の噛み合わせと漢方処方を中心に
健康増進を指導していらっしゃるオンナ先生)と
1年半前に知り合いになり、他の中国やイタリアからの
武道のパフォーマンス、風水などの講演とともに拝聴。

最近、興味があって「歩き方」「姿勢」さらに
「顔ヨガ」なんてものにも通ってみたのですが、
カラダって(さらに精神って)いろんな所で
つながっているのがわかる。

例えば腰が痛いからといって、
腰に注射する西洋医学的な局所療法ではだめなのです。

気、呼吸、姿勢、顎、表情、そして心。
そこに、西洋医学やマッサージ、漢方薬も生きてくる。

ちょっとずつ、実践しなきゃ!

◎フォーラムは明日も(メンバー違いで)開催しています。
ご興味のある方はどうぞ。
第五回 世界少林寺 気功武術健康大会

◎その気診の先生「小倉 左羅さん」の著書、おすすめです!
「気」の流れと「顎をゆるめる」ことで
全身の活性化と「姿勢」「表情」まで違ってきます。
首がきれいになる! 顎ゆるマッサージ

笑顔を教えてもらいに。

きょうは「笑顔」の初心者教室へ。

笑顔について、この歳で「あらためて学ぶ」なんて
思ってもみなかったです。まさに「笑」!

姿勢(座り方、立ち姿、歩き方)に
興味を持ったのと似てるかな。

姿勢は、
◎猫背やお腹の出っ張りなど、見た目の改善。
◎正しく歩くことでの健康(というほど大げさではなく、
良くない歩き方のロスの改善)。
◎そして「気持ちの姿勢」の整え方のようなもの。

心身ともに「自然に、バランス良く、気持よく」
自分にも他人にも。

コミュニケーションやプレゼンテーションに関わる
「見た目の演出」 に興味があって、一流の
「肖像写真家」の方のお話もうかがったりしました。

きょうの笑顔教室は、ほんのさわり90分でしたけど、
先生からも他の数人の参加者からも
(いつものように、私以外は全員女性でしたー!)
「川島さん、最初の表情とすごく変わった!」と
ほめていただいて(笑)。

◎口元で引きつるように笑うのではなく、ほほで作る。
◎顎を固くしない、つねに柔らかく。
◎歯を見せる時も、上の歯だけ。
◎なにより、顔の筋肉を(最初は)意識的にどう使うか。

まぁ、私と会う方にとって
「川島が満面のえみ」である必要はないと思いますけど。

笑顔は幸せを運ぶ。うん!

きょうのレッスンのために買った手鏡で、練習しよ。

たまに最近、夜10時に寝る。

会社の組織体制を変えて「自宅化」して8か月。
その前の試行期間を加えたら、1年を超えます。

夜型で、朝起きるのが(さらに早起きなんて)
不可能だと思っていました。
当然、寝るのは0時、1時、2時。

それがね、体制変更からだんだん早起きになった!
すごいですね。人間、やればやれる。
あ、環境と気分の問題?(笑)。

世間で評判になる書籍
「2時起きで成功」「4時起きの秘密」的な状況までは
行きませんけど、
朝7時代、8時代が増えた。たまーに6時。

起きたら、「いろいろ聞きかじってアレンジした」
自分なりの体操・ストレッチ(笑)。

その分、寝るのも早くなって
(さらに飲む時刻も早くなって!)

午後10時や11時に寝ることが、
けっこう普通になってきた。

「川島は、夜でもいつまでも仕事をしている」
「メールの送受信」という印象があるようですが、

きょうは「寝てしまっている」かもしれませんよーーー。

---------------------------
関連記事:
◆(朝)11時でもう8時間労働!2016/06/06

姿勢・足裏で大地に立つ。

この1〜2か月、
「姿勢・立ち方・座り方・歩き方」の講座に数回通いました。

何(じゅう)年も、自分の姿勢(猫背等)が気にかかっていて、
また健康を考えて「意識して歩く」際も、
「この歩き方で良いのかなー」と。

姿勢系の講座は、通常ほとんど
「プロのモデルのように歩く」か
「女性の美しさ」が主体で、

60間近のオッサンが、
ひとり加わるようなものではありません(笑)。

でもね、ほんとこれこそご縁で、
他の勉強&交流会で知り合った女性(複数)のご案内で、
少人数の講座(+体験・練習会)に参加できた次第です。

そして、事務所を自宅兼用に変えて半年。
すこし早起きになって、朝の体操(ストレッチ)も続けている。

姿勢って、最初は「背筋を伸ばすこと」と思っていたけれど、
「胸・顎・肩甲骨・下腹(丹田)・骨盤・おしり・ふくらはぎ」
への意識や、呼吸、手の振り等 … まったく奥が深い。

そして、いちばんの発見だったのは、「足裏」の大切さ。

大地のエネルギーを感じ
(頭からは太陽と宇宙のエネルギーを取り入れ)
しっかり立ち、蹴りだして進むこと。

足裏は、「脳のスイッチ」とも言われるそうです。

悪い姿勢なりに「無意識に」日常になってしまったことを、
「意識して矯正し」→「無意識に」できるのはいつのことやら。

川島に会ったら姿勢を見て、遠慮無く「指摘」してくださいね。

ぎょうざの満洲の安さ。

平日 火曜日の夕方。

家にいた私、娘、息子で(妻は仕事)
近所の「ぎょうざの満洲」へ。

みんなでたらふく食べて、
私は瓶ビールとグラスの紹興酒も頼んで
(子供たちは成人していますが、親に似ずほとんど飲まない)
合計3,646円。

や、安い!

素直においしかったし、満足ですけど、
極限の「効率ともうけの構図」を恐ろしくも感じる。

安倍内閣と、その裏で暗躍するCIAが… なんて。

とりこまれつつ「ごちそうさまでしたー」。

---------------------------
関連記事:
安いものは省いている。2016/05/15

うまそうに、たばこを。

日本たばこ産業(JT)の直近の発表によると、
たばこを吸う成人の割合が19.3%になったとのことです。

・男性は29.7%(前年を0.6ポイント下回る)で、
統計を始めた1965年以降で初めて(男性は)30%を下回った。
・女性は前年比0.1ポイント増の9.7%。

JTは「健康意識の高まりや規制強化で
喫煙者率は低下傾向が続いている」としています。

良いですねー。
私はたばこ、大嫌いですから。

健康への影響に加えて、
・けむい会議室やカフェ
・歩きたばこの吸殻の投げ捨てがひどい!

父は肺気腫で72歳で亡くなりました。
若い頃からのたばこが、相当影響しているでしょう。

…と、全面「たばこ否定」を書きましたけど、

屋外の定められた場所や、
家族納得の「限られた」室内等で吸うのは、
かまわないと思っています。

たばこを吸っている人の顔、幸せそうだものなー。
ほとんど「依存、麻痺」状態でも。

私の酒飲みみたいなもので。

JTが、「吸う人と吸わない人の共存」を
必死に訴えていて、それは経営上の死活問題だけれど…

うまそうに吸う人の笑顔は、
消さなくてもいいんじゃないか。

効いたよね、遅めでもパ◯◯◯。

珍しく風邪を引きました。

微熱と「コンコン、コンコン」の咳。
夜中に咳をしすぎて「ウェッ」となった!

思い返せば数日前、
会議で声を枯らしたのと同時だったような。

何年も風邪、引いてません。
他の病気もしていません。

「元気ハツラツ」の人間ではけっしてないのですが
(知人の方々は十分おわかりのように!)
低空飛行なりにバランスをとって元気。

だから、市販の風邪薬を飲むのも数年ぶり。
薬に頼らず、これまでも初期段階で自然に治してきたので。

かなり効きました〜。
たまたま、治りかけだったのかもしれないけれど。

久しぶりに飲む薬は、効果が標準以上?

大正製薬の「パブロンSゴールドW」。

広告の「効いたよね、早めのパブロン」ならぬ、
「効いたよね、遅めでもパブロン」。

美しく立つ、歩く。ん!?

きょうはねー、いわゆる「経営・勉強系のセミナー」ではなく、
「美しい姿勢で立ち/呼吸し/歩く」というセミナーに
行ってまいりました〜。

すばらしく美しい女先生Bさん(まさにお姿全体が!)
の指導のもと、女性4名、男性1名(私ね!)のレッスン。

1か月ほど前に、知人の整体師女性Aさん
(これまたお美しい!)の主催で
Bさんの指導を受ける機会があり、
本日は「Bさん主催」の本格レッスンへ。

前回から1か月。
毎朝の体操や日々歩くときに意識しているつもりなのですが
(忘れているし、ぎごちないし)「定着」させようかな、と。

そもそも猫背で、ひょこひょこ歩く私。
パーティ等で写る写真の、特に記念撮影ではなく
「会場スナップ」にたまたま写っている自分のカッコ悪さ!

見た目はもちろん、姿勢・歩き方が整っていることは
「呼吸」「体幹」等、カラダのバランスも整って健康
ということですから。

鏡張りのレッスンスタジオで、おっさん「黒一点!」

恥ずかしかったけど、良い経験でした。

美しく生きるぞー!(笑)

怖いもの「味(み)」たさ!

きょうも素晴らしいセミナーで勉強し、
懇親会で酔っぱらい。

地元にもどってきて、商店街の
いつも気になる「ラーメン&定食」屋さんの前を通過。

夜11時頃から「終電客中心」に営業している
カウンター席10名程度のお店。

私は、なにせ少食(小食)で、
ラーメンは並んで食べるほどファンではなく。
(1〜2か月に一度くらいかなー。数えるほどです。)
そもそも寝る前にたっぷり食べたいとは思わない。

で、でも、おいしそうです!

ラーメンと、肉野菜いためと、あー餃子もお願い。
瓶ビールもね! … なーんて。

怖いもの「味(み)」たさ!?

こんど、次の日をだめにするくらいの気持ちで
行ってみるかー。

平日午後プール。

広告の最終チェックをクライアントさんにお送りしたので、
ちょいと一服。
いくらでもやることはあるけれど、思いきってプールへ。

毎度書いてる、徒歩たった5分の室内プール。
練馬区立上石神井体育館、1時間200円。
(私が泳ぐのは20分!笑)

「最低週一」が目標なのに、何週間も行かなかったり、
数か月空けたり。
特に表参道にオフィスを持って通勤していた時は
行っても土日のどちらかだった。

小さな会社の代表なのだから、
時間のやりくりなんてどうにもなったのにね。

きょうは金曜日午後3時、すいてる。
子供はひとりもいない。
リタイアしたようなおじ(い)さん、おば(あ)さんばかり。

私もそんなひとりですね、
近所の人から見たら「最近会社に行ってない
川島さんちのご主人」!?

泳いで、血圧測って(114-70)
こんなBlog&Facebookを書いて、また仕事。

いい感じです。

さて、いまからは知人のお誘いで夜の街へ!

---------------------------
関連記事:
プールへ7か月ぶり。2016/06/05

冷房は嫌いだけど、つけないと!

へたすると熱中症でふらふらになるような気温のなか、
満員の交通機関で出掛け、帰宅した皆さま、
お疲れさまで〜す。

こちらは都心部から自宅にオフィスを移した身。
本日は「ほぼ家の中」+「近所のカフェ」の気軽さでした。

それでも暑さ(熱さ!)は事実。

冷房は骨身にしみるので、あまりつけたくない私ですが、
外部の女性ADとの電話打合せで
「川島さん、嫌いだろうけど冷房つけなきゃだめですよー」
と注意され。

Tシャツの上に長袖シャツをはおって
「極力うすーく」冷房をつけるという「ん?」な状態。

今年の夏は、異様な気温と、水不足が心配です。

コンビニに行かなくなった。

近所のセブン-イレブンに宅配便を出しに行って、
レジ横のから揚げやコロッケ、ドーナッツを見て…

あー、コンビニに来なくなったなーと。

表参道のオフィスを閉め、自宅体制にして約半年。

オフィスを構えていた時は、
ランチのお弁当、パン、ヨーグルト、飲み物。
たまにひとりで残業する時に、缶ビールや缶ウイスキーと
つまみのコロッケとサラダなど。

お店の人とも顔なじみだったもんなー。
いちいち「箸とスプーンは要りません」と
「言わなくてもいい」関係(笑)。

そりゃ、オフィス近くのカフェや定食屋も利用したけれど、
コンビニ依存度は高かった。

それが、コンビニよりはスーパーマーケット、
そして個人のパン屋さんなどを使う生活になり。

カラダからコンビニが抜けていく感覚。

山パンはそんなに悪いのか。

フルネームでは書きませんが、
食パン、菓子パン、洋菓子、和菓子などを生産し、
コンビニも経営している大手メーカー。
(← 書けよなー、名前!)

「食べないほうがいい」という噂が
ネットでは「常連」です。

「添加物のすごさで腐らない」「パンもどき」…。

その日に食べきるとは限らない商品だし、
「安全上」加えるものもあるでしょうに。

これほど売れていて、でも「実はやめたほうがいい」
と言われている典型に思います。

「牛乳は体にいい。積極的に飲むべき」派と
「社会全体の栄養価が低い時代とは違う。いまは害が多い」も
どっちなんだ!?と思いますけど。

何でもバランスが大切。
良い部分もあれば悪い部分もある。
要は食べ方。

と言ってしまうと、それまでですが。

「白いお皿プレゼント」ではなく
「まっ黒いお皿プレゼント」キャンペーンが
似合いそうな山パン。

この老舗企業が、ほんとそれほど悪いのか。

リュックの異様な軽さ。

11日ぶりでプールに行くのに(徒歩5分の温水プール)
いつもの仕事用リュックではなく、
へなへなのリュックを背負う。

中身は、水泳用の
「パンツ、ゴーグル、スイミングキャップ、タオル」のほかは、
折りたたみ傘、財布、鍵、メモ用紙程度。

ひょい、と背負って…

その、あまりの軽さに唖然。
違和感があるほど軽くて、歩き方さえヘンになる!

ふだん、どれだけ重いのを担いでいるんだか。

ノートパソコン、読書用の本、書類(打合せ用に
それなりの量。はしごの会議もあるし。)
あと、なんだかいろいろ詰まってる。

ひとくち飲んだだけの500mlペットボトルが、
数日入っていたこともあるなー。500グラム!

毎日毎日、重圧を背負っている人生(笑)。

仕事用のリュックも、
「うそ!」くらいに軽〜くして、歩きたいものです。

なんと、4時起き。

朝4時に目が覚めて(覚めてしまって)、

メール打ちなど一気にして、

10:30に外で打合せして、

13:00に別の方と会食して、

夕方に帰ってからもいろいろやって、

17:00から(いつもよりフライング!)飲み始めたら、

いま、21:30。

もう疲れました。

おやすみなさーい。

---------------------------
関連記事:
朝日を浴びてストレッチ。2016/06/19
11時でもう8時間労働!2016/06/06

朝日を浴びてストレッチ。

「ストレッチ」というと、なんか美しいけど …
朝日を浴びて体操(笑)。

サンダルはいた、ひげのおっさんが家の前で体操!

最近、ちょっと早起きになってきました。

「齢のせい」もあるかもしれないけれど
(そうだ!って つっこまれるのでしょうねー!)
会社体制など「心機一転」の気持ちが早起きを呼んでいる?

ある説によると、
植物が光合成を行うように、人にとっても
太陽のエネルギーは不可欠なもので、
特に朝日にはパワーがあるとか。

書籍が沢山出ているような
「3時起き4時起きで成功」は無理ですが
(それを「無理」と言ってしまうあなたの意識こそ…
ってつっこみも入りそう!?)

きもち早起き、そしてストレッチ。

11時でもう8時間労働!

昨晩は、「プールに7か月ぶりに行った」ことも原因か
(慣れないことはするもんじゃない?)

10時(22時)に寝てしまいました〜。

そうしたら、朝3時に目が覚めた。
5時間睡眠で物足りないけれど … もう眠れない。
(齢取った説も?)

すぐにパソコンを開いて、いろいろ いろいろ しているうちに
(洗濯物も干した、テレビニュースもちょっと見た)
もうすぐ11時…って、すでに8時間労働終了!?

世間では「9 to 5」 =9時から17時。
表参道にオフィスがあった時は、10時スタート。
(〜18時。たいてい終わらないけど。)

3時〜11時で、形式上の労働(拘束)時間が
終わってしまうとは、早起きってすごい。

まぁ、きょうは極端なものの、
ホーム・オフィスにしてからのほうが確実に早起きになってます。

さて、午後は昼寝でもするか。

---------------------------
関連記事:
プールへ7か月ぶり。2016/06/05
早寝早起き。2015/11/07

プールへ7か月ぶり。

自宅近所の「区営温水プール」へ、
なんと7か月ぶりに行ってきました。

練馬区立上石神井体育館、1時間200円、
自宅から徒歩5分。

オフィスを表参道から自宅に引っ越して4か月。
その前から自宅作業が多かったので、実質半年以上は通勤なし。

きょうみたいな(すこし混んでる)日曜日でなくたって、
平日、いくらでも好きな時に利用できるのに。

7か月ぶり … あきれます。

どれほど、忙しぶっているのか。
実行する意志が弱いのか。

息絶え絶え10分でやめようと思ったけど15分!
泳いでいる、というか「つかっている」のがそれで限界。
(調子のいい時だって20分だったけど!)

無心に泳ぐ。と言えたらカッコイイのですが、
煩悩いっぱいにバシャバシャと。

でも、気持よかったー。
ほんと頻繁に(ほんとか?)行こうと思う。

ロビーの血圧計も「112-80」で正常値。

---------------------------
関連記事:
前言撤回!(平日プール)。2014/10/27
川島のFacebookはこちら
Takayuki Kawashima


●友達申請には必ずメッセージを添えてください
●フォロー(フィード購読)も可能です
こんなBlogです
日々の広告制作やビジネスについて書き連ねています。お付き合いのある方はもちろん、広告業界に興味のある一般の方も、読んでくれたらうれしいです。
月別バックナンバー
ブログ内の記事検索
Recent Comments
Profile
◎川島 孝之(Takayuki Kawashima): 株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)代表取締役・クリエイティブディレクター・コピーライター。

◎1957年3月生まれ。早稲田大学商学部(マーケティングゼミ)を5年で卒業後、1980年第一企画(現ADK)入社。6年の勤務ののち、制作会社11年を経て、1997年(株)リプルを表参道に設立。

◎2016年1月、表参道のオフィスから、西武新宿線 上石神井(かみしゃくじい:練馬区)のホーム・オフィス体制に変更。
ブログのタイトル「表参道の小さな広告屋から」も、「表参道の小さな広告屋から→上石神井」(2016年.1月)/「上石神井の小さな広告屋から」(2017年.1月)に変更。

◎広告・販売促進に関わる企画・制作・ブランディングを、Webを含めた外部ブレーンとのチームで対応。「デザイナーだけではできないデザイン」をご提供します。

※現在の主なクライアント:ビデオリサーチ、日立化成、介護のらいふ、オークラヤ住宅、アルカダイアモンド、武蔵高等学校中学校、翻訳専門校フェロー・アカデミー 等。
別の会社に勤める妻の本【最新】
別の会社に勤める妻の本【最新】
別の会社に勤める妻の本
チャーミングな日用品365日
川島 蓉子
ハースト婦人画報社
2012-10-25

別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
イッセイミヤケのルールイッセイミヤケのルール
著者:川島 蓉子
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-03
おすすめ度:2.5
クチコミを見る
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本