上石神井の小さな広告屋から

旧名『表参道の小さな広告屋から』: 表参道で1997年にスタートした(株)リプル:RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agencyは、 2016年初頭から川島のホーム・オフィス「練馬区 上石神井(かみしゃくじい)」へ。

いろいろ雑談

眼鏡と髪型を変えても。

メガネを変えたのが、5か月前。
いよいよ「遠・中・近」の老眼鏡にね。

その直後、髪型もすこし変えました。

短い前髪を、以前はパラパラとまっすぐ落としていたのを、
長めにしてやや横に流すスタイルに。

でもね、誰からも何も言われないんだなー。

ネガネ変えたんですか?
髪型が、ちょっと違う気が?

反対に言えば、川島という人間の印象は、
ちょっとやそっとでは変わらないということですね。
赤髪・金髪にするくらいでないと。

さらに、人間の認識能力とは素晴らしいもので、
わずかに変装したくらいでも「川島とわかる」。

まぁ、メガネとひげをやめてみれば、逃走できるか!?

先日書いた【発する「気」は?】とも似てますかね。
2019/07/08
http://www.omotesando-ad.jp/archives/54903901.html

川島は川島。あきらめるしかない(笑)。

ちなみに、Facebookの写真は昔のまま。
変えなきゃなー。
プロカメラマンの知り合いは、山程いるのに(笑)。

発する「気」は?

分煙から「完全禁煙」に移行する
カフェやファミレス、飲み屋が増えてうれしいです。

一方、タバコを吸いたい方には、
吸える店や場所があって良いとは思いますけど。

出先のカフェで、空いたコーナーがあったので
座ってみたら… 喫煙席だった。
他にお客はいないし、空気は悪くなかったのですが
… じわっと残る「タバコくささ」。

しばし がまんしたものの、結局 禁煙席に移動。

気づかない程度ですけど、その空間や「その人」が
発している「におい・雰囲気・気」ってありますよね。

物理的なタバコ臭さ、酒臭さ、汗、加齢臭!?
さらに感覚的だけど、「暗そうな人」とか、
「人を明るくしてくれる人」とかね。

さて、川島が発している「におい・雰囲気・気」は?

ところで。
最近、打ち合わせ中の相手や、
セミナー・舞台等の演者のオーラ(気)が
(からだのまわりの白い発光)見えるようになりました。

得なことはありませんが(笑)。

すごい人が、ごろごろ。

私の周りには、すごい人がごろごろしています。

才能豊かな人、経験豊かな人、個性豊かな人。
それゆえ、一種 へんな人? とも言える人。
もちろん、紳士な人も多数。

そりゃ、いつも仲良し小好しとはいかず、
噛み合わない時もありますし、
「仕事を具体的に組む」となると、相性もある。

若い頃からさまざまな人と出会い、
教えを請うてきましたけど、
ここ数年のご縁=「出会いのレベル」は段違い。
なんだろう?

(最近は控え気味ですが)交流会・勉強会に
顔を出してきた成果もあるでしょう。
直接の「知人の紹介」も多岐にわたります。

出会う人の濃さ。
ほんと、ありがたや。

早くね(ぇ)っ?

東京のカフェで隣合わせた
大学生くらいの3人連れ・男子が
「それって、早くねっ?」と言っている。

「それは、早くないですか、早すぎませんか」
という意味で(多分)言っている。

文字に起こすと:

早くね?
早くねっ?
早くねぇ?

きっと矢印の「抑揚記号」を加えても、なかなか
ニュアンスは伝わりませんね。

これを、モダンと言うのか、言葉破壊と言うのか。

コピーライター末端の私としては、
新語、イントネーションの変化は避けられない&
あってしかるべきと思いますけど、
「早くね(ぇ)っ?」は、あきらかに

カッコワルイ
ダサい
ワカモノ言葉(笑)。

まぁ、コピーライターというより、おっさんの感想ね。

結局はなんだって、「よくね?」。私は嫌いだけど。

「家族」の幸せ。

日曜日の夕方。
自宅(兼 事務所)のそばのファミレスで
仕事をしていたら。

家族連れが入ってきました。
(って、そりゃ当たり前な展開ですが!笑)。

若いお父さんお母さんに、小学生の長男と弟。

うん、4人家族。と、思いきや、
そのあとから「弟さん2名、双子!」。

結局、子どもさんは、男が4人。

ご夫妻にとっては、最初の子供ふたりが男の子
だったので、「次は女の子」と考えたかもしれません。

でも、男の双子!

ご夫妻も、ご親族も、びっくりしただろうなー。

世の中には、女の子ばかりの家もいる。
望んでも、子供が生まれない家庭もある。
もちろん、子供をつくらないのも選択。

現在の医学で「産み分け」がどの程度できるかは
わかりませんけど、生まれてきた命の尊さ。

他のテーブルでは、おじいちゃん・おばあちゃんを交えた
ファミリーもいる。

夫婦ふたりも「家族」ですし、
独身で親御さんと一緒や、離れていてもね。

我が家は、娘はNY.の大学、息子は京都の大学、
妻は日曜日でも仕事に出ているので、
私はこうしてファミレスにひとり。

それぞれの家族の、それぞれの日曜日。

なんか、見えてきた。

2019年がはじまり、そして5/1からの令和。
私は、あいかわらずドタバタではあるものの、
なんか「見えてきた」感じがあって調子が良いです。

3年間の厄が明けたことも大きいかもしれないけれど
(笑。気持ちの持ちよう?)
とにかくいろんなことがスムーズになりました。

具体的に「見えてきた」ことの例:

◎5年超「良かれと思って徹底した」
パソコン・スマホのGoogleカレンダーを、
紙のスケジュール帳に戻して「先のことが一覧で見えてきた」。

◎さほどひどくはないとごまかしてきた老眼を、
けっこう値の張る「遠中近メガネ」に変えて、
まさに「見え方が変わった」。

◎自社の強みや理念を見直して明文化。
自分的にも対外的アピールも「気持ちが定まり、曇りが晴れた」。

◎価格表を本格作成し、さらに何度かの値上げ。
見込み客の絞り込みが「割り切れた」。
もう、価格と感性の合わない見込み客とは仕事をしない。

◎気功・レイキを少し習い、気(オーラ)が
「見えるようになってきた」。

etc.

私の悪いところは大反省しつつ(ほんとか〜っ!?)
視界がひらけた今。

お付き合いくださる方は、よろしくお願いいたします(ペコリ)。

62才の、22才の別れ。

歌手 南こうせつさんの
「70才記念のエッセー集」を読んだのをきっかけに、
フォークグループ「かぐや姫」関連の楽曲を
YouTubeで聴きました。

たとえば「22才の別れ」。

伊勢正三による「かぐや姫」時代のバージョンが1974年。
新たに結成した「風」でのヒットが1975年。

私は、中学3年〜高校1年あたり。
(そんな時があったんだなー、我ながらじーん。)

その17〜18才の時には、
ずいぶん大人の曲に聞こえましたけど、
22才で「意中の人」を決めるのもつまんないよねー(笑)。

いろいろ体験し、さらに
「32才や42才の別れ」もいいじゃない、と今では思う。
(でも子供の親権がからんできたりして!!)

62才で聴く、22才の別れ。

青春はとうに過ぎたものの、さて老春にかけますか。

交流会・勉強会、しばしセーブ。

30名の参加者と、ひとり残らず自動的に名刺交換する!

という某交流会に出たのを最後に、しばらくの間
交流会・勉強会への参加はセーブすることにしました。

さまざまな集会に誘われて行き、私も「良い出会い」を
望む気持ちがあるから行くのですが、
しばし、よほどの濃い出会い以外は「名刺」いいです。

ずっと名刺は、「いただかなければ出さない」
不遜な態度で来ましたけれど、集会に出ればたまる。
そして、なかなかアフターフォローが追いつかない。

冒頭にあげた「30名名刺」の会にしても、
仕組みとしては良くできていて、
とても楽しい時間を過ごさせていただきましたが、
これを(いったんの)区切りに。

いままで知り合った方や、仕事上の「既存客」との
深い関係にしぼります。

まぁ、いろいろ顔を出してきたので、
まだまだ「いっさい不参加!」とはまいりませんけど、
少なくなる=付き合いが悪くなることはお許しくください。

皮肉ではなく、ご縁があっての今。
この自分と会社を成り立たせてくださる皆様に
あらためて感謝です。

日曜ひとり、和風ファミレス。

娘はニューヨークのFIT(ファッション・経営専門学校)、
息子は京都の同志社大学(社会学部 産業関係学科)、
妻は沖縄に取材出張中 …

なので、きょうは日曜日でも家にひとり。

夕食&呑みは、青梅街道沿いの 某和風ファミレスに「初」!
杉並の「井草八幡宮」を参拝してから寄りました。

地元に限らず、洋風ファミレスに比べて
「和風」には あまり入ったことがありません。

刺し身と焼き鳥から始めて(←わかりやす!)
… 当然、酒は「まずビール!」ね。
ただし好みじゃないアサヒ スーパードライは残念 …
そして菊水の辛口へ。

お店にドリンクバーはないし、おそらく
ノートパソコンを開いているのは私ひとりですが(笑)
仕事おっさんにも和風ファミレス、いいかもね。

※ただし、ファミレスの
「来客・入場を知らせる ピンポーン、ピンポーン、
ピロリ〜ン、ピロリ〜ン!」の電子音は、本当に苦手。
最近、高級化を進めるロイヤルホストでは、
入口と席の呼び出しボタンの「音」を消しているとか。

(てなことを書くと、ほぼ知人のSNS発信以外では、
「だったら行くなよファミレス!」って書き込みが
あるんだろうなー。)

ひとり、のんびりの夕暮れでした。幸せ。

---------------------------

【追記】2019/05/13

和風ファミレスは、洋風に比べて値段高めの気がします。
「寿司+蕎麦」などセットものも多く、客単価アップも。夜は酒類も出る。
孫を含めての老人(三世代)も入って「ふんぱつ」しやすい。
洋風ファミレスがドリンクバーや「ちょい呑み」で集客を図る一方、
「安くて何時間」もの客は課題で、
和洋の差だけでない戦略の違いが見えます。
(和風チェーンの中でも高い低いあるんだろうけど。)ピロリロリ〜ン!


愛。

著名な経営者であり、コンサルティングや
精神世界への造詣も深い「出口 光」さんのセミナーへ、
数日前に行ってきました。

「言霊学」の講義。
氏名の持つ、深い意味の考察。

ここでセミナーの中途半端な解説は控えますが、
驚いたのは、私をもっとも象徴する言葉は「愛」。

なな、なんと〜っ。

自分は「すごく自分勝手で、ドライで、極端にマイペース」
な人間なので、「愛」なんて恥ずかしいです!

でも、一年ほど前に
「川島を表す1つの漢字」を示してくれた
書道家で霊能者の方も「川島は愛」だと。

うむむ、心を入れ替えて、認めますか〜っ!?

そりゃ、ないことはないと思いますけどね、愛(笑)。
代表する文字にまでなるとはねー。

川島に「愛」はあるか。

明日から、愛のある令和へ。

---------------------------
関連記事:

川島の本質は「愛」である!?2017/08/30

◆愛を飾った。2017/11/03

なにやら結婚30年。

本日4/29(月)昭和の日は、私と妻の結婚記念日。

1989年(平成1年)4月29日。
当時の祝日名は「みどりの日」それ以前は「天皇誕生日」。

先日のBlogとFacebookに書いたように、
いま娘はニューヨークのファッション工科大学、
息子は京都の同志社大学なので、

(関連記事:夫婦ふたりだけの夕食。2019/03/31)

静かに祝うきょう。

特別なこともせず、
混んだ街のレストランに行くわけでもなく。

淡々と … 30周年だというのに(笑)。

あさっての5/1で、元号は「令和」へと変わります。
平成元年からまる30年、私を支えてくれた妻。
感謝の気持ちでいっぱいです。

ゴールデンウィークがすんだら、
ミニイベントを考えましょうかね。

---------------------------

関連記事:
夫婦ふたりだけの夕食。2019/03/31
このブログでの「結婚記念」の記事いくつか

5年先、67歳までの人生の運転。

きょう、運転免許の更新に新宿の都庁に行ってきました。



3月3日で62歳になった私に許された、
更新ギリの日付が4月3日!(苦笑)


もうクルマを手放して10年以上。
この先、運転することはないと思うものの、
「写真付き証明書」としての運転免許証は便利なので更新。

当然「違反なし」のゴールド免許。
書類作成とビデオ講習が、1時間ほどで完了しました。

有効期限は「2024年4月3日まで」。

(サブ表記の「平成36年」というのがご愛嬌。
4/1に新元号「令和」が発表されたばかりで、
作成機の変更・記載が間に合わないようです。)

これから5年。

私にとっては「晩年」を形成する「基盤となる」5年間です。
途中、節目の「65歳」を含む、62歳〜67歳。

いま、すごく仕事が楽しくて(これまでも!ですけど)
自分なりの「広告・販促物の表現方法」や、
「ビジネスの構築」が見えてきたところ。

あと5年が「ラスト」といえる「黄金期」と思っています。
(ハハハ、大げさですね。)

人生の運転。
ゴールド免許で行きたいです。

夫婦ふたりだけの夕食。

きょうは日曜日でしたけど、夫婦ふたりだけの夕食。

いま娘は、ニューヨークのFIT
(Fashion Institute of Technology:ファッション工科大学) の
服飾デザイン・マーケティング系に1年間留学中。
(その前は法政大学経営学部とイギリスのケント大学。)

息子は高校を中退し、数年がたったものの、
通信で大学受験資格を得て、
京都の同志社大学 社会学部に合格。この4月から入学。
(3月末から京都の狭いマンション住まい。)

戸建ての二世帯住宅の我が家は、
1階に母(86歳)はおりますが、上の階は私と妻だけに。

妻は「さびしいなー」と言いますし、
私も(妻ほどではないけれど)家族が減った空気を感じます。

6月卒業の娘は、このままNYCで就職かもしれない。
息子は4年間京都。

一般のご家庭よりは、娘も息子も進路決定は遅れていますが、
長い人生の中ではいいかなーと。
(めちゃ、学費がかかっているけど!!!)

こうして、子供たちは離れていく。
自分たち(夫婦)も、そういう年齢になったということですね。

「手帳宣言」その後の経過。

紙の手帳にちゃんと記入しているはずなのに、
ダブルブッキングが判明。
平謝りで日程を変更してもらう。

という夢で目覚めたきょう!

年初にも書きましたが、
これまで数年間「良かれと思って一本化」していた
Googleカレンダーをやめ、手帳に戻しています。

B5サイズの見開き一週間。
縦に一日の時刻が並ぶバーチカルタイプ。

夢にまで出たということは、
そこまで意識に浸透してきたってことですかね〜。

・「他人」とのスケジュール以外にも
・「先々やるべきこと」をチェックリスト化するなど
「仕事の基本」が手帳の中で定着化している。

これまでも(Gカレンダー+)プロジェクトごとに
けっこうメモはとるほうでしたけど、
アナログ手帳による「一覧化=意識化」は
かなり大きいと思います。

相変わらずバタバタなものの、
おかげさまで「気持ちも」かなり整理されて、
仕事もいい感じで回ってきています。

「今年は手帳!」を宣言してよかった〜。

---------------------------

関連記事:

◆今年は(1)手帳に。2019/01/03


再録:私の中の東日本大震災。

本日は、「東日本大震災」から8 年の記念日。

(「記念日」には「良い日」のような印象がありますけど、
記録し、記憶し、念じるという意味において ← 私の解釈!
記念日ですね。)

2011年3月11日、14時46分の発生。

昨年もBlogとFacebookに、その想い
「私の心の中の小さな傷・反省のようなもの」を
投稿したので、今年は多くを書きませんが …

いま「昨年の自分の記事」を読み返してみて、
日々いろいろ、だらだら投稿しているなかで
「これは」「自分として」覚えておくべき内容だなと。

そんなわけで、本日は【再録=リンク】。

よろしければ、お読みください。

---------------------------

関連記事:

◆私の中の東日本大震災。2018/03/11

Facebook(投稿内容は同じです)
https://www.facebook.com/kawashima.ripple/posts/1738690146182507

きょう、62歳。

本日3月3日で62歳になりました。
ひな祭り・桃の節句の男の子!

それがもう60を2歳も過ぎるなんて。

遠い未来の話のように思ってましたけど、
現実ですね … とほほ。

お陰さまで、元気にしています。
相変わらず体も仕事も細々ながら。

62歳から年金受給の権利が発生するはずが、
零細社長だと言うのに稼ぎがあるともらえないそう!

たまたま昨日、高校のクラス会があったのですが、
退職・定年世代に入った自分が、
元気で大好きな仕事を続けていられることを
ありがたく思います。

広告(販促物全般)の企画制作という
「天職」と思える仕事を通じて、
少しでも皆様の(世の中の)お役に立ちたい!
と願っています。

ちょっと前までは、「世の中」までは
ほとんど意識してなかったんですけどねー。
自分(の会社)の「使命」や「理念」
=事業の世の中との繋がり方を
遅ればせながら意識するようになりました。

今後ともお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

いろんな人がいるよなぁ。

我が家では、私の小さな頃は
「目玉焼きにはソースをかける」でした。

そして、外で知ったか家族に聞いたのか
「塩で食べるのもいい」と学ぶ。

そして大学生時代。
友達が「醤油」をかけるのを見て唖然!

喫茶店で隣の人が、カレーライスが来て
「まずスプーンをコップの水にひたしてから」
食べ始めたのにもびっくりしたなぁ。

さらに、ルーの味も確かめずに(常連客か?)
ソースを(それこそ)ドボドボドボとかけたのは
ショックでした(笑)。

人の好み・性癖は十人十色。
自分の常識は、他人の常識ではない。

日々(と言うと大げさですが)自分と「違う」人間と会う。
意気投合もすれば、揉めることもある。

塩だって、ソースだって、人生。

今年は(5)フォーカス。

いつも or たまに or はじめて ?
この投稿を読んでくださってありがとうございます。

年初から、「ほぼ自分に言い聞かせる」
意味合いもあって書いている
「今年の目標(気をつけること)」シリーズ。

(1)手帳に
(2)チームで
(3)貢献を
(4)神様と

… と来て、きょうは:

(5)フォーカス

ま、焦点とか絞り込み、集中 ですね。

この何年かは、SNSの活性もあり、
セミナー・勉強会・異業種交流会など、
私も「自分を広げる」機会が多かった気がします。

とても充実していた一方、ややとっちらかり、
仕事の遅延などで
お客様に迷惑をかけたこともありました(反省!)

上記の1〜4ともつながりますけど、
今年は「フォーカス/フォーカスする」。

具体的には:

◎新規より、既存客のリピートを意識。

◎制作物を「一度作って終わり」ではなく、
既存客に「引き続きどうお役に立てるか」を考える。

◎自分の強みを活かせる&波長の合うお客様に
フォーカスする。

◎つまりは、理念(哲学、価値観 等)に従う。

◎スマホやメール・SNSをチェックする時間を
意識して減らし、「いまやるべきこと」を自主管理。

◎顧客と弊社の「数字」にもフォーカスする。

なにも特別な戦略ではありませんが、
地道にきちんと、の今年。

今年は(4)神様と。

昨日までに書いた「3つ」が、
今年、特に心に期することです。

「手帳に書いて」「チームを意識して」
「クライアント〜地球に貢献を果たす」。

あとは「サブ」となりますけど…

と言ったら、神様に怒られる!

神様=人によっていろんな解釈はあるものの、
私としては「すべての根幹をなし、私を生み、
見守ってくれる存在」。

神様はどこにでも、何にでも宿っていますが、
特に「窓口」となるのが、神棚や神社。

私の家は練馬区のはずれ(地図で言うと左下)なので
杉並区との境界線近く。

従って、「近くの神社」としては徒歩15分の
杉並区「井草八幡宮」が馴染みでした。

ところが、「神様の管轄地域=鎮守地域」としては、
上に向かって30分の「石神井 氷川神社」なのです。
その土地を守ってくれる「氏神(うじがみ)様」。

八幡神社の方からも
「節目の時はぜひ石神井氷川神社さんへも
行かれてください」と。

そんなわけで、今年は「井草八幡宮」に加えて
「石神井 氷川神社」へダブルで参拝!

これからは「ツートップ」で
見守っていただくことにしました(笑)。

「神頼み」ではなく
「神様に良い報告ができる」今年にいたします。

【追記】ちなみに、数え年で62歳
(昭和32年・1957年3月3日生まれ)の私は、
過去3年間の厄(前厄・本厄・後厄)から
明けました〜っ。

今年は(3)貢献を。

私の今年の目標宣言シリーズは、

一昨日の:(1)手帳に
昨日の:(2)チームで

まぁ、目標というよりは
「具体的な心構え」みたいなもんですけど。

それでも、毎年あからさまに「目標」なんて
言ってこなかった私としては、大きな心の変化です。

そしてきょうは:(3)貢献を

ちょっと漠然とした言い方ですね。
「取引先への貢献、社会への貢献、地球への貢献」。

え、ますますあいまい!?(笑)

いままで、自分のことで精一杯。
「気働きがある」と一部では言われるキャラですが
(けっして妻は認めず!苦笑)
好きなことしか・ノリが合わなきゃ何もしない
めちゃくちゃマイペースな性格なので、
「貢献」なんてほとんど考えてきませんでした。

そりゃ、クライアントの広告コミュニケーション〜
集客や販売、ブランディングに成果を出すことが仕事で
喜びです。

でもね、(こちらのプロの意見を提言しつつ)
相手が「喜んでくれる」ことに心底コミットしていたかどうか。

まるで意見が違う・感性が違う方とは
商売にならなくて良いと思っていますけど(生意気!)。

◎取引先に貢献できているか。
◎地域や社会に貢献できているか。

そして、大げさですが
◎地球や宇宙に貢献できているか。

つまりは、自分が生きていることと
自分のまわりにあることが共振しているかだと思うのです。

それはたぶん、自分の「内なるもの」との共鳴でもある。

3月で62歳になります。
40歳で立ち上げた「なんちゃって会社」も22年目に入ります。

今年は、
「手帳に書いて」「チームを意識して」「貢献を果たす」。

2019年、めずらしく大げさな私でございます。

今年は(2)チームで。

昨日の【今年は(1)手帳に】 の続きです。

仕事の停滞を招いてしまった反省のいっかんで
「紙の手帳へ」となったわけですが …

もうひとつ大切なのが「チーム」と思っています。

約3年前に表参道の事務所(最後は4名)を閉め、
自宅事務所にした私は(総務経理女性とはいまも連携)
「ほぼフリーランス」みたいなものです。

ただ、広告・販促物の企画制作を担う
「クリエイティブディレクター」という職種ゆえ、
自分での「プランやコピーライティング」に加えて、
外部のデザイナーさんやイラストレーターさん、
Webデザイナーさん、時にはコピーライターさんとも
協業して仕事をします。

そういう意味では、あいかわらず「チーム仕事」なものの、
どうしても「自分の範疇だけで回してしまう」。
「企画の視野」や「進捗管理」「予算管理」等で
ひとりよがり=流れるママになりがちです。

まぁ、そんな私を指名してくださる方がいらっしゃるから、
こうして正月を迎えることができているのですが!

「チーム」を「もっと意識する」のが今年の課題。

例えば、表現のことはもちろん、
「マネージング役」を誰かに委ねるのもひとつ。

これからの仕事(商売)環境って、
ますます大手が合併・吸収を繰り返して
「だんとつの大きさ」になる一方、
小規模の企業がアメーバのように連携して
生きていく時代になると思うのです。

「一国一城」の主どうし、個性や考え方の違いから、
「うまくいかない」ケースも山のようでしょう。

しかし、それでも、「組むことの相乗効果」を
どう生み出していけるか。

自分を超えるためのチーム。

「人間関係と各自の長所・役割」に
改めて面白さを見出したい今年です。

今年は(1)手帳に。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

「人」とのご縁があっての人生や商売です。
いつもお付き合いくださり、ありがとうございます。

さて、今年の目標はいろいろあるのですが、
仕事がらみのことをいくつか
これから数日で上げていきますね。

(1)今年は、スケジュールを「紙の手帳」に記入。

ここ5年ほど、
GoogleカレンダーをMacとiPhoneで使用し、
「紙の手帳」はいっさいやめていました。

本来、メモはよくとるほうで、
手帳にびっしり書いていた時代も長いのですが、
日程をきれいに・明快に整理するため、そして
「繰り返し」の記入しやすさなどもあり
(ITツールの使いこなし訓練もあって!笑)
あえてGカレンダーをスケジュール帳に。

しかし …

昨年、私の日程・工程管理の不備から、
クライアントさんに大迷惑をおかけする案件が重なり
深く深く反省!

「手で記入する=考えながら意志に刻む」大切さと、
「全体を見渡す=紙・アナログなりの」視認性、
「ソフトを立ち上げず=すぐ記入できる」即時性などから、
手帳回帰としました。

相変わらず「メモはA4コピー用紙」を続けますので、
手帳には「日程とやること」のみ。
細かな日記的なことや、切り抜きを貼り付けたりは
しないつもりです。

ちなみに、商品は「高橋書店のシャルム5:No.355」。
B5サイズ(A5サイズではやや大きすぎる気がしたので)、
縦に時刻が並ぶ「バーチカルタイプ」です。

これまで好みではなかった「消せるボールペン」も、
手帳用に3色タイプを購入(笑)。

とにかく、仕事の「基本中の基本」を見直して、
今年は「効果・効率」を明確にする年にしたいと
決意しておりますっ。

WordからPagesへ。

昨日から「Pages:ページズ」を使い始めました。

え、ご存じない?
Macに無料でついてくる文書作成ソフトです。

世はマイクロソフト社「Word:ワード」の寡占状態。
6年前に「WindowsからMacに乗り換えた」私でも、
「Mac版のWord」を「Excel、PowerPoint」
などとともにマイクロソフト社から購入しておりました。

ところが…
Win時代から何十年と使っているWordに、
まるでなじめない!

ごちゃごちゃボタンやバーがあるのに(あるから?)
パッと見て操作がわからない。いつまでも慣れない!

自分の理解力・ ITリテラシーでは
「こんなものかなー」とあきらめておりました。

それが昨日「ふと」思いついて「Pages」を起動。

つ、つかいやすい!わかりやすい!
まさに「直感的に操作できる」。

Wordよりは「できること・こること」は少なそうですけど、
シンプルな企画書と原稿の私としては、これで十分。

「紙面の余白、書体、飾り、行間、2ページ表示」など、
見た目のボタン配置と使用感が、とにかく明快。
「ここを直したい」と思うと、迷わず手法にたどり着ける。

Wordがあまりに使いにくい感覚は、
たまに操作する「妻のWindows10」の
「なんじゃこりゃ!」ともすごく似ていて。

これって、私がよほどMac脳・Mac感覚なのか、
(機能の盛り込み方は差し引いても)Winがおかしいのか。

当然、反対の人もいるんだろーなー。
そっちが普通なのかなー。

とにかく極端な差に、びっくり。

ちなみに、他の方との互換性(レイアウトのずれ等)が
あったとしても、出力やPDFにするので大丈夫。

書類作成が楽しくなる(笑)Pagesとの出会い。

「どうせ同じようなもの」と勝手に思い、
Mac版Wordを惰性で使っていた自分を反省。

---------------------------

関連記事:

◆今年の最後ネタ:Mac購入!2012/12/31
http://www.omotesando-ad.jp/archives/53863683.html

まじで!?

打合せ帰りに、ひとりで寄ったカフェにて。

隣の大学生くらいのカップルの男子が、
疑問形の「まじで」を連発する。

え、まじで!
まじで、ほんと?

これって、英語で言うと
「リアリー!? really」でしょうかね。

私、英語は不確かですが。

コミュニケーションがあいまいと批判される日本人。

「まじで!?」は、語彙の進化なのか、劣化なのか。

Macが壊れて、大変!

13インチのノート型パソコン
MacBook Proが数日前に壊れました。

朝、スリープ状態から起動しようとしたら、
うんともすんとも言わず。
うるさいのは異常に大きいファン音のみ。

2016年12月購入ですから、まる2年ですね。

電話サポートに尋ねつつの各種再設定と
アップルストアに持参してのトライもだめで、
修理行きとなりましたーーーーー。

私は据え置き型のパソコンは使わず、Macノート一台。
家では大型モニターとつないで2画面仕様にし、
外出時には必ず持ち出し。

酷使する分「壊れた、紛失した」の危険は高いわけで、
「デスクトップ型 + もっと軽量なノート」の組合せも
以前は考えてみましたが。

「データがそのノート一台で完結=一元化」
されていることの便利さ!
あっちとこっちを同期して、えーっと どちらが最新版で…
てなやりとり不要のストレスのなさ!

そのぶん、こんな事態も来るんですよねー(汗)。

それでも、クラウドにデータがある
Google系(メール、アドレス、カレンダー)と、
Evernote(資料保存庫)のおかげで、
最低限の仕事データは確保。

パソコンは妻(会社勤めなので日中は不在)の
Windows機の慣れないキーボードをたたき
(Win7まではWindows使いだった私も、
あまりにわかりにくいWin10!慣れ以前の問題のような…)
外出時は、つたないiPhoneの仮想キーボードでは
追いつかず折りたたみ式の携帯キーボードを購入して。

四苦八苦の、約1週間。

※ちなみに、私のMacでは
データはすべて「タイムマシーン」という
自動バックアップをとっているため、
MacBookが初期化=データ空っぽで戻ってきても戻せますが、
手間は手間です。

あーあ。

パソコンあっての、仕事の成立。

秋葉原の夜。

土曜日の19時に、数名での秋葉原の打合せを終えて。
(Web系のミーティングでしたー!)

私はその後も、たまったメールチェックや
書類作成の用事があったので、ひとりファミレスへ。

となりに20代前半の男女がいて。
「コスプレ」について楽しくおしゃべりしているものの、
ふたりは同い年と見えるのに、男性が不自然なくらい
へりくだった言葉遣い。

さらに隣では、アニメのチラシを大量に「見せあっている」
男性ふたり。

秋葉原だなー。

私が「そういう意識」で見るから、
「そうした人」に目が行ってしまうのかもしれませんけど。

「おたく」と「外人観光客」が行き交う秋葉原。

渋谷や新宿の「若者」とは、かなり人種が違うようで。

※ちなみに、渋谷・新宿のカフェでは、
やたら大学生くらいの金儲けのレクチャー
(ネットワークビジネスの勧誘?)が目立ちますねー。

席から目に入るお客さんは、
ほとんど「料理とドリンクバー(ノンアルコール)」で、
「つまみとビールとワイン」の客(=私!)がいない(汗)。

ひとり軽く酔っ払いつつ、
ノートMacをたたいているこのおっさんは、
どんな風に見られているのか。

べつに、誰も気にしないですね(笑)。

いろんな街と人、それぞれの風景。

自分は、本当に何も知らない。

経営者や優秀な制作者、専門家などと話していると、
自分はどれだけ「ものごと」を知らないか、
知識がないかを実感します。

歴史も、数学も、茶道の知識も、花の名前も。

日々、知ったかぶりをして生きているけれど、
あまりに浅い自分。

それでも生かしてもらっているのは
(人生という意味でも、広告仕事という意味でも)
「役割があるから」と思っています。

自分に知識はなくても、クライアントさんが
「伝えたい、でもうまく伝えられない」ことを
整理整頓し、翻訳して伝える能力。

前向に考えれば(笑)、そこに自分の価値があるかな。

朝7時からセミナー参加でした(いやはや)。

あるセミナー、7時開始厳守。
(午後の部からは認めない…主催者のありがたい叱咤!)

朝5時に起きて(夜は0:30にあわててベッド!)
余裕をもって6時に家を出、渋谷へ。

終了は17時近く。途中の1時間昼休みを含めて、10時間。

セミナータイトルや内容まで書きませんけど、
いまどきのSNS時代、どなたかの投稿写真や、
「川島さんはどこどこにいます(いました)」等が出るかな。

かなり忙しい日々のなか、ほぼ缶詰の一日。

まぁ、そういう「集中」もいいかもしれない。

AIが人間の知識を超える時代の人間のあり方、
日本人の存在意義・使命等。
(あ、「浅はか」に要約してしまいましたが!)

疲れたので、ひとりビールとワインで、ゆるめています(笑)。

お金を返してくれる人。

銀行で記帳したら、ジジジジーーーッと
「◯◯◯◯(カタカナの氏名)から5,000円」と印字された。

あー、◯◯さんがお金を振り込んでくれたんだー。

10年ほど前、何十万円かをお貸しした方。

私は、借用の依頼は断固お断りしておりますが、
その時はいったい、どんな経緯だったのか…。

そして数か月に一度、返金がある。

もうないかなーと思い、
こちらも忘れている頃に「5,000円」とか「2万円」とか。

いっさいメールや電話はないけれど、一度だけ
スマホの留守電に「自己破産します。返金が少し止まります」
という「律儀な」吹込みがありました。

人間はお金で生きている。
お金が第一ではもちろんないけれど、
ビジネスも生活も「お金がなければ」やっていけない。

その◯◯さんも、当時勤めていた会社が倒産し、
うまく回転できなかったのでしょう。

私も勤めていた会社の倒産や、お取引先の窮地を何度も見ています。
仕事上で騙されて、何百万円か「ふっとんだ」こともあります。

かつては、怒りでメラメラすることがあったけれど、
貸した金は「返ってこない」と思わないとね。

引きずっていても、何もいいことはない。
そうした顛末を引き起こしたのも「自分の」責任。

だからこそ、
「ジジ、ジジジーーッ5,000円」が愛おしく感じられます。

◯◯さん、お元気でお過ごしでしょうか。

いっしょにまた、仕事しましょうね。

あの時、この人に会ったから。

「運命論」みたいな言い方になりますが…。

「あの時、この人に会ったからこそ」
いまがある/乗り越えられた/重要な示唆になった 等の
出会いがあります。

「その時」なぜ自分はそこにいたのだろう。
「その人」とはそもそも、
どういう経緯で知り合ったんだっけ。

その人の前には、あの人がいて、その前には…。
さらに当日、たまたま自分は…。

偶然の糸。

「そうなった」不思議な経緯。

シナリオは、神様(のようなもの)によって
仕組まれているのか、自分の裁量もあるのか。

人との出会いや偶然に感嘆している、いまの私です。

髪切って、爪切って、笑顔でいる。

きょう月曜日(敬老の日)は、
「1か月に一度」と決めている青山の美容院へ。

私が3年前まで表参道に事務所を持っていた頃からの馴染みで
(もう20年弱の付き合い!?)
サロンが青山に移転してからもお願いしています。

ただし、「1か月に一度」 を守っているのは、
まだ1年ほど前から。

それまでは(そもそも長い髪ではないので)
予約もテキトー、2か月を超すこともありました。

それを、髪を切ったその場で「約1か月後の次回」を
予約してしまうことに。

「さっぱりする」っていいことです。

髪が伸びても、仕事への影響はない。
自分が気にするほど、周りの人は見ていない。

そもそも、他にやるべきことはいくらでもある。

でもね、「いっけん関係なくても」
生活の「整え方」や「ちょっとした余裕」は あなどれない。

髪を切る、爪を切る。
そして、(無理しても!)笑顔でいる。

日常が、劇場。

-----------------------

関連記事:
髪を切って、1か月後の日も予約。2017/07/24

「さすがです」って!?

褒め言葉のひとつに「さすが◯◯さんです」
があります。

例えば、
「さすがの発想、さすがの制作物の仕上がりは
川島さんですねー」というもの。

きょう、あるセミナーに「はじめて」参加して、
講師の方が来場者にマイクを向ける機会があり、
私がひとこと(しかも4人テーブルの意見を代表して)
語ったのですが…

帰りがけの講師の方とのご挨拶で
「良い意見をありがとうございました。さすがです!」
と言われ(笑)。

講師の方とは初対面。
前にも後にも、結局名刺交換もしなかったのに。

「さすがです」って感嘆言葉の一種なのでしょうね。
「すごいです」「感心しました」みたいなもので。

私のことを何もご存じない方から
「さすがです」と言われて、悪い気分はしなかった夜。

Kindle、買っちゃった!

Kindle(キンドル)とは、
Amazon.comが販売する電子書籍リーダー。

私が購入したのは、その最新機種「Kindle Oasis」。
7インチのモノクロ画面、重さ194g(新書版ほど)、
容量8GB、Wi-Fiモデル(3G接続はなし)。

本体31,980円+充電器1,980円=33,960円なり。

本を読む道具として、
Kindleはずっと気になってはいたのですが、
下記の理由で踏みきれなかった。

◎私は、紙の本のページを折ったり、線を引いたり、
書き込みしたりで読む。

◎本くらい「電子機器」を離れて読みたい。

◎どうしてもの時は、iPhone7(4.7インチ)か、
MacBook Pro(13インチ)で見ればよい。
(でも読みにくい、目が疲れる!)

ところが …

◎仕事の資料として、(紙で発行されていない)
クライアントさん関連の電子書籍を読む必要が増えた。

◎ペンを持たずに読む「小説・エッセー系」なら
意義はあるかなーと思い。

◎Kindle画面は目にやさしい(らしい)。

◎新書版1冊ほどの重さなら、カバンに入れておいてもいいか。
(一度の充電で、1週間以上は持つようだし。)

てなわけで …

本日 とうちゃーーーく。

◎容量の多い32MBにしなかったのは、
そんなに端末にダウンロードする気はないから。

◎3Gモデルにしなかったのは、
外でダウンロードする緊急性はほとんどない。
必要なら、iPhoneのテザリングでOKだから。

◎もっと良い機種が出れば、買い換える。


私の初Kindle。

また使い勝手を報告しますね。

宣言:月・水は「ノー会議デー」。

突然ですが、きょう
「毎週 月曜日と水曜日」を勝手に
「ノー会議デー」と決めさせていただきました〜。

ノー会議デー (わたくし的に):
会議をしない日。
打合せに出かけない日。

我が「株式会社リプル」は、
私と総務経理女性だけの小さな会社。
しかもお互いの自宅(比較的 近所)で連携のため、
「社内会議」は1〜2週間に一度会う程度でよい。

課題は外部の方々(クライアントさんや見込み客、
各種クリエイターさん、印刷会社さんなど)との会議。

出かけて行って1本 打合せをするだけでも、
前後の移動や出かける身支度で
4〜5時間ほどを要します。

さらに、2本、3本、(+懇親会とか!)をしていると、
じっくり企画する時間がもてなくなる。

で、決断。

月・水は「ノー会議デー」。
一日じゅう「自宅事務所」にいる日。
(気分転換に、散歩や近所のカフェには行きますけど。)

会議を入れるのはなるべく「火・木・金」。

すでに「月・水」で埋まっている予定もありますが、
徐々に「空けて」まいります。

よろしくお願いいたします。

人身事故の影響で。

夕方の新規の打ち合わせを終え(アイデアと請求成立!)

知人の銀座ライブハウス歌唱を楽しみ(アマチュアなのにプロ!)

丸ノ内線で新宿まで行き、徒歩で西武新宿駅まで数分歩いて、
我が西武新宿線「上石神井」まで帰るはずが …

西武新宿駅、ごった返し! 人身事故で動かず。

あきらめてJR新宿にもどり、中央線に乗っていま西荻窪。

もうバスはないので、
どうせタクシーならと(タクシー乗り場は長蛇!)
もう少し飲むことに(銀座でも飲んでたけど!)

明日、「渋谷で朝7時から」のセミナーはきついなー。
夕方まで続く終日セミナーですが、
午後にはどうしてもの別件があって退席するし。

あきらめて、行かないことにしまーす。

お誘いいただいた方にはすみません。
参加費の16,000円も無駄になる … あぁ。

人との約束を、ほとんど反故にはしない性格なのですが
(って、普通 そうですね)今回はお許しを。

自分のペースをキープ。

さて、もう一杯(って!?)

川島のFacebookはこちら
Takayuki Kawashima


●友達申請には必ずメッセージを添えてください
●フォロー(フィード購読)も可能です
こんなBlogです
日々の広告制作やビジネスについて書き連ねています。お付き合いのある方はもちろん、広告業界に興味のある一般の方も、読んでくれたらうれしいです。
月別バックナンバー
ブログ内の記事検索
Recent Comments
Profile
◎川島 孝之(Takayuki Kawashima): 株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)代表取締役・クリエイティブディレクター・コピーライター。

◎1957年3月生まれ。早稲田大学商学部(マーケティングゼミ)を5年で卒業後、1980年第一企画(現ADK)入社。6年の勤務ののち、制作会社11年を経て、1997年(株)リプルを表参道に設立。

◎2016年1月、表参道のオフィスから、西武新宿線 上石神井(かみしゃくじい:練馬区)のホーム・オフィス体制に変更。
ブログのタイトル「表参道の小さな広告屋から」も、「表参道の小さな広告屋から→上石神井」(2016年.1月)/「上石神井の小さな広告屋から」(2017年.1月)に変更。

◎広告・販売促進に関わる企画・制作・ブランディングを、Webを含めた外部ブレーンとのチームで対応。「デザイナーだけではできないデザイン」をご提供します。

※現在の主なクライアント:ビデオリサーチ、日立化成、介護のらいふ、オークラヤ住宅、アルカダイアモンド、武蔵高等学校中学校、翻訳専門校フェロー・アカデミー 等。
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
チャーミングな日用品365日
川島 蓉子
ハースト婦人画報社
2012-10-25

別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
イッセイミヤケのルールイッセイミヤケのルール
著者:川島 蓉子
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-03
おすすめ度:2.5
クチコミを見る
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本