上石神井の小さな広告屋から

旧名『表参道の小さな広告屋から』: 表参道で1997年にスタートした(株)リプル:RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agencyは、 2016年初頭から川島のホーム・オフィス「練馬区 上石神井(かみしゃくじい)」へ。

ブログのこと

お知らせ:FBの企業ページは閉鎖。

いろいろ考えた結果、Facebookの
企業ページ(=Facebookページ)は、
閉鎖することにいたしました。

これまで約10年、川島のFacebookは2種類。

◎個人ページ:川島 孝之(リプル)
2010年6月20日〜
https://www.facebook.com/kawashima.ripple

◎企業ページ:株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)
2011年2月14日〜
https://www.facebook.com/ripple.tokyo

日常の雑談も、仕事の軽いエピソードも書いている
「個人ページ」と差別化し、「企業ページ」では
「より仕事寄り」の発信の仕方を模索してきました。
(と言うと いかにもですが、放りっぱなしでした〜!)

だって、企業のリプル=書くのは代表の川島ひとりなので
(他に組織上は、総務経理女性がいますけど)
記載内容は かぶりがち(汗)

プロフィール写真を「左の横顔」と「右の横顔」に変えてみたり。
(気づきましたか?笑)

やっと先日、「他人紹介のPRに徹する」という切り口で
企業ページにて【川島recommended】を開始。

よーし、情報発信&コミュニティとしてがんばるぞー!
と思ったけれど、
個人ページから企業ページに飛んで見ていただくのは、
読者にとって面倒だし。

そもそもふたつあるのは、
閲覧するほうも発信するほうも混乱しますよね。

企業ページは、思い切って閉鎖!
9月末で「非公開」にし、その後「閉鎖=削除」します。

せっかく新機軸で再開し、「さぁこれから」という時に…
(なんか、故人を偲ぶみたいになってきた!?)

現在113人のフォロワーの方、ごめんなさい!
投稿に「いいね!」をくださった方、ありがとうございます!

川島のFBはひとつ。

新型コロナ「可」の断捨離。
割り切れました〜。(笑)

ありゃ「Blog 15年越え」だ。

はい、下記とおんなじパターンですね。

【ありゃ「設立23年」記念日だ】2020/07/14

BL
http://www.omotesando-ad.jp/archives/54962791.html
FB
https://www.facebook.com/kawashima.ripple/posts/3218163014901872

すっかり忘れていました。

Blogをね、ライブドアを使用して始めたのが …
いま調べたら「2005 年8月14日」。
(ブログ創世記のライブドア社は堀江社長とともに、
恐ろしいほどの上昇だったなー。)

もう、15年を越えたわけです。

よくやってますよねー(苦笑)。

そして、10年ほど前までは、それこそ「ほぼ毎日」
投稿していたのですから。
(糸井重里さんの「ほぼ日=ほぼ日刊イトイ新聞」も
時代を築きましたね〜。)

いまはもう、1〜2週間に一度になり
(義務のように続けるのはやめにした … が言い訳!)
さらにFacebook投稿と「まるで」同文掲載ときている。

Facebookのほうがアクセスしやすいし、
「見た方」もコメント記入がしやすい。

でもBlogをやめないのは、相変わらず見てくださる方が
いるのと(心より感謝です!)
過去記事を見る時に、「一覧」で見やすい。
一種「アーカイブ」的な意味で残しています。

いまやSNSは、Twitter、LINE、インスタグラム、
FBの企業ページ、さらに動画のYouTubeも
個人(&企業)の手軽な発信メディアになっていて。

Blogやるなら、「いっそnoteですよ」のおすすめもある。

あと何年キープするかわかりませんが、
Blogもたまには覗いてみてくださいな。
(本文だけのまとめ読みには便利ですから!)

★上石神井の小さな広告屋から
http://www.omotesando-ad.jp/

※アドレスは、表参道に事務所を持っていた時代に
BLを開設したので「omotesando-ad」となっています。


開始します、川島recommended。

長らく放りっぱなしだったFacebookの「企業ページ」のほう。
株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)

活用の仕方を思いつきました。

まだ「イントロ」レベルですが、よろしければご覧ください。

↓↓↓

【開始します、川島recommended。】

recommended(レコメンデッド、リコメンデッド)
=おすすめの・推薦の。

要するに日本語で書きゃ …

【川島推薦】
【川島のおすすめ】
【川島のお墨付き】
【川島のイチオシ】…

ですが、それじゃ生意気だし、
【川島PR(コーナー)】では私のPRになっちゃう。

日本人的にあいまいにして、良さげな響きもある
【川島recommended】に決定。

※「レコメンド:recommend」だけでは
「動詞」になってしまってへんらしい。
※「レコメン」も軽薄でいやだし。

********

前提として:

リプル川島のFacebookページ(企業ページ)の
活用に悩んでいました。長らく放りっぱなし!

■株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)
https://www.facebook.com/ripple.tokyo
「川島個人のFBページ」を持ちながら、わざわざ
会社ページを登録したのは、
当然「Facebookを活用して有用なコミュニケーション!」

しかしっ。
書くこと、ないんですわ。

株式会社リプルは、4年前に表参道の事務所を閉めて以来
「実質川島ひとりの企画ディレクション会社」。
個人も会社もごっちゃなので、
別途の「会社ページ」なんていらない。

「広告の基礎知識シリーズ」とか、
「新型コロナ下で攻めるクリエイティブ」とかを
連載してもねー(苦笑)。

閉鎖(解除)も考えましたけど、せっかく登録したし、
本日で78人もの方が「いいね!」し、
85名がフォロー(閲覧)してくださっている。

********

そんな模索のなか(ってほどでもないけど)
ようやく「活用の仕方」を発見したのですよ〜!

何を始めるかって …

答え:他人のおすすめに特化したFBページ!!
「ひたすら他人の紹介・宣伝」をします。

◎私のクライアントさん(広告制作の客先)
◎連携するデザイン事務所・フリーランス
◎馴染みの飲食店からサービス業・士業まで、
とにかくあらゆる分野の旧知・新規の
「私が良いと思う人」を次々紹介していくコーナー!

ここの記事を読んだ人が、興味を持って
問い合わせ・利用してくださることを期待しています。

「個人FB」でもおわかりのように、
私は「リンク」をほとんどしません。
まして、コメントもつけずに「ただ貼り付ける」のは
やりたくないと思っています。けれども、

この企画は「リンク命」!

********

中途半端に川島の「色」をつけたくないので、

◎紹介は客観的にさらっと、短いフレーズで。
◎連絡先メールアドレスや電話、参照サイトの記載。
◎事前に原稿(投稿文)をチェックしていただく。
(ごく簡単な紹介ですが、代表電話の誤記や、例えば
「気功」と書かずに「レイキ」と表現するなどのニュアンス。
◎川島のBlogにも同文を掲載。

★「ぜひ取り上げてほしい」という「売り込み」も歓迎です。

★もちろん、紹介させていただいた個人・企業さんが、
このページを「リンク」なさるのも自由です。

********

以上、自分のFacebookページ(ビシネスアカウント)を、
「私的全面PR」として使ってしまう試み。

今年の(新型コロナ前からの)目標は、
「捨てる、磨く、整える + 人のために」でした。

他人のお役にたつ「ミニメディア」として。

数日準備して、始めてみますね。

やたらの「単純リンク/シェア」はなぁ。

トイレットペーパー、ティッシュペーパーが
「新型コロナウイルス」関連の誤解で品薄になっています。

スーパーマーケットで「特売商品」として
ずらり並んでいることの多いペーパー類が、
すっからかんの状態を見ると、まさに異常事態!

SNSの「うわさ」を「本当」と思って買いに走った人、
「そんなはずはないが世の中が品薄に動く」と防衛で買った人。

誤解を含む情報や誹謗中傷が広がるのはSNSの常で。

きょう、知人の投稿(Facebook¬e)を読んで、
あらためて考えたのは「リンク/シェア」の危うさ。

特に、自分の意見等を「はさまず」、元の投稿を
「そのまま」伝えるSNSの投稿形式。
(私は「単純リンク/シェア」と読んでいますが…?)

私のFB友達にも、「単純リンク/シェア」を、
日に何通もアップする方が複数います。

ほとんど、「まとめサイト」の簡易版のつもりか、
「自分の覚えメモ」を公開しているつもりなのか。

気分を害したらごめんなさいね。
個人攻撃ではなく、私の心情としては、
あまり理解できない行為なので。

リンクするなら、読んだネタを吟味して、
◎すくなくとも一呼吸おいて。
◎できれば自分のコメントを一言でも入れて。

単純リンクの人は「条件反射のように」アップしている。
と、「私には」思えてしまうのです。

元ネタも、長文で内容が多岐にわたる場合があるので、
「どこに」共感し、「何を」伝えたいのか。

まぁ、その「一瞬の無限連鎖」が、
SNS(≒ ネット社会)の醍醐味でもあるんでしょうけどね。

いちおう「文章(広告コピー)を生業にする」
おっさんとしては、「文章 ≒ 意見」の
何のフィルターもない(ように読み取れてしまう)
丸ごとリンク/シェアは、ちょいと腰が引けるのですよ。

★きょうの投稿のきっかけとなった
「情報リテラシー」についての知人記事をリンク!

FB¬e
「僕らはもっと情報リテラシーを考えないといけない。」
望月 大作@十中八九 編集長
2020/03/01
https://www.facebook.com/mochiyume/posts/3020923457925993?notif_id=1583044197588695¬if_t=notify_me

---------------------------
【追記】2020/06/14

NewsweekのWeb版によると(6/12)
ツイッターは、ユーザー同士のやり取りの「健全性」を高めるため、
「ユーザーがニュース記事を読みもせずに拡散するのを防ぐ新機能をテストしている」
とのこと。

タイトルだけで判断し、拡散→炎上する割合を減らせるか。



投稿はBlogでもご覧になれます。

本日は、Facebookに記載した原稿を載せます:


いまでは数日に一度しか、
Facebookに投稿しない私ですが。

2年ほど前までは「ほぼ毎日」書き込んでおりました。

BlogとFB。
同文ながら、日々発信していた(すご!)

さらにその前は、
BlogとFBの「微妙な書き分け」さえ(我ながら涙!)

Blogの開始は、2005年8月から(もうすぐ15年)、
Facebookは2010年6月から(もうすぐ10年)。

ブログを見てくださる方は激減し、
「いつやめようか=FBと同文だし、FBのほうが
コメントのやりとりもしやすいし」と思いつつ、

いまだに閲覧が(日によって)数人〜数十人。
時には何ページもまとめて見てくださる方がいて。

バックナンバーは、カテゴリー(テーマ)分類もある
ブログのほうが見やすいかも。

すでに「衰退メディア?」のブログですが、
案外しぶといかもしれません。

たまには、お寄りください。

■上石神井の小さな広告屋から
(「表参道の小さな広告屋から」を改題。URLは昔のママです。)
http://www.omotesando-ad.jp/

Facebook 乗っ取りに私も!

きょうの20時すぎ、何人ものFacebook友達から
「川島さんのFB、乗っ取られているかも」
とのメッセージをいただきました。

川島が発信(しているように見える)
「レイバン」の慈善イベントへの誘いと、安売り。

私はレイバンなんて、売っておりませんよー!

教えてくださった皆様に、心より感謝です。

知人から誘われたセミナー&懇親会からの
帰宅途中だったので、スマホ操作がおぼつかない私は、
乗り換え駅で降り、カフェに入ってMacパソコンを開き…。

偽イベントの削除、自分のFBパスワードの変更、
パニックになりつつブログパスワードの変更 etc.

いかにもスパムぽい「レーバン安売りイベント」だったのが、
不幸中の幸いかな。

「川島とレイバン」を楽しむ人が「いない」ことを祈ります。

動物の若いのからFBリクエスト!

Facebookの友達リクエストは、よほど
いま親しい人か、昔 親しかった人か、
いまさっき名刺交換して覚えている人以外は、

「無言の」リクエストが来ても承認しません。

私のFB欄の左上「自己紹介欄」を使って、
下記のように宣言しています。

◎お願い:【友達リクエスト】は、あきらかに
「私との関係」がわかる方以外は、
メッセージなしでは承認しません。
必ず一言、自己紹介に類することや川島との
「接点・興味」をお教えください。

… それでも来る、無言リクエスト。

友達リクエストする際には「私の常識で言えば」
先方のサイトを少し読んで理解してから送るのですが、
まぁ、(悪気がない方でも)読まずにさっ!なのでしょうね。

最近 目立つのは外国人。
そして、「動物の若いの」!

本人の(それも定かではありませんけど)顔写真ではなく、
猫とかうさぎとかの写真。(おまえは動物か!?)

さらに、「友達」の数が20名ほどで、みんな若い。
Vサインしているような写真が多い。

これって、スパム(怪しいデータ乗っ取り用)
アカウントですかね。

若い方から誘っていただくのはありがたいですが、
顔写真なし・フルネームなし・リクエスト文言なしは、
受け付けませんよ、このおっさんは。

「ファン」の方々へ、御礼。

こうしてFacebookとBlog(近年は同文を掲載)を
続けていると(BLは2005年8月から約13年)
それなりに「ファン」の方がついてくださって。

最近はFBのほうにコメントはあっても、
BLは記入のしにくさ等から書き込みは少ないですが、
実際に顔を合わせた時には
「ブログ見てます」とか「楽しみです」と
言っていただける機会があって。

その「面白いです」はたぶん、
タレントの方が書くような軽妙な親近感でも、
しっかりした文章の評論的なするどいつっこみでもなく、
何百字かの文章の軽いリズム(かな?)。

いちおうコピーライター・クリエイティブディレクター
という仕事なので、多少の推敲はしていますけれど、
恥ずかしい誤字や書き足らないところはいくらでも。

そのBLも、開始以来「ほぼ毎日執筆」
(一日一度のみ、写真なし!)だったものが、
2月の(私としては何十年に一度の大病!)
インフルエンザでの10日休暇以来、数日に一度になってしまい。

きょう、久しぶりに会った方から
「ブログ楽しみです、回数 減りましたね」と言っていただけて。

とてもうれしかったので(笑)
自慢ぽいけど「ネタ」にして掲載します。

---------------------------
関連記事:
BL&FBの頻度を下げます。2018/02/21

表参道にあったHMVローソンが!

花粉症の薬「小青竜湯」をもらいに、
表参道の内科へ。

アップルストアと伊藤病院の間を入ると
(2年前まで私の事務所があった方向です)
すぐ右にセブンイレブン。

え、セブン?

ここ、ローソンじゃなかったっけ!

調べたら、「音楽のHMVとローソンの初コラボ店」は
2012年から5年間営業し、
1年前の2017年2月に閉店。
4月にはセブンがオープンしていたようです。

私は、HMVローソンに思い入れはないし、
そんなには利用しなかったけれど、
あっという間にライバル店に変わるのね。

商売の厳しさ、時代の流れを感じます。

お客さんにとったら
(一部困る人がいるかもしれないけれど)
ローソンでもセブンイレブンでもかまわない。

HMVローソンとして「個性を打ち出した」はずが、
お客さんには届かなかったのでしょう。

私のブログタイトル
「表参道の小さな広告屋から」が
「上石神井の小さな広告屋から」に変わっても
あまり代わり映えしないように(笑)。


---------------------------
【追記】2018/03/20

驚いたのは、2010年10月にローソンがHMVジャパンを買収する前の3月には、
セブン(グループ)がタワーレコードに出資し、筆頭株主になっていること。
「CD等音楽ソフト以外に、エンタメグッズ、チケット販売の強化」が
コンビニの狙いらしいのですが。

いっけん新しかったHMVローソンも、私にとっては普通のコンビニ。
セブンになってもほとんど変わらない…が多くの人の感想かな。

BL&FBの頻度を下げます。

BlogとFacebookの執筆と閲覧頻度を
「下げる」ことにしました。

私の場合、つぶやくように一日何度も投稿したり、
食べた物や出会った人との写真をアップする
ことはなく、「ひたすら一日一度、文章のみ何百字か」。

2005年8月から開始したBlog(12年半前から)を基本に、
2010年6月からのFacebook(7年半前)も近年は連動。

たまーにさぼりますけど、「ほぼ毎日」書いてきました。

それが、ご存じのようにインフルエンザのおかげで
6日アップせず。
(寝込んでいてパソコン自体を開かなかった日も!)

でね、外出許可が出てからも、
さらにこうして投稿が4日あいてしまったわけですが…。

「ほぼ必ず執筆=発信してきた」ものを、
「本当に記載したいことのある日」だけにしようかと。

無理して「いやいや」書いてきたわけでは、
もちろんありません。

さらに、その内容が読者にとって有益かどうかは別ですが(笑)。

「川島さんの投稿が楽しみです」と
言ってくださる方が少なからずいたり、そもそも
「毎日、興味や考えをまとめる」自分なりの
記録や訓練の意味も大きかったと思います。

酒を飲みながら(たいてい執筆は夜寝る前)
とつとつとまとめていく時間は、楽しいものでありました。

それでも、他の方の投稿(特にFacebook)を
一日中「つい眺めてしまう」時間を含めて、
いったん減らして=少し離れてみようかなと。

それは、会社体勢を変えた2年前から、
徐々に早起きになってきて、
夜の10時や11時に寝てしまうことがあるのにも関連して。
パソコンやスマホから(特に遅い時間)離れて
ゆっくりする(仕事もね!苦笑)ということでもあります。

「何を大げさな! 書きたいから書くでいいじゃない」と
おっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、
BLやFBが象徴する「SNS≒デジタルコミュニケーション」から
「意識して離脱する」ひとつとも言えます。

これもインフルエンザによるデトックス効果のひとつかも!

パソコンやスマホに自動で表示される
「Facebook更新のお知らせ」もオフに。

皆さまへの「いいね!」やコメントも
(そもそも多くなかったけれど)減ることをご容赦ください。

また気が変わるかもしれませんけど!

---------------------------
関連記事:
インフルの10日間を過ぎて。2018/02/17

親衛隊のようなFB書き込み。

Facebookを眺めていて不思議に、かつ
(皮肉半分で)面白いと思うのは、

「いいね!」が毎回、何十人かつくような
ちょっと目立つ起業家女性(芸能人ではない)のサイトに
必ずいる「親衛隊」のごとき中高年男性。

その女性の投稿があると、
必ず「いいね!」やコメントを書き込む。

しかし、毎度 判を押したように

「おはようございます!(ニコニコマーク)」
「◯◯さま、きょうもお元気で(ハート)」

みたいな内容で、

その日のテーマに関して感想を述べるわけでは
決してない。

女性も、律儀に挨拶を返すのですが、
「いつもありがとうございます。きょうもお元気で。」
程度の言葉しかなく、当惑しているのが伝わってくる。

意味のない書き込みを毎日するくらいなら、
「見たよ」=「いいね!」だけでいいじゃん。

私には、その中高年男性たちの
(女性はほとんど見かけませんねー!)
「追っかけ」的心理がわからない。

ほんと、アイドルの親衛隊のようなものですかねー。

他人のどうでもいいことに、失礼いたしました。

FBの時刻表記がわからない。

前にも似たようなことを書いた気がしますが、
過去検索がうまくいかないので再録?失礼。

「Facebookの時刻表記」に、なんともとまどう。
投稿日時(自分のも他人のも)が、
「何年何月何日何時」となっていないのが
わかりにくいのですよ〜。不愉快なくらいに。

表記がね、2日前より古い投稿は、例えば
10月12日 22:57
と書かれるのですが、

それ以内(近々)は
・11時間前
・昨日 23:55
・木曜日 2:06 などの形式。

「11時間前」と言われて、うーん いまは何時だから…
と私は「考えて」しまう。→ 何時と言ってくれ!
「木曜日」と言われると、え、きょうは何曜日だっけと
あらためて確認を迫られる。→ 何日のことだ!

わかったようで(親切なようで)ぱっと理解できない。
自分だけかなー。

そんなことせず「2017年10月14日 20:20」と、
事実(記録)としての表記にしてほしい。
(171012でも、2017/10/12でも、そこはどうでも。)

きっと、山のような意見が寄せられるSNSなのだから、
「うん時間前」や「うん曜日」で違和感のない人が
(そう表記してほしいとまで言った人を含め)
多勢なんだろうなー。

ブログをいまだに。

1か月以上過ぎてしまいましたが、
8/14は私の「ブログ記念日」でした。

毎年、「きょうが記念日」なんて
ほぼ当日に書いていた気がするけれど、
今年は見事に忘れた!

2005年の開始から、12年になりました。

タイトルは、当初の
『表参道の小さな広告屋から』→

約2年前の体制変更と本社移転で
『上石神井の小さな広告屋から』に変えたものの、

登録アドレスは、せっかく覚えてくださった方も
いるのでキープ:http://www.omotesando-ad.jp/

投稿数は、昨日までで3,508件。

たまーに、出張や酔っぱらってさぼるけど、ほぼ毎日。
「週6日」は書いてますね。

そして、Blogを基本にしてFacebookに転載=同文。
一日、一度。おおむね夜遅く(寝る前)の投稿です。

ま、情報発信やエッセーみたいなものですが、
他人に見られることを意識しての、
「自分の考えのまとめ、備忘録」でもある。

BlogとFacebookをくらべて、
いただくコメントのやりとりは、FBのほうが
圧倒的にやりやすい(私も、書き込んでくださる方も)。

でも、過去記事の見やすさや検索性は、ブログ。
パソコン検索での「表示のされ具合」もね。

もうやめようか、と思いつつ、まだブログ。

お付き合いくだされば、幸いです。

まいにち備忘録のような投稿です、はい。

「いっぱいいっぱいの充実」なーんて書き込みを
おとといしたら、さすがに忙しさで力つきて(苦笑)
昨日は「Blog&Facebook」をさぼりました。

べつに「掲載なし」で誰に怒られるわけでなく、
何百・何千のアクセスがあるわけでもない連載なので、
なんの問題もないのですが。

ほぼ「習慣」のように毎日書いているので
我ながら、ちょっと残念ではあった(笑)。

私の「Blog&Facebook」は近年、

◎Blogが基本=Facebookに転載するだけ。
◎一日=一度きりの投稿。こまめなつぶやきなし。
◎何を食べた、誰と会った、どこへ行った等の写真皆無。

いまどき、とってもアナログな掲載でございます。

写真バンバン「インスタ=インスタグラム」の人気とは、
反対にあるような掲載…

でも、こうして見ていただける幸せ。

備忘録のようなサイトですけれど、
あらためて「よろしくお願いいたします」。

「シンプル」と「いかにも」の違い。

なるべく、わかりやすい文章で、
短く読みやすい広告原稿を作りたいと思っています。
(このBlog&Facebookはともかく!)

そのためには、平易な言い回しと文章のリズム、
デザイナーと共に文字の配置や余白(これ大切!)
についても工夫する。

最初は情報過多になりがちな文章を、どんどん削っていく。
(きざに言えば、身を削るように!笑)

そうして生み出す「シンプルさ」と似ているのですが、
一方に「いかにも」の表現があって。

写真に例えると、
「パートナーとして頼りになる会社」を表わすのに、
レンタルポジの「握手のアップの写真」を使うような。

要するに「紋切り型」。
でも、それは「わかりやすさ」とも言えるわけで。

練ったシンプルと、安易な借り物。
想像力がふくらむ簡潔さと、そこで終わってしまう単純さ。

違いは、凝縮の濃さなのか、
オリジナル性なのか、文体なのか。

なーんてことを考えながら、
「ひとこと」で書けない難しさ。

仕事、好きでしょ。

昨日は、Facebookで知り合った男性Aさん
(その方とは、その後お仕事をすることになりました)
のタイムラインに表れる「FB友達の女性Bさん」と、
初めてお会いしました。

AさんとBさんはまだ顔を合わせたことがなく、
なんと、私とBさんのほうが先に会うことに(笑)。

Facebookは、見知らぬ人が一言の自己紹介もなく
友達リクエストを送ってきたりして(私は承認せず!)
なんとも軽い「友達」ですが、
こういうご縁ができるのは楽しいです。

初対面の女性Bさんと、カフェで2時間。
雑談と、先方から少し「販促物の相談」。

私が制作した広告・販促ツール類を何点かお見せして、
その方が言うには、

「川島さん、仕事 好きでしょう」だって。

制作物に気持ちが入っていて、
「見ていて楽しくなる」とのこと。

こちらは恐縮しつつ、広告関係でもなく
まだクライアントさんでもない初対面の方が、
私のエネルギー(のようなもの)を感じてくださって
うれしかったです。

広告屋・表現者冥利に付きます。
この天職でがんばろうという気になります。

(FBつながりの話が、自慢のようになってすみません!)

上石神井の小さな広告屋から。

約11年続けているブログ名を再び変えました。

過去:
■2005/08/14 〜『表参道の小さな広告屋から』
■2016/01/01 〜『表参道の小さな広告屋から→上石神井 』

そしてきょう:
■2017/01/02 〜『上石神井の小さな広告屋から』

「表参道」の冠に別れを告げて、
「上石神井(かみしゃくじい)」を正式タイトルに。

「表参道」はちょっと名残り惜しいけど、
事務所の引越(自宅化)からまる1年たちますし、
この生まれ育ったローカルな街である上石神井
(例外:30代前後は恵比寿や三軒茶屋のマンション暮らし)
「練馬区/西武新宿線 上石神井」を
はっきり宣言しようと思って。

郵便も、一年たつと転送されなくなるし(笑)。

ただし、ブログ名(タイトル)から「表参道」は捨てるものの、
ドメイン「http://www.omotesando-ad.jp/」は
登録変更や新規移行が大変なうえ、
見続けてくださる方もいるのでキープ。

ブログ記載の「解説」で「元表参道」とわかるようにしました。

*****

『上石神井の小さな広告屋から』

旧名『表参道の小さな広告屋から』:
表参道で1997年にスタートした(株)リプル:RIPPLE Inc.
Tokyo Creative Agencyは、 2016年初頭から
川島のホーム・オフィス「練馬区 上石神井」へ。

*****

読者の方には実質、何の影響もない変更ですが、
うわべ「新しくなったBlog=Facebook連動」を、
よろしくお願いいたします。

ブログをほぼ毎日。

「川島さんは、よく毎日のブログのネタが見つかりますねー」
と言っていただけることがあります。

「さすがコピーライター」という評価は、
うーん、合っているような違うような。

ほぼ毎日の投稿とはいえ、そう長くはない雑談だし、
完璧に「一日一度」。
Facebookは「Blogとまったく同じ内容」のアップ。

それこそ、FBやTwitterに頻繁に書き込んでいる人のほうに感心します。

まぁ、「人への発信=他人に知ってもらいたい・訴えたい」と
いう気持ちもありますけど、
「自分の覚え・考えの整理」みたいなところも多いし。

ほんのたまにメモしておくネタはあるけれど、
けっこう「その場」で考えています。

そんな私のBL&FB。
きょうも読んでくださって、ありがとうございます。

オールドSNSの皆様へ。

すこし前の9/12(月)のことですが、
視聴率調査や生活者分析で著名な
ビデオリサーチのセミナーを聞いてきました。

実は、ビデオリサーチさんのWebサイトを、
ほんの一部のコーナーですけど
川島(リプル)で担当しているのです。

今回のセミナーは、
「ビデオリサーチとTwitter Japan」共同開催で
「SNS時代の若者」について。

会場の京橋・Twitter Japan社の
セミナールーム 兼 社員のフリースペースは、
オープンキッチンも備えられておしゃれでしたー!

で、若者(ビデオリサーチの定義では18歳〜24歳)の
SNS利用率は、多いほうから
LINE:60%
Twitter:50%
Facebook:25%
Instagram:20%

※統計の取り方によって異なります。
LINEの19歳利用は90%とも。

Facebookのイメージは、
「やや形式張った大人のメディア。
カジュアルなTwitterに比べると公式な名刺のようなもの」
だそうです。

私なんか、LINEは「ほんのたまに連絡を受けるだけ」。
Twitterは「ほんのたまに閲覧するだけ」のオッサン!

もっぱら利用はFacebook。
それも見るのが中心で、投稿は一日一度。

セミナーで一言も言及されなかったBlogと、
利用率の低いFacebookの連動とは!うむむ。

それでも幸せですっ(笑)。

オールドSNSの皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

面白いんだか、私のブログ。

明日8/14(日)で、ブログ執筆まる11年。

へーそー(って、自分でも驚く、呆れる)。

ほぼ毎日、ないしたまに見てくださった方々、
ありがとうございます。

ここ数年は、
Blog=一日一回アップの「Facebook」でもあります。

おかげさまで、続けて読んでくださる方からは
(そりゃ、いやなら無視でしょうけど)
「面白い」と言っていただける。ありがたや!

まぁ、その「面白さ」も
「笑える」「感心する」というニュアンスより、
「独特の空気」みたいなものがあるようで。

「シュール」って言われたこともあるなぁ(笑)。

コメントの書き込みやすさや、閲覧者同士のやりとりは
Facebookに分があるけれど…
一覧性と「過去記事検索」では、FBはまるでだめ。
記録性より、流れていく「フロー」情報です。

そんなわけで、11年のブログ。
よろしければ、今後もお付き合いください。

---------------------------
関連記事:
なんだかブログ10周年。2015/08/14

---------------------------
【追記】2016/08/14

ブログURL「http://www.omotesando-ad.jp/」は変えられないので、
タイトルだけ「表参道の小さな広告屋から」を半年前に
「表参道の小さな広告屋から→上石神井 」に変えました。
執筆は完璧毎日とはいかず、平均したら週5〜6日ペース。
それでも11年やってると「投稿数3,125本」。
まぁ、自分の「覚え」の意味も強い「公開日記」みたいなものですね。
「後悔日記」、人生の「航海日記」かもしれない。

ふたりだけのFB関係。

Blogオンリーをご覧の方はすみません。
前の記事に続くFacebookネタです。

Facebookの友達(申請)は、
次から次へとつながっていき
「えー? Bさんとも知り合いなんですかー!
奇遇ですねー。え、高校の同級生!?」
という「芋づる式」が多い。

人は、ひとりでは生きられず、
「なにかしら」関係を持たずにはいられない。
なーんて。

だからと言って、いきなり友達申請だけ「ポチッ」としても
私は受けませんよ。あんたは誰だ!?
… が前回の記事。

それがね、ほーんのたまに、新しい「友達」との間に
共通の友達がいない場合があるのですよ。

卒業学校も、業界(私の場合 広告関係)も、
セミナーで知り合った方の関連でもない「ピン」の申請。
共通の知人がいない!

ふたりだけの仲。

これはすごく新鮮です(笑)。

---------------------------
関連記事:
FB友達申請へのお願い。2016/04/24

FB友達申請へのお願い。

何度何度も、書いているんですけどね、
Facebookの「友達リクエスト」について。

自分のページの左上「自己紹介欄」にこんな記載をしました(★)。
ぜんぜん内容が自己紹介じゃないけれど、
常に表示される目立つ場所なので。

*************
★お願い:【友達リクエスト】は、
あきらかに「私との関係」がわかる方以外は、
メッセージなしでは承認しません。
必ず一言、自己紹介や川島との「接点・興味」をお教えください。
*************

不遜ながら、友達がやたらに増えてもフォローできないので。

・どこで会ったかわからない(私も忘れている)
・本名なのか不確か
・顔写真が載ってない、ないし小さくて判別できない
・私との関係や興味の説明(メッセージ)もない
… そんな方とは関わりがたい。

Facebookを始めてよかったと思います。
いろんな新旧の方々と親しくなれて、
交流や仕事にもつながっています。

気軽なSNSなんだし、そんな固いこと言わなくても〜?

はー、そうかもしれませんね。

でも、すみませんが、お許しを。

バラさない。人のFBの詳細。

えー、どういうことかと言いますと:

FacebookやBlogの長文で、
いきなり全文を掲載せず、
見出しとイントロ数行だけを載せている方がいます。

「続きは、こちら(URL)でご覧ください。」

ご本人は簡潔に伝える意味合いと、
読者の興味を引く手段として「ちら見せ」。

そこにコメントする際は、
内容にふれつつ、未読の人には「ばらさない」ような
書き方で悩みます(笑)。

「その仕事がうまくいく秘密は…(詳しくは)」

と、書いている記事に対して、いきなり
「そうですね、◯◯のほうがうまく行きますよね」
とコメントしたら、元も子もない。

職業文章家の端くれとして、
そういう部分はつい気にしてしまいます。

ブログタイトル、変更しました。

1997年に表参道でスタートした
(株)リプル:RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agencyは、
2016年初頭から体制を変え、川島のホーム・オフィスへ。

本日 1月1日、
ブログのタイトルとデザインも、気分一新しました!

旧)表参道の小さな広告屋から
新)表参道の小さな広告屋から→上石神井

「ここ」練馬区・西武新宿線・上石神井(かみしゃくじい)
を拠点に、まだまだ仕事もブログも続けていきます。

さすがに、定着したドメイン(10年で投稿数2921本)
「www.omotesando-ad.jp」はそのままですけど(笑)。

新生リプルと、新タイトルブログを
今後ともよろしくお願いいたします。

---------------------------

関連記事:
新ブログ名はこうしようかと。2015/10/18
お知らせ:表参道オフィス閉鎖。2015/09/30

新ブログ名はこうしようかと。


会社体制の変化(表参道オフィスを2016年初頭に閉鎖準備中)
にともない、「ブログ名をどうしようかなー」という記事を書きました。

◆困るのは「ブログ名」/表参道オフィス閉鎖関連。2015/10/03
http://www.omotesando-ad.jp/archives/54521922.html

10年続けてきたせいか検索エンジンに引っかかり、
ブックマーク(お気に入り)に保存する方さえいらっしゃるドメイン
http://www.omotesando-ad.jp/」を捨てるのはしのびない。

でも、ブログタイトルである
『表参道の小さな広告屋から』は、うーん…変えたい。

「そのままでも良いのでは」とのご意見もあるんですけどね。

これからは地元「練馬区/西武新宿線 上石神井」を
アピールし、活性化していきたい気持ちもあります。

結論。新ブログ名 発表(笑):

『表参道の小さな広告屋から→上石神井』

前のタイトルを引き継ぎつつ、
「表参道の小さな広告屋からの発信」を、
「表参道の小さな広告屋から、上石神井に移って」の意味に変換。

ブログのテンプレートデザインを含め、
徐々に変えていこうと思います。

困るのは「ブログ名」/表参道オフィス閉鎖関連。


10年を越えて書いているこの雑文ブログ。
平均、週に5日〜7日ですかね。

そのタイトルが『表参道の小さな広告屋から』。

オフィスが自宅に移るのに、名前どうしよう!

ドメインの変更(新たなドメインの取得)や、
転送(リダイレクト)は可能なものの、それなりに
「http://www.omotesando-ad.jp/」を登録してくださる方がいて、
検索でも引っかかりやすくなっているのに捨てるのか。

また、ドメイン変更は空いたドメインが新たな人に使われる等
いろいろめんどうなことがあるらしい。


結論としては、「http://www.omotesando-ad.jp/」はキープ。

その上で、「タイトルは変えられる」そうなので、そうしようかと。

『表参道の小さな広告屋から』の次はなに?

◎元表参道の小さな広告屋から
◎【元】表参道の小さな広告屋から

でもいっそ、地元に根付く意味からも

◎表参道→上石神井の小さな広告屋
(記号の矢印/まったりするので「から」なし)

にしようかなーと。

いかが思われますか?

---------------------------

関連記事:
なんだかブログ10周年。2015/08/14
お知らせ:表参道オフィス閉鎖。2015/09/30

FBの行替えが不調!


私の日々のFacebook≒Blog連動の書き込みは、
いったんWordで書いたものをコピペしています。

コピペする時は、テキストデータ形式にしてFBに貼り付け。

ところが…1〜2か月前から、まったく行替えが反映されなくなった!

ぜんぶの文章がびっしり固まって表示されてしまう。

どうしようもないので、いったん「公開」してから、
わざわざ「編集」を押して修正しています。
(しかも行替えしても、上下の行間にゆとりがない。)

「川島が近況を更新」のお知らせで、すぐに見てくださる人は、
「読みにくいびっしり」でご覧になっているか
「編集中で閲覧できない」状態になっている恐れ。

うーむ、なんでこうなっちゃったんだろう。

なんだかブログ10周年。


2005年にはじめたBlogが、きょうでまる10年。

投稿件数2807件だそうです。年に280件(×10年)。

一年365日として、77% … 週に5〜6日は書いているわけですね。
忙しい忙しい!と言ってるわりに(言わないようにしてるんですけど。)

ここ数年は、Facebookと95%内容が重なっています。
一時は、メディア特性を考えてそれぞれのコンテンツを
変えていた努力があるものの…そこまで手が回らず(汗)。

実は4年前の「ブログ6周年記事」をある年上の男性の方が見て、
Facebookに「次は10年の記念日ですね。メモしておきます。」と
コメントをくださいました。

その時は「4年後かー」と遠い先のように思っていたけれど、
あっと言う間の4年。そしてスタートから数えたら10年。

こんなもんを48歳で(ほぼ毎日)書き出して、いま58歳。

Blogがどうだ、文章がどうだより、人生の流れにしみじみします。

---------------------------

関連記事:
Blog 9周年。ハハハ!(他 過去記事)2014/08/14

犬の大学生か!?


何度も書いてますけど、
「Facebookは友達リクエストだけでは受けない!」
「必ず一言メッセージを!」って話です、また。

最近お手伝いしているセミナーで、
いろんな大学の学生さん(時により20〜40人)と
お会いするのですが、終わると数人から
Facebook友達申請が来るのですよ。

ほとんどのリクエストが「申請」のみ。
メッセージなし。
ただ、「ピン」と申請マークがつく。

しかも顔写真が犬だったり、判別できない小さな顔だったり、
ニックネームだったり。

※本来のFacebook規定
「本名、顔写真」はどうなっているのでしょう!

「一言、メッセージくらい書けよ!」と私は思います。

礼儀ってもんがあるし、このおっさんは記憶力も悪い。
セミナー、及び懇親会には何十人といるのだよ、
「自分のアピール」って意味からも
一言書いたほうが得だと思うけどなー。

「自転車が好きな、茶髪・長身の◯◯大学の者です」とか
言ってくれれば、「あー、君ねー」と思い出すのに。
次に会った時の「思い出し方」も違うよー。

コミュニケーションとかプレゼンテーションというものを
勉強したほうがいいね。

と、こうるさいおっさんであります。

---------------------------

関連記事:
Facebookはリクエストだけでは受けない!2014/06/29

Blog 9周年。ハハハ!


Facebookとの併用と、忙しさという「へ理屈」で
更新率がやや下がっているものの、
週に5日くらい記載しているブログ。

本日8/14(木)が「9周年」でございます。

いやはや、なんだかねー。(← 何だ!?)

Blog開始は、2005年8月14日。
Facebook開始は、2010年6月20日。

「ブログ、やめようかと思いつつ…。」と
過去記事に書きながら、続けていますね。

なんでかなー。(← 何でだ!?)

続ける理由は、「自分のため」かな、結局。

過去記事リンク設定の都合などで読み返してみて、
文書の稚拙さや
時には意味不明に赤面することもあるけれど、
たまーにはいいことを書いているじゃありませんか(笑)。

おー、そんなことを考えていたのかね川島くん。
いいねー!「あとは実行するだけ」じゃないか。

そして、こんなブログにも読者の方がいる。
さらにさらに、ブログ経由のお仕事の問い合わせまである!

書くという行為自体、そして
アーカイブとして「たまる」ことに意義があるブログ。

まとめて本にするサービスを頼んでみようかと思っています。

---------------------------

関連記事:
多彩なSNSの時代にブログ8周年。2013/08/14
ブログ、やめようかと思いつつ…。2014/07/21
4年越しのお仕事受注。2014/08/12

ブログ、やめようかと思いつつ…。


ここ半年ほど、私の「Blogのコメント欄」が
「ほぼ書き込み不能」になっていたようです。
(いちいち難しいIDを記入しないと入れない! )
昨晩になって気付きました。

どうやら「迷惑コメント=売込みコメント」の拒否設定をしたつもりで、
実質「全コメント拒否」になってしまったもよう!

設定を戻したら、さっそく
・新規コメント(ありがとう!)と、
・おなじみの「ブランドバッグ」売込み(ばかやろう!)

Blogはもう開始9年弱になりますが(2005/08/14〜)、
Facebookも同等機能だし、1本化しようかーと悩みつつ…

●Blogは過去記事の閲覧がしやすい(Facebookは流れるママ)
●BlogはWebにつなげば誰でも見られる
●Blogは長文やリンクも見やすい

ほんと「日記・エッセー・自分にとっての覚え」としても
Blogは捨てがたい。

昨年の「8周年ブログ記念日」には、こんなこと書いていますね。

★Facebookのほうが「コメント」のやりとりがしやすい、
画面上もオフ会も「交流」がしやすい、
他の人も(Facebookに登録していることを前提に)
「巻き込み」やすいといった“オープン性”がありますが、
ブログの地味にパーソナルなところも気に入っています。

本来、今年の8/14に書くべき「ネタ」を、もう書いちゃった!(笑)。

---------------------------

関連記事:
多彩なSNSの時代にブログ8周年。2013/08/14

クルム伊達公子さんのブログが。


一週間前の記事『叫ぶテニス』の番外編です。


クルム伊達公子さんをネタにしたので
(たまたまです!ご本人とはまったく関係なし。)

「公式サイト」を見てみたら…


すごーーく、内容が充実している。
ちゃんと発信している。

特にブログの更新がすごい。

クルム伊達公子さんのブログ


毎日書いてる!日に二度の投稿もある!
しかも、「ほんのひとこと」の「おざなり」つぶやきでもない。

執筆にも、「ラリーで負けない!」みたいな執念を感じます。
(あ、ご本人は楽しんでいるのでしょうが!)

文章なんて(たいてい)読まない。


知人がブログで
「海外への移住」を発表しました。

お取引先とのご縁もあり、
「かねて夢見ていた海外移住へ」と。

私も信じたくらいの
4/1「エイプリルフール」の秀逸なネタ。

ブログでは、その「ふり」のあとに、
「なーんちゃって」の解説もしっかり。

ところがですね、前段を読んだだけの=下段がまったく
目に入らない人からの
「いよいよですね」「おめでとう」のメール&電話対応で
一日中てんやわんやだったそうです!

「ほんとうですか?」って、ほんとうじゃないと
書いてあるだろうが!(苦笑)

文章なんて読まない。

読むのは、書いた本人と
コピーライターくらいなものです。

でも、文字ミスは見つかっちまうんだよなー。

---------------------------

関連記事:
「OK」じゃないでしょ!2014/04/15

多彩なSNSの時代にブログ8周年。


このブログは(2005年から始め)、きょう 8/14で8周年。

ちなみに、会社は(1997年から始め)7/14で16周年を迎えました。

偶然ではありますが、夏になると、「ブログの執筆記念日」と、
その倍の年月の「会社の創立記念日」が来る。

昨年のブログでは
「別にとりたてて変化はない」
「FacebookにBlogを吸収してしまうことがあるかもしれないけれど、
Blogは続けようと思う」
「自分の考えを“他人に見せることを前提に”ある程度長文でまとめる良さ」
等を書いています。

たんたんと、ブログ7周年。2012/08/14

くたくたの帰宅後には、ブログなど書かずにゆっくりすればいいのに、
あるいは、ブログなんかより仕事の宿題がまだまだあるだろう!
とわかりつつ、ほぼ毎日(数日に一度さぼるけど)埋めている。

これこそ、ほっとする至福の一時?
頭と気持ちの整理? ただの続ける意地!?

あー、「営業効果」というのはありますね。

ハンドルネームではなく「本名を出して書く広告屋のブログ」として
「個人の想い ≒ 零細広告屋おやじの発信」を意識していたので、
8年もやっていると検索にひっかかって(自然なSEO効果!)
私の会社「リプル」の存在や方針を知ってくださる方が増えました。

Facebookのほうが「コメント」のやりとりがしやすい、
画面上もオフ会も「交流」がしやすい、
他の人も(Facebookに登録していることを前提に)
「巻き込み」やすいといった“オープン性”がありますが、
ブログの地味にパーソナルなところも気に入っています。

で、毎年書くように、

「来年はどうしているだろうなぁ、このブログも、自分の仕事や生活も。」

「気になる」とはどういうことか?(コメント論)


私の場合、例えば:

電車の中で口を開けてガムを噛む人、
クチャクチャとラクダのように顎をまわして、
口の中のガムが見えるような人は(気取った噛み方だと思っている人も?)
みっともないと思う。
素敵なガムの噛み方。2010/12/25

カフェで、延々電話をする人も嫌いだ。
カフェでは周りを気にせずね!2012/07/16

たたんだ長い傘を、ななめにぶんぶん振って歩く奴も
バカヤローと思う。
傘の持ち方、本当にひどい。2011/09/27

しかし、そんな私の書き込みに対して
「なにをそんなに神経質に」「人それぞれでしょ」
「そこまで言うのはおかしい」と言ってくるもいる。

それに気持ちは反発しながらも、
「あぁ、そういう人もいるんだな。意見を言ってくれること自体が
ありがたい」と思う自分もいる。

感じることは書こうと思う。それが自分だから。

怖いけど、書き込み歓迎(笑)。
川島のFacebookはこちら
Takayuki Kawashima


(↑ マークをクリック)
●友達申請には必ずメッセージを添えてください
●フォロー(フィード購読)も可能です
こんなBlogです
日々の広告制作やビジネスのこと、雑談を書き連ねています。
近年はFacebookと同文を「アーカイブ」として掲載。「過去記事」や「テーマ別」にご覧になるには便利だと思います。
(コメント欄は閉鎖しております)
月別バックナンバー
ブログ内の記事検索
Profile
◎川島 孝之(Takayuki Kawashima): 株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)代表取締役・クリエイティブディレクター・コピーライター。

◎1957年3月生まれ。早稲田大学商学部(マーケティングゼミ)を5年で卒業後、1980年第一企画(現ADK)入社。6年の勤務ののち、制作会社11年を経て、1997年(株)リプルを表参道に設立。

◎2016年1月、表参道のオフィスから、西武新宿線 上石神井(かみしゃくじい:練馬区)のホーム・オフィス体制に変更。
ブログのタイトル「表参道の小さな広告屋から」も、「上石神井の小さな広告屋から」(2017年.1月)に変更。

◎CD(クリエイティブディレクター)C(コピーライター)として、企業の魅力を「整理整頓」し「翻訳」して、(外部ブレーンのグラフィック&Webデザイナーと一緒に)シンプルに伝わるカタチに定着することを仕事としています。

エッセンス(essence:本質)と、センス(sence:感性)。
メッセージ(message:意思)と、イメージ(image:印象)。

企業価値の「再発見と再発信」を通して、その会社の「存続と発展」。さらに、その企業や商品と出会う人の幸せに貢献することが使命です。

【実績の一部】 カルビーじゃがりこ(パッケージ)、ビデオリサーチ(ロゴ・Webサイト・インナーツール)、日立化成(カタログ・インナーツール)、介護のらいふ(ブランドブック)、武蔵高等学校中学校(学校案内)、アルカダイアモンド(広告・販促物:以下同)オークラヤ住宅、翻訳専門校フェロー・アカデミー等
/その他 中小・個人企業のオーナーさんとの直接のお取引。

◆Webサイト:RIPPLE Inc.
http://www.ripplesite.co.jp/

◆お問い合わせ:インフォメーション
info@ripplesite.co.jp

◆Facebook:川島 孝之(リプル) ※投稿はBlogと同内容です
http://www.facebook.com/kawashima.ripple
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
チャーミングな日用品365日
川島 蓉子
ハースト婦人画報社
2012-10-25

別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
イッセイミヤケのルールイッセイミヤケのルール
著者:川島 蓉子
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-03
おすすめ度:2.5
クチコミを見る
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本