上石神井の小さな広告屋から

旧名『表参道の小さな広告屋から』: 表参道で1997年にスタートした(株)リプル:RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agencyは、 2016年初頭から川島のホーム・オフィス「練馬区 上石神井(かみしゃくじい)」へ。

ブログのこと

仕事、好きでしょ。

昨日は、Facebookで知り合った男性Aさん
(その方とは、その後お仕事をすることになりました)
のタイムラインに表れる「FB友達の女性Bさん」と、
初めてお会いしました。

AさんとBさんはまだ顔を合わせたことがなく、
なんと、私とBさんのほうが先に会うことに(笑)。

Facebookは、見知らぬ人が一言の自己紹介もなく
友達リクエストを送ってきたりして(私は承認せず!)
なんとも軽い「友達」ですが、
こういうご縁ができるのは楽しいです。

初対面の女性Bさんと、カフェで2時間。
雑談と、先方から少し「販促物の相談」。

私が制作した広告・販促ツール類を何点かお見せして、
その方が言うには、

「川島さん、仕事 好きでしょう」だって。

制作物に気持ちが入っていて、
「見ていて楽しくなる」とのこと。

こちらは恐縮しつつ、広告関係でもなく
まだクライアントさんでもない初対面の方が、
私のエネルギー(のようなもの)を感じてくださって
うれしかったです。

広告屋・表現者冥利に付きます。
この天職でがんばろうという気になります。

(FBつながりの話が、自慢のようになってすみません!)

上石神井の小さな広告屋から。

約11年続けているブログ名を再び変えました。

過去:
■2005/08/14 〜『表参道の小さな広告屋から』
■2016/01/01 〜『表参道の小さな広告屋から→上石神井 』

そしてきょう:
■2017/01/02 〜『上石神井の小さな広告屋から』

「表参道」の冠に別れを告げて、
「上石神井(かみしゃくじい)」を正式タイトルに。

「表参道」はちょっと名残り惜しいけど、
事務所の引越(自宅化)からまる1年たちますし、
この生まれ育ったローカルな街である上石神井
(例外:30代前後は恵比寿や三軒茶屋のマンション暮らし)
「練馬区/西武新宿線 上石神井」を
はっきり宣言しようと思って。

郵便も、一年たつと転送されなくなるし(笑)。

ただし、ブログ名(タイトル)から「表参道」は捨てるものの、
ドメイン「http://www.omotesando-ad.jp/」は
登録変更や新規移行が大変なうえ、
見続けてくださる方もいるのでキープ。

ブログ記載の「解説」で「元表参道」とわかるようにしました。

*****

『上石神井の小さな広告屋から』

旧名『表参道の小さな広告屋から』:
表参道で1997年にスタートした(株)リプル:RIPPLE Inc.
Tokyo Creative Agencyは、 2016年初頭から
川島のホーム・オフィス「練馬区 上石神井」へ。

*****

読者の方には実質、何の影響もない変更ですが、
うわべ「新しくなったBlog=Facebook連動」を、
よろしくお願いいたします。

ブログをほぼ毎日。

「川島さんは、よく毎日のブログのネタが見つかりますねー」
と言っていただけることがあります。

「さすがコピーライター」という評価は、
うーん、合っているような違うような。

ほぼ毎日の投稿とはいえ、そう長くはない雑談だし、
完璧に「一日一度」。
Facebookは「Blogとまったく同じ内容」のアップ。

それこそ、FBやTwitterに頻繁に書き込んでいる人のほうに感心します。

まぁ、「人への発信=他人に知ってもらいたい・訴えたい」と
いう気持ちもありますけど、
「自分の覚え・考えの整理」みたいなところも多いし。

ほんのたまにメモしておくネタはあるけれど、
けっこう「その場」で考えています。

そんな私のBL&FB。
きょうも読んでくださって、ありがとうございます。

オールドSNSの皆様へ。

すこし前の9/12(月)のことですが、
視聴率調査や生活者分析で著名な
ビデオリサーチのセミナーを聞いてきました。

実は、ビデオリサーチさんのWebサイトを、
ほんの一部のコーナーですけど
川島(リプル)で担当しているのです。

今回のセミナーは、
「ビデオリサーチとTwitter Japan」共同開催で
「SNS時代の若者」について。

会場の京橋・Twitter Japan社の
セミナールーム 兼 社員のフリースペースは、
オープンキッチンも備えられておしゃれでしたー!

で、若者(ビデオリサーチの定義では18歳〜24歳)の
SNS利用率は、多いほうから
LINE:60%
Twitter:50%
Facebook:25%
Instagram:20%

※統計の取り方によって異なります。
LINEの19歳利用は90%とも。

Facebookのイメージは、
「やや形式張った大人のメディア。
カジュアルなTwitterに比べると公式な名刺のようなもの」
だそうです。

私なんか、LINEは「ほんのたまに連絡を受けるだけ」。
Twitterは「ほんのたまに閲覧するだけ」のオッサン!

もっぱら利用はFacebook。
それも見るのが中心で、投稿は一日一度。

セミナーで一言も言及されなかったBlogと、
利用率の低いFacebookの連動とは!うむむ。

それでも幸せですっ(笑)。

オールドSNSの皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

面白いんだか、私のブログ。

明日8/14(日)で、ブログ執筆まる11年。

へーそー(って、自分でも驚く、呆れる)。

ほぼ毎日、ないしたまに見てくださった方々、
ありがとうございます。

ここ数年は、
Blog=一日一回アップの「Facebook」でもあります。

おかげさまで、続けて読んでくださる方からは
(そりゃ、いやなら無視でしょうけど)
「面白い」と言っていただける。ありがたや!

まぁ、その「面白さ」も
「笑える」「感心する」というニュアンスより、
「独特の空気」みたいなものがあるようで。

「シュール」って言われたこともあるなぁ(笑)。

コメントの書き込みやすさや、閲覧者同士のやりとりは
Facebookに分があるけれど…
一覧性と「過去記事検索」では、FBはまるでだめ。
記録性より、流れていく「フロー」情報です。

そんなわけで、11年のブログ。
よろしければ、今後もお付き合いください。

---------------------------
関連記事:
なんだかブログ10周年。2015/08/14

---------------------------
【追記】2016/08/14

ブログURL「http://www.omotesando-ad.jp/」は変えられないので、
タイトルだけ「表参道の小さな広告屋から」を半年前に
「表参道の小さな広告屋から→上石神井 」に変えました。
執筆は完璧毎日とはいかず、平均したら週5〜6日ペース。
それでも11年やってると「投稿数3,125本」。
まぁ、自分の「覚え」の意味も強い「公開日記」みたいなものですね。
「後悔日記」、人生の「航海日記」かもしれない。

ふたりだけのFB関係。

Blogオンリーをご覧の方はすみません。
前の記事に続くFacebookネタです。

Facebookの友達(申請)は、
次から次へとつながっていき
「えー? Bさんとも知り合いなんですかー!
奇遇ですねー。え、高校の同級生!?」
という「芋づる式」が多い。

人は、ひとりでは生きられず、
「なにかしら」関係を持たずにはいられない。
なーんて。

だからと言って、いきなり友達申請だけ「ポチッ」としても
私は受けませんよ。あんたは誰だ!?
… が前回の記事。

それがね、ほーんのたまに、新しい「友達」との間に
共通の友達がいない場合があるのですよ。

卒業学校も、業界(私の場合 広告関係)も、
セミナーで知り合った方の関連でもない「ピン」の申請。
共通の知人がいない!

ふたりだけの仲。

これはすごく新鮮です(笑)。

---------------------------
関連記事:
FB友達申請へのお願い。2016/04/24

FB友達申請へのお願い。

何度何度も、書いているんですけどね、
Facebookの「友達リクエスト」について。

自分のページの左上「自己紹介欄」にこんな記載をしました(★)。
ぜんぜん内容が自己紹介じゃないけれど、
常に表示される目立つ場所なので。

*************
★お願い:【友達リクエスト】は、
あきらかに「私との関係」がわかる方以外は、
メッセージなしでは承認しません。
必ず一言、自己紹介や川島との「接点・興味」をお教えください。
*************

不遜ながら、友達がやたらに増えてもフォローできないので。

・どこで会ったかわからない(私も忘れている)
・本名なのか不確か
・顔写真が載ってない、ないし小さくて判別できない
・私との関係や興味の説明(メッセージ)もない
… そんな方とは関わりがたい。

Facebookを始めてよかったと思います。
いろんな新旧の方々と親しくなれて、
交流や仕事にもつながっています。

気軽なSNSなんだし、そんな固いこと言わなくても〜?

はー、そうかもしれませんね。

でも、すみませんが、お許しを。

バラさない。人のFBの詳細。

えー、どういうことかと言いますと:

FacebookやBlogの長文で、
いきなり全文を掲載せず、
見出しとイントロ数行だけを載せている方がいます。

「続きは、こちら(URL)でご覧ください。」

ご本人は簡潔に伝える意味合いと、
読者の興味を引く手段として「ちら見せ」。

そこにコメントする際は、
内容にふれつつ、未読の人には「ばらさない」ような
書き方で悩みます(笑)。

「その仕事がうまくいく秘密は…(詳しくは)」

と、書いている記事に対して、いきなり
「そうですね、◯◯のほうがうまく行きますよね」
とコメントしたら、元も子もない。

職業文章家の端くれとして、
そういう部分はつい気にしてしまいます。

ブログタイトル、変更しました。

1997年に表参道でスタートした
(株)リプル:RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agencyは、
2016年初頭から体制を変え、川島のホーム・オフィスへ。

本日 1月1日、
ブログのタイトルとデザインも、気分一新しました!

旧)表参道の小さな広告屋から
新)表参道の小さな広告屋から→上石神井

「ここ」練馬区・西武新宿線・上石神井(かみしゃくじい)
を拠点に、まだまだ仕事もブログも続けていきます。

さすがに、定着したドメイン(10年で投稿数2921本)
「www.omotesando-ad.jp」はそのままですけど(笑)。

新生リプルと、新タイトルブログを
今後ともよろしくお願いいたします。

---------------------------

関連記事:
新ブログ名はこうしようかと。2015/10/18
お知らせ:表参道オフィス閉鎖。2015/09/30

新ブログ名はこうしようかと。


会社体制の変化(表参道オフィスを2016年初頭に閉鎖準備中)
にともない、「ブログ名をどうしようかなー」という記事を書きました。

◆困るのは「ブログ名」/表参道オフィス閉鎖関連。2015/10/03
http://www.omotesando-ad.jp/archives/54521922.html

10年続けてきたせいか検索エンジンに引っかかり、
ブックマーク(お気に入り)に保存する方さえいらっしゃるドメイン
http://www.omotesando-ad.jp/」を捨てるのはしのびない。

でも、ブログタイトルである
『表参道の小さな広告屋から』は、うーん…変えたい。

「そのままでも良いのでは」とのご意見もあるんですけどね。

これからは地元「練馬区/西武新宿線 上石神井」を
アピールし、活性化していきたい気持ちもあります。

結論。新ブログ名 発表(笑):

『表参道の小さな広告屋から→上石神井』

前のタイトルを引き継ぎつつ、
「表参道の小さな広告屋からの発信」を、
「表参道の小さな広告屋から、上石神井に移って」の意味に変換。

ブログのテンプレートデザインを含め、
徐々に変えていこうと思います。

困るのは「ブログ名」/表参道オフィス閉鎖関連。


10年を越えて書いているこの雑文ブログ。
平均、週に5日〜7日ですかね。

そのタイトルが『表参道の小さな広告屋から』。

オフィスが自宅に移るのに、名前どうしよう!

ドメインの変更(新たなドメインの取得)や、
転送(リダイレクト)は可能なものの、それなりに
「http://www.omotesando-ad.jp/」を登録してくださる方がいて、
検索でも引っかかりやすくなっているのに捨てるのか。

また、ドメイン変更は空いたドメインが新たな人に使われる等
いろいろめんどうなことがあるらしい。


結論としては、「http://www.omotesando-ad.jp/」はキープ。

その上で、「タイトルは変えられる」そうなので、そうしようかと。

『表参道の小さな広告屋から』の次はなに?

◎元表参道の小さな広告屋から
◎【元】表参道の小さな広告屋から

でもいっそ、地元に根付く意味からも

◎表参道→上石神井の小さな広告屋
(記号の矢印/まったりするので「から」なし)

にしようかなーと。

いかが思われますか?

---------------------------

関連記事:
なんだかブログ10周年。2015/08/14
お知らせ:表参道オフィス閉鎖。2015/09/30

FBの行替えが不調!


私の日々のFacebook≒Blog連動の書き込みは、
いったんWordで書いたものをコピペしています。

コピペする時は、テキストデータ形式にしてFBに貼り付け。

ところが…1〜2か月前から、まったく行替えが反映されなくなった!

ぜんぶの文章がびっしり固まって表示されてしまう。

どうしようもないので、いったん「公開」してから、
わざわざ「編集」を押して修正しています。
(しかも行替えしても、上下の行間にゆとりがない。)

「川島が近況を更新」のお知らせで、すぐに見てくださる人は、
「読みにくいびっしり」でご覧になっているか
「編集中で閲覧できない」状態になっている恐れ。

うーむ、なんでこうなっちゃったんだろう。

なんだかブログ10周年。


2005年にはじめたBlogが、きょうでまる10年。

投稿件数2807件だそうです。年に280件(×10年)。

一年365日として、77% … 週に5〜6日は書いているわけですね。
忙しい忙しい!と言ってるわりに(言わないようにしてるんですけど。)

ここ数年は、Facebookと95%内容が重なっています。
一時は、メディア特性を考えてそれぞれのコンテンツを
変えていた努力があるものの…そこまで手が回らず(汗)。

実は4年前の「ブログ6周年記事」をある年上の男性の方が見て、
Facebookに「次は10年の記念日ですね。メモしておきます。」と
コメントをくださいました。

その時は「4年後かー」と遠い先のように思っていたけれど、
あっと言う間の4年。そしてスタートから数えたら10年。

こんなもんを48歳で(ほぼ毎日)書き出して、いま58歳。

Blogがどうだ、文章がどうだより、人生の流れにしみじみします。

---------------------------

関連記事:
Blog 9周年。ハハハ!(他 過去記事)2014/08/14

犬の大学生か!?


何度も書いてますけど、
「Facebookは友達リクエストだけでは受けない!」
「必ず一言メッセージを!」って話です、また。

最近お手伝いしているセミナーで、
いろんな大学の学生さん(時により20〜40人)と
お会いするのですが、終わると数人から
Facebook友達申請が来るのですよ。

ほとんどのリクエストが「申請」のみ。
メッセージなし。
ただ、「ピン」と申請マークがつく。

しかも顔写真が犬だったり、判別できない小さな顔だったり、
ニックネームだったり。

※本来のFacebook規定
「本名、顔写真」はどうなっているのでしょう!

「一言、メッセージくらい書けよ!」と私は思います。

礼儀ってもんがあるし、このおっさんは記憶力も悪い。
セミナー、及び懇親会には何十人といるのだよ、
「自分のアピール」って意味からも
一言書いたほうが得だと思うけどなー。

「自転車が好きな、茶髪・長身の◯◯大学の者です」とか
言ってくれれば、「あー、君ねー」と思い出すのに。
次に会った時の「思い出し方」も違うよー。

コミュニケーションとかプレゼンテーションというものを
勉強したほうがいいね。

と、こうるさいおっさんであります。

---------------------------

関連記事:
Facebookはリクエストだけでは受けない!2014/06/29

Blog 9周年。ハハハ!


Facebookとの併用と、忙しさという「へ理屈」で
更新率がやや下がっているものの、
週に5日くらい記載しているブログ。

本日8/14(木)が「9周年」でございます。

いやはや、なんだかねー。(← 何だ!?)

Blog開始は、2005年8月14日。
Facebook開始は、2010年6月20日。

「ブログ、やめようかと思いつつ…。」と
過去記事に書きながら、続けていますね。

なんでかなー。(← 何でだ!?)

続ける理由は、「自分のため」かな、結局。

過去記事リンク設定の都合などで読み返してみて、
文書の稚拙さや
時には意味不明に赤面することもあるけれど、
たまーにはいいことを書いているじゃありませんか(笑)。

おー、そんなことを考えていたのかね川島くん。
いいねー!「あとは実行するだけ」じゃないか。

そして、こんなブログにも読者の方がいる。
さらにさらに、ブログ経由のお仕事の問い合わせまである!

書くという行為自体、そして
アーカイブとして「たまる」ことに意義があるブログ。

まとめて本にするサービスを頼んでみようかと思っています。

---------------------------

関連記事:
多彩なSNSの時代にブログ8周年。2013/08/14
ブログ、やめようかと思いつつ…。2014/07/21
4年越しのお仕事受注。2014/08/12

ブログ、やめようかと思いつつ…。


ここ半年ほど、私の「Blogのコメント欄」が
「ほぼ書き込み不能」になっていたようです。
(いちいち難しいIDを記入しないと入れない! )
昨晩になって気付きました。

どうやら「迷惑コメント=売込みコメント」の拒否設定をしたつもりで、
実質「全コメント拒否」になってしまったもよう!

設定を戻したら、さっそく
・新規コメント(ありがとう!)と、
・おなじみの「ブランドバッグ」売込み(ばかやろう!)

Blogはもう開始9年弱になりますが(2005/08/14〜)、
Facebookも同等機能だし、1本化しようかーと悩みつつ…

●Blogは過去記事の閲覧がしやすい(Facebookは流れるママ)
●BlogはWebにつなげば誰でも見られる
●Blogは長文やリンクも見やすい

ほんと「日記・エッセー・自分にとっての覚え」としても
Blogは捨てがたい。

昨年の「8周年ブログ記念日」には、こんなこと書いていますね。

★Facebookのほうが「コメント」のやりとりがしやすい、
画面上もオフ会も「交流」がしやすい、
他の人も(Facebookに登録していることを前提に)
「巻き込み」やすいといった“オープン性”がありますが、
ブログの地味にパーソナルなところも気に入っています。

本来、今年の8/14に書くべき「ネタ」を、もう書いちゃった!(笑)。

---------------------------

関連記事:
多彩なSNSの時代にブログ8周年。2013/08/14

クルム伊達公子さんのブログが。


一週間前の記事『叫ぶテニス』の番外編です。


クルム伊達公子さんをネタにしたので
(たまたまです!ご本人とはまったく関係なし。)

「公式サイト」を見てみたら…


すごーーく、内容が充実している。
ちゃんと発信している。

特にブログの更新がすごい。

クルム伊達公子さんのブログ


毎日書いてる!日に二度の投稿もある!
しかも、「ほんのひとこと」の「おざなり」つぶやきでもない。

執筆にも、「ラリーで負けない!」みたいな執念を感じます。
(あ、ご本人は楽しんでいるのでしょうが!)

文章なんて(たいてい)読まない。


知人がブログで
「海外への移住」を発表しました。

お取引先とのご縁もあり、
「かねて夢見ていた海外移住へ」と。

私も信じたくらいの
4/1「エイプリルフール」の秀逸なネタ。

ブログでは、その「ふり」のあとに、
「なーんちゃって」の解説もしっかり。

ところがですね、前段を読んだだけの=下段がまったく
目に入らない人からの
「いよいよですね」「おめでとう」のメール&電話対応で
一日中てんやわんやだったそうです!

「ほんとうですか?」って、ほんとうじゃないと
書いてあるだろうが!(苦笑)

文章なんて読まない。

読むのは、書いた本人と
コピーライターくらいなものです。

でも、文字ミスは見つかっちまうんだよなー。

---------------------------

関連記事:
「OK」じゃないでしょ!2014/04/15

多彩なSNSの時代にブログ8周年。


このブログは(2005年から始め)、きょう 8/14で8周年。

ちなみに、会社は(1997年から始め)7/14で16周年を迎えました。

偶然ではありますが、夏になると、「ブログの執筆記念日」と、
その倍の年月の「会社の創立記念日」が来る。

昨年のブログでは
「別にとりたてて変化はない」
「FacebookにBlogを吸収してしまうことがあるかもしれないけれど、
Blogは続けようと思う」
「自分の考えを“他人に見せることを前提に”ある程度長文でまとめる良さ」
等を書いています。

たんたんと、ブログ7周年。2012/08/14

くたくたの帰宅後には、ブログなど書かずにゆっくりすればいいのに、
あるいは、ブログなんかより仕事の宿題がまだまだあるだろう!
とわかりつつ、ほぼ毎日(数日に一度さぼるけど)埋めている。

これこそ、ほっとする至福の一時?
頭と気持ちの整理? ただの続ける意地!?

あー、「営業効果」というのはありますね。

ハンドルネームではなく「本名を出して書く広告屋のブログ」として
「個人の想い ≒ 零細広告屋おやじの発信」を意識していたので、
8年もやっていると検索にひっかかって(自然なSEO効果!)
私の会社「リプル」の存在や方針を知ってくださる方が増えました。

Facebookのほうが「コメント」のやりとりがしやすい、
画面上もオフ会も「交流」がしやすい、
他の人も(Facebookに登録していることを前提に)
「巻き込み」やすいといった“オープン性”がありますが、
ブログの地味にパーソナルなところも気に入っています。

で、毎年書くように、

「来年はどうしているだろうなぁ、このブログも、自分の仕事や生活も。」

「気になる」とはどういうことか?(コメント論)


私の場合、例えば:

電車の中で口を開けてガムを噛む人、
クチャクチャとラクダのように顎をまわして、
口の中のガムが見えるような人は(気取った噛み方だと思っている人も?)
みっともないと思う。
素敵なガムの噛み方。2010/12/25

カフェで、延々電話をする人も嫌いだ。
カフェでは周りを気にせずね!2012/07/16

たたんだ長い傘を、ななめにぶんぶん振って歩く奴も
バカヤローと思う。
傘の持ち方、本当にひどい。2011/09/27

しかし、そんな私の書き込みに対して
「なにをそんなに神経質に」「人それぞれでしょ」
「そこまで言うのはおかしい」と言ってくるもいる。

それに気持ちは反発しながらも、
「あぁ、そういう人もいるんだな。意見を言ってくれること自体が
ありがたい」と思う自分もいる。

感じることは書こうと思う。それが自分だから。

怖いけど、書き込み歓迎(笑)。

毎日、そうまでしてブログ!?


2005年8月に開始して、約8年。
「ほぼ毎日」を目標にしながら、忙しさや怠惰や、
夜はほとんど酔っぱらっていることもあり、毎日は書けていないブログ。

さらに、Facebookに力が分散されることも。

いまは「週4〜5日」って感じかな〜。
それでも意地で(笑)連載しております。

自分の記事投稿はもちろん、知人のブログへの「コメント記載」も、
ぐっと減ってしまった。すみません!

「その時間、別のことをすれば?」と何度も自問しています。
睡眠時間を削って、そして書かなければいけない企画書や広告コピーを
横において、私的なブログを書いているなんて!

それでも、こういう時間を無理してでも持つことが生活のリズムであり、
内省・気づきの場であり、
大きな意味では自分と仕事に跳ね返ってくると思って、続けています。
実際、「表参道 広告 川島 ブログ」あたりで、
検索に確実にひっかかるようになってきたし。お仕事をいただくこともあるし。

趣味と実用?

よろしければ、まだまだお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

外部のフリーの方々と、ますます。


約4年前に、こんなブログ記事を書きました。
女性コピーライター募集。2009/04/08

それからもう4年(って当たり前だ、文章重複!)
具体的なお仕事が何人かの方と発生しています。

当時の募集内容は「外部ブレーンの女性コピーライター」でしたが、
「男性」の方や「デザイナー」の方からも
多数のお問合せをいただきました。

ただ、ほとんどの方と面談はさせていただいたものの、
「すぐに」制作のご相談をする機会はありませんでした。

それでも、1年後にやっとお願いすることができて、
いまもしょっちゅう頼りにさせていただいている方や、
記事から3年後、そして4年後のいまになって
「仕事1回目!」が発生したケース。

時間はかかったけれど、いろんな方との関係に感謝です!

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

Twitterの書き込みは休止。


約8年前(2005/08/14)のBlog開始以来、
私が参加したSNS(Social Networking Service)は、登録順に:
◎Blog
◎Facebook
◎Netlog
◎Google+
◎Twitter
◎LINE
◎LinkedIn
(有名どころで参加していないのはmixi。)

Netlogは退会し、Google+は休眠状態。

LINEとLinkedInは使いこなせておらず。
(学生さんでは、LINEの使用がすごいらしいですねー。
Facebookの成長を上回って、つい先日1億人突破とか。)

いやはや、いろんなSNSがあるもんです。

そして、こんなに登録して使いこなせるわけがない!(笑)

私の使用頻度は、ほぼ:
Blog > Facebook > Twitter

きょう決めたのは、「Twitterは閲覧だけにしよう」ということ。
(ま、完全に決め付けるのではなく、そういう傾向にすると
自分のもやもやが減るかな?と。)

Twitterにどしどし書き込んでいくのは、自分には合わないとわかった。
ただし、Twitterを見るのは面白い!
良くも悪くも「まとまり=安心感」があるFacebookに比べて、
ちょっと危ないくらいな、奔放な意見が面白い。

そんなわけで、

◎ほぼ毎日書く(←目標!)Blog
◎Blog記事の紹介をダイジェストで載せるFacebook
◎Blogとは別に、思い立ったら書き込むFacebook

Facebookの書き込みが少し多くなる、かな?

そんなわけで(笑)今後ともよろしくお願いいたします!

---------------------------

関連記事:
Twitter、始めました。2011/11/05
Twitter中毒(直前?)2012/04/22
もれていく、つぶやき。2011/10/10
LINE、始めました。2012/06/15

ブログ経由でお仕事が!


私のブログを発見し→リンクを貼ってある会社Webサイトも見て、
まったく知らない方からお仕事の声がかかりました!

数名で起業を準備中の方で、
「まずロゴと名刺。その後、会社案内や
集客のアイデアをいろいろご相談したい。」とのこと。

「渋谷区でスタートアップするので、渋谷区の会社がいいと思って」
「渋谷区 広告」等で検索したところ、私の会社が上位にあがり、
「良さそうに思って、1社目に」電話をくださったそうです。

うれしいなーーーっ。

選択のポイントは、
「デザインに加えて、伝え方の戦略を含め長く相談できそう」
と思ったから、らしいです。

そうかー、うんうん。(笑)

ブログを書いていてよかったなー。

さっそくお会いして、「まずはロゴと名刺」に着手しました。

初期投資は抑えざるを得ないでしょうから、
うちとしては本当の意味で“商売には”なりませんが、
こうして声をかけていただけて、「いろいろ頼みたい」と言ってくださる
ありがたさ。

“表参道の小さな広告屋”である私の会社(株)リプル
〜RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency〜の後方支援(広報支援?)が、
会社の離陸のお役に立ち、一緒に伸びていけることを願います。

返事が早いにも、ほどがある!


「メールにどのくらいの早さで返信するべきか」というのは、
永遠の(笑)課題で、

最近はそれに、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス:
FacebookやTwitterやLINE)が加わって、
問題をさらに複雑にしている(汗)。

私が、SNSを始めなかった理由に(始めちゃったけど!)
インスタントな「お友達増殖」とともに
(◆昨日の記事:安易に「友達」などには。2012/09/29)

「四六時中、パソコン・携帯(いまじゃスマホか)をいじっていたくない」
というのがあります。

電車でも食事中でも、そして会議中でも(いまやすっかり常識!)
とにかく画面を見ている、いじっている。

「猿のなんとか」か!?

「メールのマナーは」なんていうレベルとは、
もう次元が違うことが起きているとしか言いようがありません。

「返信、コメント記入」の類は、瞬間芸。
例えると、「電話が鳴ったら(ほぼ)出る=その場で答える」
ようなものと考えたほうが良いのでしょう。

「ちょっと考えてから返信しよう」などという私は、
きっと「置いておかれる」ほうの人。

メール&SNSは、瞬発力。

とはいえ、身体が硬くて、運動不足の人間が
安易に「瞬発力」なんて行動をとると「ろくでもない」ので、
まぁ気持ちだけは「瞬時」ってことでお許しを。

安易に「友達」などには。


SNSを通じて、「友達」が飛躍的に増える。
ネットの続きで、実際に顔を合わせる集会も多くなった。

※SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス:
social networking service)〜私が利用しているのは
利用頻度順に「Blog≧Facebook>Twitter>LINE」。

「友達」ったって、SNS上は単なる「きっかけが存在した」だけで、
いきなり関係が深まるわけでなし。
「偶然の出会い」「人の軽い紹介」程度です。

安易に「友達」になんて、俺はならないよー。

Facebookで友達が何千人いるって!?

「ばかじゃないか」と、私は思います。
そんなに増やしてどうするの。
日々の閲覧も大変でしょうに。

※好みは人それぞれでしょうし、私のけっこう親しい人にも
「何千人」の人はいますので、「そういうもんかなー」と
思うしかないけど。

それから、Facebookで「友達申請」してきて、
なんの「メッセージ」もない人がいる。
そりゃ、共通のFacebook友達がいるのかもしれないけれど、
あなたと私はまるで(思い出せる範囲で)面識がないのだから、
「ひょんなことで川島を発見したけれど、こんな所に興味が
あったので申請しました」とか
「忘れているかもしれないけれど、中学の同級でした」とか、
一言あっていいと思う。

パーティや異業種交流会での名刺交換と同じで、
何枚名刺がたまろうが、
意気投合しない人や思い出せないような人とは
「会ってない」のも同じ。

辛辣なことを書きましたが、
どんどん「友達」を増やせる今の時代だから、
安易な友達なんていらないよ、と書いてみました。

ついに私も「タイムライン」に。


ブログだけの読者の方はごめんなさい。
フェイスブックの話題です。

けっこう日常に影響を与えることなので(苦笑)。

フェイスブックの「自分のページの表記レイアウト」が、
ついに私の所も「タイムライン」方式に変わりました。

ずっとFacebook社から「変えてくださいね、抵抗したって
そろそろ自動的に変えちゃいますからね」と言われ続け
(本当はそういう告知じゃないけど、私の気分とすれば)
いつかいつかとおびえていた数か月。

だって、右へ左へ見にくいんだもん!
◆過去記事:Facebookタイムラインは、やだ!

それでも、私のフェイスブック友達218人のうち、
「208人がタイムラインに変えました」というお知らせが出るほど
「変えない偏屈なのはあんただけだよ!」と。

ついに「強制変更」となりました〜っ。

変わったページは【こちら】。
どうぞ、素敵な私のタイムラインをご覧ください。

通常は皆さん、ページ上部(Top)に大きな横長の写真
「カバー写真」を配置するのですが、私は空白(グレー)のまま。

ここに絵柄は入れません。
左の四角い「プロフィール写真」だけで十分!と、まだ抵抗。
(ちなみに、私は「本名表記&顔出し」派です。)

勝手に上部に配置される「友達コーナー」や
「あなたが写っている写真コーナー」などもじゃまだなー。

もう、プライベートの垂れ流し。

…と言いつつ、すべてを「公開」に設定している私。
どうせやるなら、「公開」でしょう。
細かく秘密にしたってどうせ漏れまくるネット社会。

あ、投げやりな態度になってしまいましたね。

いろんな意味でお世話になっているFacebook。
もう、世の中の標準インフラ。

タイムラインを、工夫しつつ楽しみたいと思います。

たんたんと、ブログ7周年。


8月14日。
毎年この日が、ブログ記念日。

…てな書き出しや内容も、すでに
どこかの年に同じような記載があるかもしれない。

書くこと、そんなに変わらず。
過去の記事と比較するのはもうやめよう…(苦笑)。

6周年の時のブログを見ると(あ、見ちゃった)
「Twitterは、忙しすぎる気がしてやっていません。」と書いている。

それなのに2011/11/05に始めたTwitterと、
2012/06/15に始めた文字・イラスト会話のLINEも
(両方とも、いまだにあまり書き込まない「お試しレベル」ですが!)
この一年の変化。

そこに、すこし早いFacebookが加わって、
SNSの活用ぶり(いや、活用のふり!?)が広がっている私ですが、
ホームベースはいまだにBlog。

「人に言いつつ、自分の考えをまとめる」
「公共なのに、非常に私的」なブログの位置づけが、
私には良いようです。長くも短くも書けるのもいい。
(Twitterの140文字制限は、それはそれで発明ですけれど。)

「他のSNSのおかげで、ブログを書かなくなった」
と言う方も多いようです。
実際、ブログ人口の伸びはどうなっているのだろう。
(← ま、いいや。私にはあまり関係・関心がない。)

「Facebookに一括しました」なんて日が来るかもしれませんが、
いまはブログ。

いつまで続くかわかりませんが、お付き合いください。

---------------------------

関連記事:
ブログ6周年(2011/08/14)。しかし、2011/08/14
Twitter、始めました。2011/11/05
LINE、始めました。2012/06/15

引用し出すと、きりがない。


自分がブログの「形式」として決めていること。


1)書籍紹介の「表紙」以外は、写真を載せない。

無理してでも「文章のみ」で記述する。
従って、例えば「こんなラーメンを食べた」という記事を書くにせよ、
「辛みが最高!きょうのお昼です」とだけ書いてスナップを載せる
「写真レポート」にはせず、何かしら作文する。


2)他人の記事(ブログ、フェイスブック、ニュースサイト等)の
そのままのリンク=紹介はしない。

よく見かける「こんなのを見つけました。シェアします。」ってやつですね。

他人のでも、いい記事はみんなに知って欲しいし
そうして拡散していくことがSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の
面白さだと思いますが、私が紹介しなくたって、
良いもの・興味深いものは何人もの方がリンクしてくれる。

私が紹介するまでもないし、紹介するなら
「こんなのあった」だけでなく、
自分なりの意見でブログを構築したいと思っています。


3)自分の「過去記事」の運用を少なく。

ブログを開始して、8/14で7周年。
ほぼ毎日書いていますが、さぼる時もあるので、
年間日数の8割くらいかなぁ。
同じようなことをぐだぐだ書いているわけです。
つまりは、過去記事と変わらない!
(ほぼレギュラーで訪れてくださる方、本当にありがとうございます!)

自分の過去記事を引用・紹介しだすと、本数も多いし、
「なーんだ同じじゃない」と、墓穴を掘る結果に。
最新のブログを書く=読んでいただく意味がなくなる(苦笑)。


そんなこんなで、日々「何を毎日書いてるわけー?」と
妻に呆れられるほど(妻は私のブログは読みませーーん)
記入に時間を割いている私です。(それなりに仕事も忙しいのに!)

きょうの記事も、8/14にとっておけばいいのに、
もう書いちゃった。8/14はどうしよう!?。

宴会が通年で増えた!?


きょう日曜日は、ブログやフェイスブックで知り合った方々との宴会でした。
新大久保で韓国料理!

金曜日は、広告関係の方々と(でも、個人個人の付き合い)
丸の内のビストロでした。

土曜日は、悲しいことだけれど年下の友達が亡くなって
(◆年下の知人が亡くなった。2012/06/30)
お通夜帰りに旧友たちと飲みました。再会を楽しんだよ、Kくん!


なんだか「会いましょう、飲みましょう」という機会が
ものすごく増えてきました。

自分が「呼ばれれば行く」というのもありますが(笑)
忘年会シーズンでもないのにねぇ。

仕事は忙しい。この土日も出社して打合せがありました。

ふだん「接待」というのをほとんど(いや、まるで)しないのに、
(クライアントの皆様、すみませんねー)
宴会がいろいろあるきょうこの頃。

あと、「川島さんの会社を見に行きますよ」とか、
「ランチで会う」というのも多くなった。

当然、こちらからお誘いするケースもあります。
「そろそろ会おう」「会いたい人だな」と思ったら、セッティングする。

そんな「人との関係を増やしたい」という気持ちに、
メールやSNSが良い意味で作用して
(良いことばかりではないけれど、道具として素晴らしい!)
「リアルな顔合わせ」を実現してくれる。

自分の年齢や所属を越えて、どんどん人が交流する時代に
なったってことでしょうね。

---------------------------

関連記事:
会わなければ、会えない。2007/12/17
会うことで、生まれること。2012/01/01

Twitter中毒(直前?)


Twitterを積極的に見るようにしています。

無理して見なくてもいいんじゃない?という意見もあるかと思いますが(笑)。

私がフォローしている人(自動で記事を読み込む人)は、たった35人。
でも、それらの方が「日に何度も書く」
さらに「関連するリンクが入ってくる」ことで、
半日見ないと「新着のツイートが460件あります」と表示されたりする!

しかも、4つのデバイスで見ているので
(オフィスのデスクトップ、自宅のデスクトップ、iPad、Androidスマホ)
ひとつで見ても、他のデバイスではたまって「730件の…」なーんて。

たった、登録35人ですよ!

こりゃTwitterもFacebookも、一度はじめてしまったら
仕事中だろうが食事中だろうが気になってしかたがないでしょう。

「四六時中、なにやってんだか」と理解できない
(もっと言うとばかにしている)部分はあります。

でも、自分もその中にそろそろーっと浸かっているわけです。
(つかっているんだか、のみこまれているんだか!)

短い文面での(最高140文字、引用されると途中で切れることも)
「舌足らずによる誤解」や、
へたすると2チャンネルのような炎上を招く「意見対立」もあるのですが、
あやういところで均衡を保っている。

そして「あー、いろんな意見があるなー」と面白い(苦笑)。

Blog、Facebook、Twitter…やれやれ。

私がTwitterに書き込む頻度は、きわめて低いですが、
Twitter(の書き込み=タイムライン)注目してます!

---------------------------

関連記事:
Twitter、始めました。2011/11/05
Yoko Onoさんのツイート。2011/11/23
おめでとうと、つぶやかない。2011/12/31
孫正義のコミュニケーションセンス。2012/04/20

クライアントも見ている!


私のBlogは、
公然とメールの署名欄や名刺でお知らせしていますし、
「川島孝之」や「表参道 広告」等の検索で上位に上がります。

TwitterとFacebookの存在もBlog経由でわかりますので、
お取引先のかたから「Blog 見てますよ」と打合せで言われたり、
「Facebook のお友達申請」が来たりするのは不思議じゃない。

と、わかっていても、やっぱりびっくりする(笑)。

「会社案内の制作で もめた会社って、うちのこと?」とか、
「クライアントの社内調整が大変だって記事、読みましたよ。」
なーんて言われると焦る。

Facebookは、個人情報の「搾取」が取り沙汰されているし
(ニューズウィーク日本版 2012/02/22号:フェイスブック 危ないね!
プライバシーを形骸化し個人情報を商品化する世界最大SNSの二枚舌)

「辞めた会社の元上司から友達申請が来て困った!」
「昔別れた彼女とつながって、離婚に発展した!」など、
余計なお世話のご紹介に時もあります。

それでも、もう無視できないインフラとなってしまった。
何(十)年ぶりかで、知人とコンタクトをとれるのも、この手のサービス
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のおかげ。

このクライアント、いつもほとんどチェックしてるのかなー、
たまたま見たのかなーなどと心配しつつ、
きょうも本音でBlogを書く私です。

バーチャルもリアルもなく。


6年半前に始めたBlogと2年前からのFacebook、
さらに2か月前のTwitterを通じて、
「お友達」は飛躍的に増えました。

かなり「申請」は控えているので、一気に何百人とはなりませんが、
「友達の友達の紹介」って「会ったこともない人が友達だって?」
「それはまったくの他人だろう!」と思いつつ
いろんな人と知り合いました。
(それが本当に知り合ったと言えるのかー?←しつこい!)

SNS(Social Networking Service)で直接コンタクトした方に加え、
OFF会(オフ会)に呼んでいただき、主催者や知人の紹介で
親しくなった方もいます。

また古くからの知人・友人と、何年ぶり・何十年ぶりの「再会」も多数。

年賀状では「今年は会いましょう」と言いつつ、何年も会わないのが
通例(苦笑)ながら
◆過去記事:会うことで、生まれること。2012/01/01
SNSでは「近さ」が違う。すぐにネットでコンタクトがとれて、
再会が実現しやすいのも素晴らしい特性です。

仕事面でも、SNSで直接、ないしオフ会での人の紹介から
仕事に発展するケースがいくつもあります。

そうして親しくなったIT業界(←言い方が古いですかね!?)の方に
「バーチャルもリアルも融合の時代ですね」と言ったら、
「もう、バーチャルとリアルの区別はやめましょう。
オンラインとオフラインがあるだけ」と言われました。

たしかに、“バーチャル”でも、“リアル”な関係が構築できているわけで、
「オンラインかオフラインか」だけを意識する、
こなれた時代に入ってきたということでしょう。

仕事での「アナログとデジタル」の分け方も、おしまいにする時ですね。

Netlog退会。


私が使用しているSNS(Social Networking Service)は、
このBlogを中心に、FacebookとTwitter。

さらに、知人のお誘いで登録したものの
「お知らせ」が来たときだけに見るGoogle+とNetlog。
(mixiには入っていません。)

Google+は、「今後の動向に注目」で、キープしておこうと
思うのですが、じゃまなのがNetlog。

仕組みがFacebook以上にわからない。
あやしい女性からの「友達申請」が来たりして「スパム」に近い。

そして、Netlog自体の文体が、やたら「なれなれ」しいのです。
例えば:
「Netlogにようこそ!遠慮しないでどんどん写真を追加または
ブログメッセージを作成してね。あなたからのニュースを
みんなが待ってるよ!Netlogで、いいことあるかも!」
「あさっては、愛山愛夫の誕生日だよ!」
カジュアルな友達感覚を演出しているのでしょうが、
信頼性も大切なSNS事業者として、これはマイナスじゃないかなー。

Web辞典ウィキペディアによると:
「Netlog はベルギー発祥のソーシャル・ネットワーキング・サービスの
ウェブサイトで、主にヨーロッパの若者をターゲットとしている。
2003年7月創設。2010年現在、25カ国語の7000万人の
登録ユーザーがいる」

僕はヨーロッパの若者と同じさ!(笑)

そんなわけで、退会することにしました。
リンクしている方とは、全員Facebookでもつながっているので、
不都合はないと思います。
いちおう、きょう「友達」に退会の意向を伝えて、
あと1週間くらいで削除しようかなと。

「ネット上のつながり」をうたうサービスが次から次へと生まれる今、
Netlog が日本でどうなっていくかわかりませんが、
私としてはさようならです。

おめでとうと、つぶやかない。


私が、2か月前までTwitter を“始めなかった”理由は
「いちいち近況をつぶやいてどうするの?」
「しろくじちゅう画面をながめてるひまはない!」

結局、11/5に始めたわけですが(楽しいです!笑)
“取り組み方” はあまり変わらない。

Blog を始める時も
「ランチはラーメンです、とだけ写真付きで紹介される私的日記なんて、
読み手は何が面白いの?」
Facebook は
「友達の友達って、会ったこともない人がネットで “即友達”。
情報交換するなんて気持ちが悪い!」

ケータイ、スマホを何時も手放さないでチェックする姿勢や、
ほとんど意味のないことを発信し、受信しているくだらなさ。
インスタントな仲良し感覚。

うまく整理できませんが、乱暴に言うとそんな感じ。
ドライなひねくれ者です。
「意味」は人それぞれで、そこに「読者」もつくわけですが。

私のそうした感覚は、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で
顕著なものの、思い返してみれば「長電話」もしなかった。
「友達と何時間もしゃべる」というやつですね。私はほぼ用件のみ。
ガールフレンドとは多少内容と時間が延びていたとしても(笑)。

SNSを始めてみて変化したことは、
「きょうは早起きしたー」という人のツイートを見て、
前なら関係ないと思っていたことに
「あぁ○○さんは早起きしたんだ、そうかそうか」と共感する私がいること。

つながりができた人とは、何を見ても「好意や興味」が高くなる。

それが、「ブランディング」ということだし、
「一方的な広告」から「SNS活用の好感度マーケティング」に
がらっと変わっている理由でもある。

「ひとりでいても、まわりに人がいる感覚」もSNSの楽しさであり、
きっと中毒的なところ。
「みんなもがんばってるなー」「僕も大掃除しなきゃー」。

…てな理屈を(Blog記事の体裁を整えようと)並べているわけですが、
相変わらず「いちいち」に慣れないのは事実。

Blog・Facebook・Twitter。
更新頻度もコメントも早くない私ですが、
来年もこのツールを楽しんでいこうと思います。

そんなわけで、「新年おめでとう」の一言だけのために
書き込むようなことはいたしません。
「年を越したね」「やっほー新年」「初もうで すごい列」
そんなこと、いちいち!

来年もよろしくお願いいたします。
川島のFacebookはこちら
Takayuki Kawashima


●友達申請には必ずメッセージを添えてください
●フォロー(フィード購読)も可能です
こんなBlogです
日々の広告制作やビジネスについて書き連ねています。お付き合いのある方はもちろん、広告業界に興味のある一般の方も、読んでくれたらうれしいです。
月別バックナンバー
ブログ内の記事検索
Recent Comments
Profile
◎川島 孝之(Takayuki Kawashima): 株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)代表取締役・クリエイティブディレクター・コピーライター。

◎1957年3月生まれ。早稲田大学商学部(マーケティングゼミ)を5年で卒業後、1980年第一企画(現ADK)入社。6年の勤務ののち、制作会社11年を経て、1997年(株)リプルを表参道に設立。

◎2016年1月、表参道のオフィスから、西武新宿線 上石神井(かみしゃくじい:練馬区)のホーム・オフィス体制に変更。
ブログのタイトル「表参道の小さな広告屋から」も、「表参道の小さな広告屋から→上石神井」(2016年.1月)/「上石神井の小さな広告屋から」(2017年.1月)に変更。

◎広告・販売促進に関わる企画・制作・ブランディングを、Webを含めた外部ブレーンとのチームで対応。「デザイナーだけではできないデザイン」をご提供します。

※現在の主なクライアント:ビデオリサーチ、日立化成、介護のらいふ、オークラヤ住宅、アルカダイアモンド、武蔵高等学校中学校、翻訳専門校フェロー・アカデミー 等。
別の会社に勤める妻の本【最新】
別の会社に勤める妻の本【最新】
別の会社に勤める妻の本
チャーミングな日用品365日
川島 蓉子
ハースト婦人画報社
2012-10-25

別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
イッセイミヤケのルールイッセイミヤケのルール
著者:川島 蓉子
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-03
おすすめ度:2.5
クチコミを見る
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本