ご報告です。
母が、静かに息を引き取りました。

自宅から遠くない東京都杉並区の荻窪病院にて
「2 月26日(金曜日)18時12分 臨終」。87歳でした。

全体の老衰が進んだなかで、最期となった診断は
誤嚥性(ごえんせい)肺炎。

私の家族との二世帯住宅で療養中だった母。
要介護レベル4(上からひとつ下)ながら、頭脳は明晰。
食事もテーブルで少量ながらとれる状態でした。

それが、2/17(水)夜に容体が急変。
18(木)未明に救急車で病院に運ばれ集中治療室へ。

22(月)意識が戻り一般病棟の個室に移っておりました。

しかし、口への酸素チューブ対応には限界があり、
のどに穴をあける「気管切開」が課題でした。

前々から「チューブ延命」を望まなかった母。
いよいよの「気管切開」してのチューブ手術には、
(もう会話はできないながら)「首を横にふって」拒否。

強制の酸素吸入器から、
通常の酸素マスク(自力呼吸が必要)への付け替えが、
私と妹が立ち会って、2/26(金)15時でした。

機器の交換の際は苦しんだ母も、1〜2時間で安定。
静かに息をし、酸素レベルはぎりぎりの数値。

そこからの予想は、母の生命力で数時間か数日か …。

「今夜が山」とのことで、簡易ベッドを用意してもらい
私は泊まることを決意(コロナ規制で一名のみ)。
妹は帰ることに。

妹が「そろそろ帰るね、お兄ちゃんはいてくれるから」と
耳元で伝えた18時頃、みるみるモニターの数値が下がり、
18時12分、本当に眠るように亡くなりました。

対面最後の3時間。ずっとそばにいて語りかけ、
手や足をさすり、逝くまで私と妹がいられた幸せ。

コロナ禍の面会規制と、私や妹の段取りの中でも、
見事なほどのタイミングでした。

火葬場が混んでいるとのことで、
通夜は3/3(水)。なんと私の64歳の誕生日!
告別式が3/4(木)です。

ごくごく内輪の、親族だけの葬儀といたしますので、
お気遣いなきようお願いいたします。

ここまで、まったくのプライベートなことながら、
BlogやFacebook、個別のメールなどでご報告した
知人やクライアントの皆様にはご心配をおかけしました。

お知らせをする中で、私の気持ちも整理・安定できました。
本当にありがとうございます。

入院8日。介護期間は1年少しの短さ。
最後まで、意志をつらぬき、さっぱり・きっぱりと逝った母。

機器を交換する直前に、母が空中に指で示してくれた言葉は
「あ り が と う」でした。

その母に似て「ドライ・淡々」の私ですので、いまも元気です。
ご心配なく。

重ね重ね、皆様、「ありがとうございます」!!!


★過去の関連投稿

【介護が突然終わる】2021/02/22
Blog
http://www.omotesando-ad.jp/archives/55002766.html
Facebook
https://www.facebook.com/kawashima.ripple/posts/3837269116324589
【母のスケジュール管理】2020/10/16
Blog
http://www.omotesando-ad.jp/archives/54977933.html
Facebook
https://www.facebook.com/kawashima.ripple/posts/3497008660350638