薄味好みは、もうほぼ「味オンチ」と
認める(&あきらめる)しかないですね。

市販の「できあい惣菜」の味つけが、
あまりに濃かった! という文句です。

前にも同種の投稿をしましたが、お許しを〜。
そして、文句を言うくらいなら買わなきゃいい、
という正論にもお許しを〜っ。

今晩は自宅にいて… いつものことですね、テレワーク!
特に最近は増えました。妻は仕事で遅い。

夕食用にスーパーマーケットでお惣菜を買いました。
奮発して「スペアリブとフライドポテトの盛り合わせ」。
(夕食というより、つまみだな! 笑)

そのスペアリブの味が、濃いこと濃いこと。
夜中に起きそう、夢に出そう!

でもねー、冷静に考えて。
「もう」こういう味がスタンダートなんでしょうね。
お客さんの「濃い味好み」=「売れる味付け」。

「薄味」にして「味が足りない、手を抜いている」
となるよりは、濃くしておいたほうが文句も出ない。

ネットの意見投稿(顕著なのは誹謗中傷)で、
「応援や褒める投稿」より「批判し攻撃する投稿」のほうが
圧倒的に多いように。

出来合いの「うなぎのかばやき」も、
たっぷりタレがしみている。
別途タレの小袋が2袋もついているので、
「これで味が足りない方は調整してください」の
意味かと思ったら、本体がすでに逃げ場のない状態!!

外食ランチでサラダを頼めば、
「サラダにドレッシングがかかっている」のではなく、
もはや「ドレッシングという料理、サラダ風味」。

包装紙や持ち帰りの手提げビニール袋が簡素化されたり、
お箸も小袋の醤油もつかなくなったのだから、
次は「味」(過度な濃さ)を軽減してくださいな。

でも、だめなんだろうなー。
変わらないだろうなー、

ちなみに、「薄味」に見えるものが実は塩分多めだったり、
そもそも私が判断する明確な舌は持ち合わせていなことは
白状しておきます。

以上、夕食後の「ひとりごと」でした。