自宅 兼 事務所のネット接続が不安定で。

たびたび、やたら遅くなる or つながらなくなる。

ここ数ヵ月は「新型コロナウイルス」のせいで
全国的にテレワークが増え、
メールもZoomも負荷がすごいらしいですね。

しかたない… と思いつつ、
ネットのプロバイダー(BIGLOBE)と
回線事業者(ドコモ光=NTT東日本)に電話してみる。

30〜40分も電話が「お待ちください」のままつながらず …
(問い合わせるユーザーの皆さんも、受ける側の
ネットサポート担当の方も、ほんとうにご苦労さまです!)

その最初に流れる「応答テープ」の内容が:

◎新型コロナウイルスの影響で人員が十分でない
◎お待たせしてしまう、ないし時間がたつと電話切断をご容赦
◎Webサイトにあるトラブル解決法を先に見てほしい etc.

そして、

◎パソコンやルーターなど、ネット機器の調子が悪い時は、
いちど「コンセントの抜き差し」をしてみてください。


昔から、「調子が悪い時は再起動」「電源の入り切り」は
言われてますけど、
公式に「コンセントを抜いてみろ」とは、なんともアナログ!

テクノロジーが進み、「インテリジェンス(知的)」な
機器を使いこなすようになったいまでも、
「どこそこの数値を変更してみてください」ではなく、
結局「コンセント抜け」だなんてねー。

世の中、まだ「えいやっ!」だなー。

※ちなみに、ようやくつながった問い合わせで、
私のネット環境は「IPv4」という古い規格であることが判明。
最新の「IPv6」へ契約変更したところ
(きっとまだ全国的な遅延の影響はあるものの)
さくさく(懐かしい言葉ですねー)動くようになりました!!