日曜日の夕方。
自宅(兼 事務所)のそばのファミレスで
仕事をしていたら。

家族連れが入ってきました。
(って、そりゃ当たり前な展開ですが!笑)。

若いお父さんお母さんに、小学生の長男と弟。

うん、4人家族。と、思いきや、
そのあとから「弟さん2名、双子!」。

結局、子どもさんは、男が4人。

ご夫妻にとっては、最初の子供ふたりが男の子
だったので、「次は女の子」と考えたかもしれません。

でも、男の双子!

ご夫妻も、ご親族も、びっくりしただろうなー。

世の中には、女の子ばかりの家もいる。
望んでも、子供が生まれない家庭もある。
もちろん、子供をつくらないのも選択。

現在の医学で「産み分け」がどの程度できるかは
わかりませんけど、生まれてきた命の尊さ。

他のテーブルでは、おじいちゃん・おばあちゃんを交えた
ファミリーもいる。

夫婦ふたりも「家族」ですし、
独身で親御さんと一緒や、離れていてもね。

我が家は、娘はNY.の大学、息子は京都の大学、
妻は日曜日でも仕事に出ているので、
私はこうしてファミレスにひとり。

それぞれの家族の、それぞれの日曜日。