きょうは日曜日でしたけど、夫婦ふたりだけの夕食。

いま娘は、ニューヨークのFIT
(Fashion Institute of Technology:ファッション工科大学) の
服飾デザイン・マーケティング系に1年間留学中。
(その前は法政大学経営学部とイギリスのケント大学。)

息子は高校を中退し、数年がたったものの、
通信で大学受験資格を得て、
京都の同志社大学 社会学部に合格。この4月から入学。
(3月末から京都の狭いマンション住まい。)

戸建ての二世帯住宅の我が家は、
1階に母(86歳)はおりますが、上の階は私と妻だけに。

妻は「さびしいなー」と言いますし、
私も(妻ほどではないけれど)家族が減った空気を感じます。

6月卒業の娘は、このままNYCで就職かもしれない。
息子は4年間京都。

一般のご家庭よりは、娘も息子も進路決定は遅れていますが、
長い人生の中ではいいかなーと。
(めちゃ、学費がかかっているけど!!!)

こうして、子供たちは離れていく。
自分たち(夫婦)も、そういう年齢になったということですね。