何度もこのBlogとFacebookで
「いかにものレンタルポジ、大嫌いだぜ!」
と書いています。

広告業界以外の方に説明すると、レンタルポジとは:

「有りポジ、借りポジ、レンタルフォト、ストックフォト」
とも言い、専門会社の「シーンに応じた在庫写真」から
「無料」ないし「買取値段」で使用する写真です。

近頃は、一般の方も
SNSでたくさん活用していますね(無断借用 注意!)

本来は「オリジナルで撮影」が理想ですけど、
時間と金(ほんとうにーーーー、予算がーーーー)が
追いつかず、なにより便利なので、
CMや雑誌広告など「マス媒体」でタレントさんを使う
規模のクライアントさん以外は、
Webやパンフレットの8割が「借用ポジ」でしょう。

いいんですよ、使っても。
私も使っています。

それでも、以下のような写真が嫌いなのは:

◎パートナーシップや信頼を表す「握手」の写真。
◎社内や取引先に外国人がいないのに「西洋人と会議中」。
◎「ニューヨークのビル街」と「グローバル」の文字。
◎社員が外で電話している!階段を駆け上がっている!

介護関係の
◎屋外で車椅子に乗る笑顔のご老人と女性職員、
太陽サンサン、緑の芝生。 etc.

なんで私が「いかにものレンタルポジ、大嫌い!」と
目の敵(かたき)にするかと言うと、
自分でもいろいろ考えた結果はですね …(笑)

要するに、「紋切り型」の写真を安易に選ぶ制作者と、
それを認めるクライアントがいやなのだという結論。

たとえ「握手の写真」でも、
大胆なトリミングや他の写真との合成、
カラーをモノクロに変換して使うなどの工夫をせず、
「ペタッ」と貼り付けて、「こんなもんだろ」。

そして依頼した(チェックするはずの)クライアント側も
「なんかよく見る絵ですね」とか、「もうすこし何とか」
と要望も出さず(というか違和感をもたない)センス。

安易な制作者はおいといて(私の競合ですから!)、
安易を認める(分からないセンスの)クライアントとは
仕事がしたくないです。

私がいろいろご提案しても、先方の
「理解力」と「センス」が追いつきませんから。

それより、ご自分たちで撮った写真を掲載し、
デザインもコピーもあぶなっかしい=でも人柄が伝わる
冊子やWebサイトを制作している中堅・零細企業さんを
応援したくなります。

作るものへの愛情。
製品作りも、顧客対応も、広告制作もね。

あー、きょうはすごく「自分の商売の首をしめる」ことを
書いちゃったかもしれません。

---------------------------
関連記事:
「いかにも」の有りポジが大嫌い。2014/05/05