一昨日からの福山出張の帰り、午後の新幹線にて。

「静岡駅通過」の声を聞いて、そろそろ富士山かな、と。
「必ず見なきゃ」というほど興味はないのですが、
見られたら見たいな〜と。

私の席取りはたいてい
(グリーン席より使い勝手が良いと思っている)
3列並びの通路側C席。
理由は、たいていまんなかのB席は空いていて、
ゆったり使えるから。
窓際A席には私よりすこし年上と思われる女性。

富士山は反対側(CD席側)でしたけど、
雪をかぶった富士山を、見事に仰ぎ見ることができました。

霊峰富士。
現実には登山者のキャパ過剰とマナーの悪さから、
し尿問題、ごみ問題など「世界遺産」に選ばれたものの、
「運営」はたいへんみたいですけどね。

雲がちょうど切れ、頭の中で想像していた富士山より、
大きくて美しい、雪をかぶった姿が目の前に。
神々しくて感激。

ふと、(普段はそんなことしないのですが)
A席の女性に「富士山がきれいですよ」と声をかけた。

女性は、かがむようにして眺めながら、
「わー、富士山、見たかったんです。」と。

そして、その女性が読んでいる書籍に
はさまっていたしおりの文言にふれ、

「今日一日があなたのすべて、
目の前に出てきたことに一所懸命」という
言葉をかみしめていたところです、と言い、
「声をかけてくださったことに、心から感謝です」と。

だからその後どうなった、ってわけじゃないんですけどね。
きれいな富士山が見られて、
気持ちが温かくなる会話ができて、
過去の失敗や未来の不安に乱されることなく。
「いまが大切なんだ」と再認識した瞬間。

明日 2/4からは、九星気学でいうところの
「新しい年」が始まります。

---------------------------
関連記事:
新幹線や飛行機の中では。2018/02/01
本日、福山出張中!2017/05/31
新幹線は3列の通路側。2017/05/30