パン食、好きです。

ホットケーキや、コーンフレークも。
それらに合わせて牛乳やヨーグルトも。

私の世代(60歳)以上の人は
「牛乳を積極的に飲む」ことが「大切」とされ、
「お米のごはんよりパン食」が「モダン」である
ような気がしている。

ところが、ここ数年ですかねー、
「牛乳は良くない」説が目立って。

たしかに、「牛乳でカルシウムをとる」
時代とは異なるだろうし、
パンだって、きちんとした手作りのものと、
添加物たっぷり・遺伝子操作小麦・安売りものでは
まったく違うのでしょうけれど。

本屋でたまたま、「パンと牛乳はやめなさい」
という主旨の本が目について。

別にバランスよく食べれば何でも良いと思いつつ、
「大量生産の劣悪品を食べ続けてきたのだろうなー」
という意識もあって。

「まずは3週間、やめてみましょう」の言葉を
実践して2週間。

体調? よくわかりません(笑)。

そして、きょうの日曜日。
ランチに妻がフレンチトーストを焼いてくれた。

まるで「中止」のことを忘れて、食べてしまいましたー。
うまかった!