私には珍しく、政治ネタが続きます。

きょうは、民進党から希望の党に行かない・行けない
人を中心に、新党「立憲民主党」の立ち上げが
発表されました。
(政策や思想はとにかく、ひどい党名だ!)

今回 告示される衆院選は、
はっきり「あの党に」と決めていない人にとって、

「自民党 安倍首相のこの時期の解散はどうなの?」
「民進党 前原氏の解党覚悟の賭けはどうなの?」
「小池新党 希望の党への期待と、都知事をやめてまで
立候補する(かも)ってどうなの?」

などに疑問を持ちながら、

「それでもありかな、今回は」と肯定し、
具体的に「投票所に足を運ぶ行動」にまで出るか。

もちろん、「本当の対抗勢力として一度共産党に」
の人もいるでしょう。

清濁併せ呑む、まさに混沌たる戦いである「政治」の世界。
(一気に拍車をかけた、民進党 前原「誠司」!)

陰謀策略の先にある天下取り。
(政治家本人は、国を思うピュアな気持ち?)

そうした才覚がまるでない私でも
つい目が行ってしまう、このたびの政治劇。

「それでもありかな、今回は」と思う人が、
現行政府の肯定・否定・代替案… どう出るか。

楽しみです。

---------------------------
関連記事:
民「新」党で?2017/10/01
(民進党の解党、新党結成の可能性)
シャンシャンとなるか。2017/09/26
(衆院解散、小池新党)