打合せを終えての帰り、
地元駅併設の「SEIYU上石神井店」。

私の利用は、ここと駅から7分の「いなげや」ね!
自宅からはほぼ等距離なので、必要に応じてどちらか。

さて、SEIYUでの買い物は「1,517円」。
千円札と、100円玉×5枚と、10円と、5円と、2円で
払えて気持ちいい!

しかし、レジのお兄さんはいやかなー。
列の後ろの人も「何を ちまちま払っているんだ」
と思うかもしれない。

カードのほうが一発。ポイントも貯まる。
キャッシュを持ち歩かなくていい。

便利さでは、圧倒的にカードなのに、
長財布にしまうお札と小銭入れから払う「意味」が
どこにあるのか。

ちなみに、会社経費は極力、
専用クレジットカードでまとめています(笑)。

プライベートも、ほぼカードでいいじゃん。

そうしない理由は、
現金のありがたみを感じたいから?
お金の存在感を維持しようとする習慣(刷り込み)?

今朝の新聞『日経MJ』の一面は、
「流通系電子マネー/マネー交換 年200〜300億」。

そんな時代に、いちいちカード提示や、
ポイント獲得が面倒で、
Tポイントカードさえ「いや、ありません」の私は
バカなのか。