ゴールデンウィークを含む、この2週間ほどで
「家で見た」映画。

私の幼い頃は、「家で見る映画」といえばテレビ放送でした。
それが大学生の頃ビデオ(購入&レンタル)になり、
社会人になってDVDになり、
テレビも「民放+BS+CS」その他ケーブルテレビなど
多チャンネルになって、いまは
「パソコン、タブレット、スマホ」及び「テレビ受像機自体」で
ダウンロードして見る時代。(すご!)

現況(私の場合)は、
iTunesでダウンロード → Apple TVでテレビ画面に。

◎ファーゴ:Fargo/1996年劇場公開
ジョエル・コーエン監督/スティーブ・ブシェーミ 他出演
http://eiga.com/movie/25862/

見るのは2度目。
いやー、「アカデミー脚本賞、主演女優賞をはじめ、
多数の映画賞を獲得した話題作」に偽り(いつわり)なし。
ばんばん人が殺されるのに、軽妙。
画面のレイアウトが美しい!

◎スター・ウォーズ「フォースの覚醒」:
Star Wars: The Force Awakens/2015年劇場公開
J・J・エイブラムス監督/
デイジー・リドリー、ハリソン・フォード 他出演
http://eiga.com/movie/78626/

過去6作に比べて、10〜20年も待たせてこれかー!?
という批判も聞こえてきますが、私は好きです。
たしかに、「これまでのおさらい総集編」的なつくりだし、
ダースベイダーのような強力なキャラクターがいない。
でも、同窓会的雰囲気をうまくまとめながら、
新シリーズのスタートとして軽快に仕上げていると思います。
主人公の女性とロボットC-3PO、気に入りました。