びっくりされる方も多いと思いますが…

2016年2月末をもって表参道のオフィスを閉め、
私の自宅(西武新宿線 上石神井駅 徒歩5分/練馬区)での
「ひとり会社」にすることに決めました。
(登記・事務上は、私と社員である女性総務経理の2名株式会社。)
・現在の男性ベテランADは独立、女性若手Dは再就職。

理由は:
◎まだ続けられるものの、4名でオフィスをかまえる体制の見直し。
◎川島の(コピーライター+)プランニング・ディレクション職の
顕在化と、(社内以外の)外部スタッフとの協業の増加。
◎ネットを使っての進行の日常化等、仕事形態の変化。
◎二世帯住宅同居の高齢の母(82歳、元気ですが)や
新潟の妻の母(78歳)を見守る今後と、プライベートの再考。

「表参道の広告デザイン会社」から、
「自宅を拠点とする次の形態」への移行を決意いたしました。

まぁざっくり言うと、ろくにしてこなかった料理や
庭の草むしりもしつつ、ワーク&ライフスタイルと商売の仕方を
見つめ直すということです。

いま、会社設立18年、私が58歳。
「あと2年=会社20年、年齢60歳をくぎり」とも悩みましたが、
早い決断と変化を選びました。

都心のオフィスとデザイナーを抱えていることで成立する
某 有名菓子メーカーのパッケージも、手放すことになります。

現行オフィスは、不動産会社の内装工事(現状復帰)が
1月中旬から入ることを考えると、
「実質的な活動は年内いっぱい」。
あと、10月、11月、12月。3か月です。(しんみり…)

この件について書き出すと、
延々長い論文のようになってしまいますので、
本日はまさに 「まずはお知らせまで」。

今後とも、よろしくお願いいたします。