ホテルの朝食(ビュッフェ/ブッフェスタイル)や、
ランチ・飲み屋での食べ放題バイキング。

私は、「ものすごく損!」です。

親の代から、川島家で「食べ放題に投資する意味なし!」
(19歳の息子は、ぎり合格か?)

このブログにも何度も書いていますが、私は小食です。

それなのに、一品物(それだけを食べている)のが嫌い。飽きる。
例えば、「大盛りのカツカレーをひたすら」ではなく、
◎カツカレーとしても食べつつ、
◎カレーのついてない部分のカツにソースをかけて変化をつけ、
◎サラダと食後のコーヒーも欲しい。
◎ゆっくり食べたい。

従って、「13分でラーメン」みたいなことは、めったにしません。

でも、ラーメンライス(ラーメン+どんぶりごはん)は、
たくましいなぁと(笑)小さな頃からのあこがれでした。

そして、たくさん食べる子供って、親からしても
うれしいと思うんですよね。
「お母さん、おかわり!」「よく食べる子だねー」

たくさん食べて、アグレッシブで、成長していく子供。

「あんまり食べない」ことに、引け目さえ感じていました。

妻との結婚当時(← 妻以外、誰がいると言うのだ!?)
妻のお母さんも「たくさんのごちそう」を用意してくれて、
「次々食べたい」とほんと思うけれど
(小食なのに、お皿が多いのが好きという悪循環!!)
「もうけっこうです」「いえ十分です」

料理のし甲斐、接待のし甲斐がないよなー。
かわいくない息子。

この好みは仕事にも表れていて、
クライアントさんからしたら、制作者の
「ここにもっとゴロッとしたのを配して、色もドバっと、
飾りはこんなのがいいんじゃないですか?」が良く食べる子だとすれば、
私は、「それより、ここにすっと文字を置いて」 … もの足りないだろうなー。

覇気のない、小食の、かわいくない制作会社(苦笑)。

もうそれは、しかたがないことなので、
小食なりに吟味する、一緒に味わってくださるクライアントさんと
関係を深めるしかないと思っております。

---------------------------

関連記事:
小食のお一人様は、もったいない。2013/05/17
ラーメンと半チャーハン。2008/12/01