基本的に、「一目見て意味がわかる」ないし
「興味をもって本文を読んでもらう誘いになる」
タイトルの付け方をする私ですが(コピーライターの性!?笑)
きょうのタイトルは、まるでわからないですね。

えー、「加湿機能がついた空気清浄機」を買ったのですよ。
オフィスに一台、自宅に一台。

でね、オフィスの一台は
フィルター清掃込のレンタル方式の機器で、
担当者(営業 兼 メンテナンス)は、
「カタログに書いてある『広さ対応=畳数』より、
余裕のある機種を選んだほうがいいですよ。
いろんな会社に設置した経験からそう思う。」と言う。

そして、自宅用の機器(これは買取)を選びに行った家電量販店では、
「和室と洋室が続いているとして、家族の皆さんがほとんど
洋室にいるとしたら、その方向に向けて設置すればいい。
すみのすみまで機能する必要はないでしょ。」とのことで、
「さらに能力が一段下の機種でもいいくらいです。」と言う。

「多め」をすすめる人と、「少なめ」をすすめる人。

どちらが正しいかはわかりませんが、
(量販店では1〜3万高い機種だって販売できたのに)
それぞれ方が、誠実に「良かれ」と思って薦めてくれたように思います。

会社のレンタル機器は、今後、オーバースペックと感じれば、
1ランク下の機種に変更すればよい。
自宅の機器は、能力が足りなかったら、寝室用に移して、
来年は違う機種を買いましょう。(もったいないけど。)

まずは信じて、使い始めます!