さきほど、Facebookに投稿した文章。
そのままBlogにも載せます。

*************************

ひとりでカフェにいるのですが、ものすごい音で
ノートパソコンのキーボードを押している男性がそばにいる。
この人は、前も見かけたことがあって、前回はかなり離れた席なのに
「パチパチ」と音が響いてきて「なんの音だろう」と怪訝に思ったほど。
パチパチ、エンター、パチパチ、エンター!特にエンター!もう打楽器か。

私はすごく気になる。音は出るでしょうが、親の仇のように打たずとも
(表現が古い!)もうすこし静かに打てないのか。
まるで気にかけていない(自分の耳に響いていない)のだろうなー。
そして、周りの人も気にならないんだろうなー。
携帯電話の会話と一緒です。いいじゃない、カフェだし。
(客同士の)会話とどこが違うの?はい、すみません。

こうして私も、この文章をiPad+外付けキーボードで実況している。
そう、自分のやりたいことに没頭すれば良いのです。
カフェは雑踏で、図書館やクラシック音楽喫茶(行ったことないけど)
とは違う。

もう考えるのはやめよう、気にする自分が悪いんだ、と
何十分か思いつつ、やっぱり自分もわがままに
「すみません、多少静かめにできないでしょうか」と言ってみた。
「はぁ」と言って10%くらいは減音してくれた気がする。暑い昼下がり。

********** 引用 以上 **********

そう、上でもふれたカフェや電車内での
「延々携帯電話」も「ピポパポの操作音」も、
携帯ゲーム機の「カチカチカチカチ」ボタンも。

満員電車の「背中リュック」、満員通路の「ごろごろ後ろ引きトランク」、
人を刺すように持つ「たたんだ長い傘」も似ている。

カフェで他人のことなんか「別に気にしない」という人がけっこういて、
「気にする人は神経質、こうるさい人」になっていく。

道具なんだから便利に使わなきゃ、そんなマナー
日本(川島)だけだよー、と言われて、妙に納得したりして。

「自分の世界」に入り込むことが処世術で、
「周りを気にかけること」をしてはいけない。

そういうことなのでしょう。

---------------------------

関連記事:多すぎて困る(苦笑)
カフェで電話は常識なのか。2011/08/08
あのー、携帯操作音をー。2008/10/01