朝日新聞によると(2011/05/31 朝刊):
「フルーツ王国福島 苦境:
福島産のサクランボが風評被害に苦しんでいる。
観光農園の予約は激減し、デパートの贈答品カタログからも
姿を消した。モモやブドウなど、これからシーズンを迎える
果物にも広がりかねず、農家は戦々恐々だ。」(記事ママ)

例えば、サクランボについて、その放射性物質の値が
「安全なのか、安全でないのか」
「気にする必要はあるのか、ないのか」
「政府発表は本当か、うそか」

正直、私はわかりません…。

しかし、「問題なし」との検査結果を公式に発表したのですから、
少なくとも(敏感で、将来もある子供に食べさせるのは
控える人がいたとしても)おっさん、おばさんは食べましょうよ!

そして、デパートのカタログにも載せましょうよ、ねぇ。

買うか買わないかの判断は、ほんとそれぞれの人で
いいと思うから。

★自主キャンペーン(by テリー・イシダさん/協力 川島の会社リプル)
原発事故の影響による風評被害を防ごう!〜 おっちゃん、おばちゃんが食べたるで!

同じ紙面に、「週刊朝日6月10日号」の広告:
「魚・貝・肉・野菜・果物・米… 食べてはいけない!
終わりなき放射能汚染 見分け方」

これだもんなー。

そりゃ、控えるわ。

でも、食べます。

◆ブログ記事:風評被害の「野菜・魚」を食べようマーク。2011/04/16


---------------------------

・私の会社の概要はこちらから:株式会社リプル(広告企画制作会社)