えー、その後の報告です。

ここの所のハードワークと花粉症のひどさで、
「目も疲れている」のは事実ながら、
「手元の字がかすむ」のは、老眼だわなぁ。

本日、いつもドライアイで通院している眼科医に
診察してもらいました。

ちなみに、老眼は早い人では40歳くらいから始まるらしく、
近視だと少し遅れるようです。
私は「裸眼で0.1 以下」 の、強度の近視。

「近視で、中 〜 遠方を見る」必要と、
「老眼で、手元の細かい字 〜 パソコン等を見る」必要から、
“遠近両用レンズ”を覚悟して行きました。

※遠近両用レンズとは、若い人に大雑把に説明すると(笑)
・レンズの上半分が「遠く用」:遠くを見る時は
上目遣いでレンズの上方を見ることが多い。
・レンズの下半分が「近く用」:手元を見る時は、
レンズの下方を見ることが多い。

で、検査結果と処方は:
<いまの近視用レンズを、4段階弱くする> でした。

つまり、目の調整機能が衰えているゆえ、
いまの近視用レンズ(視力1.0〜1.2)のままでは強すぎて、
手元にピントが合わない。

従って、メガネの近視矯正力を弱める(弱いレンズにする)
ことで、近くを見やすくします。
それで遠くの視力は0.7程度になりますが、
日常生活では不便のない範囲でしょう。

遠近両用レンズにはしないものの、
老眼現象が起こっているのは確か。

人生、折り返し点はとっくに過ぎているものねー。

早いところ、眼鏡屋さんに行きます。

----------------

【べんきょうENGLISH】 ※本文とは関係ない場合があります

presbyopia [プレーズバイオピア] /near sight

老眼/近視