ビール、好きです。

よく飲む銘柄は、いくつかありますが、
ひとつに絞っているわけではなく、
冷蔵庫には常に何銘柄かが入っています。
(これも、飽きっぽい性格の表れ?)

新製品もほとんど買います!
ビール会社にすごーく貢献。

ただ、発泡酒と第三のビールについては、
どうも「口に残る感じ」に独特のくせがあって
(専門的には何というのでしょう?)
さすがにすべては買わなくなりました。

アルコールに強いわけではないし、
毎日酔っぱらいたくて飲んでいるというわけではなく…
いや、やっぱり脳みそのストレス解消かなぁ…
「ノンアルコールビール(0%〜0.5%)」も
片っ端から試していますが、満足いくものなし。

本当の「ビール」以外がおいしくないのは、
何が要因なんだろう。
味覚は「意識」に左右されるから、
自分が「おいしくない」と思いこんでいるからかも
しれませんけどね。

どなたか、“ビールとビールの親戚”の「味の差」について、
明快に教えてくれるとうれしいなぁ。

ちなみに、きょう土曜日に飲んだ銘柄は、
夕食の少し前に柿ピーをつまみに『バドワイザー』、
そのあと『キリン クラシックラガー』でした。

-------------------

【英文アトランダム】 I’ll take it.

(料理のメニューや買い物で)それにします。