上石神井の小さな広告屋から

旧名『表参道の小さな広告屋から』: 表参道で1997年にスタートした(株)リプル:RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agencyは、 2016年初頭から川島のホーム・オフィス「練馬区 上石神井(かみしゃくじい)」へ。

お風呂は寒くて温かい。

東京も寒波!
数日前は10〜20センチの積雪でしたからねー。

自宅のお風呂に入ろうとするものの…
寒いなー。きょうはやめとこうか(なんて)。

震えるようにカラダを洗い、
湯船に浸かってふーーーっ。

こんどは温かさに、出たくなくなる。

子供の頃は、お風呂に「ゆっくりつかる」なんて、
考えもしなかった。
一緒に入ってたおばあちゃんに
「肩までつかりなさい」って言われてね。

おもちゃでずっと遊んでたという記憶もない。

いまも「長湯と熱い湯」はだめですけど、
風呂や温泉、嫌いじゃない。
それが大人になったっていうことか(笑)。

皆さま、寒さのピークも もうすこし。
お風邪など召されませんように。

電車ホームでの悪ふざけ。

いま、23時半過ぎ。

地下鉄のホームで、若い社会人男性ふたりが、
反対方向に乗る友達を見送るのに、
車両ドアの前で はしゃいでいる。

ドアが、何回か閉まっては開き。
電車は出発できず。

ついには「安全確認」で、駅員が飛んでくる。

バカだねー、中学生や高校生じゃあるまいに。

駅員に名前を聞かれ、ひとりは逃げようとして、
もうひとりに止められる始末。

酔っ払っているんだろうねー。

と、眺めているおっさん(私)も、はい、
酔っ払って帰ります。

ねぎをしょって帰ってきました。

東京も一昨日の大雪で、
畑の具合と流通網の関係などから(たぶん)
店頭に「野菜」が少ない。

昨夜は、長ネギがまるでなく、
卵も最後の数点だったなー。

今晩、打合せ帰りで寄った西友ストアーでは、
長ネギが少しだけ陳列されてて。

ネギしか買う必要がなかったので、
いつもの「レジ袋Lサイズ2円」も頼まずに、
背中のリュックに挿して帰宅!

「カモネギ」って言葉が浮かびました。

鴨ねぎ:鴨が葱を背負って来る(しょってくる)。
鴨が自分で葱まで背負ってくるので、
すぐに食べられて好都合であることから、
お人好しが、こちらの利益になる材料を持ってくる。
あるいは、事態が自分に都合のよい、
ますます望ましい状況になることをいう。

夜道を、リュックに長ネギを挿したおっさんが、
カモネギ、カモネギとつぶやきながら(笑)。

いいことの数珠(じゅず)つなぎが起きるといいなー。
すでにちょっと起きている気が!?


顔につづいて「声」。

3日前に「誰々に似てる」という話を書きました。
私が、なんとスティーブ・ジョブズとは〜!

きょうは、顔に続いて「声」の話。

「顔」ほどは言われませんけど、
顔の骨格が似ていると声も似るようですね。

昔、ミュージシャンの「サエキけんぞう さん」
(パール兄弟等)を個人的に知っている人から、
「川島さんの電話の声が、そっくり!」とか。

私は、顔もイケメン(汚い響きの日本語だなー)
じゃないうえ、さらに声は自慢できません。

鼻声で、細く、のどや腹の響きもない。
蓄膿症(ぎみ)なので若い頃に治療を受けたら、
「鼻骨が曲がって空気の流れが悪い。削りますか」
と問われ、怖いので拒否!

それでも小学校では放送部!(後述)

この「声の質」は直しようがないけど、
どうにか発声法や喋り方で改善したいものです。

あ、マイクの利用方も。

---------------------------
関連記事:
鼻声で話しております。2013/10/24
私がスティーブ・ジョブズ!?2018/01/21

主役と脇役。

ナッツいろいろの小袋とか、
おせんべいアソートとか。

「ミックスの袋もの」では、
私が好きなもの ≒ 原料費が高そうなものは、
たいてい少ない。

例えば、ジャイアントコーンは少々で、
ピーナッツはやたらある。

袋の絵柄には堂々、オールスターで載っているんですけどね。

主役は少ない。主役はなかなか出てこない。
小分けのミニ袋に、たった一粒だったりして。

まさに「さしみとつま」。

でも、脇役あっての主役なんだなー。何事も。
それぞれの役割とそれぞれの輝きがある。

と、理解しつつ、
きょうは主役が出なかったなー。
えーっ、お休みですか〜!? なんて時も。

雪をかき分け、幸運が。

東京も10センチ以上になろうかという積雪!

そんななか、打合せに加えてセミナー参加もあって、
夕方から出かけて行きました。

やめとこうかなー。打合せは延期し、
セミナーはキャンセルしようかなー。と思いつつ、
こういう日ほど、行くといいことあるかもと楽観(笑)。

いやー、行ってよかった。
仕事はばっちり進んだし、
セミナーは(キャンセルの人が多数のなか)
講師の方と親身に話せて、たくさんの気付きをもらえました。

ちょっと前に「風邪でも雪でも列車事故でも」
無理して出勤する日本人の話を書きましたけど、

きょうは、雪をかき分け進んだら幸運が!

【追記】
さらに、セミナー中に入った留守電を聞いたら、
新規のお仕事の依頼でした〜っ。感謝。

私がスティーブ・ジョブズ!?

打合せの席で、クライアントの若い女性が
「川島さんがスティーブ・ジョブズに見える」って。

えーっ、あのアップル社のカリスマに!?

当日、黒のタートルネックを着ていてことも
あるでしょうけど、「雰囲気が似ていると、前から」。

才能や業績ではなく、見た目がちょいと、
ということでしょうね。

「そっくりさん」と言うより、
メガネ、ひげ、痩せ型のところなど、なんとなくね。

これまでも、タレント・著名人に
「似ている」と言われることはあるけれど…

古くは、
みなみ らんぼうさん(フォークシンガー)
上田正樹さん(ブルースシンガー)
段田 安則さん(俳優:夢の遊眠社等)

顔立ちではなく、まさに語りや雰囲気で
水谷豊さん(俳優:相棒等)。

何を勘違いしたのか「ジョニー・デップ」と
言ってくださった方も!

最近はとんと「誰々似」がなかったので、
久しぶりに飛び出したのが
「スティーブ・ジョブズ」とはびっくり。

ちょっとがんばってみようという気になる(なにが!?)
うれしいお言葉でした。

塗り絵で深層心理が!?

知人が主催するセミナー&体験会のご案内です。

文章を書き写すと:

******
自動書記で描いたオリジナルのぬり絵は、天の計らい、
地の恵みが詰まっているぬり絵。
自然、宇宙、人とエネルギーが循環し、
ぬっていると、自然と必要な対話が出来てきます。
ある時は宇宙と、ある時は地球と。
そして、ある時は自分と対話をする事で、
気づきやメッセージを受け取る事ができたり、
癒しや感情の解放が行われたりします。
******

へぇ〜っ、ですね。
「自分が自分らしくいられる」と言うフレーズも。

★1月22日(月)18:30〜20:45 原宿にて。

私も参加します。一緒に参加できる方を募集します。
お申込みは下記から。

(知人=主催者のナカノ ヨウコさんのFacebook)
https://www.facebook.com/yokonaka1000/posts/1588244231257910

肩が張ると思ったら。

きょうはなんだか、
胸から肩の内側にかけて張っている。

パソコンに向かい過ぎの、姿勢の悪さと肩こりか…
と思ってから、気がついた。

昨日の朝、2年ほど日課にしている
ラジオ体操もどきと、
気功もどきと、
最近始めた骨盤矯正もどきに加えて、

「腕立て伏せ」をしてみたのでした。

10回で、きつくてやめたけど。それかー(笑)。

和室の障子を前にして。

2年前までは18年間、
世間のイメージでは「おしゃれ」と言われる表参道に
数名で事務所を構えていたのですが。

えいやっと閉鎖して、いまや私鉄沿線の自宅が事務所。

比較的近所に住む唯一の社員(総務経理女性)と、
週に一回はカフェかファミレスで会うものの、
私の事務所はここ
西武新宿線・練馬区上石神井(かみしゃくじい)駅
徒歩7分、庭付き3階 の一戸建て、母と私の家族との二世帯住宅。

… の、2階和室。

ふすまと障子の6畳に、事務机がある生活。
大型のカラー複合機は、1階の亡き父の仏間に鎮座。

表参道のモダンから、ゆるーい今へ。

不思議なことに、それでもすぐに馴染みましたよ。

机のノートパソコンMacBook Pro13インチと
外付け23インチモニターの先には、
引越しを機会に私が貼り替えた和室の障子。

がらっと環境は変わったけれど、本質は変わらない。
たぶんね。
より「自分がはっきりした」とも言える。

和室に Mac。
これも「粋(いき)」と思いましょう。

急遽の代役探し!

私は制作にいっさい関わらない案件なのですが、
知人の広告制作会社から頼まれ、
女性コピーライターを紹介していました。

朝8時の準備から18時まで一日、
知人(社長・ディレクター)や写真家と共に
10人程度を連続して取材する仕事らしい。

ところが、明日(木)の取材日を前に
「女性が体調不良で寝込んでしまった」とのこと。

知人から電話があったのが、きょう(水)のお昼。

それから双方で何人も当たるものの、
急な日程とまる一日の拘束等で代役が見つからない!

私としては、一度でも仕事をしたことのある
信頼できる人をご紹介したかったのですが、
いよいよ見つからなくて、FB拡散して、
「友達の友達」でも止む終えないかーと思った夕方。

私の側でひとり、知人側でひとり見つかり、
ちょっとの時間差で知人のほうの方に。

いやー、見つかってよかった。
電話、メール、FBメッセージをお送りした方、
どうもお騒がせしました!
ありがとうございます!

演劇の舞台などでも、キャストの降板→代役
の話を聞きますけど、
代わりの人をどう見つけ、極力 進行を止めないか。

ちょっとご無沙汰の方にも連絡してしまい、
自分と関わってくださっている方のありがたみを
痛感した日でした。

自分自身も、いつ倒れるかわからないからなー。

「代役見つかりました」のお礼報告をした際、
ある女性ライターさんの言葉が印象的でした。

「川島さん、よかったですね!
病気になられた方が一番安心されたことでしょう。」

ずれたらだめよ。

本日は、川島のミニセミナー
「広告お茶会」の4回目でした。

月に一度、懇意にしている会社さんの
原宿サロンをお借りして行っています。

私の広告・販促物の現物をご覧いただきながら、
その制作意図や裏話、コピー論など。

ほんと「ミニ」こじんまりした雑談なので限定4名様。

今回は3名様にお集まりいただいて… のはずが、
1名さんが来ない!
どうやら私の「確約」が足りなかったようです。

その女性から「ぜひ年初の会にうかがいたいです」と
メールをいただき、地図もお送りして
私は「成立」のつもりだったのですが、先方は「仮」。

私の「プッシュ」や、直前の「リマインド」不足でしたね。

ちょっとした「ずれ」。

いま「ちょっとした」と書いたけれど、
「ずれはずれ」= 結果は同じ。

いっぽう、昼間は新規のクライアントさんと
ブローシャー(案内冊子)の打合せでした。

事前に聞いていた意向を、私が「手書きの構成案」
殴り書きのお絵かきにしてプレゼン。
ほんと、「まるかいてちょん」みたいなざっくりデザインです。

そんな大雑把なものでも主旨は伝わるので
(良く言えば細部ではない骨子の話ができる)
どこが合っていて、どこは勘違いか… が明確になりました。

コミュニケーションとは、
何もかもが一致することではなく、「ずれ」の把握。

異なる意見や好みや立場を意識しつつ
「ずれ」を「共生」に持っていくことだと思います。

川島のFacebookはこちら
Takayuki Kawashima


●友達申請には必ずメッセージを添えてください
●フォロー(フィード購読)も可能です
こんなBlogです
日々の広告制作やビジネスについて書き連ねています。お付き合いのある方はもちろん、広告業界に興味のある一般の方も、読んでくれたらうれしいです。
月別バックナンバー
ブログ内の記事検索
Recent Comments
Profile
◎川島 孝之(Takayuki Kawashima): 株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)代表取締役・クリエイティブディレクター・コピーライター。

◎1957年3月生まれ。早稲田大学商学部(マーケティングゼミ)を5年で卒業後、1980年第一企画(現ADK)入社。6年の勤務ののち、制作会社11年を経て、1997年(株)リプルを表参道に設立。

◎2016年1月、表参道のオフィスから、西武新宿線 上石神井(かみしゃくじい:練馬区)のホーム・オフィス体制に変更。
ブログのタイトル「表参道の小さな広告屋から」も、「表参道の小さな広告屋から→上石神井」(2016年.1月)/「上石神井の小さな広告屋から」(2017年.1月)に変更。

◎広告・販売促進に関わる企画・制作・ブランディングを、Webを含めた外部ブレーンとのチームで対応。「デザイナーだけではできないデザイン」をご提供します。

※現在の主なクライアント:ビデオリサーチ、日立化成、介護のらいふ、オークラヤ住宅、アルカダイアモンド、武蔵高等学校中学校、翻訳専門校フェロー・アカデミー 等。
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
チャーミングな日用品365日
川島 蓉子
ハースト婦人画報社
2012-10-25

別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
イッセイミヤケのルールイッセイミヤケのルール
著者:川島 蓉子
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-03
おすすめ度:2.5
クチコミを見る
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本