上石神井の小さな広告屋から

旧名『表参道の小さな広告屋から』: 表参道で1997年にスタートした(株)リプル:RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agencyは、 2016年初頭から川島のホーム・オフィス「練馬区 上石神井(かみしゃくじい)」へ。

お昼ごはんが楽しみです。


私のオフィスは、地下鉄表参道 A2出口
(伊藤病院・マクドナルド前)から5分ほどの所ですが、
お昼ごはんに困らないのはありがたいです。

よく、高層のオフィスビルを中心にすえた新開発地域だと、
ビルの飲食店に集中したり、周辺にもほとんどなかったり。
ここは、近所にいろんなタイプのお店があるし、
青山界隈にほんの5分・10分足を伸ばせばバリエーションも広がる。

さすがに12〜13時はすこし混みますが、
私は はずしていくことが多いので心配なし。
テキトーな時間に「お昼行ってきまーす」と告げて、
一人で本など持って出かけます。
ちなみに、うちのメンバーは全員( たった4名だけど)
一人で食事に行く(行ける)タイプ。
職場仲間とぞろぞろ連れだって食べるより、
30分でも1時間でも“一人の時間”にするほうが好みです。

きょうは、和食の店で焼き魚定食、その後カフェへ。
きのうは、ピザ。
でもその前二日は“歩いて30秒”のコンビニパンだったなぁ。
ちゃんとお昼の時間を確保できない仕事ぶりを、反省!

「きょうは、何食べよう」と楽しみにできる環境は
(私はグルメじゃぜんぜんないけど)大切だと思います。

※しかし、きょうの和食もカフェもやたら混んでたなぁ。
14時過ぎに行ったというのに…
「エチカ」と「表参道ヒルズ」の影響かな。ちょっと驚き。

--------------------

【英文アトランダム】 Time for lunch !

お昼の時間だね。

努力を無駄にしないために。


☆「H.Tさん」、昨日の記事『仕事は、減らせる』
へのコメント、ありがとうございます。
「ひさしぶりのコメントで恐縮です」だなんて、
いえいえ、たまに見ていただいたうえに、
こうして反応をいただけて、心から感謝です。

****************************

ブログへの書き込みは「ニックネーム」が多く、
「H.Tさん」も誰かは正確にわかりませんが、
たぶん、同じ広告・デザイナー系の方ですよね?

昨日の続きで書くと、
ほんと「無駄な作業はしたくない」と思います。
そりゃ、広告の仕事は、いろんな方の意見が入るし
(「作品」を作っているわけではない!)
“直してなんぼ”“もめてなんぼ”みたいなところはあります。

でも、より良いものを作るためには、なるべく
「無駄な時間」を「つめる・考える」時間にあてたい。
何度も修正し、残業・徹夜する努力を、空回りさせたくない。

自分は、ディレクター的立場なので、
いっそう思うのかもしれませんが、
仕事の大筋をつかむことや、うまく「さばく」ことに
優先順位がいきます。

サッカーに例えると、
ワンタッチ・ツータッチでパスを通す。
ダイレクトでほりこむ。
いったん味方にパスを渡したら、全力で前線に駆け上がって
パスの「返し」を待つ。

ところが、「よし次!」と思って動いても、
スタッフが左サイドでながーくキープしていたり、
ドリブルでこね回していて、結局うばわれる…
なんてシーンがあったりします。

アートディレクターやデザイナーが、
「ボールを持っていたい、じっくり考えたい」気持は
わかるのですが、その努力が「流れ」の中で
良い方向に向かうのか…。

チームの細部を見つつ、ひとりひとりの作業形態を尊重しつつ、
結局ゴールが奪えるのか奪えないのか。
そこの判断に自分の役割はあると思っています。

--------------------

【英文アトランダム】 He that grasps too much holds nothing.

あまりにたくさんつかむ者は、何もつかまない。

仕事は、減らせる。


わっ、このご時世に何をいっているんだ…と自分で汗。

仕事はなくてはこまる。いやー、もっとくださーーい。

でもねぇ、つい書いてしまったタイトルは、
効率を高めたいということなのですよ。

いまの、私(&スタッフ)の「作業時間」は、
3分の2に減らせると思っています。

主な「無駄時間」は、段取りの悪さ。
社内&クライアントコミュニケーションと、
チェックポイントのまずさ。

たとえば、広告会社(広告代理店)さんと:
「では、明日のデザインチェックは夕方に」とした場合。
その会話時点で正確な時間を決めていなかったりする。
案の定、次の日「何時くらいになりますかねぇ」と催促の電話。
「そうですねぇ、5時くらいには完成し…」
「いやー、クライアントがNo残業デーの日なので
4時半までには先方に着いていないと」
「え、え〜ッ!」他社さんの仕事もしているのにパニック…。

あるいは社内打ち合わせでも:
AD・デザイナーが朝からずーっと一生懸命やっている。
「途中で見せてよ」と言っても、(そこはデザイナーの性)
没頭している。そこで、ちらっと午後も遅くなってから
画面をのぞく私 ← いまどきは作業はMACですから。
「何やってんの! “☆”のデザインは絶対ないって
言ったでしょ!少なくとも“◇”。え、聞いてない?
うそだよ、言った言った〜〜ッ」← 社内でけんか。

これなど早い段階で、「細部はまだですけど、
こんな感じですかねぇ」と見せてくれればすむこと。

なんか、こうした無駄時間(= 空回り時間)が
多いような気がします。
もっと効率よく。でも、つめる時は徹底してつめる。

そして、「つめる」時間を確保するためにも、
「効率」を考えなければ!(そして健康も。)
毎日毎日、遅くまでいないこと。

あらためて反省した、きょうでした。

****************************

☆「しゅんさん」、私の記事『コメントは、うれしいです』
へのコメント、ありがとうございます。
ほんとうれしいです(笑)

☆「企太郎さん」「太亮さん」、『それでも不明サッカー雑誌』
へのコメント、ありがとうございます。
おふたりとも、すごい(選手経験を含めての)サッカーファン。
私なんか、かつてのサッカーW杯予選「イラク戦中田の活躍」
以降のファンですから。
でも、ブログを通じて話題が盛り上がってうれしいです。
当面の課題(ネタ)は、「日本代表23人枠は誰に」ですかねぇ。

※あ、太亮さんへ。私は「久保」は入れたいです。
他の、ゴールはずしまくり、枠の外にけるばっかりで、
「おしい」と大げさに天をあおぐポーズのフォワードよりは
期待感があります。見ていて楽しいです。(詳しくはまた!)

--------------------

【英文アトランダム】 Drop by drop fills the tub.

一滴一滴、桶はいっぱいになる。(≒ ちりも積もれば山となる)

それでも不明サッカー雑誌。


☆昨日の『サッカー雑誌2誌の違いは!?』への
解説コメント、「太亮さん」ありがとうございました。
さすが息子さんとともに現役でカラダを動かしている
筋金入りの“サッカー少年” 太亮さんです。

****************************

私の疑問「なんでこんなに似ているんだろう?」への答えは、
結局、サッカー雑誌創刊期からの流れが引き継がれたから
ということですよね。

うん、歴史はわかったけれど、
サッカー雑誌業界(?)で、「見た目」をもうちょっと
変えてみようという話にはならないのかが、実に不思議。
なんか、ずーっと“親戚同士” で続いているようで…。

反対に、マーケティング的に言えば、
“新しいタイプの週刊サッカー専門誌”がそろそろ生まれても
良い頃なのかもしれないですね。

それとも、“業界の参入障壁”がやたら強かったりするのかな。

執筆内容より、表紙・紙面レイアウトなど
「見た目」にこだわった広告屋の週末ブログでした。

--------------------

【英文アトランダム】 What do you do in your free time ?

あなたの趣味は何ですか?

サッカー雑誌2誌の違いは!?


サッカー、好きです。

きょうの強化試合<日本代表×フィンランド>は、
2-0で勝てて良かった。
小野と久保の調子が出てきたみたいだし、
レギュラー三都主に変わって左サイドを担当した村井も
良かった。このまま村井で行ったら?(私は三都主に否定的。)

どのくらいのファンかというと、

◎Jリーグのテレビは見ないけれど、日本代表は必ず見る。
◎見られない時はビデオ(録画DVD買ってない…)か、
会社の会議室で一人で見る(ビールまで飲み出す←なんという
会社代表だと思われるかなぁ。苦笑。)
◎海外の中田、中村の放送のほとんどと、
たまに他の日本人の試合をスカパーで見る。
(スカパーでは、他の海外サッカーや映画等は見ないので、
週末の2試合程度のためだけにスカパー代約4000円払ってる!)
◎でも、日本代表の試合を競技場に見に行くほどではない。
◎ホームページの『サンスポ』と『日刊スポーツ』の
サッカーコーナーは毎日目を通す。
スポーツ新聞は、大きな代表試合のあと、買うこともある。

… という程度のファンです。

で、サッカー専門誌を買うことがあるのだけれど、いまだに
『週刊サッカーダイジェスト』と『週刊サッカーマガジン』
の区別がつかない!!
表紙も、中身のレイアウトも、執筆陣も。
「似たような雰囲気」なんてものじゃなくて、
2冊を並べて見比べたってわからない。

どんなジャンルの雑誌でも競合誌というのはあって、
ある程度似ているところはしかたないのだけれど、
広告雑誌でも『ブレーン』と『宣伝会議』と『広告批評』と
『コマーシャルフォト』の区別は、業界外の人から見ても
つくと思うよ。

一度、両方の編集部に聞いてみたい…と思うくらいに
前々から不思議に感じています。
どなたか、「いや、こんなに違うじゃないか」という
方がいらしたら、教えてほしいものです。

--------------------

【英文アトランダム】 Six of one and half a dozen of other.

ひとつ(一方)は6で、他は12の半分。≒ 五十歩百歩

コメントは、うれしいです。


私のは、とってもマイナーなブログですが、
何人か、ほぼ毎日訪れてくださる方がいたり
(「見る」というより「訪れる」が、なんかブログ気分ですね)、
たまにまとめ読みをしてくださる方がいらっしゃいます。

そして、知人以外の見ず知らずの方からも、
コメントやトラックバックをいただきます。
「誰も見てくれなくても、ブログは自分の考えを
整理する上でいいさ」と思っている(半分くらい!)
私ですが、反応をいただくと素直にうれしいです。

例えば、ほぼ“相互閲覧”となっている「きょろいちさん」
ブログ:CPA in brief)との関係も、そもそもブログ上の
きっかけは何だったか忘れてしまったくらいです。

コメントやトラックバックがあると、
ブログサービス会社のlivedoor Blogから(ほぼ瞬時に)
「お知らせメール」が届くのですが、
先日のきょろいちさんからのコメントに関する通知文は、
「必見!コメントのコメント。」にコメントがありました。(笑)

さて、8月14日から始めた私のブログは、早 半年!!!
書き続けてよかった… と思っています。

これからも(読者?の皆様)よろしくお願いいたします。

--------------------

【英文アトランダム】 A friend is best found in adversity.

逆境のときが、友を知る最もよい機会である。

どんな味の店だろう。


☆2/10の記事『朝と夜のブログ』に
トラックバック
がありました。

ブログ名『It enjoy living』の「店長」さんから。
拝見するところ、飲食系か家具・インテリアのお店?
どうもありがとうございます。お互い不規則な生活。
食事と夜更かしには注意しましょうね。
やっぱり、早起き習慣だ!

****************************

さて、私は「広告屋」ですが、自分のお店を
飲食店にたとえるとどんなだろう、とたまに考えます。

和食か洋食かなどのテリトリー、得意料理、味、
お店の立地、店全体の雰囲気、店員のサービス、料金、
外部からの仕入れ、ひいきにしてくださるお客様 etc.

すくなくとも、話題のインテリジェントビルに
大型店舗をかまえる有名店ではないし、
食事時に長い行列ができるラーメン屋さんでもない。
メイン通りからすこしはずれた路地にある、小さな店。
そこのオーナー兼料理人でもある私は、3名の従業員と…。

長くなりそうなので、続きはこんどゆっくり。
「自分の会社は飲食店である」と考えると、
料理から経営、ブランディングのことまで
(← おおげさですが!)いろいろと見えてきます。

--------------------

【英文アトランダム】 Looks good !

おいしそう!

必見!コメントのコメント。


えー、前回の私の記事『あれ、コメントができない』
に寄せていただいたコメント(Comments欄)は、
すごく充実した内容ですよ!

まずは「宅配ピザは高い!」という私の不満に対して、
割引クーポンはもちろん、店まで取りにいく方法を
教えてくださった「太亮さん」ありがとうございます。

そして、それに引続き、
私の「Comments とTrackBack」の疑問に関して
「nnさん」の奥深い考察が<4ブロック>も!

nnさんは、私のブログへ“早起きネタ”で
訪れてくれた(らしい)のに、
寝る前にこんな解説文書いて睡眠時間減らしてたら
だめですよー。

「太亮さん」が、当日のコメント欄の最後に
書いてくださったように、
ほんと「感嘆しつつ、勉強」になります。

きょうは、私の記事が「イントロ」で、
コメントが主役の日。ぜひのぞいてみてください
ちなみに「nnさん」ブログのトップページはこちらです

--------------------

【英文アトランダム】 Neccessity is the mother ofinvention.

必要は発明の母。

あれ、コメントができない。


こんな地味なブログでも、たまに
知り合いではない「偶然の訪問者」の方からも
Comments と TrackBackをいただきます。
そして、その後も訪れてくださったり。うれしいです。

※ところで、なんでCommentsは複数sで、TrackBackは単数、
Bは大文字なんだろう?(livedoorBlogの場合)

さて、お礼の意味もあって、
先方のブログにコメントしようと思うのですが、
うまくいかないブログがあります。

たとえば、2/9と2/11の私の記事に
コメントを寄せてくださった「nnさん」のブログ。
Exblog(エキサイト)のコメント欄に書こうとすると
「パスワードを入力してください」とある。え?何それ!?
もし、またここを見たら教えてくださいね、nnさん。

それから、ブログの本によると
「コメントの際のメールアドレスは、教えなくても
ルール違反になりません。記入する場合も、いつでも変えられる
フリーメールアドレスにしましょう」なんて書いてありますが、
ブログサービス会社によっては、「メールアドレス欄の記入無し」
では送信を受け付けてくれないところもあったりする。

それから、TrackBackもいまだにうまくいかなくて、
何回も何回も同じページをクリックしたり、文章書きの途中の
「Enter」のはずが、そこで送信されてしまったり…。
不審な訪問者になってしまっていたらごめんなさい。

見知らぬ人も見るブログは、
「誹謗中傷、揚げ足取り、からかい」のコメント
なんて危険もあるわけですが、
お互い“見知らぬ家”を訪問する興味や感心することも多くて
(有名社長のブログは“会社訪問”か?)
なかなか面白いメディアであります。

****************************

昨日の記事への、2つのコメントにお礼申し上げまーす。

→「nnさん」、英語に達者な方から英文アトランダムを
ほめていただいて(自分がしゃべれるのではなく、ただ、
探してきているだけですが)恐縮です。

→「太亮さん」、宅配ピザの節約のアドバイス
ありがとうございます。久しぶりの注文だったので、
割引券は期限切れでした!取りにいくと大幅に安くなるのは
知らなかった。やっぱり配達料が大きいのですね。

--------------------

【英文アトランダム】 Learn not , and know not.

人 学ばざれば、知なし。

オリンピックよりサッカーだな。


きょうは、10時半起きでした!(ワハハハ)
5日目にして早起き成立せず。

ま、土曜日だし。
一週間がんばった自分へのご褒美ということで…。
ブログ執筆も「こうして」夜の時間帯に復帰!

ところで、きょうからトリノ五輪開幕。
でもねー、私はほとんど興味ないんですよ。
ちょいと気になるのは、女子フィギアスケートと
女子モーグル上村愛子ぐらい(わかりやすい観客ですねー)。

延々繰り広げられる開会式より、サッカー日本代表の
特別強化試合(ようするに練習試合)のほうが大切。
13:00からの「日本×アメリカ」にチャンネルを合わせました。

しっかし、結果は「2−3」で負け!
そして得点差以上に情けない試合内容で、
「あー、オリンピックより応援したのに」と落胆しました。

アメリカ代表が、スパッとパスを通し、サッとボールに向かい、
ズバッと体を寄せて守ってくるのに対し、日本選手は
パスミス、出遅れ、当たり負け。
一気に勢いづきそうな場面でも、無駄に「こねくり」まわした
ようなドリブルで、結局ボールを奪われてしまったり。

海外リーグに所属する日本人選手は不在の試合でしたが、
だからこそ“国内組”の攻める気迫がほしかったです。

夜は、きょうも妻が不在なので、
子供たちふたりのリクエストで宅配ピザ。
M×2に、サラダ、ポテトを頼んで、約5500円!
あまりの高さに(配達料も含むのでしょうが)びっくり。

そのほかは、近所の本屋と喫茶店に行ったくらいで、
まるで、だらだらとした日記のような一日でしたが、
のんびりはできました。

さ、明日の日曜日は“いつも通りの”早起きと、
持ち帰りの多量の仕事と、プールです。

--------------------

【英文アトランダム】 Can I have the check?

お勘定をお願いします(してください)。

朝と夜のブログ。


きょうも「おはようございま〜す!」

早起きも、はや4日目。このネタ(あ、この行動)には、
いろいろと反応&応援をいただいて、
「よーし、こんどこそ続けよう」という気になります。

一昨日の「きょろいちさん」とのやりとりもそうですし、
作日のブログには、おなじみの「テリーさん」、そして
はじめてコメントをいただく“米国公認会計士資格を目指す”
「nnさん」から書き込みをいただきました。
ほんとうにありがとうございます。うれしいです。

****************************

ただし… うーん、ブログを書くには、
朝はちょっとあわただしい…。
“早起き度”が足りないこともあるのでしょうが、
ブログ執筆は“帰宅後ほっと一息ついてから” の
真夜中のほうが私には合っているかなぁ。

というわけで、明日からは従来通り
「深夜0時前後」におめにかかります。

でも、早起きをやめるわけではありませんからねー
(← ほんとかー?と自分でつっこみ)

--------------------

【英文アトランダム】 Early to bed and early to rise
makes a man healthy, wealthy, and wise.

早寝早起きは人を健康に、裕福に、そして賢くする。

早起き3日目。


きょうも(私としては、ですが)早起きを実行しました!

ぎりぎりで出社するために起きる時刻よりは、
1時間半早く。
これで3日連続です。

昨晩の帰宅も遅かったので、朝に洗濯機をまわし
(洗濯は夫婦どちらかがやりますが、昨日は妻が出張で不在)
ベランダに干して、このブログを書いて、いまから出社。

通勤途中のコーヒー屋で、ちょいと仕事の書き物をして、
会社へも15分は早く着くことにします。

いよいよ“三日坊主”じゃなくなりますかねぇ…。

では、いってきまーす!

☆「きょろいちさん」が、
昨日の記事へトラックバックしてくださいました。
きょうの私の【英文アトランダム】は、
そこから拾わせていただきました。

--------------------

【英文アトランダム】 Early bird (≒ An early riser)

早起き(≒ 早起きの人)
川島のFacebookはこちら
Takayuki Kawashima


●友達申請には必ずメッセージを添えてください
●フォロー(フィード購読)も可能です
こんなBlogです
日々の広告制作やビジネスについて書き連ねています。お付き合いのある方はもちろん、広告業界に興味のある一般の方も、読んでくれたらうれしいです。
月別バックナンバー
ブログ内の記事検索
Recent Comments
Profile
◎川島 孝之(Takayuki Kawashima): 株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)代表取締役・クリエイティブディレクター・コピーライター。

◎1957年3月生まれ。早稲田大学商学部(マーケティングゼミ)を5年で卒業後、1980年第一企画(現ADK)入社。6年の勤務ののち、制作会社11年を経て、1997年(株)リプルを表参道に設立。

◎2016年1月、表参道のオフィスから、西武新宿線 上石神井(かみしゃくじい:練馬区)のホーム・オフィス体制に変更。
ブログのタイトル「表参道の小さな広告屋から」も、「表参道の小さな広告屋から→上石神井」(2016年.1月)/「上石神井の小さな広告屋から」(2017年.1月)に変更。

◎広告・販売促進に関わる企画・制作・ブランディングを、Webを含めた外部ブレーンとのチームで対応。「デザイナーだけではできないデザイン」をご提供します。

※現在の主なクライアント:ビデオリサーチ、日立化成、介護のらいふ、オークラヤ住宅、アルカダイアモンド、武蔵高等学校中学校、翻訳専門校フェロー・アカデミー 等。
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
チャーミングな日用品365日
川島 蓉子
ハースト婦人画報社
2012-10-25

別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
イッセイミヤケのルールイッセイミヤケのルール
著者:川島 蓉子
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-03
おすすめ度:2.5
クチコミを見る
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本