上石神井の小さな広告屋から

旧名『表参道の小さな広告屋から』: 表参道で1997年にスタートした(株)リプル:RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agencyは、 2016年初頭から川島のホーム・オフィス「練馬区 上石神井(かみしゃくじい)」へ。

早起きと語学、再び!


☆「きょろいちさん」から、早起きの話題についての
コメント返し
をいただきました。ありがとうございます。

数日前から、きょろいちさんは“5時起き宣言”!
そもそもすごい勉強家の方なので、
早朝の活用で「目標」へさらに近づくことでしょう。

****************************

そうです、しばらく書いていなかった「早起きネタ」。
私の過去の記事でも“宣言”してるんですけどねぇ。
なにせ、言うだけで(そして研究するだけで)実行が
ともなわない、“ほとんど趣味のような”早起き願望。

ここ二日は、家庭の用事と仕事の締め切りがあり、
たまたまいつもより1時間半も前に起きたので、
よし、この調子で またがんばろーっと。

それから、きょろいちブログでは、会計や英語ネタ以外に、
フランス語についての記述もある。

私の場合、高校が第二外国語のある学校だったので
高校3年+大学5年(笑)= 8年もフランス語やった
(はず)なのになぁ。
つめのあかほども覚えていないのは、
英語教育と同じ日本のカリキュラムの欠陥か!?
いや、やっぱり私の責任です…。

早起きと語学。心を引き締めて取り組もう!

--------------------

【英文アトランダム】 You never know.

まだどうなるかわからない。可能性はあるよ!

始まりました!花粉症。


う〜ん、1週間ほど前からかなぁ。

今年も始まりました花粉症。

私の場合、20年を超えるベテラン。
世の中で「花粉症」が話題になると同時くらいに、
先頭をきってかかりました。
←「都会人の証だぜ!」と、まるでかからない妻に自慢話!
← その妻は洗濯物も布団も、夫にかまわず外に干し放題!

鼻 ぐしゅぐしゅ、目 かきむしり…。
ひどい時は、朝(夜中の涙&かきむしり状態で)
目ヤニがくっついて まぶたがあけられないくらいです。

今年は「花粉量」が昨年の2・3割〜半分とのことで、
すこしは楽かなーと思ったものの、
昨年って、一昨年の2〜3倍の花粉量じゃなかったっけ!?

さらに近年は、
●激しいドライアイ:「ドライアイ気味」とかのレベルではなく、
はっきり医者から「病気です」と言われて、2時間に一度
ヒアルロン酸入り目薬の点眼必須!
●老眼に片足:まだ近視のみですが、近視メガネを弱める
ことで、老眼をごまかしている状態。
●疲れ目:仕事がおかげさまで忙しく(苦笑)残業も多め!

… の“うん重苦”で、もう目はへろへろ。

「花粉症の治療に」と話題になるものは数多くありますが、
薬や注射、防止グッズも抵抗があって、ほとんど無治療状態。
春の風物詩とあきらめています。

きょうの雪がおさまったら、いよいよ本格的に「来そう」
ですねぇ。
うううーッ…

--------------------

【英文アトランダム】 One loss brings another.

ひとつの損失は他の損失を招く。≒ 悪いことは重なる。

大胆さと、繊細さ。


☆ひとつ前の記事、『仕事の「鮮度を保つ」こと』に
MJさんからコメントをいただきました。
どうやら確定申告の準備で土日出社。
“請求書・領収書のたばと格闘中”に寄せていただいた
みたいで … 感謝です!

****************************

仕事はどんな業種でも、
1)生み出すもの(商品・サービス・アイデア)と、
2)事務作業と、
3)それに関わる人間関係
で出来ていて、それらが相互に関わりながら
「結果」のクオリティを高めていくわけです。

経営者としては、3つを“全方位”に見ることは当然ですが、
優秀なスタッフは、たとえ若いデザイナーでも、
2)3)についての気配りができている。

机や書類の整理整頓を心がけている、
「報連相」がスムーズ、
どんなに作業状況がキツイ時でも、クライアントとの電話に
「こんにちわー、ほんと大変ですよーッ(笑)」と
応対できる。そして、愛される。

私の会社は“広告クリエイティブ”の会社ですが
(なんか、その言い方も恥ずかしいけど!)
仕事の鮮度は、自由な発想と、細やかな神経の
両面から生まれるものだと、つくづく思います。

--------------------

【英文アトランダム】 A good beginning makes a good ending.

良い始まりは、良い終わりを作る。

仕事の「鮮度を保つ」こと。


最近、頼まれる仕事の中に
「いちど他のスタッフで試作したけれど、
うまくいかなかった、クライアントに通らなかった」
という仕事が増えてきたのに気づきました。

「こんな制作物を作りたい」というより、
「どう作っていいか仕切直しで相談したい」というニュアンス。

広告表現は、機械のスペックのように明確に比べられないし、
制作にあたってさまざまな方の意見が入るので、
ぐちゃぐちゃになったら、ほんと
それはもうぐちゃぐちゃになります!(涙、涙)

もちろん、最初のアイデアが甘く、
つめのデザイン・コピーの完成度も低い場合があるでしょうが、
クライアントの意志が明確でなく、
社内稟議の力も不足している(担当者が任されていない)
場合も多いのではないか…と推測されます(前の方に同情)。

「どうにかしてほしい」と仕事の声をかけていただけるのは
ありがたいですが、あまりに不明瞭な内容や時間のなさでは
お断りする場合も…。

反対に、「川島のところはいまいちでさー」と
うちの会社から離れていく仕事もあります。
思い返しても、私の企画力・ディレクション力のなさ、
スタッフのつめや態度の不備から「逃してしまった」そして
「ほんとうに関係すじにご迷惑をかけた」仕事もいろいろ!(汗)

発注側と受注側の信頼のもと、一瞬の新鮮さだけでなく、
レギュラーとして仕事をキープしつつ
常にそれを超える配慮と頭をゆるめないこと。

鮮度を保つ。

なんか、冷蔵庫の広告のようなフレーズを
意識する昨今です。

--------------------

【英文アトランダム】 Another man’s burden is always light.

他人の荷物は軽く見える。

迷惑あり、親切あり。


☆PDA(携帯情報端末)『W-ZERO3』について意見を
書いた一昨日の記事に、
見ず知らずの「BBさん」からコメントをいただきました。
私の「買おうかなぁ、でも最も重視するスケジュール表示が
弱いなぁ。」の悩みに、 「いい追加ソフトがありますよ」
とのアドバイス。ありがとうございます。

****************************

日々の生活で  「迷惑だ!」と思うこともいろいろあるけれど
〜 例えば、電車内でのヘッドフォンの音漏れ、
携帯電話の長話、携帯電話のピピパパ操作音、
満員電車の背中リュック、出入り口にどっしりとかまえ
いっさい奥につめようとしない人 etc. 〜
ブログを通じて、面識のない人が親切に教えてくれるうれしさ。

世の中、まわりへのちょっとした気遣いがあれば、
コミュニケーションがスムーズになって、
ギズギス感も減ると思うんですけどねぇ。

--------------------

【英文アトランダム】 See you around.

(友達との別れ際に) じゃ、またね。 

迷惑に負けない…ようにね。


一昨日の記事『携帯電話のピピパピポ!』に、
4名もの方から反応をいただきました。

「電車などの公共の場所で、携帯電話の操作音が
気にさわりませんか?」というブログ内容だったのですが、
賛同の声が続々!← 4名だけど、零細ブログだし(笑)。

「テリーさん」は、奥さんが音の消し方を知らずに
家でピポパピしていたから、消音を教えたらしいです。
「銀座野郎さん」は、背中大型リュックや
飲み物持ち込みに配慮がないケースにも憤慨していました。
「ARCADIAさん」は、若者に注意したら、次の日
“不審な者に駅の階段から突き落とされそうになった”
体験があるとのこと(恐ろし!)
さらに、メールで感想をいただいた「太亮さん」は、
家の前のトラック迷惑駐車に、川島と同じく
“刺される覚悟で”(あ、いや、私は刺されたくないけど!)
のぞんでいるそうです。

公共広告機構のCMに、「なぜ、病院等公共の施設で
騒いでいる子供を親が注意しないのか」というのがあったけれど、
携帯通話も(受信後 一言ですぐに切るならいいと思う)
携帯操作音も、リュックマナーも、
電車内での空き缶やゴミの置きっぱなしも、
電車入り口付近がいくら混んでいても かたくなに奥へつめない
こととかも…。

ルールを守ることや まわりに気配りすること、
そしてなにより、自分で気づくことが
欠落していると言わざるを得ません。

迷惑に思ったり、勇気をもって注意する人間に対し、
「うるさい人だ」とか「なに神経質なこと言ってるんだ」
というのは、おかしいと本当に思う。

--------------------

【英文アトランダム】 A bad thing never dies.

悪きものは死ぬことなし。≒ 憎まれっ子世にはばかる。

予定がたたない、W-ZERO3。


タイトルを見ただけで、「お、あれあれ」とわかった人は、
よほど“そちら系”が好きな人ですね。
きょうも「価格.com」のクチコミ、チェックしましたか?

W-ZERO3とは、新登場の携帯情報端末(PDA)のこと。
SHARPがハードとソフトを作り、
WILLCOMが内蔵PHS技術を提供している共同開発機種で、
“この1台で、通話&ネット&メールに完全対応”できる
“オールインワン端末”なのです。

買おうかなぁと思って、発表段階から
メーカーホームページやカタログをながめているのですが、
ひとつ大疑問 = 大不満がある。
それは、スケジュール表(ソフト)が、ろくでもないということ。

私のPDAに求める優先順位は、
1)スケジュール表
2)メール受信チェック
3)辞典機能
4)小さくてもキーボード付き
おまけで)ネット閲覧
※ゲームはいらない。画面はモノクロで十分!

しかし、各種資料を見ても、
「パソコンのワード・エクセル・パワーポイントが閲覧できます」
とか「音楽をその場でダウンロード再生」とかは
述べてありますが、スケジュール表が“どんな見え方” かは
記載すらないのです!!!

私の現行機種 <SONYクリエ>(+ NTTドコモのPHS)
でもそうでしたが、<メーカー設定のままでは>
1週間表示が、ただの棒 … 
うーん、まるでわからない方に説明しますと、
「1日表示」では字が読めるものの
「1週間表示」にすると「どの日のどの時間帯に予定があるか」
を棒グラフで示してくれるだけで、字が表示されない。

それを、フリーウェアの置き換えアプリ
(個人の方が無償提供しているソフト ←素晴らしい出来です!)
『KsDatebook』に変えることにより、
やっと1週間でも字がわかるようになっています。

PDAの基本機能に、そうした見やすさ・便利さがないばかりか、
そもそもどこにも、予定表に対する紹介がないとは!

情報・スケジュール管理ツールとして、
機能満載をうたうより、カラー画面なんかにするより、
よっぽど大切なことじゃないのかと思うのですが、どうでしょう。

ほとんど毎日充電が必要なはずなのに、
USBケーブルでいちいちつなぐ形式で、「充電台」が
オプションとしてさえ用意されてないところなんかもねぇ。

…って、きょうは「一部受け」の話題で失礼しました。

--------------------

【英文アトランダム】 Kill two birds with one stone.

ひとつの石で二羽の鳥を殺す。≒ 一石二鳥。一挙両得。

携帯電話のピピパピポ!


電車の中で。

携帯電話で「ピピ、パポ、ピポ」と鳴らしている操作音、
気にさわりませんか?

携帯電話でのえんえん車内通話も大嫌いだけれど、
優先席付近をのぞいて(ペースメーカーへの影響があるらしい)
◎車内で着信音が鳴る
→ ◎すぐに出て「いま電車の中」とつげる、
◎あるいは、電車なので一方的に聞く状況を「一言」
相手に知らせ しばらく聞いている…
というくらいは、いいかなぁとも思うのです。
携帯を電車に乗るたびに「マナーモード」にするのは不便ですし。

しかし!!!

メールか、ゲームか、設定変更か知らないけれど、
電車の中でひたすら、「ピピ、ピポ、ピポパ、ポポ、ピ」と
響いている(よーく聞こえる)状況は、なんなのか。

あまりにうるさい場合(まさに主観によりますが)、
「あの、すみません、音なしに変更していただけませんか」
と見知らぬ人に言ってしまう私は、「神経質」なだけ?
妻から言わせれば「人に注意して刺される恐れ大」なので、
「お願いだからがまんして!」となるのですが…。

ピピパピポと鳴らしての操作。
 それを「無神経」だと感じるのは私だけですかね。

--------------------

【英文アトランダム】 To a blind horse a nod is as a wink.

盲馬にはうなずいても、まばたき(ウインク)しても、
同じである。≒ 馬の耳に念仏。

あぁ、毎日がやりなおし。


☆「太亮(DAISUKE)さん」から、昨日の記事
『パソコン再インストール』にコメントをいただきました。
ほんと、バックアップは大切だけど、その手間を考えると
すべてやっているわけにはいきませんよねぇ。
それに、バックアップする場合は
外部(ネットのストレージとか、外付ハードディスク、
会社の場合は別パソコンにある共有フォルダ)じゃないと
意味がない。機械を信じちゃ〜いけません。(あ、人は?)

☆それから、3日ほど前には「テリーさん」から、
私がlivedoor堀江(前)社長逮捕について書いた
『でも、守りに入ってはいけない』にコメント
いただいております。(ご返事が遅れ、すみません。)

****************************

で、きょうのお題は、上記2つのことから思いついた
『あぁ、毎日がやりなおし』。

広告の仕事って、まったく業界外の方から見ると、
クリエイターの人がうんうん言いながら
あるいは鮮やかに考えつき、作業することで完結すると
思われているようなのですが、
現実は仕事の半分以上が「直し・修正」というやつです。

打ち合わせをし(時には競合プレゼンで勝ち取り)、
おおすじOKをいただいたはずが、
進行するにしたがって内容が変わってくる。
例えば、担当者さんいわく「僕はいいと思ってるんだけど、
担当の役員がね〜」。いいと思うなら通せよなー!

あるいは、きょう入稿!という段になっても、
「やっぱりここが」と一字一句、一ミリ一デザイン(←造語)
直しが入る。

ま、自分たちが組み上げたものに「甘さがある」場合も
確かにあります(謙虚に反省)。
それに、広告表現は、世の中ですごい数の人の目にふれる
責任ある仕事。広告代理店さんやクライアントさんの
ほんの何人かの審査を通過しないようじゃ、
制作物そのものに欠陥があるか、こちらの説得不足だと
心しています。

しかしなー(さっき、反省したけど!)
内容に関する理不尽な直しや、先方の社内チェックなどの
段取りの悪さによってぐちゃぐちゃになるのはさぁ…。

直しは、あっていい。いろんな事情があるだろうし、
ほんと「より良くするため」と考えればいい。

でも、「つまる」修正か、
「つまらなくなる」修正かには、ちょっと気をいれて
対応したいと思うのです。

--------------------

【英文アトランダム】 Could I try the next size ?

違うサイズ(上か下)のものを試着したいのですが。

パソコン再インストール!


いやー、自宅のノートパソコンが壊れまして。

ハードディスクから「ガガガガ」と音がして、
再起動してもセーフモードにしても復帰せず…。
サポートセンターに電話で問い合わせたところ、
向こうの電話口にも響く「ガガガ」を聞いたサポートの人
からは、「あ、こりゃ、完全にだめですねぇ」の言葉。

結局修理に出して、5日ほどで戻ってきました。

サポートの対応は、非常によかったです。
ちなみに、パソコン購入は『NEC Direct』
電話こそ「ただいま混み合っております」で、なかなか
つながらなかったけれど、そこから先は順調。
トラブルについていくつかの対処操作を指示してくれて、
どうしてもだめだとわかると
「では、修理を手配しますのでお待ちください」。
→ 電話を切って15分くらいで修理担当から電話があり
修理に出す手順と日時について教えてくれて
→ 当日は宅配便の人が専用の集荷ケースを持って登場。

いまどきは、自分で箱につめなくても、
販売側で箱を用意して引き取りに来るのですね。感心。
発送代・修理代も、購入時に「3年サポート」に1万円弱で
入っていたため、本来数万円する今回の値段は無料
(っていうのもへんだけど)でした。

し、しかし。
それはいいのだけれど、ぴかぴかに磨かれたボディとともに、
ハードディスクの中身も「まっさら」でご帰還!!

はなから「初期化の恐れ大」と言われてはいたんですけどねぇ。
いま、必要なソフトを何本も再インストールし、
設定を(すべてはあまりに大変で、一部)し直したところです。
ふーっ。
無線LANにも手間取り、昨夜から実質まる一日がつぶれた

ま、書類はネット上の保管庫からいつでも呼び出せるし
ストレージサービスを使っててよかった〜っ)、
自宅でも会社でも“仕事机のデスクトップマシーンと、
別の広いテーブルで使うノートパソコンの2台体制”なので、
困ったことにはなりませんでしたが…。

パソコンはいつ壊れても、データがふっとんでも
いいようにしておくこと。
あるいは、バックアップもせず消えたものについては、
すっきりあきらめること。

すごく疲れたけれど、引っ越しのあとのような
不思議な再スタート感があります。

--------------------

【英文アトランダム】 Out of sight, out of mind.

視界から遠ざかれば、心からも遠ざかる。

でも、守りに入ってはいけない。


☆ARCADIAさん、遠くオーストラリアの地から
(ネットに距離は関係ないけど、やっぱり気分としてね!)
『稼ぐ!儲ける!ライブドア』へのコメント
ありがとうございました。

****************************

livedoor堀江社長逮捕の衝撃は、
「やっぱり、はじめからうさんくさかった」という評価から、
「老人支配的 日本経済界への挑戦者が挫折するのは残念」
という見方までいろいろですが、役員を含めて
違法行為は明白なのでしょう。

ルールを超えていくことと、ルールを逸脱することの違い。
“未来へのdoor”をいきおいよく開け、
足もとも見ずに歩を進めたら、
そこは断崖絶壁だった…てなイメージかな。

堀江氏と、「livedoor」という会社・ブランド・株価が、
谷底からはたしてはい上がるのか。
興味があります。

--------------------

【英文アトランダム】Honesty is the best policy.

正直は最善の策。

稼ぐ!儲ける!ライブドア。


ほんの5か月前、
私がブログをはじめる際に最初に買った本が、
出たばかりの堀江貴文著
『ライブドアブログで稼ぐ!儲ける!』
(2005年8月4日発行)でした。

金色の表紙に、腕組みした堀江社長の大きな写真。
帯には「堀江流・勝てるアフィリエイト完全攻略」。

『ライブドアブログで稼ぐ!儲ける!』とは
すごい「もろ」なタイトルつけるなぁと思いましたが、
その本も含めた堀江社長(=ライブドアという会社)
のイキオイに、ブログサービス会社を「livedoor blog」に
決めた経緯
があります。

堀江社長の著書には、マスコミで話題になった
(金でなんでも買える姿勢が批判をあびもした)
『儲け方入門〜100億稼ぐ思考法』なんかもあって、
うーん、堀江社長及び役員逮捕のいまとなっては、
その もろさ(ストレートさ)が、もろさ(こわれやすさ)
になってしまったわけですねぇ。

容疑が確定したわけではありませんが、
とっても考えさせられる事件です。

--------------------

【英文アトランダム】 One man’s fault is
another man’s lesson.

一人の人の過失は、他の人の教訓となる。
≒ 人の振り見て我が振り直せ
川島のFacebookはこちら
Takayuki Kawashima


●友達申請には必ずメッセージを添えてください
●フォロー(フィード購読)も可能です
こんなBlogです
日々の広告制作やビジネスについて書き連ねています。お付き合いのある方はもちろん、広告業界に興味のある一般の方も、読んでくれたらうれしいです。
月別バックナンバー
ブログ内の記事検索
Recent Comments
Profile
◎川島 孝之(Takayuki Kawashima): 株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)代表取締役・クリエイティブディレクター・コピーライター。

◎1957年3月生まれ。早稲田大学商学部(マーケティングゼミ)を5年で卒業後、1980年第一企画(現ADK)入社。6年の勤務ののち、制作会社11年を経て、1997年(株)リプルを表参道に設立。

◎2016年1月、表参道のオフィスから、西武新宿線 上石神井(かみしゃくじい:練馬区)のホーム・オフィス体制に変更。
ブログのタイトル「表参道の小さな広告屋から」も、「表参道の小さな広告屋から→上石神井」(2016年.1月)/「上石神井の小さな広告屋から」(2017年.1月)に変更。

◎広告・販売促進に関わる企画・制作・ブランディングを、Webを含めた外部ブレーンとのチームで対応。「デザイナーだけではできないデザイン」をご提供します。

※現在の主なクライアント:ビデオリサーチ、日立化成、介護のらいふ、オークラヤ住宅、アルカダイアモンド、武蔵高等学校中学校、翻訳専門校フェロー・アカデミー 等。
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
チャーミングな日用品365日
川島 蓉子
ハースト婦人画報社
2012-10-25

別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
イッセイミヤケのルールイッセイミヤケのルール
著者:川島 蓉子
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-03
おすすめ度:2.5
クチコミを見る
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本