上石神井の小さな広告屋から

旧名『表参道の小さな広告屋から』: 表参道で1997年にスタートした(株)リプル:RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agencyは、 2016年初頭から川島のホーム・オフィス「練馬区 上石神井(かみしゃくじい)」へ。

問題があってよかった。


まー、ちょっと強がりなタイトルではありますが。

問題があるから、解決がある。
問題があってこそ、進歩できる。

くだらないミスが引き起こす事態は、
まさに“問題外”だけれど、トラブルというものは、
その原因があるから起こるものだと
最近は切に思います。

コミュニケーションがぎごちないのは、意思疎通不足。
コピーチェックで山のように赤が入るのは、
きちんと書けてないから。
デザインが「ぴんとこない」と言われるのは、
ほんと ぴんとこないものしか作れていないのでしょう!

なんとなくうまくいかないとか体調がすぐれないなど、
はっきり「これ!」といった原因が見えないことも多いですが、
それだって“問題をかかえている”ことは確か。

仕事も、家庭も、じぶんのことも、
ものごとすべて順調にいくことを望むけれど、
いっけん困ったことも、長年の間に「溜まってしまったこと」
を浮かび上がらせ、悩み・勉強する機会となり、
さらに前へ(あるいは違う次元へ)進むきっかけである。

なーんて、何でもポジティブ思考! の人間みたいですが、
うまくいかないことに意固地になるのではなく、
問題があって(わかって)良かった!くらいに
明るく考えたいと、ほんと思うのですよ。

もちろん、反省したうえでね。

--------------------

【英文アトランダム】As you sow, you shall reap.

自業自得。≒ 因果応報。
sow(種、種をまく)reap(収穫する、報い・利益を受ける)

仕事は休日も続く‥か。


時計は、深夜零時をまわって2:00AM。
きょうも(いや、もう きのうか)忙しかったです。

ポスターやリーフレットの打ち合わせ&制作作業のほかに、
TV-CMの企画コンテもつくりました。
※ちなみに、平面(グラフィック)のデザイン試案は「カンプ」、
CMの試案は「コンテ」と言います。← 【広告の基礎知識】

外部の女性プランナーさんとアイデアを出し合い、
彼女が「コマ割り」の絵を描く横で
私がナレーションコピーを書いては話し合い‥
なんて作業は、グラフィックとは違う手と頭が必要で、
これはこれでとっても楽しかったです。

そして、次は「うちのデザインスタッフ」と
新聞広告のカンプづくりへ。

この数週間にわたる努力と、チームワークの楽しさが、
“競合プレゼン” の結果につながりますことを!!

さて、私の会社は、きょう(12/28)水曜日が仕事納め。
‥ のはずが、課題がまだまだ終わらない。
こりゃー、いったん会社としてはお休みに入って、
宿題&出社かなぁ。

でも、正月3が日くらいは、仕事に手はつけないでおこ!!

では、仕事先の皆様、
本年もお世話になりました。
来年もごひいきのほど、よろしくお願いいたします。

--------------------

【英文アトランダム】In the evening the idle man begins
to be busy .

怠け者の宵(よい)働き。
ふだんなまけている者に限ってみんなが休む休日に働きたがる。

「休め」という「姿勢」。


息子がお世話になっているボーイスカウトで聞いた話。

誰もが知っている「きをつけ!(気を付け)」と対になる
「休め」は、辞書によると
“楽な姿勢を取らせる時の号令”などとなっているのですが、
じゃ、だらりとしていいかというと、そういうものではなく。

「休め」は、“休めという姿勢をとること”なのですね。
だから、休めでもぴしっと止まり、動いてはいけない。

そこで思い出したのは、「報連相」のこと。
オフィスで事あるごとに言っている注意事項で
(経営者の皆様、ほんと基本ですよねー、そして徹底できない
永遠の教育テーマもこれ!)「伝えるべき内容がある」ときは、
そこそこできる。

しかし、できないのは、事態が「止まっている」
「進行が遅れている」「検討が長引く」ことに対して、
どれだけの姿勢をとれるかということ。

停滞している事態に「動かすべく働きかけをする」と同時に、
関係スタッフに(安心させるため、次善の策を検討するため)
「止まっている、ということを教える」のも
大切な行動だと思うのです。

「なにもない」から「なんの連絡もしない・できない」のは素人。
「休め」にも姿勢があるのと同じです。

--------------------

【英文アトランダム】Everything comes to those who wait.

万事、万物 待つものに来たる。≒ 果報は寝て待て
※きょうの記事に対しては、ちょっと皮肉な英文かな。

アイデアを、ねかせる。


外部スタッフに協力をお願いしている企画があって、
「じゃ、だいたい方向性がきまったので次の打ち合わせは」と
あせる私に、「ねかせる時間も欲しいし」とその人。

うん、確かにそうだ。企画はねかせないと良くならない。

これは、“スピードよく仕上げたほうが良いものができる” という
方法論といっけん矛盾するようですが、欠かせないことです。

10月17日の『広告アイデア、ベータ版』にも書いたけれど、
コンセプト(これはすごく大事)をずっと練るよりも、
具体的なコピー案・デザイン案・撮影イメージ(ダミー)を
“とりあえずカタチにして”それを土台に、また各自が考える。

おおもと(よりどころというか皆の統一見解というか)があって、
→ 各自の熟成 → (各自&会議での)発見・修正 → まとめ。
言い方を変えれば、集中 → 開放・切り替え → 気づき → 集中。

このパターンは、なにもグループ仕事でなく
“自分ひとりでのアイデア”でも同じです。

ねかせる時間を作るためには、限られたスケジュールを配分し、
思いっきり集中して「一定のレベルまではスピードよく仕上げてしまう」
スタートダッシュがきもとなる!

なーんて、えらそうに書きましたが、
ねかせる時間が「ほんとーに いっさい何もしない」時間
になったりすることもしばしば(苦笑)。
勤務時間の散歩・喫茶店・本屋なども、ねかせてるんだか、
じっとしていられない あきっぽいだけの性格なのか。

この3連休は、出社はしないものの宿題がたっぷり。
「せかせる」課題も、「ねかせる」課題も、盛りだくさん。
日曜日の夜中までの「ねかせすぎ」には注意しなきゃ!

--------------------

【英文アトランダム】Merry Christmas !

クリスマスおめでとう。
※誰もがわかる言葉だけれど、スペルは正しく書けますか?

昨夜の電車はすごかった。


昨夜(12/22)は、残業で会社を出たのが23:30くらい。
そこからの電車の混み具合が、いやーすごかったです。

3連休の前であることと、多分 忘年会のピークと、
冬の着ぶくれと、(JRから乗り換えた私鉄では)人身事故と。

降りた駅では、ベンチで寝ている人や、
せっかくのごちそうをホームで「…………」している人や、
(私はもう徒歩ですが)タクシー待ちの長い列や。
久しぶりに“日本の年末”気分たっぷりの帰宅でした。

そんななか、私は素面(しらふ)!
え、残業しながら缶ビールじゃないの? というあなた、
私をよくわかってますねぇ。でも、飲んでないんですよ。
しかも3日間!

きのうやおとといのブログには「ビール、熱燗、ワイン」
なんてワードが出てきますが、
たまたま記載した話題がそちらにつながっただけ。
それとも潜在願望か? す、すごい。

めずらしく風邪ひきです。
何年かに一度、ほんのちょこっとひくかどうかの風邪で、
さらにめずらしく病院へ。
おかげさまで熱と咳はほとんどなく、お腹へすこしくる
程度ですが、お酒は“自宅クリスマス”で解禁かな。

へろへろで帰宅して、風呂に入って、
仕事のメールを(休み明けに読んでくれればいいと思って)
広告代理店あてに送信したら、夜中の2:30に
先方の会社アドレスで返信があった。

みなさん、ほんとお疲れさまです。
ちょっと早いけど、来年もよろしくお願いいたします。

--------------------

【英文アトランダム】Without bread and wine even love
will pine.

パンと酒なくて、何のおのれが恋ぞや。≒ 花より団子。
pine:嘆く、苦しむ。

昼間に優雅に赤ワイン。


あ、いや、私のことではなく!

12月14日にブログでご紹介した、
表参道の駅地下「エチカ」で見かけた風景。

私がプレゼン用カンプを入れた大判袋をかかえ、
「5分前ルール」どころか「5分後に着ければいいほう、
許してくださ〜い」と心の中であやまりつつ、
見物客の増加で流れが悪い通路を早足で歩いていると。

フランスをイメージしたカフェ(‥とやらの)ガラスごしに、
50代くらいの女性二人が、赤ワインを手に
まさにかんぱーい!カチーン(声も音も聞こえないけど)
のシーン。

午後の2時過ぎ。
うーん、こんな雰囲気が人を集めるのね。

優雅にワイン、いいなぁ。でも忙しいなぁ。
「がんばっている自分に乾杯!」などとバカなことを
つぶやきつつ、改札を抜けた私でした。
(で、届けたカンプ、クライアントの役員さんに通るかなぁ?)

--------------------

【英文アトランダム】Would you bring me another
glass of wine ?

ワインをもう一杯ください。

太陽とビール、鍋物と熱燗。


☆オーストラリアの「ARCADIAさん」
『出会いと別れとつながり』への書き込みありがとうございます。

「夏・真っ盛りのオーストラリアです。」という冒頭の一文が、
すごーくうらやましいです。
なにせ日本は、この冬一番の寒気! 日本海側は大雪、
東京も雪こそまだですが、冷え方がはんぱじゃないです。

でも、そちらの仕事状況からすれば
「どんなに外は寒くても、仲間と鍋を囲むあたたかさがほしい」
って感じでしょうかね。

ARCADIAさんとは、ひょんなことで知り合いましたが、
これからも(お互いのぐちと情報交換を含め)
つながっていきましょう。

****************************

きょうのブログは、ただの交換メールみたいで失礼します。
ま、ほとんどうちわの読者ですし!

--------------------

【英文アトランダム】Let’s go get a drink.

一杯、飲みに行こう!

出会いと別れとつながり。


☆昨日の記事『なじみには、なじめない』欄に、
「いしだまさたか さん」からコメントをいただきました。

写真家にして、音楽系に強いライターのいしださん。
私のブログを、初期の頃までさかのぼってまとめ読み
してくださったようで、年賀状程度はやりとりしていたものの
話したり、メールは数年ぶり。うれしかったです。

****************************

いしださんとの出会いは、もう20年近く前。
私が広告会社(某広告代理店)を辞めて、某プロダクションに
勤めた当初からの付き合いです。

そういえば、先週久しぶりに(5年ぶりくらいかなぁ)
プレゼンのお仕事を依頼し「急な仕事でまいったよー」と
自分のブログに書いてくれた(苦笑) 「木村太亮さん」
(絵本作家、イラストレーター)とも、
当時のプロダクションがらみで知り合った方です。

さらにさらに、いま基礎化粧品関係のお仕事に少しだけ
首をつっこんでいるのですが、
この仕事の声をかけてくださったプロデューサーさんも、
12、3年前からの顔なじみ、でも仕事の話は初めて!

ま、業界長くやっていれば、それなりの人間関係はできますが、
最近は5年ぶりとか10年ぶりとかの人から声がかかる仕事
(同時に、私からも久しぶりの外部の方に依頼する仕事)が、
すごく多いです。

いろんな人との関係を経て、
どうせ仕事内容も金額も厳しいご時世なら“顔がうかぶ人”
との関係を大切にしたい…という気持ちが強くなったのか…。
はい、『広告の企画で困ったこと、ご相談事があれば、
いつでもリプル川島へ!』←【PR】

きのうはまさに、『なじみには、なじめない』 
「飲食店などでのべったりの親密関係は好きじゃない」という
ドライな(私らしい!)感想を書きましたが、
各人が個別に好きなことをやりつつ、------(点々々)で
つながっている関係は大切にしたいと思います。

1980年に新卒で広告業界に入り、もう25年(ふうッ)。
数々の出会いと、別れと、つながりがあって、
(そして日々、それらは起こっている)いまの自分もいます。
感謝。

--------------------

【英文アトランダム】We should meet again.

ぜひ、また会いましょう。

なじみには、なじめない。


初心者のコピーライターみたいで、すみません。

お店の「おなじみさん」っていますよね。
洋服屋でも、美容院でも、飲み屋でも。

私も当然、昼食ひとつとっても「お店の人と顔が通じている」
場所はあったりします。
が、挨拶程度の世間話はしても、おおむね黙っている。
それは ――

1)会話がはずむのがめんどうくさい。
ひとりでいる時間(考え事とか、ぼーっとしているとか)
を大切にしたい。
2)他の客の目(耳)を気にしてしまう。
会話内容を聞かれたり、いかにも親しげに(時には傍若無人に)
しゃべっている状況に気恥ずかしさを感じる。

そんな私は、店の人からすれば、
たまに顔を出すわりに「うちとけてこない得体の知れない客」
かもしれません。

先日も美容院で、40代の男性客がセットしてもらいながら
大きな声で店員と話していたと思ったら、
携帯電話がかかってきて‥。
それから20分以上、店に響く声で電話を続けていました。

バッカじゃないかと思います。

さて、私のこの記事を読んだ方が
「うん、わかるよ」と言うか、
「そりゃ人それぞれじゃないの」と思うか、
「おまえこそ自意識過剰なへんなやつだ」とバカにするか‥。

--------------------

【英文アトランダム】Hi! How are you doing?

こんにちは、調子はどう?

世の中、乾きすぎ。


加湿器の水が、どんどんなくなります。

今年は、それまで自宅にもオフィスにも1台ずつあった
加湿器を、別の部屋用にもう1台ずつ増やしました。

もう、各部屋に設置しないと、追いつかない感じ!

ここ2〜3か月の風邪が、異様に激しくて長引くのも
(私はひいていませんが、会社のスタッフや知人には
「かつてないひどさ」を体験している人が何人もいます)
「乾燥」がひとつの大きな原因でしょう。

暖房機の使用はもちろんですが、
気候の変化や、建物の気密性など、
乾燥を引き起こす理由はその他にもいろいろある気がします。

そして、子供を狙った悲惨な事件の続発や、
耐震強度問題の責任たらいまわし。

「世の中乾いています」というのが、
なんだかへたなキャッチフレーズのようですが、
心身ともに感じる事象です。

--------------------

【英文アトランダム】 The whole ocean is
made up of single drops.

大洋も一滴の集まり。≒ 塵(ちり)も積もれば山となる。

表参道の駅地下「エチカ」。


私のオフィスの最寄り駅 表参道の「駅地下」が、
大変なことになっております!

エチカ(Echika)と名付けられた商店街が12月2日に登場。
ちっこい店がわさわさと、それまで「通路の壁」だった所に
26もできております。

パン買ったり、コーヒー飲んだり、
(私は行かないけど)化粧品買ったりのショップがびっしり。
居酒屋、エステ、ネイルサロン、服飾雑貨なんてのもあります。

ま、便利といえば便利になったけど、
仕事場として表参道を使う者としては、混雑がうっとうしい。

これまでは、通行量は多くてもあくまで通路ですから、
人々の足早の流れがあった。ところが、
お店があり、(パンフレットを持った)見物客が多いいま、
「ぶらぶらする人」「立ち止まる人」で流れが止まる!!

すこしたったら落ち着くかなぁ、と願っています。

ところで、私のオフィスにいちばん近いのは「A2出口」。
ここには「そば系居酒屋」と「スープ屋」があるのですが、
スープのニオイや、昼に居酒屋店頭で売られる
おにぎりのニオイがけっこうするのですよ。

その目前には千代田線の改札。

改札の方が、「あー腹減った!昼休み前だけど、仕事はいいや」
とか、「もうクラムチャウダーのニオイはかぎたくない」とか
思ってやしないか‥と、心配です。

--------------------

【英文アトランダム】 Where is a good restaurant?

おいしいレストランはどこですか。

野田秀樹の演劇「罪と罰」。


野田秀樹 脚本・演出の「贋作 罪と罰」を妻と見てきました。
企画・製作 NODA・MAP、東急Bunkamuraシアターコクーンにて。

出演は、野田本人のほか、松たかこ、古田新太、段田安則など。

野田の劇は、70年代終わりの「夢の遊眠社」初期から見ていて、
駒場東大の狭い小屋(座布団しいて!)から → 紀伊国屋ホールや
下北沢本多劇場に移る過程も“青春の思い出”として
体験していましたが(劇団女優の竹下明子さん 大好きでした!)
遊眠社解散後は、10〜15年ごぶさた。

約1年前、妻がたまたまNODA・MAP公演の衣装を担当した方と
面識ができ、久しぶりに「赤鬼:小西真奈美主演」をのぞきました。

そのうえ、そのちょっと前、
私の事務所が表参道に引っ越す前に居たビルでは
1階上が「NODA・MAP」の事務所だったという偶然!
さすがに野田さんご本人とはお会いしませんでしたが、
NODA・MAPの北村明子 代表・プロデューサーさん等と
「エレベーターでご挨拶」程度にはなり、“隠れミーハー”
の私としてはうれしかったです。

そんなこんなで、再開した(&再会した)野田秀樹 劇。

演劇というのは、ビデオやDVD、テレビ番組での収録も
ないわけではありませんが、生身で目に入る場面、そして
その場で共有する空気感は「その日、その場所限り」です。

きょうも仕事が立て込んでいましたが(感謝でーす!)
無理して見に行って本当によかった。
狭い舞台なのに自在な異次元の広がりが
気持ちを広げてくれる(いい意味でからっぽにしてくれる)
貴重な時間でした。

--------------------

【英文アトランダム】 One man is no man.

一人だけなら、ないも同然である。
≒ 世は相持ち(世の中はお互いの関係、助け合いで成立している)
川島のFacebookはこちら
Takayuki Kawashima


●友達申請には必ずメッセージを添えてください
●フォロー(フィード購読)も可能です
こんなBlogです
日々の広告制作やビジネスについて書き連ねています。お付き合いのある方はもちろん、広告業界に興味のある一般の方も、読んでくれたらうれしいです。
月別バックナンバー
ブログ内の記事検索
Recent Comments
Profile
◎川島 孝之(Takayuki Kawashima): 株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)代表取締役・クリエイティブディレクター・コピーライター。

◎1957年3月生まれ。早稲田大学商学部(マーケティングゼミ)を5年で卒業後、1980年第一企画(現ADK)入社。6年の勤務ののち、制作会社11年を経て、1997年(株)リプルを表参道に設立。

◎2016年1月、表参道のオフィスから、西武新宿線 上石神井(かみしゃくじい:練馬区)のホーム・オフィス体制に変更。
ブログのタイトル「表参道の小さな広告屋から」も、「表参道の小さな広告屋から→上石神井」(2016年.1月)/「上石神井の小さな広告屋から」(2017年.1月)に変更。

◎広告・販売促進に関わる企画・制作・ブランディングを、Webを含めた外部ブレーンとのチームで対応。「デザイナーだけではできないデザイン」をご提供します。

※現在の主なクライアント:ビデオリサーチ、日立化成、介護のらいふ、オークラヤ住宅、アルカダイアモンド、武蔵高等学校中学校、翻訳専門校フェロー・アカデミー 等。
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
チャーミングな日用品365日
川島 蓉子
ハースト婦人画報社
2012-10-25

別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
イッセイミヤケのルールイッセイミヤケのルール
著者:川島 蓉子
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-03
おすすめ度:2.5
クチコミを見る
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本