上石神井の小さな広告屋から

旧名『表参道の小さな広告屋から』: 表参道で1997年にスタートした(株)リプル:RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agencyは、 2016年初頭から川島のホーム・オフィス「練馬区 上石神井(かみしゃくじい)」へ。

プレゼンは当たるも八卦。


何回か前に書いていた「8社競合」の
プレゼンテーションですが…

負けました。

あーあ、ちょっと元気ないや。

声をかけていただいた広告代理店の方には
高評価をいただいたんですけどね。

勝ったという案を伝え聞いても
「なんだそりゃ」っていう内容。

プレゼン結果が出た時って、勝てば舞い上がるし、
負ければ(瞬間的には「バカヤロー、何見てんの?」と
思うけど)反省はするし、
採用になった案に「へぇー、その手で来たの。
これならクライアントさんは選ぶだろうな」と
斜にかまえつつ(← まだ自分の案に固執している!)
感心もするのですよ。

でもねぇ、なんだかよくわからないで
負けるプレゼンもある。

なにより、8社なんかで競わせてはいけません。
ほとんど宝くじか占い。
当たるも八卦当たらぬも八卦。

見事当たった場合は、自分たちの「努力と運」に感謝します。

-------------------

【英文アトランダム】 Too many cooks spoil the broth.

料理人が多すぎて肉汁の味をそこなう。
≒ 船頭多くして船 山へのぼる。

イイカゲン?


ちゃんとやっていないという意味で
「いいかげん」って使いますが、
本来は「好い加減」の意味もあるんですよね。

いいかげん【好い加減】
1)よい程あい、適当。
2)深く考えず無責任なこと。

「てきとー」も、
悪い意味で要領よくやるニュアンスもあれば、
“ほどよく当てはまる”意味もある。

好い加減で、適当にやる。

うーん、仕事の理想だなぁ。

-------------------

【英文アトランダム】 The mill cannot grind the water
that is past.

通りすぎた水では、水車は回らない。
≒ 機会は来た時とらえよ。

たとえパラパラの拍手でも。


ほんの数日の旅行から帰国し、
昨夜からブログ記載を再開しました。

そしてきょうは、“たまった”お気に入りブログを閲覧。

ほんと、いろんなタイプの文章があり、意見がある。

たとえ“ほんの雑談”や“ただの日記”と公言していても
(照れもあるしさ!)
みなさんの「書き続ける努力と頭の使い方」には感心します。

半分は「ほぼ毎日見てくれる人」のため、
半分(以上)は「書くことによる自己確認」のため。多分。

観客の少ない、がらんとした講演会場だけど、
パラパラパラと拍手は来る。
「努力し、考えをまとめるいい機会だった」という
自分なりの満足感もあり、「やってよかったと思う」…
なんてのが、地味ブログを続けている私のイメージかなぁ。

**************************

☆「きょろいちさん」へ:
『世界の中の日本。』へのコメントありがとうございます。
安易に「日本はだめだー」とは言いたくないけれど、
ぬるま湯の中での緊張感のなさは「やばい」ですよね。

☆「太亮さん」へ:
そうですか、サッカー「なでしこジャパン」
オーストラリアに破れましたか。
「そこでなぜシュートを打たない!」あぁ、日本人です。

☆「nnさん」へ:
ハワイ試験の出発直前にも、私のブログへコメント
(『ブログも夏休み』)いただいて
… ほんと恐縮です。
nnさんの人に対する姿勢&勉強に対する姿勢が、
好成績に結びつくことを願っております。

-------------------

【英文アトランダム】 It’s great to meet you.

お会いできて光栄です。

世界の中の日本。


海外へ出ると、「日本(人)」のことを考えます。

今回は、ミュージシャン加藤和彦が
♪人生を忘れそう このアジアの片すみでー♪ と歌っていた
国へ、家族と数日の夏休み。

でもそこは、「アジアの片すみ」どころか、
高層ビジネスビルが建ち並び(地震がないので、
耐震強度など考えずバンバン建つらしい!)
国民の8割が高層の団地に住む(土地の有効利用と住環境の整備)
近代化が一気に進んだ国でした。

ホテルのテレビでは、アメリカ・イギリスのニュースや
映画・ドラマ・音楽に加え、中華系・インド系などが、
まさに“東西ミックス”で映し出されるのですが、
その中で唯一の日系チャンネル NHKに愕然!!

とにかく、「もや」がかかったように地味。
一瞬、どこの国の番組だ!?と思ったほど画面に華やかさがない。
中華系やインド系のほうが
“見てもらおう”というエネルギーを感じたのでした。

「民放」だと、すこしは印象が違ったのかなぁ。
なんか、“主張する機会もなく、なんとなく負けてしまった”
ワールドカップサッカー一次予選敗退の日本代表みたいでした。

日本以外のアジアの国は英語に接し、
(いいも悪いも)他国とぶつかり・主張し合うエネルギーがある。
日本は、ほんと「箱庭」です。

素晴らしい過去の文化や、ファッション、漫画など
世界に通用するものはあるものの、
それは非常に自己完結した“閉鎖的”な“変わった趣味”!?

ホテルのニュース番組で延々流れるレバノン情勢の悲惨さや、
ザバザバ湯船からお湯をこぼせないお風呂に
「やっぱり日本はいいなぁー」と思いつつ、
完璧に世界のOUTSIDEにいる(世界と意識がつながっていない)
日本を「やばいんじゃないか」と思った私でした。

-------------------

【英文アトランダム】 What is your opinion ?

あなたの意見は?

ブログも夏休み。


【お知らせ】
ちょっと早めの家族休暇をとりますので、
ブログの執筆も数日お休み。
次は8/1(火)くらいにご覧いただける予定です。
ではでは、また!

**************************

☆「しゅんさん」へ:コメントありがとうございます。
“リプルの新戦力”と言っても、正式採用ではなく、
週何日かの「アルバイトD」ですけど。
小さな会社の「+1」は大きいので、
うまくフィットしてくれるとうれしいです。

☆「nnさん」へ: ハワイでの試験まで、
いよいよ「あと4日」ですかー。
勉強のご苦労をリアルタイム?で覗いてきた者としては、
良い成果であることを心からお祈りします。

-------------------

【英文アトランダム】 How long’s the wait ?

(レストランなどで)待ち時間はどれくらいですか?

若い新戦力。学生、女子。


来週から、アルバイトとして
デザイナーの女の子(美術学校の3年生)が来てくれます。

先日までお願いしていた男の子が来れなくなり、
その彼がお友達を紹介してくれました。

一昔前と違って、いまの子は学校時代からMACでの
デザインに慣れているので(イラレやフォトショップ)、
スキャン仕事やこちらの指示通りやる「オペレーター」
としては、即戦力になる。

あとは、デザインの細かい技量とか、仕事進行の飲み込みとか、
電話応対とか… 要するに「性格」と「センス」が問われます。

週に何日かですが、とっても楽しみ!
新しい血が入るのは、いいことです。

ちなみに、バイトさんはA型。
血液占いを信じるわけではありませんが、
現行メンバー全員がO型(のーんびり!)の会社には、
いいことかもしれません。

卒業までの短い期間ですが、リプルに電話して
「いつもと違う」声が出たら、よろしくお願いします。

-------------------

【英文アトランダム】 Little strokes fell great oaks.

小打も積もれば、大木を倒す。

仕事の相性は大切です。


仕事の相性は大切です。ホント。

「なんか違うなー」と思いつつ、うまくいった
ためしはありません。

私の仕事は日々プレゼンテーションの毎日で、
「説明」にも「説得」にも力をいれるわけですが、
たとえ、万一!(← 言葉 重複)煙に巻いたり、
なんとなく納得していただくことに成功したとしても、
あとの「つめや実効」が続きません。

「みそラーメンが食べたいなぁ」と思っている
(うまく言葉にできなくとも)お客様に、
「新発売のこのカレーは、スパイスが特別でおいしいです。
ぜひ!」なんてプレゼンしているむなしさと言ったら(涙)。

そりゃ、こちらの考え不足、実力不足はありますよ。
お客様も常に新鮮なものを求めている。
でもねー。

たとえ好みが違ったとしても
“お互いリズムが合う、考え方がすっと入ってくる=共感する”
関係がなければ、仕事は成功しない。

歩み寄りの努力はしますが、
あまりに制作物への考え方が違うと
「失礼いたしました」と早めに引く“あきらめの早い”私です。

-------------------

【英文アトランダム】 Every shoe fits not every foot.

どの靴もどの足に合う、というわけにはいかない。

一難去ってまた一難。


あ、仕事を「一難」なんて言っちゃいけませんけどね。

毎回毎回「いやー大変だ!いやー実力不足!」と
ひやひやで乗り越える(あるいは、あえなく撃沈する)
様子は、“一難去ってまた一難”って感じです。

試練と売上を与えてくださる、お客様と神様に感謝。

思い切って通い始めた英会話教室も、
週1〜2回が、あっというまにやってくる。
行くたび反省して、でも復習する時間もとらないままに
「次」が来る恐ろしさ(苦笑)。

ま、怠け者の人間だから(← いっけん几帳面に見える風貌)
次々「課題」があることをありがたいと思ってます。

うーん、いまは日曜日の夜11時。
やってない宿題あるんだよなぁ。

-------------------

【英文アトランダム】 No rose without thorn.

棘のない薔薇はない。

見ないで捨てる。


「捨てること」の大切さは、
〜しがらみも、硬直化した考えも、資料や物も〜
このブログで何度も書いており、
ぽつぽつ(ほんのたまにはどさっと!)「捨てるようには」
しているのですが、時間がかかるんですよねー。

思い出にひたる、いつか使えるかもしれないと思う、
がんばったのにもったいないと躊躇(ちゅうちょ)する…。

本でも袋に入った資料でも(私はA4袋に件名ごとに整理)、
いざ捨てるとなっても「見て」しまう。
“必要なページ”をより分けて、切り取ったりね。

これやると、だめだよなー!

きっぱり切り替えるには、見ないで捨てる。
開けないで袋ごと捨てる!

燃えないゴミのクリップが入っているのはゴメンナサイだけど、
まるごと捨てるから、捨てるってことなんだと思います。

イラストレーターの木村太亮さん、
その後も「捨て」は順調ですか?

-------------------

【英文アトランダム】 Man has not a greater enemy himself.

自己より大なる敵はなし。

ブログのさようなら?


昨日の記事『いろんな出会いにありがとう。』
ちょっと続きますが、
最近「更新がない or 停止した」ブログがいくつかあって、
さびしいです。

私がブログ見始めたのと、自分で開設したのが
同時くらいですから、ブログ歴は約1年。
その間、いくつかのブログは ほぼ毎日見る
“お気に入り/ブックマーク・ブログ”となりました。

でも、その中で見られなくなったブログが、
ひとつやふたつじゃないんだなぁ。

それぞれ、いろんな事情があるのでしょう。

忙しい、あきた、むなしくなった、他のブログを立ち上げた、
誹謗中傷でやむなく…。

私のブックマーク・ブログのひとつである
「きょろいちさん」(CPA in breaf)もたまにつぶやいてますが、
ブログを書く、まるで有名人ではなくて
アフィリエイト等のショーケース利用に熱心でもない
人にとっては、
「毎日、俺って(私って)なーに書いてるんだろうねぇ」と
自問自答してしまうようなところがあります。

夜遅く 疲れて帰ってきて、
持ち帰りの仕事さえあるのに← 私はまさに企画&書く商売!
こんな雑文を書いている…。

ブログをやめてしまった(あるいは、長期停止中の)
“私のお気に入り”の方々へ、

「もう毎日はクリックしないけど、ブックマークは
置いておきます。いつか、やぁ、久しぶり!なんて
感じで会えたらいいなぁと思います。
地味に続けている私のブログにも、たまに顔を出してください。」

-------------------

【英文アトランダム】 No news is good news.

便りのないのは良い便り。

いろんな出会いにありがとう。


こんにちは、ジョニーデップです…。

なーんて、何のことかわかりませんね。→答えはこちら

☆「ARCADIAさん」の書き込みを見た人が、
私への想像力をふくらませるのが面白いような
申し訳ないような(苦笑)。

「ARCADIAさん」からは、『リプル創立10周年』にも
お祝いのコメントをいただきました。ありがとうございます。
お互い、零細企業の代表として
山あり谷ありだけど、へんに無理せず続けていけたらいいですね。

☆「nnさん」と「Cacao」からも同じく、
10周年のお祝いコメント
nnさんのは、まるで10周年記念パーティーの(やってないけど!)
「来賓挨拶」のように立派であたたかなコメントだし、
Cacaoさんのブログは、そのタイトルに『Ripple』が入っている
という親近感(しかも、同じ 高橋幸宏ファン!)。

そのほか、「10周年&(再)健康診断通過 おめでとう!」
なんて個人アドレス宛にいただいたり、
川島の本当の顔を知っている方も知らない方も
いろんな“出会い”に感謝です。

仕事だって、すべてが“出会い”ですもんね。
元気が出ます。

-------------------

【英文アトランダム】 Mutual help is the law of nature.

相互扶助は自然の法則。≒ 世は相持。世は回り持ち。

プレゼンの海へ。


最初に、「思いつき」とも「イキオイ」とも言う
湧き水があって。

流れていくうち、関係者のさまざまな意見で
「磨かれていく」のか「角が取れていく」のか。

プレゼンテーションの海へと続く道のりは、
クライアントさん以前に(そして世の中に出る以前に)
スタッフ間や広告代理店さんとの「関門」があり、
そこだけで労力を使い切ってしまうことがあります。

でもね、広い海に出て行こうとする川が、
途中で枯れるくらいなら、それだけのこと。

どれくらい“強い芯”をもっていられるか。

山奥の小川の平和より、大海にこぎだす面白さを、
関係者みんなで共有したいと思います。

-------------------

【英文アトランダム】 Victory or death.

勝利か死か。≒ のるかそるか やってみる。
川島のFacebookはこちら
Takayuki Kawashima


●友達申請には必ずメッセージを添えてください
●フォロー(フィード購読)も可能です
こんなBlogです
日々の広告制作やビジネスについて書き連ねています。お付き合いのある方はもちろん、広告業界に興味のある一般の方も、読んでくれたらうれしいです。
月別バックナンバー
ブログ内の記事検索
Recent Comments
Profile
◎川島 孝之(Takayuki Kawashima): 株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)代表取締役・クリエイティブディレクター・コピーライター。

◎1957年3月生まれ。早稲田大学商学部(マーケティングゼミ)を5年で卒業後、1980年第一企画(現ADK)入社。6年の勤務ののち、制作会社11年を経て、1997年(株)リプルを表参道に設立。

◎2016年1月、表参道のオフィスから、西武新宿線 上石神井(かみしゃくじい:練馬区)のホーム・オフィス体制に変更。
ブログのタイトル「表参道の小さな広告屋から」も、「表参道の小さな広告屋から→上石神井」(2016年.1月)/「上石神井の小さな広告屋から」(2017年.1月)に変更。

◎広告・販売促進に関わる企画・制作・ブランディングを、Webを含めた外部ブレーンとのチームで対応。「デザイナーだけではできないデザイン」をご提供します。

※現在の主なクライアント:ビデオリサーチ、日立化成、介護のらいふ、オークラヤ住宅、アルカダイアモンド、武蔵高等学校中学校、翻訳専門校フェロー・アカデミー 等。
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
チャーミングな日用品365日
川島 蓉子
ハースト婦人画報社
2012-10-25

別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
イッセイミヤケのルールイッセイミヤケのルール
著者:川島 蓉子
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-03
おすすめ度:2.5
クチコミを見る
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本