表参道の小さな広告屋から→上石神井

1997年に表参道でスタートした(株)リプル:RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agencyは、 2016年初頭から川島のホーム・オフィスへ。

*創立以来 約18年(青学付近で6年、より表参道駅に近い まい泉そばで12年)過ごした表参道のオフィスは、2016年1月28日をもって引越し=閉鎖いたします。
http://www.omotesando-ad.jp/archives/54519745.html

パートの出勤、連絡不要の会社。

写真付きの投稿と他人の記事のシェアは、
めったに(年に一度も?)しない川島ですが、
この「働き方、働かせ方、経営」に関する記事には
感心したのでシェアさせていただきます。

知人のインタビュー&ライター「やつづか えり」さんの記事。

パートさんが
「好きな日に連絡なしで出勤・欠勤できる」
「嫌いな作業はやらなくてよい」という10人ほどの体制。

そして、取り扱う加工食品が
「チームワークが良くなると一気に味が良くなる」の言葉に感激。

行き当たりばったりに見えるゆるい仕組みなのに、
感性で成立しているのですよ。

◆リンク:
くらしと仕事:やつづか えり

SNSで話題になった工場長さんへのインタビューです。
パートさんたちが働きやすい職場づくりをする理由や
思いをうかがいました。
「いつ出勤してもOK・事前連絡不要!
パプアニューギニア海産がパートの
フリースケジュール制を続ける理由」
http://kurashigoto.me/articles/Y0Me7

消費税表示、やめたら〜っ。

街で「2,980円」の看板が目に入りました。

2,980円とか、1,980円とか。
なんか、すこし安そう。
「大台に乗らない、端数での演出」は、よくある表示ですよね。

でも、その2,980円は「2,980円(税抜)」。
なーんだ、消費税が加わると3,218円。

ぜんぜん「いけて」ないじゃん!

だったら、「税込3,000円」や「2,000円」にしろよ、と思う。

消費税の意義はわかりますが、
いち消費者として、企業経営者として、
消費税めんどうくさすぎ!

表示も納税法も!

買い物で「300円」とあっても、
それが「内税」か「外税」かお店によって違う。

仕事の見積交渉でも、
「30万円」といったら(私の場合は税抜に考えるけど)
税込で計算している人もいる。
たしかに、結局は「税込」のやりとりになるわけだし。

そこに、フリーランスの方の源泉徴収や、
いただく請求額に「消費税を含むか含まないか」等。

もう、300円は300円。30万円は30万円でいいじゃん。

ふだんの買い物は「300円に消費税を含んでいる」。
仕事は「30万円の8%から10%?は決算期に徴集する」。

ぐちゃぐちゃとやって、会計士さんがあたふたして…
その複雑な仕組みのほうが「全体の経済損失」に思うのです。

乱暴かなー。
「そういうものではないんですよ、川島さん」なのかなー。

全部やる。全部はやらない。

昨日の「ソロなのにバンド志向」に続く仕事メモです。

年初の会社体制の変更で、ますます
「はっきりしてきた」のが私の仕事の頼まれ方。
= クライアントさんが私に期待してくださること。

大きく、受注が2パターンあります。

1)「頭からしっぽまで全部やってください。」

リーフレットひとつ作るにも、課題や希望をお聞きして、
企画全体を考え、何度もすり合わせ、
外部のデザイナーやコピーライターを招集してカタチにし、
紙の大きさ、ページ数、そして印刷手配まで。
「プランナー職、クリエイティブディレクター職」中心の仕事。

2)「基本となる構築部分だけを手伝ってください。」

企画面とキャッチフレーズ中心。
細部のコピーは先方が執筆したり、デザイナーも
「いつもの人」がいらっしゃる場合。
「プランナー職、コピーライター職」中心の仕事です。

1は、全体を通して関わるので、川島(リプル)色が出る。
広告物はあくまでクライアントさんのもので、
私の作品などではありませんが、どうしてもトーン
(特にデザイン)は私+チームメンバーのテイストになる。

一方2は、クライアントさんはもちろん、
広告代理店さんや広告制作会社さんが
「川島(リプル)のデザインは必要ない or トーンが違う」
しかし、「川島の知恵が欲しい」と言ってくださるケース。

全部やる「オール」の仕事と、
全部はやらない「パート」仕事。

両方とも、それぞれ楽しいです。

川島(リプルチーム)として期待される仕事とは。
「1および2」を自覚して、応えて行きたいと思います。

---------------------------
関連記事:
ソロなのにバンド志向。2016/08/26

ソロなのにバンド志向。

今年の1月から、会社体制は私と総務経理の女性だけ。

しかも、お互いの自宅をオフィスにして連携し、
月に2〜3度会うだけなので、
私は実質フリーランスの
「クリエイティブディレクター 兼 コピーライター」です。

それでも登記上「株式会社リプル」を名乗っているのは、
お取引先との関係や会計処理の事情以外に、
「組織」というものに反発しつつ意義を見出す、
「チームでの仕事が自分には合っている」と思うから。

集団行動=ずっと人といるのが苦手なのに、
なんで「チーム」なのか自分でも不思議ですが。

だから若い時から、広告業界内では当たり前だった
「フリーランスコピーライターとして独立」も
考えなかった。

19年前に独立した時も「自分以外に社員がいる組織」。

まぁ、「職人コピーライター」というより、
「コピーを書きつつ、他のコピーライターにもお願いし、
企画と進行(ディレクション)をする」のが
性に合っているのもあるでしょう。

音楽に例えれば、バック演奏を従えての「ソロボーカル」
ではなく、バンドとしての音作り。

RCサクセションなどで有名なミュージシャン
故 忌野清志郎さんへのインタビュー集
『ロックで独立する方法』太田出版(2009年)を見つけて
読んだばかりなのですが、清志郎さんは
「ミュージシャンという肩書よりバンドマンでありたい」
と言っています。
「ソロ志向とバンド志向では、はなからバンド志向。」

いろんな方と組みながら、
そしてそれが「一度きり」の関係になってしまうことも
あるけれど、「バンド=チーム」としての広告づくり。

外部の方からは(特にコピーライターさんからは)
「けっきょくは川島の
リーダーアルバム=ほぼソロ作品じゃん」と
言われるかもしれませんけど(汗)。

組織には縛られないけど、「バンド」という形態の仕事。

よろしければ、お付き合いください。(ペコリ)

---------------------------
関連記事:
バンドとソロ。(音楽についての記事)2007/08/12

容疑を否認しているという。

ニュースで流れる台詞。

「川島容疑者59歳は、容疑を否認しているということです。」

やってない、知らない、
関与はしているが警察の見解とは違う…。
黙秘、否認、弁護士を呼んでくれ。

事件の「冤罪」はあってはならないと、心から願います。

その上で、日常(私生活&仕事上)のトラブルは、
原因を作っているのは「自分である」ことが多い。
(たとえ、無能で性格が曲がったお取引先の担当者に
「落とし込まれた」部分はあったとしても!?)

こんなはずじゃない、自分は悪くない。
と、思っても、それは「すべて自分とつながって」
引き起こされている。

「川島容疑者59歳は、自首して全面的に認めています。」

まぁ、そこまで人間ができてないけど。

「外」の人と。

広告制作業をずっとやってきたので、
クライアントや、さまざまなクリエイティブスタッフとの
人間関係は多い方(って、何が基準だ!)と思います。

それでも、仕事(業務関係)以外の、
しかも職業や年齢を越えての出会い・お付き合いが
ここ5年くらいかなー、増えてきて。

さまざまなセミナーやパーティー、異業種交流会。
知人を介しての紹介。

2年前くらいからは、さらに加速した気がします。

萌芽は、今から思えば11年前にBlogを始めた頃。
そうしたSNSでのコミュニケーションと、
会社組織に縛られない社会的意識の変化も大きい。

「やたらの名刺交換は嫌い」
「Facebookの無言の友達申請は受けない」
と、難しいことを言っている私ですが、

仕事では会わないような人と会うのは、すごく貴重なこと。

「外」の人と会うのはいいよ。

自信をもって(笑)そう言えます。

おもちゃのないファミレス。

自宅近所のファミレス
西武新宿線上石神井「ロイヤルホスト善福寺店」は、
オフィスを自宅に移行して以来
よく使うようになりましたが、その前は
娘と息子が中学生くらいまでで、しばしご無沙汰でした。

ファミレスの中では価格高めで、ゆったりした環境。
半年前にもブログに書いたように(一部を抜粋):
◎ドリンクバー廃止(→その後復活:人手不足と強い要望?)
◎入り口と注文の「ピロピロ」ボタンやめ
◎24時間をやめ(年中無休:朝7時〜夜中の2時)
◎全席喫煙(隔離型喫煙金魚鉢あり)

さらに、最近気付いたんですけど…「おもちゃ」がない!

ファミレスと言えば、入り口レジ付近に
「子供が喜びそうな=親や祖父母が買ってあげそうな」
玩具・文具・お菓子が定番だったはず。
それが、なくなっているのですよ。

ファミレスは「騒ぐ子供と一緒でも入れる」
という意味が大きかったけれど、
客の多様化や、高齢者狙い、さらに立地条件などで、
幅が出てきたということですね。

家族連れが席に座ると、カゴに入れて持ってきてくれた
「ちょっとしたおもちゃ」や「塗り絵」もないのだろうか?
懐しいな―、こんど注意して観察しよ。

---------------------------
関連記事:
ファミレスも変わる。2016/02/25

広告(制作)業批判、10年前。

たまたま、自分の過去ブログの中で
「広告(制作)業」について否定的に書いた文章を見つけた。

ジャスト10年前の記事。

きょうはそれを転載させてください。

ブラック企業という言葉がなかった時代から、
人間無視の働き方とか、
いっけんカタカナ商売でカッコ良さそうなのに、
ぜんぜんクリエイティブじゃない現状とか。

そこから10年。
私も、私の会社もいろいろ変わったけれど、
この時の「怒り」にも似た思いを
どの程度実現できているのだろうか。

---------------------------
関連記事:
高校野球のような広告業界。2006/08/21

台風、来るんですかね。

いま8/21(日)23:50頃。

Yahoo!ニュースによると
「台風9号はあすにかけて東日本にかなり接近し、
東海から関東に上陸するおそれがあります。
あすにかけては北日本や東日本を中心に大雨に警戒し、
海上を中心に暴風や高波にも注意・警戒が必要」とのこと。

外は静かですけどね。

明日 午前中のクライアントでのミーティングは、
先方に相談して延期にしました。

激しい雨風と交通機関の乱れのなか、
私以外の外部スタッフを含めて集合する大変さ。

そして、きょう新たな課題も見つかったので、
その検討期間も考えて3日後に再設定。

明朝、「ありゃ ぜんぜん晴れてる」かもしれませんけど。

乾杯の挨拶の長い人。

パーティーで「乾杯の挨拶」が長い人、いますよねー。

皆が立ってグラスを手に持ち(ビール、ワイン、シャンパン等)
「早く一杯やりたいなー、のど乾いたなー」と思うなかで、
5分でも10分でもしゃべる人。

さらに輪をかけるのが、配慮の足りない司会者。

「では、乾杯の音頭を◯◯先生にお願いし…」
と振るのは当然ながら、
あらためて会の主旨や、先生の紹介を延々述べる!

「◯◯先生は銀行勤務で好成績を上げられたのち、
アメリカに渡られ… さらに … しかも … いまでは」。

参加者が、手に掲げたグラスを
テーブルに戻しだしたら、そうとう危ないシグナル!

カンのいい「振られた先生」は、
「十分良い話をしていただきましたので、
私からはひとこと◯◯◯◯◯◯とだけ申し上げて、
乾杯といたしましょう!」

会合の、儀式としての挨拶は大切。

でも、長いのはねー。

テロリストが!?

カフェで、原稿の締切に追われるなか、
ふと聞こえてきたおばさん2名の会話。

私(59歳のおじさん)と、同い年か少し上でしょうか。

おばさんA「テロリストがね。そのテロリストが…」

な、なんかやばそうな、あるいはすごく社会的な会話。
しかし…

おばさんB「あんたのいうテロリストって、チェリストのこと?」
おばさんA「あぁそう、チェリスト。」

も、もう(汗)。

似てないこともないけれど、まるで違うでしょうが。

くだらないネタですが、
記録に残したくなったので … すみません。

100円珈琲も、450円珈琲も。

自宅のある練馬区
「西武新宿線 上石神井(かみしゃくじい)駅」そばの
マクドナルドが改装されました。

私は、マックのポテトもハンバーガーも食べませんが、
ちょいと寄ってパソコンを開くのに珈琲かコーラを注文。
(と言いつつ、ビッグマックとアップルパイだけは年に数度。)

上石神井のマクドナルドは、小・中・高校に近いことがあり、
子供たちで騒がしいし、内装も狭苦しかった。
それがね、かなり広々としたイメージに改装。
これはいい!

100円Sホットコーヒーや、220円Mコカコーラで、
しばし仕事ができるなら、活用の意味はある。

一方、珈琲専門店やカジュアルなカフェもあって、
そちらは400円〜450円はかかる。
そりゃ、お店の手のかけ方や、ゆったり感が違いますから。

さらに大きいのは客層。
お客の雰囲気が、お店の雰囲気に大きく影響する。

それでも、まぁまぁのレベルのマクドナルド。
自宅作業だけでなく、近所で「使える」場所が増えて
うれしいです。
川島のFacebookはこちら
Takayuki Kawashima


●友達申請には必ずメッセージを添えてください
●フォロー(フィード購読)も可能です
こんなBlogです
日々の広告制作やビジネスについて書き連ねています。お付き合いのある方はもちろん、広告業界に興味のある一般の方も、読んでくれたらうれしいです。
月別バックナンバー
ブログ内の記事検索
Recent Comments
Profile
◎川島 孝之(Takayuki Kawashima): 株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)代表取締役・クリエイティブディレクター・コピーライター。

◎1957年3月生まれ。早稲田大学商学部卒業後、1980年第一企画(現ADK)入社。6年の勤務ののち、制作会社11年を経て、1997年(株)リプルを表参道に設立。

◎2016年1月、表参道のオフィスから、西武新宿線 上石神井(かみしゃくじい:練馬区)のホーム・オフィス体制に変更。
ブログのタイトル「表参道の小さな広告屋から」も、「表参道の小さな広告屋から→上石神井」に変える。

◎広告・販売促進に関わる企画・制作・ブランディングを、Webを含めた外部ブレーンとのチームで対応。「デザイナーだけではできないデザイン」をご提供します。

※現在の主なクライアント:ビデオリサーチ、日立化成、介護のらいふ、オークラヤ住宅、アルカダイアモンド、武蔵高等学校中学校、翻訳専門校フェロー・アカデミー 等。
別の会社に勤める妻の本【最新】
別の会社に勤める妻の本【最新】
別の会社に勤める妻の本
チャーミングな日用品365日
川島 蓉子
ハースト婦人画報社
2012-10-25

別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
イッセイミヤケのルールイッセイミヤケのルール
著者:川島 蓉子
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-03
おすすめ度:2.5
クチコミを見る
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本