表参道の小さな広告屋から→上石神井

1997年に表参道でスタートした(株)リプル:RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agencyは、 2016年初頭から川島のホーム・オフィスへ。

*創立以来 約18年(青学付近で6年、より表参道駅に近い まい泉そばで12年)過ごした表参道のオフィスは、2016年1月28日をもって引越し=閉鎖いたします。
http://www.omotesando-ad.jp/archives/54519745.html

大型紙カップの直接食べ。

あのですね、ヨーグルトやアイスクリームのね、

「ひとり用=一口用小型カップ」ではなくて、
複数回用の大型容器(400gとか1,000g)のやつを、

もう減ってきてお皿に取り分けるほどの量はないし、
私が最後だ―、という時に、

紙(ないしプラスチック)容器に大型のスプーンを入れて
食べてしまうのは気持ちがいい。

行儀悪いんですけどね。

よーしっ、これで終わりだ。俺がキレイにする、みたいな。

すみずみまで「こそげ落とす」ように。

プレーンヨーグルトの場合は、そのまま食べる時と、
ジャムを入れる時があります。

しかし「それらのチャンス」は、そう多くない。

爽快(笑)。

ろくでもない会社。

自分(の会社)のことは棚に上げて、
世間で「堕落した」とニュースネタで言われる企業を
取り上げると。

東芝と三菱自動車。

広告代理店勤務〜制作会社勤務だった若い頃、
この2社の広告活動を横目で見ていたことがあります。

たしかに、営業スタッフも制作チームも、
とても苦労していた印象がある。

その他、名前は出しませんが
「不良クライアント」と言われる存在がいつの時代でもある。

いつまでもアイデアが決まらない。
いくらでも修正がある。
担当者の言うことが変わる。
現場で決めたことが(担当とは合意したはずが)
ころころ変わる。

ただし、昔は今より経済環境が潤沢
=広告予算に余裕があった時代ですから、
お金だけはそれなりに払ってくれたらしい。

だから、広告代理店も制作会社も「経営的には」言うことを聞く。
そして、社員はボロボロ。

どんな会社にだって良いところ、悪いところがあり、
その時の担当者や組織体制によっても変わってきますけど…

なんかへんだ、理不尽!
という会社は、体質としてマイナスのものを持っている。

社員の お一人おひとりは一所懸命で、良い方でも。
広告制作という末端に表れる「社風」の強固さ。

あやしい、ろくでもない会社とは
付き合わないほうがいいと、つくづく思います。

気、呼吸、姿勢、顎、表情、そして心。

きょうは、代々木(小田急線 参宮橋前駅)付近の
国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれた

「第五回 世界少林寺 気功武術健康大会」
〜日本開催は3年に一度の、世界気功フォーラム〜 へ。

そ、そんな大層なシンポジウム、初参加でございます!
タイトルに「少林寺」とありますが、太極拳や気功全般。

あ、参加って書いたけど、当然見るだけ(聞くだけ)ね。

出演者のおひとりである「気診」の先生
(全身の気のめぐりを目と感覚で診断し、さらに
歯の噛み合わせと漢方処方を中心に
健康増進を指導していらっしゃるオンナ先生)と
1年半前に知り合いになり、他の中国やイタリアからの
武道のパフォーマンス、風水などの講演とともに拝聴。

最近、興味があって「歩き方」「姿勢」さらに
「顔ヨガ」なんてものにも通ってみたのですが、
カラダって(さらに精神って)いろんな所で
つながっているのがわかる。

例えば腰が痛いからといって、
腰に注射する西洋医学的な局所療法ではだめなのです。

気、呼吸、姿勢、顎、表情、そして心。
そこに、西洋医学やマッサージ、漢方薬も生きてくる。

ちょっとずつ、実践しなきゃ!

◎フォーラムは明日も(メンバー違いで)開催しています。
ご興味のある方はどうぞ。
第五回 世界少林寺 気功武術健康大会

◎その気診の先生「小倉 左羅さん」の著書、おすすめです!
「気」の流れと「顎をゆるめる」ことで
全身の活性化と「姿勢」「表情」まで違ってきます。
首がきれいになる! 顎ゆるマッサージ

おじいさんふたりの会話。

地元の珈琲専門店にて。

耳に入ってきた、たまに見かけるおじいさんふたりの会話。

Aさん「妻の弟が先週亡くなりましてね」

Bさん「おいくつでしたか」

Aさん「私の7つ下だから… あー… 76ですね」

Bさん「まだまだじゃないですかー。それはそれは…」
「うちは親父が90でしたけど、私はそれを越えてしまいましたから」

Aさんは83歳、Bさんは92歳。

男性も、そういう時代です。

【募集】上石神井在住のクリエイター。

表参道の事務所を閉め、
東京都練馬区上石神井(かみしゃくじい、と読みます)の
自宅を「ホーム・オフィス」にしたので、
当然「地元にいる時間」が圧倒的になりました。

たまに都心部に打合せで出ますけど。
(自宅からの徒歩を入れて、西武新宿線経由で
新宿・池袋に30分、渋谷・銀座あたりに45分って感じ。)

ちなみに、「西武新宿線」と「西武池袋線」は違います。
よく誤解を受けるのですが、
・西武新宿駅、及び 高田馬場駅発が「西武新宿線」。
・池袋駅発が「西武池袋線」。

上石神井在住とご紹介すると「あー、石神井公園の」
と言っていただけるのですが、それは「西武池袋線」だって!

西武池袋線、西武新宿線、中央線は、ほぼ等間隔で並行です。
(まぁ、そんなこと関心ないくらいマイナーな路線!汗)

と、前置きが長くなりましたが、

きょう、自宅のオフィス化のあとに通うようになったカフェで、
店長さんから販促物の相談を受けました。
まだお互いに名乗る前なのに(笑)
「ちらっと広告関係とお聞きしましたが」と。

きっと今後は、
そういうこと=地元のお手伝いが増えていくと思うのです。
そして、私には長年の仕事関係で多数のデザイナーや
コピーライター、イラストレーター等の知人がいますが、
「上石神井のことをわかって、さっと顔を合せられる」方も
ほしいなーと。

上石神井在住のクリエイター。

もし、お心当たりがあれば、自薦他薦、ご紹介ください。

※私のプロフィールはこちらから:
ブログ www.omotesando-ad.jp/

---------------------------
関連記事:
お知らせ:表参道オフィス閉鎖。2015/09/30
自分の(仕事の)器。2016/09/18
平日に慣れた(笑)。2016/09/21

平日に慣れた(笑)。

表参道のオフィスを閉じ、自宅・兼オフィスにして
はや9か月。
社員は総務経理の女性だけで、それもお互いの自宅で連携。
月に2度ほどミーティング。

年初の体制変更以前にも、準備期間として
「俺、会社に来ない日もあるから」などと
一切勤務体制を決めないことを社員(当時は3名)に
宣言したのは、さらに1年前くらいだったか…。

当初、夕方の早い時間に帰宅したり、
午後2時頃家を出たりするのが不思議な感じで、
ほんと「風景が違って見えた」くらいです。

近所のおばさんに、「通勤時間」以外に道で会うと、
「あらー、きょうはゆっくり(出社)なんですねー」とか
「お早いおかえりでー」
スーパーで「お休みで(奥様の)お手伝いですかー」
などと言われ。

会社を不本意に辞めたサラリーマンが、
妻にも言えずにスーツ姿で「出勤」を装う…
なんてエピソードの気分が、すこしわかったりして。

いまじゃすっかり慣れました。

近所のおばさん(複数)が、川島は
・定年退職したのか
・リストラされたのか
・仕事を変えたのか
・職探しちゅうなのか

どう思われているのか、
そもそも「クリエイティブディレクターとして、
外部スタッフともコラボレーションしながら…自宅を拠点に」
と説明してもなぁ。

もう、平日、髭もそらずに当たり前に歩いている
川島さんちのご主人。

気持ちいいです。

オールドSNSの皆様へ。

すこし前の9/12(月)のことですが、
視聴率調査や生活者分析で著名な
ビデオリサーチのセミナーを聞いてきました。

実は、ビデオリサーチさんのWebサイトを、
ほんの一部のコーナーですけど
川島(リプル)で担当しているのです。

今回のセミナーは、
「ビデオリサーチとTwitter Japan」共同開催で
「SNS時代の若者」について。

会場の京橋・Twitter Japan社の
セミナールーム 兼 社員のフリースペースは、
オープンキッチンも備えられておしゃれでしたー!

で、若者(ビデオリサーチの定義では18歳〜24歳)の
SNS利用率は、多いほうから
LINE:60%
Twitter:50%
Facebook:25%
Instagram:20%

※統計の取り方によって異なります。
LINEの19歳利用は90%とも。

Facebookのイメージは、
「やや形式張った大人のメディア。
カジュアルなTwitterに比べると公式な名刺のようなもの」
だそうです。

私なんか、LINEは「ほんのたまに連絡を受けるだけ」。
Twitterは「ほんのたまに閲覧するだけ」のオッサン!

もっぱら利用はFacebook。
それも見るのが中心で、投稿は一日一度。

セミナーで一言も言及されなかったBlogと、
利用率の低いFacebookの連動とは!うむむ。

それでも幸せですっ(笑)。

オールドSNSの皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

良いものは、シンプルだ。

製品デザインでも、広告等のコミュニケーションでも、
良いものはシンプルだと思う。

シンプルとは、明快なこと。

論理が明快、デザインや言葉も明快。
だから、見ていて(読んでいて、聞いていて)すんなり入る。

いっけんごちゃごちゃに見えても、
伝わってくるものが明快なら、それはシンプル!

伝えたい想いがあって、練ってあって、
読み手のことも考えて仕上がった構造。

自分、さらに関係者がぐちゃぐちゃになって検討し、
きりきりと絞り込み、
まさに絞り汁のようにしてエッセンスが表現される。

ただの思いつきとは違う。
(でも、その初期の思いつきにはすごいパワー
=エッセンスの元があるから、つめが難しい!)

簡単に考えたからといって明快にはならない。
混沌を招くだけ。

シンプルへの、毎度長い道のり。

自分の(仕事の)器。

私の経歴は、広告代理店勤務6年、制作会社に11年
→ 独立して19年。

独立後=株式会社経営は、
人数が多い時は瞬間風速でバイトを入れて10名。
だいたいは4〜5名でやっていました。

それが年初からは、私と総務経理だけの2名会社。
お互いの自宅(練馬区と杉並区の近所!)で
やりとりしているので、クリエイティブの現場 に限っては
個人事業主と変わらない立場です。

「会社を大きくしよう」なんて一度も思わなかったけれど、
4〜10名の会社さえ、自分には大きかった。
それが、経営者としての
「私の器(うつわ)」ってものなのでしょう。

その「お皿」をどんどん大きくすることより、
自分自体が「皿から出ちゃう」みたいなとこがあって…
まぁ経営者としは不適格ですわ、ほんと。

でも、「から元気」で言うだけではなくて、
いまの世の中、いろんな「外のフィールド」がある。

自分のお皿は大きくできなかったけれど、
「外部にいろんな皿」がで作れている気がします。
皿数・品数が飛躍的に増えた!

自分の器も深めつつ…

他力本願のチーム力で、
良い料理が出せたらと思います、はい。

一時的に悪くなる。

自宅の洗濯機でね、
洗濯物に「茶色い点々」がつくようになったのですよ。

原因は、なにせ長年使っている(いつからか忘れた!)
洗濯機なので、ドラム(の裏)にカビや水あかがこびりついて、
衣服に移ってしまうらしい。

「ドラム洗浄剤」買ってきました。

しかし、あまりに汚れていたのか、
洗浄剤で剥がれた汚れがさらにどんどん衣服に付く!(汗)

何度も洗浄。
しかも、薬品のメーカーを変えて試す!(数日おき5回くらい)。

ようやく、きれいに(ほぼ気にならないくらいの点々)に
なりました。フー。

「何度も洗浄して、ようやく」なのか、
「薬剤の性能による差」なのか、わかりませんけど。

人間の体についても、整体・マッサージ等の施術や
西洋・東洋医学の薬で
「治る前にはいったん、より悪くなる」時があるそうです。

たしかに仕事でも、変化を求めトライする時は、
スムーズに良くなることはまれで、いったん「さらに悪く」なる。

しかし覚悟と勇気を持って、あきらめずにがんばると、
飛行機が滑走路を飛びたつごとく飛翔する。

洗濯機の汚れ話から、強引に経営話に飛ばしました(笑)。

---------------------------
【追記】2016/09/18

あいまいな点をはっきりさせるってことと似ているなと。
整理整頓で、まずはすべてのものを「表に出す」のに似て。
根本を直さず表面的に治療する限界。
症状を抑えるよりも毒素を出しきる。
経営で言えば「覚悟を決める」ってことなんだと思います。
なーんて!

いろんなものが足元に落ちている。

渋谷駅の山手線ホームで
「カッターの刃の一部」が落ちているのが目に入った。
ポキポキ折るタイプの「3コマ」くらい。

悪意のないミスなのか、
「シート切り」や「スカート切り」の犯罪なのか。
我ながら、よくそんなものが目に止まったな―。こわ!

(駅員に届ければよかったですね。
打合せに向かうため、一瞬で通り過ぎてしまいました。)

かつて、新宿駅の通路で
交換したであろう名刺が何枚も散っていたのも虚しかった。

五反田の歩道橋で、コンドームが個包装ではなく、
中身がのびた状態で落ちていた時も
「な、なんだー」と驚いたけど!

日常の「犬のうんち放置」は殴ってやりたいものの、
「その場」に居合わすことは不思議になくて。
(私が見かける人は、きちんとしてる。)

落ちていていいのは、お札だけですね!

盛り土問題的な失敗!

根底を揺るがすような重要事項を、
お互いが「わかった=伝えた」気で、ずんずん進めていて
後戻りできなくなることってありますよね(汗)。

築地市場の豊洲移転に際し、
汚染土壌の解決のために「敷地全体に盛り土(盛土)を
すべき前提が、建屋の下にはされていなかった!」
って問題。

※わざとスルーしたとの疑惑も。

ここでは、事の経緯はどうなのか?
結果空洞ではだめなのか(メリットがあるのでは?)
現在の汚染はどの程度なのか、将来は?
築地のほうがよほど不衛生?
修復方法と延期を含む費用は?

てな問題には目をつむり、
「盛り土問題的な失敗」あるよなーと反省話。

◎もっとも顕著なのは誤字(文字校正)。
社長さんのお名前が高橋なのか(はしご高の)盒兇覆里。
広報的には「字数が少ないほうで良い」とはっきり
意思表示のあるクライアントさんは安心ですが、
間違った資料を見て書くと大変なことに!

◎打合せから、私はずーっと「A4チラシ」だと思っていて、
原寸大の出力もチェックしていて、
クライアントさん手配の刷り上がりを見たらB5だった!

◎ギリギリ印刷のスケジュール管理のメールにて
「9/15(水)になってしまいます、大丈夫でしょうか」
「しかたありません、水曜日で了解とります。」
… 9/15は(木)だって!

◎担当者2〜3名へのプレゼンだと思っていたら、
会議室に20人いた!

あ、論点がずれてきました、すみません。

「褒める」のはいくらでも盛って良いけれど、
コミュニケーションの「盛り土」問題は、穴が深いです。
川島のFacebookはこちら
Takayuki Kawashima


●友達申請には必ずメッセージを添えてください
●フォロー(フィード購読)も可能です
こんなBlogです
日々の広告制作やビジネスについて書き連ねています。お付き合いのある方はもちろん、広告業界に興味のある一般の方も、読んでくれたらうれしいです。
月別バックナンバー
ブログ内の記事検索
Recent Comments
Profile
◎川島 孝之(Takayuki Kawashima): 株式会社リプル(RIPPLE Inc. Tokyo Creative Agency)代表取締役・クリエイティブディレクター・コピーライター。

◎1957年3月生まれ。早稲田大学商学部(マーケティングゼミ)を5年で卒業後、1980年第一企画(現ADK)入社。6年の勤務ののち、制作会社11年を経て、1997年(株)リプルを表参道に設立。

◎2016年1月、表参道のオフィスから、西武新宿線 上石神井(かみしゃくじい:練馬区)のホーム・オフィス体制に変更。
ブログのタイトル「表参道の小さな広告屋から」も、「表参道の小さな広告屋から→上石神井」に変える。

◎広告・販売促進に関わる企画・制作・ブランディングを、Webを含めた外部ブレーンとのチームで対応。「デザイナーだけではできないデザイン」をご提供します。

※現在の主なクライアント:ビデオリサーチ、日立化成、介護のらいふ、オークラヤ住宅、アルカダイアモンド、武蔵高等学校中学校、翻訳専門校フェロー・アカデミー 等。
別の会社に勤める妻の本【最新】
別の会社に勤める妻の本【最新】
別の会社に勤める妻の本
チャーミングな日用品365日
川島 蓉子
ハースト婦人画報社
2012-10-25

別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
イッセイミヤケのルールイッセイミヤケのルール
著者:川島 蓉子
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2009-03
おすすめ度:2.5
クチコミを見る
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本
別の会社に勤める妻の本